ガラスを焼いてみよう!

ここでは好きな色のフラグメントを二枚のクリアーガラスの間にサンドイッチにして焼いてみることにします。一番オーソドックスなフュージングの方法のひとつです。

道具はキルンと電子レンジを使います。ガラスは熱で溶けるとキルンについてしまうのでセパレートペーパー(離形剤)をガラスの下に敷きます。


1.まず、クリアーの板ガラスを2枚カットします。同じ形で大きさを少し変えます。

2.小さい方のガラスの上にいろどりを考えながらフラグメント・ガラスを置き、大きい方のガラスをまたその上に被せます。

3.つぎにキルンの上にセパレートペーパーを敷き、その上にデザインしたガラスを置きます。

4.電子レンジの中にキルンの台をおいてからふたをします。電子レンジの500wで12分あたためて取り出します。

5.キルンにいれたまま40分ほどさましたらできあがりです。

ガラス胎七宝の頁へ