グループ判定とは?


パチンコ台は、4〜6台が1つの「グループ」として構成されている。
大当たりはグループ単位で判定され、グループ内で大当たりが移動する!
貴方は信じますか?

以下に書く事は、人に教えてもらったり、ネットで調べたりした亊の総まとめです。
信じる信じないは貴方次第ですが…、オレは信じたので紹介します。 広井てつお

グループ判定のククリは、1つのトランス(変圧器)で 5〜6台に電力を供給されているという
事から、トランスのつながりをひとつのグループとして考えられているようですが…それは少し
違うかも知れません。なぜなら現在の主流は1つのトランスで12台に電力供給しているものと
1台にひとつのトランスが(トラブルに対応するため)つながっているものがあるからです。


グループ構成

グループ構成には、末番(ケツ番)構成並び構成がある。

攻略法

このグループ内で移動する大当たりを狙う…それが
「グループ判定攻略法」と呼ばれる攻略法です。

例えば末番の台構成で末番7の台が大当たりすると、その大当たりの直後
または30分後に、そのシマの末番7の台のどれかが当たる。
移動するタイミングは、1、大当たりラウンド終了直後
2、大当たり直後 3、確変中 の順に多い。
大当たり直後の2〜3分、そしてその30分後から15分間打ってみて下さい。

ホールで打っている時に気を付けていれば、大当たりアナウンスやデータロボなどで
当たり台の連動に気が付くはずです。サービスタイムとか、当たりやすい時間帯に
シマのあちこちで一斉に当たる事を、不思議に思った経験はありませんか?

この当たり番を追う攻略法は、ずいぶん前からパチプロには知られていたようです。

ホールの出玉制御

当たりには、ホールマネジャーの存在が関わっている。
つまり、ホストコンピューターによる制御です。だからホルコン攻略とも呼ばれます。

この攻略法では、CR機の大当たりの95%以上はホールマネジャーによって解除される当たり
だと言われます。1/315の確率のCR機なら通常、リーチの発生率は1/15くらいの確率になります。
しかし、1000円分(約25回)投資して25回中8回〜10回、もしくはそれ以上の確率で…

リーチの集中する瞬間が、確かにある!

 

ある一定時間、コンピューターが大当たりの幅を大きく広げて、当たりを誘発する!
その当たりの幅を狭くすると、大当たりはほとんど不可能という状態になる。

通常はホールマネジャー(コンピューター)が、当たりの流れをせき止めていて
当たりの制御を解除した時に台が当たりを拾う…。オレはそういうふうに考えています。
ただし、どの店でも当てはまるとは限りません。

パチンコ台には、外部入力端子とオート入力端子の2つの入力端子がある。
ホールは、この外部入力端子をホストコンピューターと接続します。
ホストコンピューターは店の設定通りに、店全体のその日の収支を管理しており
そのホールマネジャーの存在を無視しては、体感器での攻略も不可能と言われます。

コンピューターに店割り、シマ割りを設定し、出玉の台割りはクギの調整で行う。
これは遠隔とは違います…当たりは台の調子まかせで全体を管理するだけだから。
遠隔のように、あの台この台と狙って自由自在に大当たりさせる亊はできません。

が…、ホールがこれを導入する亊で割数を合わせ、収支を確実に計算する事ができます。
割りの打ち込みどおりにキッチリ当たりを管理する怪し気なホルコンもあるそうですよ。
(ちなみに裏ロム師から聞いた話では、ぶらさがりと呼ばれる違法ハーネスを使用すると
店の外部からでも、確変、単発…自由自在に、狙った台に当てられるそうです。)

ホストコンピューターが、選んだグループをアクティブにすると(当たり判定されると)
グループのあちこちに、信頼度の高いスーパーリーチや、リーチの集中が発生しますが
「当たり番」でなければ当たるまでには至らず、「当たり番」の1台に当たりが来ます。
グループが当たり判定されると電圧?の上昇が数回あり、グループ内で当たりが移動する。

この「電圧の上昇」ですが、これは当たり台がより多くの電力を消費するため、それに対応して
上げるのだと、ある人が教えてくれました。ロム関係の電力は別供給されているかも知れません。

基本的に、一度に当たる台は1グループで1台 なのですが
店の設定がいいと複数の台が同時判定されて、2台〜3台が同時に当たる亊もあります。

お座り一発や、玉が無くなった時に当たる…そんな亊が偶然と思える以上に多いのは
「空き台」が「大当たり判定されやすい」からだと言います。

「止めちゃったふり」するのも賢い攻略法です。最初はこの時、玉を抜いた方がいいと聞きましたが
上皿の検知板らしき金属部分に、配線はつながっていないようです。それよりもハンドル部分の
アースには、打ち手の検知機能があるかも知れません(謎)手は離しておいた方が良さそうです。

当たる時は嫌でも回る!

打っていると、玉がスタートチャッカーにスポスポ入り、デジタルの回りが
妙に良くなる時がある。そういう時は、グループ判定されている時だ!

逆に自分の台がいきなり極端に回らなくなった時は、同一グループのどこかに当たります。
グループのどこかに、当たり又は確率の高いスーパーリーチがきているのに、自分の台が
関係なく普通に回るとしたら、その台は当たりに関係のない、いわゆる「死に台」です。
1グループの中に1台、この死に台があります。ムダに追いかけるのは止めましょう!

ただし…ホールが対策を講じていたら、この限りではありません…。

ホールコンピューターはデータ管理だけで、当たりとは関係ないよ…という人がいますが
クギ調節だけでなく、コンピューターで管理されている限り、両者の関係は否定できません。
(昔は当たりを入れるスイッチがあった…と真顔で話す人もいますが、これはまた別の話)

この攻略法を使っても、何となく打っていては負けてしまいます。
負けないコツは、ズバリ!「打たない勇気」でしょう。
「当たらない時に、ムダな投資をしない事を心掛ける」この一点につきます。

判定は入っているのに、爆発台以外に当たりが来ないような
「店の設定の悪い時」は、ねばっても勝てません。

判定は、右回りに移動するようですが、実戦では調子の悪い台がとばされたり
(来るべき順番で、タイミングはバッチリなのに、魚群が走っても外れる。)
1台だけ出ている調子のいい台が引き戻したりして、なかなかウマクいきません。
(特にシマの設定が悪い時にこの傾向が顕著で、思うように移動しない。)

昼頃までに、ひとシマに1台か2台、夕方から別の1台か2台の優秀台があるハズなので
そのパターンを先読みして優秀台を探します。店によってクセがあるので観察が必要ですが
ぜひ、自分のベスト台を見つけましょう!

「カニ歩き」は「判定されている台」を探すために移動します。
「やめちゃったフリ」は自分の台に「当たりを引き込む」作戦です。


この攻略法は吉野大観という人が「ザ・パチンコ」という本で紹介し、販売していましたが
(真似っこの攻略法がネットで販売されています。皆さん引っ掛からないでくださいね!)
現在はバイブル社というところで販売されています。したがって、ここではこれ以上の紹介は
しないと思います。しかし、パチンコメーカーがパンフで発表した「グーループ判定」という
文章に着目し、研究、実践して出来上がった攻略法も20年の時を経て、多くの人に知られて
さすがに店も対策を取っています。台も新内規になって、ホルコンも進化しているようです。

いまや、末番を追うだけでは勝てません!
だがしかし、考え方の基本は同じ! 対策後の「当たりの動き」に注目!!
「飛び」と「ククリ」がヒントのようです。

二列のひとシマを、ジェッターのところで4分割した「ククリ」
早い当たり移動の「飛び」…オレにはまだまだ理解不能です(笑)


以下に紹介するのは、読者から頂いたメールの紹介とその返事です。
少しでも参考になればいいんですが…。


グループ判別について        Date: Wed, 26 Dec 2001 From: mizuki

はじめまして。パチンコ雑誌で先生のことを知り、メールを送らせていただきます。
実は、今まで自分はパチンコで負けっ放しでした…。そんなとき、職場の上司から
グループ判別」のことを聞き、それを実践してから負けが少なくなってきています。
(少しマイナスですけど)自分の良く行くホール(アシベ)は、それぞれの台の間を
3台おいて、1つのグループとして構成されています。でも休日は混雑しているんで
なかなか実践できません…。混んでいる時はだいたい負けます。自分は1つの台で
だいたい2500〜3000円ぐらいで次の台に移るようにしています。なぜかというと
グループ連動の時間差が約10分以内と考えているからです。          
この打法は師匠である職場の先輩に教わったものですが、先輩は週2回程度の通いで
月10以上の収益を上げているそうです。ただこの打法はホールにもよると思うので
一概にはよいと言えませんが参考にして頂けたらと思います。ではパチンコ屋の煙で
体を壊さないよう、がんばりましょう!                    

はじめまして 今年45になる夜勤パチリーマンです。 Date: Wed, 2 Jan 2002

兵庫のケンといいます。以前より気になっていた「当たり番」て、必ずあると思い
朝から昼まで、打たずにホールの当たり方を一年間メモしてみました。    
横というより店全体で見てください。私の行くホールでは6パターンの当たり番が
毎日ランダム
でした。個々の台までは指定できませんが、中央に来るな! とか
次は裏のシマだ、くらいは大体分かります。仕事で限られた時間しか打てませんが
勝率はいいですよ。しかし私の行く店は換金率悪くて…関東がうらやましいです。

広井です。お役立ちメールをありがとうございます。長い間観察するという努力は
なかなか出来るものではありません。すばらしい! そういう観察ができればな…と
いつも反省してます。オレも見習わなくちゃ。  テツ


by海猫                  Date: Sun, 27 Jan 2002

今のパチンコに設定はないよ。ホールコンピューターと、台の連動もない。
思いこみのオカルトを漫画にするなんて、…初心者が見たら信じるでしょ。
そして負ける。シマごとに出てたり出なかったりするのはシマごとに釘調整
するのが最近の流行りだからだ。アンタいい死に方できないよ。罪重いよ。

広井 うーむ、負けたのかな?海猫さんも…。オカルトかも知れないけど
出る、出ないのパターンってあるじゃないですか。連動する台の波とか…
少しでも、自分なりの判断材料として「グループ判定」を自分の戦法にも
利用できるなら、無駄に打つより、試して損はないのではありませんか? 
店長さんクラスでも、ホールコンピュータと当たりの関わりは100%無い
と、言い切る人がけっこう居るみたいです。でも店主が、出す、出さないの
割数」を、店のホールコンピューターに設定して、どのくらいの当たりを
出せば「数字の割合」のつじつまが合うのか…コンピューターと台のロムが
情報をやり取りする
のは、まさか否定しないでしょ? これはオカルトでは
ありませんよ。もちろん遠隔操作でもありません。       テツ


店内全台と、自分の打ってる台は繋がっている     by:TIKE  2003.3

身近に見える同じシマだけでなく、違うシマの同じ位置や、スロの影響がある店もある。
俺が店内を打ちながらウロウロするのは、どのシマのどの台とやりあってるか知るためだ。
まずシマ内、次に店全体でやりあってる台を探せば、その台の先の運命はわかる!
出る台は出る台とやりあい、出ない台は出ない台と共に死に、閉店結果が同じになる。

今日は新海で、結果は当たり17回確変13回。二階のフルスペの同じ末番の台とやりあっていた。
向こうも閉店結果は当たり17回確変13回。やりあう台は大抵同じ当たり回数か近いものになる。
稼働の悪い店なら、やりあう予定の片方が稼働なしで、稼働ある方が当たり10回でウロウロ…
ずると、稼働なかった方が夜からまともに打つと10連したりして、当たり回数が追いつくのだ。
まとめて出るのはそうゆう事だと思う。稼働の悪い店は、中途半端に止めた空台や回してない台の
運命がわからないから、難しい。だからあまり左右されないエース台を探さなければならない。
又、夜のエース台の爆発は、それまで出てた台の連チャンも止める爆発力がある。


シマごとの設定はあるとおもいます     Date: 2003.4 From: ちはぷー

大型店なんかは1シマ片面22台、真ん中の両方にジェットカウターついていて
4分割で見ていると、前の方がよく動いたり、後ろの方が動いたりしてます。
自分のまわりが動いた時アタリがこないと、ヤバ!てな感じでガンバしてます!


さすがです!   店全体で見る…するどい観察力です、おそれいりました!  テツ


絶対とは言い切れないけど…    投稿日:2003.10  まさやん

夕方のラッキータイムになると、パチもスロも当たり出すのは不自然だと思います。
稼働率が上がったからそう思える? 僕は、出る時間帯や出したくない時間帯を店が
コントロール出来ると思いますね…。台に波があるといいつつもラッキータイムに
集中している様な気がします。店の出し方が分かれば、勝つ近道かもしれません。

オレが考えるに、判定は
強い判定と弱い判定があって、ラッキータイムは強い判定の時間だと思ってます。
そういう時は、プレミアや長い連チャンを引きやすい…そんなふうに考えますね。
スロットをやるようになってから、その思いは確信に近いです(笑)


ホルコンは進化した       Date: 2005.5 From: 神戸のリキ

今のパチは厳しい!「 末」狙いだけでは勝てません。「飛び」も無理があります。
ククリ移動」の頭が抽選です。考え方は本来の判定を逆さにして
「起点」のみが「末」にひっついて周りはじめてます。分からないでしょ…?
視点を逆にすると、当たりは楽しいくらい引けます。
今までは「起点から末がランダム周回」でした。新基準導入時から変更されたようです。
末仲間がいますよね? その中から1台のみ…しか判定されません!
末では見えなくなっていますが、基本は末しかありません。
「当たり末」から次の「末」は外れ、この外れた二番手から「ククリ」。
「半シマごとにクロスに当たりは移動」して、「次の違う末に変更」していきます。

確認方法はシマ台数の割り算で、40台シマは10台か8台目に位置する末が当たり番です。
周回移動は高速ですから待つのがコツです。店で「末」が見えなくなったら考えて下さい。
5台狙って4台は当たるように考えて、「末」の次を「ククリ」で狙います。


周回を見切ること        Date: 2005.6 From: 石川の美代

ホルコンは冬に大改革がありました。「末」は完全に消え「時間」もありません。
今は「ククリ設定」と呼ばれるロムに切り替わっています。
「飛び番」が回ります。その飛び番でも当たるのは一つです。この当たる順番が
「ククリ移動」と呼ばれる移動で、1周したら消えます。

飛び数が判れば何てことない動きですが、末を追ってると見えないです。
飛んだ位置が前に出発した判定組の番号と一致することはありますが…。

しかし基本は、「始発台番の次に判定設定された、ククリの末番から飛びに移行」
もしくは「始発末番に特定数字を足すか引くかした台番移動」に切り替わります。

これが今のホルコンです。パチ漫画にもなってますからご存知とは思いますが。
移動のキモはさすがに書いてないですが…これは描けないですよね。あはは!
次の判定がクロスになるか横になるか真後ろになるか、特定数字はいくつか足すのか
引くのかは、日々、店の設定によります。ただ、最近はシマごとで設定を変えます。
横に流れるシマ、クロスで飛ぶシマ、これを見切ることが全てです。

テツ   こ…これは! 図に描いて説明してもらわんと、わ…解らーん!



戻る         割数のページへ