works:(自分以外のアーティスト達へのナイスな仕事ぶり)
自信を持って、そしてリスペクトを持ってお勧めできるものを厳選いたしました


MUSICMAN
/桑田佳祐 VIZL-560/VICL-63600/VIJL-60700〜1

2011年2月23日リリース
2010年7月某日、レコーディングの中断とツアー中止の決定を桑田さんから聞いた。
場所はビクター401スタジオ。大手術の直前に先輩はその日も歌入れをしていたの
だ。数日後、手術成功の一報に狂喜し、車の中で涙のシャウト。療養期間中の「やさ
しい夜遊び」DJ代行では毎回桑田さんを感じ、やっと再び会えたのが11月の頭。同じ
スタジオで原さんと一緒に「それ行けベイビー!!」のコーラスパートを歌った。いつ
ものレコーディング風景。もしかして、あの7月からずっとここでレコーディングを
続けてたんじゃないかという錯覚に陥る。それほど桑田さんはいつものままだった。
歌入れが終わったばかりの「月光の聖者達」を聴かせてくれた。自分にとってのビー
トルズを、日本一の音楽家が素直に歌い始める。このアルバムに参加出来て本当に良
かった!と心から思った。



キラーストリート/サザンオールスターズ VICL-62000/VICL-62001/VIJL-60200~02
2005年10月5日リリース
偉大なるロックバンドの7年振りの新譜。全30曲入り2枚組の超大作である。デ
ビュー27年の“今のサザン”が溢れている。この人たちは出し惜しみなんてみ
みっちいことはしないのだ。この音楽はもう「どうかしてる!」と言いたいほ
ど凄まじい!そこに参加させてもらった自分はなんて幸せ者なのだろう。自慢
しよっと。限定盤はレコーディング風景を納めたDVD付きで、ここに恥ずかし
い僕の姿が沢山映っています。そうそう桑田さん自身による全曲セルフライ
ナーノーツもついてます。これを読んで涙しない人などいるのだろうか?
音楽って素晴らしい!


けいすけさん、ビデオも色々と大変ねえ。/桑田佳祐 VIBL-109/VIVL-286

2003年3月26日リリース
2002年の横浜アリーナ年越しライブのステージを中心に、その前の5大ドームツアー
の映像を交えての全編119分。こんなにメンバーのショットが多くていいのかと心配
したくなるほどの“バンドもの”。桑田さんがステージを楽しんでいる様子が満載
で、一緒にやった者としてはこれが何より嬉しい。僕個人的には「質量とエネルギ
ーの等価性」のオープニングのショット、ああ最高!毎回ジャンプしておいて良か
ったぁ。使った7本のギターすべてが写っているのも嬉しかったです。しかしあのバ
スタオルでのインタビューは今からでもカットして欲しいよ。恥ずかしいよー。
とにかく桑田さんは凄い凄すぎるという映像なのだ。



ROCK AND ROLL HERO/桑田佳祐 VICL-60920

2002年9月26日リリース
worksのコーナーに紹介するCDの中で、最もエレキでギンギン! 先輩
のアルバムに全面参加というのは出会って25年目にして実は初めて。
等身大の桑田さん、最高に自由な桑田さんがぎっしり詰まっている。
この偉大なレコーディングに参加出来て幸せです。片山はもとより、
今回角田、カースケ、成田さんの良さを日本一の音楽家に知ってもら
ったのが、何より嬉しかった。



東京タムレ/原由子 VICL-60846

2002年3月13日リリース
御存じキーボードの片山敦夫と共同プロデュース。アレンジ、ギター、コーラスで参加。
本当に久しぶりに先輩とお仕事することが出来ました。60年代和製ポップスのカバー集
ですが、ホントにそうなの?と言いたくなるぐらい原さんだ。珠玉のジャパニーズ・ポ
ップス・クラシックスが、原さんのあの歌声によってもう一度キラキラと輝き出したの
です。「川は流れる」のダークな原さんなんてもう「素敵!」としか言い様がないもの。


プレイボーイ プレイガール /ピチカート・ファイヴ COCP-30054

1998年10月1日リリース
ボーカル、アコースティック・ギターで参加。
再びピチカート。いつもギターなのに、今度はそれに加えて本業の歌で参加。野宮
さんとデュエットになっちゃってる。嬉しい。ギター4曲、ボーカルで2曲。でも
その歌もいつもの私の芸風とちょっと違う。小西ありがとう。


きみみたいにきれいな女の子/ピチカート・ファイヴ CODA-1585

1998年リリース
アコースティック・ギターで参加。
ずーっと前からたびたびレコーディングに呼んでもらっているピチカート。今回はカップリ
ングの曲と共に、2曲とも私のギターがでかいでかい。小西ありがとう。



 


初夏の頃/浜田省吾 SRCL 3750

1996年リリース
3曲プロデュース、アレンジ、ギター、コーラスで参加。
浜省さんの70年代楽曲のリメイク。特に“ミス・ロンリー・ハート”は、自分でも
かなり決まったかなっていうかんじ。


すべての歌に懺悔しな!/桑田佳祐 VIVL-140

1995年リリース
ギター、コーラスで参加。
桑田さんのソロ、「孤独の太陽」のライブツアービデオ。はっきり言って
斎藤目立ち過ぎ!反省。でもいつでも先輩のお役に立ちたい斎藤です。


 


江ノ島/Z団 VICL-40101

1993年リリース
共同プロデュース、アレンジで参加。
サザンのダンスメガミックス。サザンの全マスターテープが何者かに持ち出され、
バラバラにつぎ合わされ、密かにリリースされたはずが、100万枚突破!人々は謎
の盗賊“Z団”に恐怖した。当時ライブで凝っていた曲つなぎの妙を大公開。


ます/小林克也&ザ・ナンバーワンバンド VICL-379

1993年リリース
共同プロデュース、作曲、アレンジ、ギター、コーラスで参加。
結成10周年記念アルバム。サンレモ風歌謡曲に初挑戦の“戦争と
平和? ”他、ゲスト陣とのジャムの数々。
  

 


What's Happening!/柄本明 アナログは RWP-2  CDは RWD-2


1987年リリース
斎藤初プロデュース作品。作曲、作詞、アレンジ、ギター、コーラスで参加。
もしこのアルバムのアナログ版を見つけたら即、買うべし!そのジャケット
にめくるめく悦楽の境地を見るであろう。もちろん復刻CDも出てます。

 


					

information live! live! live! live! radio programs

waltz in blue careless memories

number 9 album discography single discography

biography good fellows gallery ゆくぞ家族湯

夕陽の交差点 your voices home

いや別に独り言です。 このページの最初に戻る


lalalu@pop07.odn.ne.jp