URIAH HEEP 1971-1975
URIAH HEEP
『LIVE AT SHEPPERTON '74』

08/12/07 Updated


URIAH HEEP 『LIVE AT SHEPPERTON '74』 (LP, HEEP1 / CD, HEEP CD1, UK) 1988/05/19

SIDE:A
1. Easy Livin'
(Hensley) 2:57
2.
So Tired (Box/Byron/Hensley/Kerslake/Thain) 3:58
3.
I Won't Mind (Box/Byron/Hensley/Kerslake/Thain) 5:41
4. Something Or Nothing (Box/Hensley/Thain) 2:51

SIDE:B
1. Stealin' (Hensley) 4:42
2. Love Machine (Box/Byron/Hensley) 2:16
3.
The Easy Road (Hensley) 2:43
4. Rock 'n' Roll Medley 5:52
a) Roll Over Beethoven
(Berry)
b) Blue Suede Shoes (Perkins)
c) Hound Dog
(Leiber/Stoller)
d) At The Hop
(Singer/Medora/White)
e) Blue Suede Shoes (Perkins)

Recorded at "Don Kirshner's Rock Concert", March 15, 1974

Member are ; David Byron (vocals), Mick Box (guitar, vocals), Gary Thain (bass, vocals), Lee Kerslake (drums, vocals), Ken Hensley (keyboards, guitars, vocals)

URIAH HEEP のブートレッグ・ビデオとして有名な 『D.K.R.C.'74』 を 1988年にレコード化したブートまがい音源。1974年9月30日にTV放送された "Don Kirshner's Rock Concert" が、その『D.K.R.C.'74』である。レコード(CDもリリース) を聴くと、いかにもビデオ落しである音質が聴いて判る代物である。ジャケットは THE WHO の 『LIVE AT LEEDS』 のパクリ。

収録は1974年3月15日で、リハーサルを何度か重ねたベスト状態で録音されており、円熟した HEEPの演奏を聴くことが出来る。しかし、実際に演奏された曲順は『D.K.R.C.'74』とは違い、"The Easy Road" と "Love Machine" の順番が逆。


URIAH HEEP 『EASY LIVIN' : A HISTORY OF URIAH HEEP』 (Video) 1985
ユーライア・ヒープ 『安息の日々 ヒストリー・オブ・ユーライア・ヒープ』 (VHS, Victor VTM-103 / BETA, Victor VBM-103 / LD, Laserdisc SM068-3070, Japan) 1986

1. 安息の日々 Easy Livin'
2. ソー・タイアード So Tired
3. 略奪 Stealin'
4. ラヴ・マシーン Love Machine
5. メドレー Rock 'N' Roll Medley
ベートーベンをぶっ飛ばせ Roll Over Beethoven
ブルー・スエード・シューズ Blue Suede Shoes
ハウンド・ドッグ Hound Dog
ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイング・オン Whole Lotta Shakin Goin On
アット・ザ・トップ At The Top
ブルー・スエード・シューズ Blue Suede Shoes
6. イージー・ロード The Easy Road

※このビデオには John Lawton時代とJohn Sloman時代のプロモ・ビデオ、Peter Goalby時代のライヴも収録されているが、ここでは割愛。

元ネタの『D.K.R.C.'74』ビデオの8曲のうち 編集された6曲を見ることが出来る。やっぱり "I Won't Mind" と "Something Or Nothing" も収録して欲しかった。肝心の内容だが、パフォーマンスとしては申し分ないものの、やたら Gary Thain の部分だけ編集が多く、何故か "Stealin'" でベースを弾く時の同じ映像ばかりに編集されまくっており、不自然極まりない。見ていてとても不快に感じる。


URIAH HEEP 『LIVE』 (CD, March Arch CMA CD 123, UK) 1991

1991年にイギリスの Marble Arch よりアルバム・ジャケットとタイトルを替えて再発されたCD。ジャケは何故か 1988〜1990年ぐらいの Mick Box の写真。

 

 

 

 

 


URIAH HEEP 『LIVE AT SHEPPERTON '74』 (CD, Castle ESMCD 590, UK) 1997

1997年夏に Castle Communications より再発された Remastered CD。1997年6月に Mike Brown と Robert M.Corich の手によって Remasteredされた。ここでは、ようやく正しい曲順でのほぼコンプリートのライヴを聴くことが出来る。

1. Easy Livin' (Hensley) 4:01
2.
So Tired (Box/Byron/Hensley/Kerslake/Thain) 3:32
3.
I Won't Mind (Box/Byron/Hensley/Kerslake/Thain) 5:54

4. Sweet Freedom (Hensley) 6:59 *

5. Something Or Nothing (Box/Hensley/Thain) 3:21
6. The Easy Road (Hensley) 2:49
7. Stealin' (Hensley) 5:26
8. Love Machine (Box/Byron/Hensley) 2:23
9. Rock 'n' Roll Medley :
(a) Roll Over Beethoven
(Berry)
(
b) Blue Suede Shoes (Perkins)
(c) Hound Dog (Leiber/Stoller)
(d) At The Hop (Singer/Medora/White)
(e) Blue Suede Shoes (Perkins) 7:45

10. Out-Takes
(a) The Easy Road (Hensley) *
(b) Sleazy (Easy Livin') (Hensley) *
(c) Easy Livin' (Hensley) 5:28 *

11. Stealin' (Hensley) 6:19 *

この Remastered CD で嬉しいのは、格段に音質が向上し、1988年のオリジナル盤(?)の『LIVE AT SHEPPERTON '74』では聴けなかった曲 (上記の *印の曲) や MC が殆どノーカットで収録されたことだ。よって、各曲のランタイムはオリジナル盤より長めになっている。とりわけ "Sweet Freedom" は映像も残っていなかっただけに、このCDで音源だけでも収録されたのは嬉しい限り。

それと、オリジナル盤では "Rock 'n' Roll Medley" の中の "Mean Woman Blues" が不自然に削除されていたが、ここでは削除という陳腐な編集などはせず、総てキチンと収録されたことが嬉しい。しかしながら、正確な曲名表記は、(a) Roll Over Beethoven (b) Blue Suede Shoes (c) Mean Woman Blues (d) Hound Dog (e) At The Hop (f) Blue Suede Shoes とすべきであるのに、相変わらず表記がちゃんとされていないのが歯がゆい。

10曲目と11曲目はリハーサル音源で、これらの音源が様々なCDに収録され、パニック状態になっている人も多いと思うので、以下に音源の違いをリストアップしてみた。

Tune's Title Kind Live At
Shepparton
(Original)
Live At
Shepparton
(Remaster)
Best Of...
Part 1
(Remaster)
Wonderworld
(Remaster)

A Time Of
Revelation
(Box Set)

見 解
Easy Livin' sorce A Side;A-1          
sorce B   1        
sorce C   10(c) 14      
Something Or Nothing sorce A Side;A-4       CD2-15  
sorce B   5   12   ギター・ソロが違う
The Easy Road sorce A Side;B-3 6       Kenがイントロでミスタッチ。MCが完全に終わってからピアノ・イントロに入る。
sorce B   10(a)       イントロだけ
sorce C       13   ワン・コーラス終ってAhhという溜息が入る。エンディングで Yeahh!!の後にピアノがポロンと入る。
Stealin' sorce A Side;B-1          
sorce B   7        
sorce C   11 15      

URIAH HEEP 『LIVE '73 (EXPANDED DE-LUXE EDITION)』 (2CD, Sanctuary CMRCD772, UK) 2003/08/11

2003年6月に Robert M.Corich と Mike Brown の手によって Remasteredされた Expanded De-luxe Edition 2CD。新たに "US RADIO SHOW & FILM MIXES 73-74 TOUR" と名付けられたボーナス・ディスクが1枚ついた。

Bonus Disc
US Radio Show - previously unreleased radio show edit
1. Something Or Nothing (Box/Hensley/Thain) 3:11
2. I Won't Mind (Box/Byron/Hensley/Kerslake/Thain) 5:50
『WONDERWORLD』 のアメリカ盤リリースに伴なうラジオ・ショー音源(20分)からの放送用テイク。出所は 『LIVE AT SHEPPERTON '74』 で、通常 "I Won't Mind"の次が "Something Or Nothing"のところを曲順を逆にし、歓声やMCもうまく繋げて別物ライヴ仕立てにしている。

US Radio Show - previously unreleased radio show edit
3. Look At Yourself (Hensley) 6:19
4. Gypsy (Box/Byron) 4:38
上掲同様、『WONDERWORLD』 のアメリカ盤リリースに伴なうラジオ・ショー音源(20分)からの放送用テイク。出所は 『LIVE JANUARY 1973』 である。"Look At Yourself"は導入部の David Byronのオーディエンスへの煽りが編集で短くカットされ、後半のオーディエンスとの掛け合い部分では David の "イエーィエーェー" が一部カットされている。"Gypsy"は Ken Hensley のキーボード・ソロと Lee Kerslake のドラム・ソロを総てカットしているが、この編集はスタジオ・ヴージョンのシングル・エディット並みに素晴らしい!

Film Mixes Used For Radio - previously unreleased film mix version
5. Easy Livin' (Hensley) 3:20
6. So Tired (Box/Byron/Hensley/Kerslake/Thain) 3:55
7. I Won't Mind (Box/Byron/Hensley/Kerslake/Thain) 6:07
8. Something Or Nothing (Box/Hensley/Thain) 3:22
9. The Easy Road (Hensley) 3:06
10. Stealin' (Hensley) 5:30
11. Love Machine (Hensley/Box/Byron) 2:15

12.
Rock'n Roll Medley : Roll Over Beethoven (Berry) - Blue Suede Shoes (Perkins) - Mean Woman Blues (De-Metruis) - Hound Dog (Leiber/Stoller) - At The Hop (Singer/Medora/White) - Whole Lotta Shakin' Goin' On (Williams) - Blue Suede Shoes (Perkins) 7:48
1974年3月15日に収録されて、同年9月30日にTV放送された "Don Kirshner's Rock Concert" の未発表のフィルム・ミックス。音源としては前述の 『LIVE AT SHEPPERTON '74』 と同じなのであるが、『D.K.R.C.'74』 としても有名なTVフィルムのミックス・ヴァージョンとのことで、2003年までの同音源の中では一番音質が良い!!


URIAH HEEP 1971-1975

HOME