URIAH HEEP 1981-1986
URIAH HEEP
"Ridge Farm" sessions

03/08/09 Updated


Peter Goalby ら新メンバーによる新生HEEP は、プロデューサーに Gerry Bron を迎え、1981年夏〜秋にかけて以下の曲をレコーディングした。しかし、このセッションでのテイクはアルバム 『ABOMINOG』 に使われなかった。

"Valley Of Kings"
"That's The Way That It Is"
"Hot Persuasion"
"I'm Alive Again"
"Playing For Time"
"Children Of The Night"
"Falling"
"Out Of The Ashes"
"Freebie & The Bean"

これらの曲のうち、"Valley Of Kings", "That's The Way That It Is", "Hot Persuasion", "I'm Alive Again", "Playing For Time" は下掲のアイテムの中で聴ける。

"Children Of The Night" は 1982年のツアーで演奏されたファスト・チューン。"Falling" はたぶんボツになった UH#10の幻のアルバムでもレコーディングされた曲と同じものだと思う (再ボツ)。"Out Of The Ashes" と "Freebie & The Bean" については詳細不明。また、Peter Goalby が TRAPEZE のアメリカ・ツアー前に "Too Scared To Run" と "Chasing Shadows" を HEEPとプレイしたというから、Ridge Farm sessions でもこの2曲をレコーディングした可能性もある。


URIAH HEEP 『A TIME OF REVELATION』 (4CD Box-Set, Essential ESF CD 298, UK) 1996/04

URIAH HEEPの結成25周年を記念してリリースされた4枚組のボックス・セット。1995年に Mike Brown と Robert M.Corich の手によって Remasteredされた。未発表曲・ヴァージョン違いも沢山収録。

Disc 4
5. Valley Of Kings (out-take) (Box/Daisley/Goalby/Kerslake/Sinclair) 5:23
Lee Kerslake のカウントから Mick Box のうねるギター、そしてバンドの演奏が始まる。Peter Goalby のネチっこいヴォーカルが淡々と歌われるが、Bob Daisley の泳ぐようなブリブリ・ベースが印象的なミディアム・ロックとなった。

 

 

 

 

 

 


URIAH HEEP 『ABOMINOG』 (CD, Castle ESCMCD571, UK) 1997

1997年夏に Castle Communications より再発された Remastered CD。1997年6月に Mike Brown と Robert M.Corich の手によって Remasteredされた。

Bonus Tracks:
13. That's The Way That It Is (previously unreleased alternate demo version) (Paul Bliss) 4:28
Bob Daisley のベースが重いが、全体的に少し音がスカスカな感じ。

14. Hot Persuasion (previously unreleased alternate demo version) (Box/Daisley/Goalby/Kerslake/Sinclair) 4:05
テンポがちょっと遅い。中間部の John Sinclair のソロも地味で、後半にあるハズの Mick Box のギター・ソロもない。

 


URIAH HEEP 『STILL 'EAVY, STILL PROUD』 (CD, Castle ESCMCD613, UK) 1998

1998年春に Castle Communications より再発された Remastered CD。1997年12月に Mike Brown と Robert M.Corich の手によって Remasteredされた。

9. Playing For Time (previously unreleased alternate version) (Box/Sinclair/Kereslake/Daisley/Goalby) 4:30
後にシングル「Stay On Top」 のB面に収録された ("Woman From Tokyo" に似ている) 曲だが、ヴァージョンが違う。中間部の Mick Box のギター・ソロの導入部で Peter Goalby が "Break up!" と叫ぶのが早いほか、アウトロに "Ahh〜"のコーラスがない。また音質が悪いのもデモならでは。

10. Valley Of King (different mix) (Box/Daisley/Goalby/Kerslake/Sinclair) 5:23
4CD Box-Set『A TIME OF REVELATION』に収録されていたものとは違うヴァージョン。Remixの違いだけで、元音源は同じ??

11. I'm Alive Again (out-take) (Box/Sinclair/Kerslake/Daisley) 3:37
パンチの効いたノリノリのファスト・ロックン・ロール。Lee Kerslake の硬質のドラムが歯切れよく、John Sinclair のキーボードが懐かしい響きをかもし出している。John Lawton の作った "I'm Alive" とは全く別物。


URIAH HEEP 1981-1986

HOME