ジョン・ロートン&スティーヴ・ダニング
John Lawton & Steve Dunning
Steppin' It Up in Japan 2002

July 19th


今日はフリー・タイムで、はとバスツアーの日だ。サイトシーイング・スタッフは昨日と同じ4人(Panda, Yasu, Sheep, Taa)。12:00にホテルのロビーで待ち合わせ。まずSteveが来て、5分くらい遅れて John & Irisが。全員集合。

池袋駅からJR山手線で浜松町駅まで。電車の中では終止ヒューミット。吊革につかまってハイチーズ。

浜松町駅からはとバス乗り場までは徒歩1分もかからない。40分ぐらい早く着き過ぎてしまった為、自販機でジュースでも飲みながら雑談。13:30になって、話し達者なガイドが現われた。コースは順を追って説明していこう。

 

まずは、そのまま浜松町駅に隣接している世界貿易センタービル(World Trade Center Building)の展望台へ。Irisはリフトがダメなので、はとバス乗り場に1人ポツリと残る。Johnはガイドにいろいろ質問したりしていた。Steveは黙々と眺める感じ。ここから眺めるターしゃん・ビュー、じゃなくって、オーシャン・ビュー(さむ)は結構良いよ!

展望が終わり、いよいよバスに乗った。バスの席は、John & Irisが運転手のすぐ後ろの席、その後ろにSteve & Panda、次が Yasu & Taa、Sheepはどっかの外人さんと一緒(笑)。

はとバスが最初に行った所は皇居(Imperial Place Plaza)。大手門からお堀を歩いて 二重橋まで散策。そういえば、John & Irisはどこに行くにもいつもお手々つないで仲がいいんだよな。焼けるぜっ! 外も暑いし、やんなっちゃうなぁ!(→ちなみにアッシは独身貴族(笑)) 記念に写真撮影(右腕痛いしよぉ(爆謎))。

 

お次は浅草へ。途中銀座をドライブスルー、歌舞伎座なんかをバスの中から見る。

浅草(Asakusa)についた。さっそく人力車なんかがあって風情を窺わせる。お馴染みの雷門の前で写真撮影。中店通り(Nakamise Shopping Street)を歩く。Steveは土産用の扇子を探していたが、結局買わずじまい。Irisが団子屋を見つけ、5串入りの団子1袋とアイス緑茶を購入。スタッフも腹減っていたので買った。しかぁーし、IrisはJohnとSteveに団子を1串ずつあげたものの、残った2本のうち1本をJohnにあげようとしたが拒まれてしまったため、そのまま全部ゴミ箱に捨てたのを...アッシは見てしまった(笑)。外人にゃ餅系はダメだったかもね。

 

浅草寺(Asakusa Kannon Temple)でお賽銭をあげる。彼らは異国の地で何を願ったのだろう。それから、John & Steveはおみくじを引いた。アッシは知らなかったが裏には英語で書いてあるのね。おみくじの内容を見てJohnらは狂乱(笑)。Irisはやんなかった。あとは、お香の煙でいいこいいこ、そして水で清めて、雷門に戻った。

 

雷門から水上バス乗り場まで歩いて、次は隅田川クルーズ(Sumida River Cruise)。浅草から日の出桟橋まで約40分のクルーズだが、船デッキは暑いと思って下の客室に。Pandaのゴチで缶ビールを飲み柿の種を食べ、外の景色を眺める。ここでYasuの持っていたストレンジデイズ誌をJohnに見せた。Johnは、John & Steveのディスク・レビューの上にHensley/WettonとUriah Heepのレビューがあるのを見て、ちょっと複雑な顔をしていた(笑)。

日の出桟橋到着後、浜松町までバス。17:10はとバス終了〜

浜松町駅からJR山手線で秋葉原駅まで。スタッフ2名が合流。秋葉原電気街を総勢9名でブラブラ。電気屋を2店ほど見たものの、値段的にイギリスと相場が余り変わらないそーな。Johnはデスクトップのパソコンが欲しいと言ってたが、キーボードなど外国対応になっていないこともあり断念した。まぁ日本で買ってもサポートの問題とか考えたら大変だしね。

さて、腹減った! 一同秋葉原でタクシーを拾い、月島へ。


月島といえば"もんじゃ焼き"ですね。そう...これをJL御一行に食わそうというのだ(笑) "カネハラ海鮮もんじゃ"という店(Tel.03-3533-1099)に決めて入る。この店がビルの2階にあって、エレベーターもあったが、当然Irisの為に全員階段で昇った(笑) ここは座敷なので、JL御一行は胡座をかくか正座をするか?、と思ったが、Irisなんかは体育座りしていた。可愛いなぁ。 3人で1テーブルずつになり、食ったのは、もんじゃとお好み焼きとヤキソバ(だったと思う)の各3枚。もんじゃはお好み焼きのように皿に分けて食べた。本当はちょっとづつ小匙のヘラですくって食うのがいいんだけどね(笑) いやぁしかし、暑いのに熱いもの食べて、一同ヒィーヒィー言ってた、会話も余りなく黙々と食って(爆)。

腹一杯食ったので、有楽町線で月島駅から池袋駅まで帰る。月島駅で電車を待っている時のこと、Pandaが興奮気味に「Steveの友達で、Ian Gillan BandにいたPete Barnacleさんが明日来るんだって!」と言ってきた。 おぉそうか! 昨日 Steveが昨日"くわい家"で言ってたPeteって、Ian Gillan Bandのドラマーだった人なのか! 気付くの遅いよオレ(汗) ちなみに、Peteは ex.Ian Gillan Band 〜 Broken Home 〜 Girl 〜Yngwie J.Malmsteen Band 〜 Sheer Greed 〜 Misha Calvin etc といった経歴を持つベテラン・ドラマーなのであった。


ホテルに着き、アッシはようやくJohn & Steveにサインをもらう。まぁ、そんなに多くは貰わなかったよ。スタッフで相談して、"昨日はカラオケで遅くまで疲れただろうから今日はもう休んでもらおう"と決めていたのも束の間、Johnのほうから「ゴチするから飲もう!」とのお誘い。あやや、いいのかなぁ〜

ホテルの2階にあるバーで飲もうとしたが、満席でダメ。1階の喫茶ラウンジ「IRIS」へ。Iris Lawtonとは何の関係もなく、偶然同じ名前だった。喫茶ラウンジといえど酒類もあったが、みんなほとんどソフトドリンク飲んでいた。Steveは水だったけど(笑)

アッシにとって、この喫茶店での会話は面白かったな。Johnと"John Lawtonのお宝自慢"をし合ったんだよ(笑) Johnが「○○の××音源は持ってるか?」って聞いてくるんだけど、アッシが「持ってるよ。」と言うとビックリする。「じゃあ、△△のsingleは持っているか?」って聞いてきて、「それも持ってるよ。」と言うとさらにビックリ。Irisと顔を合わせて「Taasanは何でも持ってるよ。」って関心している。アッシが何でも「Of cource!!」って言うもんだから、Johnはアッシのこと"Of course!のTaasan"と名づけ、"Of course!"を連発するようになってしまった(汗) Johnから聞いたブツの中で、アッシが(恐らくMIZさんでさえも)知りもしなかったブツがあったので、Johnは勝ち誇った顔をしていたな(笑) そのブツは探してゲットしてからHPで報告しよっと(思わせぶり)。逆にアッシのコレクションの中で、Johnが持っていないものがあったので、Johnから「ダビングしてくれ!」と頼まれてしまった。Johnが持っていないブツがあったり、アッシが持っていないブツがあったりで、ブツ・トレードが成立したものもあった♪ まさかJohnとコレクション・トレードするとはね(爆)
あと、いろいろ聞いた中で面白かったのは、Lucifer's Friend Vは有り得ないってこと、Peter Hessleinは友達だけど彼が今やってる音楽に共鳴できないこと、Peter Hechtが今は画家をやっているってこと、今年のHeepVentionにUriah Heepが出演する(この時点ではまだOfficial Siteで発表されていなかった)etc とにかく
重いネタだった。

11時近くになったので店を出た。それから明日の予定を伝えて、握手&ハグをして解散。

家に戻ったアッシは、就寝前にPete Barnacleのことをネットで宣伝しまくったのだった(笑)


Beginning / Meeting / July 18th / July 19th / July 20th / COHT2002 /
July 21st / UHdoo Live / July 22nd / Impressions / Thanks /
books / Video / Main


URIAH HEEP FAN EVENTS