THE LONDON CLASSIC ROCK FESTIVAL 2002

12/01 sun Left London
12/02 mon Returned to Tokyo

12月1日、今日は日本に帰る日。またまた早起きしてしまい、2度目の大きいほうも済まして(笑)、チェックアウト。クーポンで精算済みだったから、チェックアウトも楽だ♪

AIR BUSは 8:42に乗った。10:25頃から手続きすればいいのだが、空港に着いたのが9:20ぐらいだったから、だいぶ早すぎた... 当然、Heathrow Airport Terminal 4に着いてからはまだ搭乗手続きの窓口も決まっておらず、暇つぶすため休憩室で「Wizards And Demons」の本を読んでいた。

10:25になったので、搭乗手続き。日本行きのBAの窓口の列に並ぶが、全く日本人が並んでおらず黒人ばっか。「列間違えたか?」と思ったが、確かに列は当っている。窓口で確認とれたので、「たまたま黒人しか並んでなかったのか」と考え、開き直ったが不安。まぁいいや。荷物検査も済み、土産を買って搭乗待合所へ。BAはバスに乗り換え飛行機まで行く。そのバスの中に何人か日本人もいたし、当然金髪のイギリス人も沢山いたので、ようやく安心した(汗)

帰りの飛行機 BA005便は、12:25離陸予定だったが、10分過ぎても20分過ぎてもなかなか離陸しない。そのうちアナウンスがあり、強風の為、なんとかっちゅー部品を新しく交換している、だって。おいおい大丈夫かよ? まさかそれが原因で飛行機が空中爆発したり墜落したりすることはねーだろうな!? アッシの席は窓側の通路側で、隣に日本人カップルが座ったので、一番後ろの空いてる2席を確保して移動。離陸したのは13:15だった。席はくつろげて良かったが、最初の機内食の後、照明が消えてお休みタイムだというのに、たまたまイギリス人女5人が近くにいて、ずーっとくっちゃべっていたから、騒がしくて寝たくても寝られなかった(怒) こういう時に耳栓があるといいんだよ、British Airwaysさん。

成田空港には 12月2日の 9:25頃に着いた。飛行機に乗るたびに思うことだが、無事帰ってこれて良かった。京成線の急行に乗り、いろいろ乗り継いで家に帰ってきたのは 12:30頃だった。あーちかれたびー

最後に一言。いろいろお世話になった John & Iris Lawton, そして Steve Dunningへ。

To John & Iris Lawton, and Steve Dunning
Thanks a lot for your kindly help!!
See you next time!!
Taasan

Back (CRF2002 Day Two)

Return to CRF2002 Main Page


URIAH HEEP FAN EVENTS