A.D.2007

07/12/30 BLINDSIDE BLUES BANDの新作『KEEPERS OF THE FLAME』が発売されていますが、URIAH HEEP"I Wanna Be Free"をカヴァーしています。(BBBsite)

07/12/22 URIAH HEEPの12月12日のドイツのAschffenburg公演より新曲"Tears of The World"のライヴ映像がココココで、新曲"Shawdow"のライヴ映像がココココで見れます!! (youtube)

07/12/22 20082月18日にElton Johnの2nd『ELTON JOHN』(5305559)と3rd『TUMBLEWEED CONNECTION』(5305255)がEuropeのUniversal MusicよりそれぞれDeluxe Editionの2CDで発売されます。3rdにはNigel Olssonが2曲参加していますが、それぞれにディスク2が付いていますので要確認!(笑)

07/12/20 本日1990年のアニメビデオ『敵は海賊』のDVD-BOXがファイブエースよりアンコール・リリースされました。John Slomanが主題歌の"Danger On The Street"を歌っています。ビデオはシリーズ6本で発売されていましたが、DVDでは3枚にまとめられています。このDVD-BOXは2003年に初DVD化されましたが長く廃盤であったため、アンコール・プレスされました。買い逃した人は是非!!

07/12/19 Ken Hensley"The Night Before Christmas"ココで聴けます。(KHsite)

07/12/16 2008年1月25日にMSIから2枚組CDとして再発されるASIAの2000年作品『オーラ (AURA)』(MSIG0448)ですが、ディスク1には"Under The Gun","Come Make My Day","Hands Of Time"といったChris Slade和尚が参加した音源3曲をボートラ収録、ディスク2はSteve Howeのアコースティック・ソロ・ライヴから4曲を収録しています。

07/12/15 URIAH HEEPの12月9日ドイツのMatrix公演より、新曲"Tears Of The World""Shadow"のライヴ映像の断片がココで見れます!!

07/12/14 Ken Hensley & LIVE FIREは12月11日にドイツのBerlinで"Kult Am Sonntag"というテレビ番組で演奏しました。それは2008年1月6日に放送されます。詳細はココで。(KHsite)

07/12/14 Ken HensleyのバックバンドLIVE FIREのギタリストKen IngwersenとベーシストSid Ringsbyは2008年にGHS Stringsとの正式な支持契約にサインしました。彼らは来年の全てのイベントでそれらを使ってプロモーションします。(KHsite)

07/12/14 John Lawtonの新バンド ON THE ROCKSのデビュー・アルバムから、"Hello""Taking You Down"の一部が彼らのサイトで聴けます。(OTRsite)

07/12/12 URIAH HEEPの12月9日ドイツのMatrix公演のセットリストは次のとおり。(UHsite)
 1. Overlord (New Song)
 2. Cry Freedom
 3. Falling In Love
 4. Words In The Distance
 5. Tears Of The World 
(New Song)
 6. Between Two Worlds
 7. The Wizard
 8. Free Me
 9. Shadow 
(New Song)
10. Sunrise
11. Gypsy
12. Look At Yourself
13. July Morning

(encore 1)
14. Bird Of Prey
15. Easy Livin'

(encore 2)
16. Lady In Black

07/12/09 昨日8日(土)に東京目黒LIVE STATIONで開催されたハモンド祭に出演したURIAH HEEPのカバーバンド高麗屋スープのセットリストは次のとおり。(Panda)
1. Sunrise
2, Sweet Lorraine
3. Traveller in Time
4. Easy Livin'
5. July Morning
6. Look at Yourself

07/12/06 本日からドイツ・ツアーがスタートするURIAH HEEPですが、来年3月にリリース予定の新作『WAKE THE SLEEPER』からの3曲目のライヴお披露目曲"Shadow"が演奏されるようになります。(Mick Box/UHsite)

07/12/06 URIAH HEEPの新曲が聴けるツアー・デイトは次のとおり。(e-heep)
Dec 6 - Alter Schlachthof, Dresden, Germany
Dec 7 - Halle Gartlage, Osnabrück, Germany
Dec 8 - Kreuz, Fulda, Germany
Dec 9 - Matrix, Bochum, Germany
Dec 10 - Getaway, Solingen, Germany
Dec 12 - Colos-Saal, Aschaffenburg, Germany
Dec 13 - Spectrum, Augsburg, Germany
Dec 14 - Salier Halle, Winterbach, Germany
Dec 15 - Lokhalle, Losheim, Germany
Dec 16 - Z7, Pratteln, Switzerland
Jan 18 - Hellendoorn, Lantaarn, Holland
Jan 19 - Plato, Helmond, Holland
Jan 20 - Boerderij, Zoetermeer, Holland

07/12/06 2008123日にElton Johnの名盤『黄昏のレンガ路(グッバイ・イエロー・ブリック・ロード)』(UICY-90771)が“SHM-CD(スーパー・ハイ・マテリアル・CD)”で発売されます。Nigel Olssonがドラムです(笑) このSHM-CDは、ユニバーサル・ミュージックと日本ビクターが共同開発した新素材の高音質CDで、通常のCD素材とは別種のポリカーボネイト樹脂系を採用。この素材は液晶パネルにも採用されている透明性の高いもので、従来のCDよりも透明度が高くバランスのとれた音質を実現していると説明されています。初回プレス限定盤従来のCDに比べ、歪度の少ない、透明感の高い音質。解像度が大幅に向上したことにより、よりバランスのとれた音質を実現。従来ありがちだった、低域の量感不足も解消。(CD Journal)

07/12/06 John Lawtonの新バンド ON THE ROCKSのデビュー・アルバムの編集作業はほとんど終わりました。ブラジルのSao PauloにあるMosh Studiosで行われているこの編集作業は、今ギタリストの Jan Duméeによる最後の仕上げ作業をしており、もうすぐCDのマスターが作成されます。発売日を期待して待ちましょう!! (OTR)

07/12/04 12月5日にKen HensleyDani KandlbauerとデュエットしたCdシングル「lady In Black」がUniversalから発売されます。Kenは来年1月5日にスイスに飛んでこのシングル発売の為のテレ、ラジオ、新聞などの取材を9日間やる予定で、1月11日にはZurichで開かれるCD発売記念パーティーに出席します。(KHsite)

07/12/04 AC/DCConnecteD仕様の紙ジャケ再発ですが、Chris Slade和尚関係では来年1月23日に『レイザーズ・エッジ (THE RAZORS EDGE)』90年/SICP-1712)\2,520-が発売予定のほか、2月20日には1990〜91年のツアー音源を収録した『ライヴ (LIVE)』(92年)が2枚組版(SICP-1714/5)\3,465-と、シングル・アルバム用に編集したダイジェスト版(SICP-1916)\2,520-も発売されます。

07/12/03 Ken HensleyのバンドLIVE FIREのリード・ボーカリストEiríkur Haukssonオフィシャルサイトが出来ました。(KHsite)

07/12/03 Russell Gilbrookの婚約者Carlyさんは、12月2日に可愛い女の赤ちゃんを産みました。名前はPaigeちゃんで、体重は7ポンド6オンスです。おめでとうございます! (UHsite)

07/12/02 長らく廃盤だったOzzy Osbourneのライヴビデオ『BARK AT THE MOON』が2008年1月15日にドイツのMasterplanより初DVD化されて再発されます。1984年のSolt Lake Cityでのライヴを収録したこのDVD、参加メンバーはOzzyの他、Jake E.Lee (g), Bob Daisley (b), Tommy Aldridge (ds), Don Aiery (key)。(HMV)

07/12/02 Ken Hensley『BLOOD ON THE HIGHWAY (Special Limited Edition)』のボックスセットは、プレオーダー分を今出荷されました。(KHsite)

07/12/01 URIAH HEEP11月28日のSwedenのOlympen公演から新曲"Overload"のライヴ映像がココで見れます!! なんともクラシカルな曲です!! Mick BoxがUli Jon Rothのように見えます(笑) (UHML)

07/11/30 Billy Squierが1981年8月にNew YorkのPower Stationで録音したシングル"Chistmas Is The Time To Say "I Love You""ココでたったの$1.00でダウンロードできます。Billyによって書かれ、BillyとMacのプロデュースによるこの曲は、MTVの為に作られたクリスマス・ソングです。レコーディング・メンバーは、Billy (lead-g,vo), Jeff Golub (g), Alan St.Jon (key), Bobby Chouinard (ds), Mark Clarke (b)。B麺は1982年に録音された"White Christmas"です。(Billy Squier site)

07/11/30 Chris Slade和尚が参加したASIAの2000年作品『オーラ (AURA)』(MSIG0448)が、2008年1月25日にMSIから2枚組CDとして再発されます。

07/11/30 Ken Hensleyの11月24日のSwedenのStockholmにおける"Sweden Rock Lounge Party"では、15分間の短いアコースティック・ソロ・ステージが行われました。演奏したのは、Okay, The Wizard, Rain, Lady in Blackの4曲。そして、最後のジャム・セッションでは、Uli Jon Rothらと一緒にDEEP PURPLE"Child In Time"を演奏しました。リハーサルなしのぶっつけ本番でオルガンを弾きましたが、Kenにとって2度目のDEEP PURPLEを人前で弾く機会となりました。(KHsite)

07/11/30 Ken Hensleyの11月23日のSwedenのStockholmにおけるRock at Seanr公演のセットリストは次のとおりでした。(KH site)
 INTRO
 OUT OF MY CONTROL
 BROWN EYED BOY
 CIRCLE OF HANDS
 JULY MORNING
 JUST THE BEGINNING
 BLOOD ON THE HIGHWAY
 WE'RE ON OUR WAY
 THE WIZARD
 STEALIN'
 
EASY LIVIN'
 THE LAST DANCE
 LADY IN BLACK
 Encore : GYPSY

07/11/28 John Slomanが何曲歌っている映画『HIGHLANDER : THE SOURCE』は2006年に制作されて、2007年9月に上映封切のハズでしたが、2008年春に延期になっています。何故?

07/11/26 URIAH HEEPのFinlandツアーで新曲"Overload"がライヴ演奏されていますが、本日(のOulu公演?)からは新曲"Tears Of The World"も演奏されるようになります!! (Mick Box/UHsite)

07/11/25 11月24日からURIAH HEEPのFinlandツアーが始まりましたが、ついに来年3月にリリース予定の新作『WAKE THE SLEEPER』からの新曲"Overload"がライヴで初ライヴ演奏されました。"Against The Odds"や"Between Two Worlds"のようなパワフルなアップテンポ・ナンバーだそうです!! 11月25日のHelsinki公演のセットリストは次のとおりでした。(Tapio)
 1. So Tired
 2. Cry Freedom
 3. Overload
 4. Between Two Worlds
 5. Sunrise
 6. Gypsy
 7. Look At Yourself
 8. July Morning
 9. Easy Livin
10.
Lady In Black

07/11/25 2008年6月4日〜7日の間に開催される"Sweden Rock Festival"Ken Hensley & Live Fire with special guest John Lawtonが出演します! (KHsite/JLmusic)

07/11/25 Ken Hensleyライヴ・デイトは以下のとおり。(KH site)
 November 23rd 2007 Rock at Seanr. Stockholm, Sweden
 November 24th 2007 Sweden Rock Lounge Party, Stockholm, Sweden (Ken solo)
 December 4th 2007 The Garage, Munich, Germany
 December 5th 2007 Planet Music, Vienna, Austria
 December 6th 2007 A38 Boat Budapest, Hungary
 December 8th 2007 Golem Club, Zlin, Czech Republic
 December 9th 2007 Retro Music Hall, Prague, Czech Republic
 December 11th 2007 Kult Am Sonntag" TV Show (broadcast on January 6th 2008), Berlin, Germany
 December 12th 2007 Harmonie, Bonn, Germany
 June 4th-7th 2008 Sweden Rock Festival, Sweden (Hensley/Lawton & Live Fire)

07/11/25 John Lawtonの来年1月4日〜6日にわたる3日間のドイツ"Church Tour"は中止になりました。ライヴ予定は次のとおり (JLmusic)
 2007/12/22 Zeche Rock Classic Allstars in Symphony, Bochum, Germany
  (John to guest with Rock Classic Allsters, Jeff Brown (Sweet) & Steve Whalley (Slade) performing an acoustic set with full orchestra
 2007/12/29 Rock im Johannland, 57250 Netphen - Hainchen, Germany (with FIREFLY)
 2008/01/04 T.B.C. Wuppertal, Germany
 2008/01/05 T.B.C. Osnabruck, Germany
 2008/01/06 T.B.C. Kiel, Germany
 2008/01/16
Rock Classic Allstars, Philharmonie im Gasteig, Rosenheimer Str.5 B1667 Munich, Germany
  (John to guest with Rock Classic Allsters, Jeff Brown (Sweet) & Steve Whalley (Slade), John Verity (Argent), Chip Hawkes (Tremeloes), Gary Mobeley (Bee Gees) and many more
 2008/06/04-07 Sweden Rock Festival, Sweden (Hensley/Lawton & Live Fire)

07/11/24 Disk Unionの'07年プログレッシヴ・ロック年末企画第三弾として、CRESSIDA/ASYLUMBOXが1219日より数量限定発売されます。'00'01年に発売され今は入手困難なユニバーサル/ブリティッシュ・ロック紙ジャケット5タイトルのまとめ害数量限定アイテムです。CRESSIDABOX収録タイトルは、『カーン/宇宙の船乗り』、『ドクター・ゼット/スリー・パーツ・トゥ・マイ・ソウル』、『ファンタジー/ペイント・ア・ピクチャー』、『クレシダ/アサイラム』 Iain Clarke参加!!、『クリアー・ブルー・スカイ/クリアー・ブルー・スカイ』の5タイトル。10,705(税込) 

07/11/21 Mick Boxの弁によると、なんとURIAH HEEPの新作『WAKE THE SLEEPER』からの新曲今週24日からのFinlandツアーから聴けるようになります!! Finland, Sweden, Swedenといくつかの新曲をライヴで披露し、続くGermany, Switzerlandのツアーでは更に多くの新曲をセットリストに加える予定とのこと♪ 新曲入りのツアー・デイトは次のとおり。(Rodrigo)
Nov 24 - Motorpark (with Alice Cooper), Alaharma, Finland
Nov 25 - Jaahalli Helsinki Icehall (with Alice Cooper), Helsinki, Finland
Nov 26 - Teatria (with Alice Cooper), Oulu, Finland
Nov 28 - Olympen (with Alice Cooper), Lund , Sweden
Nov 29 - Ballerup Superarena (with Alice Cooper), Copenhagen, Denmark
Dec 3 - Meyer Music Hall, Braunschweig, Germany
Dec 4 - Brückenforum, Bonn, Germany
Dec 6 - Alter Schlachthof, Dresden, Germany
Dec 7 - Halle Gartlage, Osnabrück, Germany
Dec 8 - Kreuz, Fulda, Germany
Dec 9 - Matrix, Bochum, Germany
Dec 10 - Getaway, Solingen, Germany
Dec 12 - Colos-Saal, Aschaffenburg, Germany
Dec 13 - Spectrum, Augsburg, Germany
Dec 14 - Salier Halle, Winterbach, Germany
Dec 15 - Lokhalle, Losheim, Germany
Dec 16 - Z7, Pratteln, Switzerland

07/11/21 当サイトが1998年11月21日の『ソニック・オリガミ』日本盤発売日に開設してから9周年になりました♪ いつもありがとうございます!!

07/11/21 本日キング・レコードから発売された2CD『ゴーイン・ホーム(ア・トリビュート・トゥ・ファッツ・ドミノ)』(KICP1274)\3,500-(税込)にElton Johnが参加していますが、もちろんドラムはNigel Olssonです(笑)

07/11/20 エピックソニーに移籍したAC/DCの旧作のConnecteD仕様の紙ジャケ再発ですが、発売日と規格番号が変更になりました。1121日発売分→1219、1219日発売分→2008123日で、Chris Slade和尚が参加した『レイザーズ・エッジ (THE RAZORS EDGE)』90年/SICP-1712)は1月23日発売になります。(CD Journal)

07/11/17 Ken Hensley『BLOOD ON THE HIGHWAY (Special Limited Edition)』のボックスセットは、11月12日にボックスセットがHumburgに届き、11月20日or21日にはスペインのAlicanteに送られて梱包作業をされ、12月1日には出荷される予定です。(KHsite)

07/11/16 10月26日にUkuraineのKievにて開催されたKen Hensley & Live Fire with John Lawtonの映像がココココで見られます。(e-heep)

07/11/16 URIAH HEEPの12月のライヴも追加されたツアー・デイトは以下のとおり。(e-heep)
Nov 24 - Motorpark (with Alice Cooper), Alaharma, Finland
Nov 25 - Jaahalli Helsinki Icehall (with Alice Cooper), Helsinki, Finland
Nov 26 - Teatria (with Alice Cooper), Oulu, Finland
Nov 28 - Olympen (with Alice Cooper), Lund , Sweden
Nov 29 - Ballerup Superarena (with Alice Cooper), Copenhagen, Denmark
Dec 3 - Meyer Music Hall, Braunschweig, Germany
Dec 4 - Brückenforum, Bonn, Germany
Dec 6 - Alter Schlachthof, Dresden, Germany
Dec 7 - Halle Gartlage, Osnabrück, Germany
Dec 8 - Kreuz, Fulda, Germany
Dec 9 - Matrix, Bochum, Germany
Dec 10 - Getaway, Solingen, Germany
Dec 12 - Colos-Saal, Aschaffenburg, Germany
Dec 13 - Spectrum, Augsburg, Germany
Dec 14 - Salier Halle, Winterbach, Germany
Dec 15 - Lokhalle, Losheim, Germany
Dec 16 - Z7, Pratteln, Switzerland
また、来年1月からHollandでライヴ活動を再開する予定で、最初の公演は1月18日になる予定です。果たして新作『WAKE THE SLEEPER』からの新曲初お披露目になるかっ!?

07/11/09 John Lawtonの新バンド ON THE ROCKSのデビュー・アルバムは1118日〜1218日の間にブラジルのSao PauloにあるMosh Studiosで編集作業が行われます。2008年春には発売される見込みです。(JLmusic)

07/11/07 URIAH HEEPのカバーバンド高麗屋スープが12月8日(土)に東京目黒LIVE STATIONでライヴをやります。競演は岡垣正志バンド、GONZ、HONEYFLASH (ゲスト:難波弘之)。開場 PM5:00 / 開演 PM5:30、前売り2,500円 / 当日3,000円、別途ドリンク500円。ライヴ情報 (Panda)

07/11/17 Ken Hensley『BLOOD ON THE HIGHWAY (Special Limited Edition)』のボックスセットは、限定ナンバー100〜149のプレオーダーもKenのサイトで受付を開始し始めました。(KHsite)

07/10/31 Ken Hensley『BLOOD ON THE HIGHWAY (Special Limited Edition)』のボックスセットは、限定ナンバー入り99セットを完売しました。最初の99セットまでは74.99ユーロ(約12,838円)で販売していましたが、引き続きKenのサイトで通常価格79.99ユーロ(日本円で約13,694円)で注文を受けるそうです。(KHsite)

07/10/30 名盤LPの復元レーベルで知られるEarmarkから11月12日にURIAH HEEPのLP『SWEET FREEDOM』(EA41056LP)が発売されます。"Sunshine"を含む9曲入りアナログ盤です。

07/10/29 AC/DCDVD『プラグ・ミー・イン (PLUG ME IN)』で\8,610-(税込)ですが、規格番号が変更され(EICP-96〜8→SIBP-100〜2)、発売が1121日に再度設定されました。なお、日本では3枚組仕様のみのリリースとなります。(CD Journal)

07/10/27 来年9月にスペインで開催される"HEEPVENTION 2008"のゲストKen HensleyJohn Lawtonの最新映像がココで見られます。仲良さそうな微笑ましい映像ですね♪ チケットは60Euro(約10,103円)で、2日間の入場料とスナック付きです。チケットのオーダーはもう開始しています。日程は次のとおり。
 2008年9月18日(木) Meet & Greet
 2008年9月19日(金) HeepVention 2008
 2008年9月20日(土) HeepVention 2008

07/10/26 Ken Hensleyライヴ・デイトは以下のとおり。(KH site)
November 23rd 2007 Rock at Seanr. Stockholm, Sweden
November 24th 2007
 Sweden Rock Lounge Party, Stockholm, Sweden
December 4th 2007
 The Garage, Munich, Germany
December 5th 2007
 Planet Music, Vienna, Austria
December 6th 2007
 A38 Boat Budapest, Hungary
December 8th 2007
 Golem Club, Zlin, Czech Republic
December 9th 2007
 Retro Music Hall, Prague, Czech Republic
December 12th 2007
 TBA, Bonn, Germany

07/10/26 DVDBEAT-CLUB : PROGRESSIVE TIMES VOL.3 1970Orange DVD 28203)に、COLOSSEUM"Take Me Back To Doomsday""Tanglewood'63"のスタジオ・ライヴが収録されています。両曲ともMark Clarke在籍時のCOLOSSEUMの映像ですが、特に"Tanglewood'63"はMark Clarkeがスキャットでハモっている拡大映像が多くて、かつまるごと映像がオフィシャルDVD化されたのは初めて(のはず)です。NTSCと記載されていますがPAL方式(リージョン・フリー)です。PCでは視聴可です。

07/10/23 Ken HensleyのバンドLIVE FIREのドラマーがWilly Bendiksen からTom Arne Fossheimに替わりました。(KHsite)

07/10/22 AC/DCのDVD『プラグ・ミー・イン (PLUG ME IN)』ですが、発売日未定になりました。(CD Journal)

07/10/14 10月13日にオランダで開催された"sHeep Market"に出演したJohn Lawton, Lee Kerslakeですが、Circle Of Hands (UH tribute band)と一緒に"Come Back To Me", "The Wizard"などを演奏、Lawton/Kerslakeのデュオで"Tonight""Still Payin' My Dues...", Jan Dumeeも加わってON THE ROCKSの新曲"Let Your Shine Down On Me"も披露しました。ビデオ映像はココにて総括。(SOT)

07/10/13 Ken Hensley『BLOOD ON THE HIGHWAY (Special Limited Edition)』のボックスセットは2日間で50組以上の予約がありました。残り40組ちょっとだと思われます。絶対に欲しい人は早めにKenのサイトで予約を!! (KHsite)

07/10/10 Ken Hensley『BLOOD ON THE HIGHWAY (Special Limited Edition)』のボックスセットがKenのサイトで予約開始されました。限定ナンバー入りで99組を発売いたします。なお、ナンバー0001"Esperanza Street auction"に出されるとのこと。ボックスセットの内容は次のとおり。(KHsite)
 ・
CD: "Blood On The Highway" digipack
 ・DVD 1: Live Concert with Ken Hensley and Live Fire in Gressvik, Norway
 ・DVD 2: "Making of Blood On The Highway" (studio scenes of recording sessions in Alicante, Spain - exclusive in this box)
 ・Book: "When Too Many Dreams Come True" 194-page autobiography
 ・T-shirt: black with "Blood On The Highway - Ken Hensley" print
 ・Signed letter by Ken Hensley
 ・Special Ken Hensley plectrum
 ・Autograph picture
気になる価格は、本日現在のレートで通常79.99ユーロ(日本円で約13,694円)。日本への送料35.75ユーロ(約6,120円)=合計約19,814円...(おーい) Kenのサイトで予約すると最初の99セットまでは
74.99ユーロ(約12,838円)で販売するそうです。この場合送料込みで合計110.74ユーロ(約18,959円) それでも高い....

07/10/07 10月19日にKen HensleyがプロデュースしたドイツのMAKS & THE MINORSのデビューCD『MOVIN' OUT』がMembran/Politurより発売されます。(Maks & The Minors.myspace.com)

07/10/05 来年9月にスペインで開催される"HEEPVENTION 2008"のゲストJohn LawtonPaul Newtonの最新映像がココで見られます。John Lawton, Ken Hensley, Paul Newtonが参加する予定の"HEEPVENTION 2008"、特にPaul Newtonの演奏が見られる機会は滅多にありませんので、後悔したくない人は観に行きましょう!! チケットは60Euro(約10,103円)で、2日間の入場料とスナック付きです、チケットのオーダーはもう開始しています(笑) 日程は次のとおり。
 2008年9月18日(木) Meet & Greet
 2008年9月19日(金) HeepVention 2008
 2008年9月20日(土) HeepVention 2008

07/10/04 AC/DCの旧譜のワーナー・パイオニア盤が廃盤でしたが、移籍したエピックソニーより 11月21日、12月19日、来年1月or2月の3回に渡り、旧譜が完全生産限定の"紙ジャケ仕様"で再発されます。Chris Slade和尚が参加したタイトルは、12月19日に再発される名盤『レイザーズ・エッジ (THE RAZORS EDGE)』(EICP912) \2,500-(税込)、それと来年1月or2月に再発される『ライヴ (LIVE)』です。いずれもPCで特別コンテンツが閲覧可能なConnecteD仕様です。(HMV/B!)

07/10/03 10月24日に発売予定だったAC/DCのDVD『プラグ・ミー・イン (PLUG ME IN)』ですが、11月21日に発売日が変更になりました。(CD Journal) ※もう少し先に伸びるかもという情報もあり (B!)

07/09/30 10月24日にアヴァロン/マーキーより、GRIM REAPER, ONSLAUGHT, LION'S HEARTで活躍したメタル・シンガーSteve Grimmettのソロ・プロジェクトCD『パーソナル・クライシス (PERSONAL CRISIS)』(MICP10694) \2,600-が発売されます。Bob DaisleyTony Mills(SHY,TNT) がゲスト参加しています。日本盤はボートラ1曲収録。

07/09/30 Chris Sladeが参加しているECOTONICは2枚目の新作『OUT OF THE ASHES』をレコーディングしています。夏にはリリースしたい意向だったのですが、延びに延びて10月末頃まで9〜11曲の新曲をレコーディング予定です。バンドのメンバーはChris Slade (ds), Jason Ebs (vo,g), Jenea Chadwick (vo,ac-g), Daniel Schiffer (b)。JasonとJeneaの男女混声ボーカルが美しいロックです。なお、9月23日から、"You're Alive", "Only Love", "I Wonder"の3曲分の音源が聴けるダウンロード専用のMP3アルバム『OUT OF THE ASHES』がココからダウロード購入できるようになりました。

07/09/29 URIAH HEEPのツアー・デイトは以下のとおり。(e-heep)
 Sept 30 - Open Air, Sibiu, Romania
 Oct 11 - Amphi Wohal, Tel-Aviv, Israel
←新!
 Oct 12 - Shuni Fortess, Binyamina, Israel
←新!
 Oct 14 - Open Air Concert, Oradea, Romania
 Oct 16 - Becker Brau Live club, Bucharest , Romania
←変更!
 Oct 18 - The Steel Arena Nerudova 12
? 040 01, Kosice, Slovakia ←新!
 Oct 19 - CCA NAU (Culture Club), Kiev, Ukraine
 Oct 21 - UCIC (Culture Club), Sevastopol, Ukraine
 Nov 24 - Motorpark (with Alice Cooper), Alaharma, Finland
 Nov 25 - Jaahalli Helsinki Icehall (with Alice Cooper), Helsinki, Finland
 Nov 26 - Teatria (with Alice Cooper), Oulu, Finland
 Nov 28 - Olympen (with Alice Cooper), Lund , Sweden
←新!
 Nov 29 - Ballerup Superarena (with Alice Cooper), Copenhagen, Denmark
←新!

07/09/25 Ken Hensleyは今スイスでDaniel Kandlbauer"Lady In Black"新バージョンレコーディングしています。彼らはいくつかのTV番組やラジオ番組に出演しています。(KHsite)

07/09/20 Ken Hensley『BLOOD ON THE HIGHWAY (Special Limited Edition)』のボックスセットはそろそろKenのサイトで予約開始されます。価格は79.99ユーロ(日本円で約13,000円)。送料別。内容は次のとおり。
 ・
CD: "Blood On The Highway" digipack
 ・DVD 1: Live Concert with Ken Hensley and Live Fire in Gressvik, Norway
 ・DVD 2: "Making of Blood On The Highway" (studio scenes of recording sessions in Alicante, Spain - exclusive in this box)
 ・Book: "When Too Many Dreams Come True" 194-page autobiography
 ・T-shirt: black with "Blood On The Highway - Ken Hensley" print
 ・Signed letter by Ken Hensley
 ・Special Ken Hensley plectrum
 ・Autograph picture
なお、10月26日にはMembranのサイト、その後Amazon.deやAmazon.comでも買えるようになると思われます。(KHsite)

07/09/11 11月7日にユニバーサルよりElton Johnの来日記念アイテムが3種類国内発売されます。Nigel Olsson入りです(笑)
 CD
『ロケット・マン (ROCKET MAN - THE DEFINITIVE HITS)』(UICR1070) \2,500-(税込) 日本独自選曲ベスト
 2DVD
『エルトン 60 : ライヴ・アット・マジソン・スクエア・ガーデン (LIVE AT MADISON SQUARE GARDEN)』(UIBR1020) \5,900-(税込)
 2DVD
『コンサート・フォー・ダイアナ (CONCERT FOR DIANA)』(UIBO1132) \5,900-(税込)

07/09/10 10月24日にAC/DCの3枚組DVD『プラグ・ミー・イン (PLUG ME IN)』の日本版が発売される予定です。3枚組の初回生産限定盤(EIBP-96〜8 税込\8,610)、2枚組の通常盤(EIBP-94〜5 税込\6,510)と、2種類出ますが、Disc 1がBon Scott在籍時、Disc 2がBrian Johnson加入後の映像で構成。古くは75年の映像から最新のものまで、未発表だった素材を多数含む貴重な作品です。Disc 2には81年の初来日時の模様が収められるとあり、すでに話題となっています。総収録時間は約5時間、ボーナス映像も含めると7時間近くの大作。また、限定盤のDisc 3にもさまざまなライヴ映像が約3時間収録されることになっています。(HMV)
さて、
Chris Slade時代の映像は(笑)、1991年9月に開催された"Monsters Of Rock 1991 in Moscow"のライヴで、"Back In Black", "Highwat To Hell", "Whole Lotta Rosie", "For Those About To Rock"の4曲が収録されています。実はこの4曲、国内では1993年に発売された『フォー・ゾーズ・アバウト・トゥ・ロック〜ロシアからの招待状』と題されたビデオ(あるいはレーザー・ディスク)の中に収録されていたもので、他にもMETALLICA, THE BLACK CRAWES, PANTERAらを数曲ずつ収録したビデオでしたが、このたびAC/DCの部分が初DVD化されるというわけです。

07/09/08 Mark Clarkeは現在ニューヨークで初のソロ・アルバムの曲作りをしています。既に一部レコーディング済み。Peter Frampton, Billy Squier, Clem Clempsonらにゲスト参加してもらいたいと語っていたソロ・アルバムです。また、COLOSSEUM新作CDのレコーディングの為に10月にロンドンに行く予定です。(Mark Clarke)

07/09/05 Ken Hensleyは明日6日にイタリアのMonzaに行きます。ドイツのカー雑誌"Auto Bild & Motor Sport"のゲストとしてイタリアのカーレース場に行きます。またこの時に、"Heroes of the 70's"という雑誌の為に有名な世界チャンピョンNiki Laudaにインタヴューします。Kenはカーレースが好きで"Formula 1"の猛烈な信者です。(KHsite)

07/09/05 John Lawtonのライヴ予定は次のとおり (JLmusic)
 2007/10/13 sHeep Market, Langbroek, Holland (with "Circle of Hands" Band)
 2007/10/26 National Aviation University Concert Hall, Kiev, Ukuraine (with Ken Hensley & Live Fire)
 2007/12/22 Zeche Rock Classic Allstars in Symphony, Bochum, Germany (John to guest with Rock Classic Allsters, Jeff Brown (Sweet) & Steve Whalley (Slade) performing an acoustic set with full orchestra
 2007/12/29 T.B.C. Germany
 2008/01/04 T.B.C. Wuppertal, Germany
 2008/01/05 T.B.C. Osnabruck, Germany
 2008/01/06 T.B.C. Kiel, Germany

07/09/04 URIAH HEEPのツアー・デイトは以下のとおり。(UHsite)
 08.09.07 Cover Festival, Plock, Poland
 30.09.07 Open Air, Sibiu, Romania
←追加
 14.10.07 TBA, Oradea, Romania
←新!
 15.10.07 TBA, Cluj, Romania
←新!
 19.10.07 CCA, NAU (Culture Club), Kiev, Ukraine
←新!
 
20.10.07 CUMT (Theatre), Simferopol, Ukraine ←新!
 21.10.07 UCIC (Culture Club), Sevastopol, Ukraine
←新!
 24.11.07 Motorpark (with Alice Cooper), Alaharma, Finland
←新!
 25.11.07 Icehall (with Alice Cooper), Helsinki, Finland
←新!
 26.11.07 Teatria (with Alice Cooper), Oulu, Finland
←新!

07/09/04 Ozzy OsbournetのDVD『ライヴ・アット武道館 (LIVE AT BUDOKAN)』(EIBP75)\2,940-が旧品番にはない「うた字幕」を付加した廉価版としてソニー・ミュージック・エンタテインメントより11月21日に再発されます。30分のボーナス映像にはOsbourne一家の日本でのオフステージが収録されていますが、ライヴでは影武者としてキーボードを弾いていたJohn Sinclairもオフステージ映像では頻繁にその姿やトークが出てきます。

07/09/04 EDGUYTobias Sammetのメタル・オペラ・プロジェクト、AVANTASIAの第3弾アルバム『THE SCARECROW』が来年初頭に発表の見通しとなり、2種の先行ミニ・アルバムが、10月24日にマーキー・インコーポレイティドよりリリースされることになりました。『LOST IN SPACE PART 1』と『LOST IN SPACE PART 2』という2種のミニ・アルバムですが、そのうち『〜PART 1』にはex.KISSのEric Singerがリード・ヴォーカルをとっているLUCIFER'S FRIENDのカヴァー"Ride The Sky"が収録されます。(Burrn!)

07/09/03 Ken Hensleyはすでに次の新作CD『LOVE... AND OTHER MYSTERIES』(仮題)の為に曲を作っています。すべての歌は「愛」について書かれたものですが、いろいろな愛について書かれています。このCDは2008年の秋に発売予定。1年後ですな。(KHsite)

07/09/02 Ken Hensley & Live Fireは10月26日にウクライナのKievにてライヴをやる予定で、セットリストの45分間はJohn Lawtonが参加します。(KHsite)

07/09/02 Ken Hensleyは9月24日にチューリッヒに行き、スイスで有名なバンドKANDELBAUERと一緒に"Lady In Black"をレコーディングします。(KHsite)

07/09/02 Bob Daisley & Lee KerslakeLIVING LOUDですが、Bob曰く、「今度は全部オリジナル・マテリアルだげでセカンド・アルバムを作りたい」とのこと。実際、Steve MorseがオーストラリアのJimmy Barnesの家に行った時に数曲書き上げてデモを仕上げたそうです。(beatleg)

07/09/02 Disk Unionで特選輸入CDにコメント入り特製帯をを付けたタイトルが売られていますが、Keith Bakerが参加したBAKERLOO『ベイカールー』 \2,300-(税込)も帯コメントが付きました。「クレムソンのギターが火を噴き疾走する冒頭のブルースは、ベイカーのジャジーなドラムと共に心地良いスイング感を創出。」(帯コメントより)

07/09/01 10月24日にユニバーサル・インターナショナルからYngwie J.Malmsteen's RISING FORCE紙ジャケットが今度は単発で発売されます。Bob Daisleyが4曲でベースを弾いた『オデッセイ (ODYSSEY)』(UICY93355) \2,500-(税込)は、Joe Lynn Turnerがヴォーカルを務めた唯一のスタジオ盤で、後にJoe & BobがMOTHER'S ARMYを結成するに至る布石となったアルバムです。

07/09/01 BLACK SABBATH紙ジャケット・シリーズですが、Ronnie James Dio時代以降の作品は紙ジャケ化が中止になりました。最初の計画ではBob Daisleyの参加した『ETERNAL IDOL』までが紙ジャケ化される予定だったのですが...

07/08/30 Ken Hensley『BLOOD ON THE HIGHWAY』の特別限定版がMembranより11月1日に正式に発売されます。この限定版はCD『BLOOD ON THE HIGHWAY』のデジパックCD、『LIVE FIRE』(ライヴとドキュメンタリーを収録)と『MAKING OF BLOOD ON THE HIGHWAY』(スタジオ・レコーディングの様子など収録)の2つを収録した2DVDパック(現在まだどちらも未発表)、Kenの自伝本『WHEN TOO MANY DREAMS COME TRUE』、Tシャツ、親書、サインカードなどがセットされます。(KHsite) 価格は一体いくらだ?(泣)

07/08/30 9月24日にNigel Olsson入り(笑)のElton Johnの最新DVD『ELTON 60 : LIVE AT MADISON SQUARE GARDEN』がリリースされます。Eltonが今年 3月25日、彼の60回目の誕生日に、ニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデンでの通算60公演目として行った記念コンサートの模様を2枚組のDVDに収録。レアな未公開映像等も収録。ハードカバー仕様で、36ページのブックレット付属予定。(HMV) 大物Eltonのこと、きっと国内版も出ると思われます。

07/08/27 8月25日(土)に新宿Crawdaddy Clubで開催されたUriah Heep Live Session & Partyで演奏された曲は次のとおり。
 
1. One Way Or Another
 2. I'm Alive
 3. Sunshine
 4. Easy Livin'
 5. July Morning (西城秀樹version)
 6. Sunrise
 7. Sweet Lorraine (Pink Pop '76 version)
 8. Return To Fantasy
 9. Sympathy
 10. Look At Yourself (live version)
 11. Bird Of Prey
 12. July Morning (通常version)
 13. Stealin'

当日は
Nuovo Immigrato, NovelaAngieさんも急遽参加し、3曲でコーラスをしてくださいました。曲ごとの演奏者一覧はココ←を見てください。
後半はブツ交換会(プレゼント交換会)とクイズ大会があり、「ファン懇親会」らしく締めくくりました。
盛り上げてくださったみなさま、個人的にプレゼントをくださったみなさま、どうもありがとうございました!! また次回にお会いしましょう〜

07/08/24 John Lawtonの新しいサイトです→ http://www.johnlawtonmusic.com/ これってJohn Lawton Bandのサイトをちょっと変えただけざんしょ(笑) (e-heep)
12月22日にはドイツのBochumで行われる
Rock Classic AllstarsのゲストとしてJeff Brown (Sweet), Steve Whalley (Slade)らとフル・オーケストラのアコースティック・セットでゲスト出演します。
また、10月26日にもJohn Lawtonのライヴが予定されています。(JLM)

07/08/23 URIAH HEEPの新作『WAKE THE SLEEPER』は、9月の発売予定でしたが、Universal RecordsによるSanctuary Recordsの売却による移行の為、来年1月後半頃に発売延期されることになりました。現在Universal Records/Sanctuary Recordsと正式な発売日について検討しています。レーベル移行の時期に無理してアルバムを予定どおりにリリースすることは望ましくなく、年内にリリースするとしてもクリスマスシーズンに多発されるアルバムとの戦いに望まねばなりません。また、充分な広告とキャンペーン活動をする為には、来年1月後半に発売される予定であろうことがベストだと決断されました。新作『WAKE THE SLEEPER』はバンドにとってこれまで発表したアルバムの中でベスト3の1枚であるとマネージャーのSimon Porterは思っています。
新作
『WAKE THE SLEEPER』の収録曲は以下のとおり。(Simon Porter/UHmanager)
  * Wake The Sleeper
  * Overload
   * Tears Of The World
   * Light of a Thousand Stars
   * Heaven's Rain
   * Book Of Lies
   * What Kind of God
   * Ghost Of The Ocean
   * Angels Walk With You
   * Shadow
   * War Child

07/08/21 Ken Hensleyの自伝本『BLOOD ON THE HIGHWAY, WHEN TOO MANY DREAMS COME TRUE』の2ndバージョンがようやくオーダーを開始しました。ココなどで売られていますが、今週中にamazon.comなどでも売られるそうです。amazon.co.jpの入荷を待ちましょうかね〜 (KH site)

07/08/20 Ken Hensleyライヴ・デイトは以下のとおり。(KH site)
September 30th 2007 TVER, Moscow, Russia
October 1st 2007 TBA, Minsk, Belarus
←追加
October 14th 2007 Oktoberfest (special guest of
The Rockets, featuring Jools Cooper and Geoff Britton of Wings/Rough Diamond fame), Calpe, Spain
November 17th 2007 TBA, St. Petersburg, Russia
November 18th 2007 TBA, St. Petersburg, Russia
November 23rd 2007 Rock at Seanr. Stockholm, Sweden

07/08/20 10月24日に発売が予定されていたTHE GODS『THE BEST OF THE GODS』(TOCP70343)の紙ジャケは、生産中止となりました。残念っす。

07/08/19 John Lawtonの新バンド ON THE ROCKSですが、デビュー・アルバムの為のJohnのボーカル録りが終わり、録音の全てが終わりました。残るは編集作業だけです!! (JLmyspace.com)

07/08/17 10月13日にオランダで開催される"sHeep Market"に、Lee Kerslakeが参加します!! 他にはJohn Lawton, Circle Of Hands (UH tribute band), We Are Not QUEEN (Queen tribute band)らが出演。Kerslake/Lawtonによる"Come Back To Me"がまた聴けるのかっ? (SOT)

07/08/12 10月1日にEdel RecordsよりBob Daisleyのバンド THE HOOCHIE COOCHIE MENの新作 『DANGER! WHITE MEN DANCING』(0184622RE)が発売になります。DVDがついた限定版も発売される予定。バンドのメンバーはBobのほか、Tim Gaze (vo,g), Rob Grosser (ds), Jim Conway (hamonica)で、Ian GillanJon Lordもゲスト参加しています。

07/08/11 本日開催された"URIAH HEEP祭"の各バンドのセットリストは以下のとおり。
Steerforth ( 東京 )
 
Beautiful Dream
 Midnight
 Poet's Justice
 Wonderworld
 Sympathy (GunHill version)
 The Wizard (with Angie)
 Shadows Of Grief
 July Morning

Elastic Tone ( 大阪 )
 
Sunrise
 Bird Of Prey
 The Wizard
 Rain
 Rainbow Demon
 Gypsy
 Love Machine

高麗屋スープ ( 名古屋 )
 
Sell Your Soul
 Return To Fantasy
 Sweet Lorraine
 Traveller In Time
 Easy Livin' (with Angie)
 The Magician's Birthday
 Circle Of Hands
 Look At Yourself (Live '73 version)

<encore>
J.C. (高麗屋スープ) only sang
 
Paradise / The Spell

07/08/10 最近Mick Box"Dot On Shaft Guitars"の支持協定にサインをしました。今年はその"Dot On Shaft"の"Carparelli SG-1"というギターを使用しています。(melodicrock.com)

07/08/07 ↓のKen Hensley Summer Patyのライヴは録画されました。5月22日の『BLOOD ON THE HIGHWAY』発表記念ライヴのDVDのボーナス映像として使われるそうです(単独で全部見たい〜)。(Rodrigo)

07/08/06 84日にノルウェーのGressvikで開催されたKen Hensley Summer Patyですが、もちろんKenのバンドLIVE FIREがサポートし、予定どおり(今度こそ)Glenn Hughesが参加しました。なんとDEEP PURPLEの曲を5曲も演奏しました。うち"Burn"ではJorn Landeも参加し、Glennとの熱いダブル・ボーカルを聴かせてくれたとか。KenがDEEP PURPLEを弾くのもレアですよね。セットリストは以下のとおり。
 Brown Eyed Boy
 Circle Of Hands
 July Morning
 Stealin'
 The Wizard
 Just The Beginning
 Blood On The Highway
 What You Gonna Do
*
 The
Last Dance *
 Stormbringer
*
 Mistreated
*
 Might Just Take Your Life
*
 You Keep On Moving
*
 Burn
**
 Easy Livin'
 Lady In Black
 Gypsy
* featuring Glenn Hughes on vocals and bass
** featuring Glenn Hughes and Jørn Lande on vocals

07/08/02 8月17日(金)にイギリスのDerby, Catton Hallで開催されるBloodstock Open Air Festivalに出演する予定だったDAMAGE CONTROLですが、Robin Georgeの腕の怪我の為に出演がキャンセルになりました。ただし、Chris SladeはフロントマンDirty Von Donovan率いるEXPLODERSのステージに加わってAC/DCの曲"Back In Black","Highwat To Hell","Whole Lotta Rosie"の3曲を演奏する予定です。(CSsite)

07/08/01 THE GODSの1976年発表の『THE BEST OF THE GODS』(TOCP70343)\2,600-(税込)が、初回限定紙ジャケとして10月24日にEMIミュージックジャパンより再発(初CD化)されます!! Ken Hensley & Lee KerslakeのURIAH HEEP加入前の音楽が聴けます。

07/07/30 Ken Hensleyがプロデュースした南アフリカ出身の女性シンガー・ソングライターToni RowlandのデビューCDから"I'll Be Here Waiting", "Darkness", "Don't Tangle", "Friendship"といった曲がココで聴けます!! KenのハモンドB3の音色が素晴らしすぎます!! 他の収録曲は"Put Your Foot Down", "Mantis and The Moon". "Damn You", "Hold On", "Photographs", "Johnny"など(TR.myspace.com)

07/07/30 Ken HensleyDani SaizがプロデュースしたMAKS & THE MINORSというドイツ(Hamburg)の6人編成バンドのデビューCD『MOVING OUT』は13曲収録されてMembran/Politurより発売されます。"Beautiful", "160dB Silence", "I Don't Know", "Movin' Out"といった曲がココで聴けます!! (Maks & The Minors.myspace.com)

07/07/24 青春のロック・ハーモニー"ハリマオ"(HARIMAU)2005年再結成ライヴがyouTubeで見られます。YouTubeで見られる動画は以下のとおり。(おふつり)
 見つめないでくれ
 彷徨
 夜が怖い
 棘の朝が来る
 
すばらしき愛
 孤独
 輝ける時代
 
檻の中から
 
ヤングインテレサ
1974年にアルバム『猛虎』でデビューし、その和製ユーライア・ヒープぶりを聴かせてくれたハリマオ。モロ"7月の朝"やモロ"対自核"な楽曲が聴けることで当時話題になりました。
また、
ハリマオは2005年の復活以来コンスタントに活動を続けており、今年は新譜を発表するそうです!! URIAH HEEPがもし日本に来たら、前座を努めて欲しいですね♪

07/07/23 ex.XYZのTerry IlousのCD『HERE AND GONE』が発売されました。"American Woman"という曲でChris Sladeがドラムを叩いています。この曲の録音メンバーに Greg Douglass (g), Carmine Raojas (b)が参加しているので、昨年ChrisがTHE MONSTERS OF CLASSIC ROCKというプロジェクトをやっていた時の録音だと思われます。

07/07/21 Ken Hensleyライヴ・デイトは以下のとおり。(KH site)
August 2nd 2007 Guitar Festival, ZajecarSerbia
August 4th 2007 Ken Hensley Summer Party (feat.
Glenn Hughes as special guest), Gressvik, Norway
September 30th 2007 TVER, Moscow, Russia
October 14th 2007 Oktoberfest (special guest of
The Rockets, featuring Jools Cooper and Geoff Britton of Wings/Rough Diamond fame), Calpe, Spain
November 17th 2007 TBA, St. Petersburg, Russia
November 18th 2007 TBA, St. Petersburg, Russia
November 23rd 2007 Rock at Seanr. Stockholm, Sweden

07/07/21 Ken Hensleyの自伝本『BLOOD ON THE HIGHWAY, WHEN TOO MANY DREAMS COME TRUE』の2ndバージョンは8月7日に発売されます。ようやく...ね。(KH site)

07/07/21 今更ながらですがJohn Slomanのアコースティック・ライヴより"Fool's Gold""Hope"という新曲、『DARK MATTER』からの曲で"Weatherman"(Live At The Point)のアコースティック・ライヴがココで聴けます。また、ロック版の新曲"This Is The Life"ココで聴けます!! (JS.myspace.com)
また、High Barnにおけるアコースティック・ライヴから
"Every Day I Fall From Grace"という曲がココ動画で見れます。

07/07/19 来年開催される"HEEPVENTION 2008"ですが、正式な日程が決まりました。
 2008年9月18日(木) Meet & Greet
 2008年9月19日(金) & 20日(土) HeepVention 2008

John Lawton, Ken Hensley, Paul Newtonが参加する予定で、また凄いライヴが観れそうです。お馴染みのHeepsters Jam(セッションパーティー)もやるそうです。チケットは60Euro(本日レートで約10,103円)で、2日間の入場料とスナック付きです、チケットのオーダーがもう開始しています(笑) 早いなぁ〜 (Heepvention)

07/07/19 INNERSYLUMというバンドのmysapce.comTrevor Bolderがベースを弾いた"Forever"という曲が聴けます。(e-heep)

07/07/19 URIAH HEEPのツアー・デイトは以下のとおり。(e-heep)
July 20 - Tall Ships' Races, Kotka, Finland
July 21 - Open Air, Breitenbach,
"Herzberg Festival", Germany (w/COLOSSEUM)
July 26 - Keitelejazz, Äänekoski (north of Jyvaskyla), Finland
July 27 - Club Umpitunneli, Tornio (north of Oulu), Finland
July 28 - Vauhtiajot, Seinäjoki, Finland
July 29 - Piata Centrala, Open Air, Zalau, Romania
July 31 - Il Molo, Tarracina (near Rome), Italy
Aug 10 - Wrightegaarden, Langesund, Norway
Aug 24 - Seepark Linzgau, Pfullendorf, Germany
Aug 25 - Stadtsaal Feldkirchen, Feldkirchen, Austria ←追加
Sept 8 - Cover Festival, Plock, Poland

07/07/19 822日に発売予定のURIAH HEEP"ユーライア・ヒープ紙ジャケット・コレクション(第3回)"のうち、『ディファレント・ワールド (DIFFERENT WORLD)』の発売が中止になってしまいました。何か不自然な感じがする発売予定アイテムは↓のとおり。(CD Journal)
 『ライヴ・イン・ヨーロッパ1979 (LIVE IN EUROPE 1979)』 (BVCM35107/8) \3,360(税込) 国内盤初出&紙ジャケ
 『ライヴ・イン・モスコー (LIVE IN MOSCOW)』 (BVCM35109) \2,310(税込) 国内初紙ジャケ化
 『レイジング・サイレンス (RAGING SILENCE)』 (BVCM35110) \2,310(税込) 国内初紙ジャケ化
 『シングルス (EASY LIVIN' A's & B's)』 (BVCM35105/6) \3,360(税込) 国内盤初出 *紙ジャケではありません

07/07/17 新ドラマーRussell GilbrookがURIAH HEEP加入前に参加していたTHE GENTLEMEN OF DISTORTED SOUND (通称 THE G.O.D.S.)のCD『BLACK AM』は今年9月に発売予定!! もちろんドラマーはRussellです!! (Linda Layhe)

07/07/17 URIAH HEEPのカバーバンドSTEERFORTHなどが出演する"Heep祭"ライヴ情報(←追加)です。(Mr.悪徳P)

07/07/17 Ken Hensleyの713日のフィンランドIlovaarirock公演(例の5,000枚のチケットが52分でソールドアウトになった公演ね)のセットリストは次のとおり。
 
Overture
 Prelude: A Minor Life
 Out of My Control (k) +
 Brown Eyed Boy (e) *
 July Morning (k/e) *
 Circle of Hands (e) *
 Just the Beginning (e) *
 Blood on the Highway (e)
 The Wizard (k)
 Rain (k/e)
 Stealin' (e)
 Easy Livin' (e)
 The Last Dance (k) *
 Lady in Black (k) *
 Gypsy (e)
(k)はボーカルがKen Hensley(k)はボーカルがギター兼ボーカルのEirikur Haukssonです。*の一部の動画がココで見られます。(Tapio Minkkinen)

07/07/13 新ドラマーRussell GilbrookがURIAH HEEP加入前に参加していたTHE GENTLEMEN OF DISTORTED SOUND (通称 THE G.O.D.S.)のサイトとmyspace.comは以下のとおり。
The G.O.D.S. (Official site)
http://www.thegentlemenofdistortedsound.com
The G.O.D.S. (myspace.com)
http://www.myspace.com/gentlemenofdistortedsound
myspace.comでは"Chromatosed Nation","Fire in the Hole","Evil Eye","Album sampler"が聴けます。
また、Russellが叩いている"Fire in the Hole""Diamond Revolver Party"のビデオ・クリップは以下のとおり。
Fire In The Hole
http://www.youtube.com/watch?v=uZrIs4PjE7Q
Diamond Revolver Party
http://www.youtube.com/watch?v=vOPbFhCQYZA

07/07/09 John Lawtonは7月18日〜24日の間にオランダのAmsterdamで ON THE ROCKSのデビュー・アルバムの為のボーカルのレコーディングをします。

07/07/09 John Lawtonの7月以降のライヴ予定は次のとおり (JLmyspace)
2007/07/12 Bruuvery, Helsinki, Finland
2007/07/14 Rockin' Ukko - Pekka Festival, Haapamäki, with "Five Fifteen", Finland
2007/07/29 Kaliningrad "In Rock" festival, Russia
←追加
2007/07/30 Moscow , Tabula Rasa Club, Russia
←追加
2007/08/05 Bourgas, Bulgaria with "BTR", Bulgaria
2007/10/13 sHeep Market, Langbroek, Holland with "Circle of Hands" Band, Holland

07/07/07 Ken Hensleyと妻のMonicaの関わっているEsperanza Street projectですが、募金はPaypalでの支払いもOKとなりました。(KHsite)

07/07/04 URIAH HEEPは新作のミキシングを終えました。ミキシングはイギリスのバークシャーにあるWispington Studiosの中のTufty's studioと呼ばれるところで行われました。あとはマスタリングをする予定です。また、アルバム・ジャケットはアメリカのIoannisが担当することになりました。Ioannisは、STYXの『BRAVE NEW WORLD』、DEEP PURPLEの『ABANDON』などのアートワークを手がけた人物です。楽しみです♪ (e-heep)

07/07/04 URIAH HEEPのツアー・デイトは以下のとおり。(e-heep)
July 6 - Lovely Days Festival, Saint Polten, Austria
July 7 - Open Air, Peine (near Hanover), Germany
July 13 - Masters of Rock Festival, Vizovice, Czech Republic
July 14 - Rock 'N' Rowlit, Parainen, Finland
July 15 - GuilFest, Stoke Park, Guildford, Surrey, UK
July 20 - Tall Ships' Races, Kotka, Finland
July 21 - Open air, Breitenbach, Germany
July 26 - Keitelejazz, Äänekoski (north of Jyvaskyla), Finland
July 27 - Club Umpitunneli, Tornio (north of Oulu), Finland
July 28 - Vauhtiajot, Seinäjoki, Finland
July 29 - Piata Centrala, Open Air, Zalau, Romania ←追加
July 29 - Il Molo, Tarracina (near Rome), Italy ←追加
Aug 10 - Wrightegaarden, Langesund, Norway ←確定
Aug 24 - Seepark Linzgau, Pfullendorf, Germany ←追加
Sept 8 - Cover Festival, Plock, Poland

07/07/03 John LawtonBTRと一緒に出演した7月1日のJuly Morning Festivalでの"July Morning"ココで見れます。5:32の日の出と共に7月の朝を迎えるなんて良いですね〜 July Morning Festivalの後に録ったJohn Lawtonの上半身裸はココ(笑) 地元バンドと一緒に饗宴するヨーロッパ・ツアー中のプライベート1コマはココです。(JLmyspace.com)

07/07/02 8月16日〜18日の3日間にイギリスのDerby, Catton Hallで開催されるBloodstock Open Air Festival。8月17日(金)にはDAMAGE CONTROLがデビュー・ギグを行います。プロモーションの為にChis Slade和尚が出演したビデオがココで見れます。(Damage Control site)

07/07/01 URIAH HEEPのカバーバンドSTEERFORTHなどが出演するライヴ情報です。(Mr.悪徳P)
"刈り掘る庭 JAM44”
2007年7月15日(日)
渋谷GUILTY
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-17-6 プロスペクトB1F TEL 03-3770-1130
Open 15:00
Start 16:00〜
Steerforth ( URIAH HEEP )
     17:00〜 幕の内( Char )
     18:00〜 WIRED( JEFF BECK )
     19:00〜 ライダーKISS( KISS )
    20:00〜 666( IRON MAIDEN )
チケットは 前売り2000円・当日2500円 、他ドリンク代500円かかります。高校生以下は無料(ドリンク代500円のみ)

“2007 HEEP 祭”
2007年8月11日(土) Live House SANCTUARY TEL 03-3389-6392
Open 17:30
Start 18:00〜
Elastic Tone ( 大阪 )
     19:00〜
Steerforth ( 東京 )
    20:00〜
高麗屋スープ ( 名古屋 )
チケットは 前売り2000円・当日 2300円 、他ドリンク代500円かかります。

07/06/30 COLOSSEUMのツアー・スケジュールは以下のとおり。
30.06 A-St.Veit"Burgkulturfestival"
02.07
 Ulm"Ulmer Zelt"←追加
05.07
 Tübingen"Sudhaus Open Air"←追加
06.07
 A-St. Pölten"Lovely Days Festival"←追加
07.07
 HU-Budapest"Gastro Blues"
21.07
 Breitenbach/Hessen"Herzberg Festival" (w/URIAH HEEP)

07/06/27 当サイトの別名URLを取得しました。→ http://www1.odn.ne.jp/uriahheep/

07/06/27 Ken Hensleyと妻のMonicaは、財政識別コードを受けて、現在Esperanza Street projectの預金口座を設けています。CIF番号はG54254164です。目的は、捨てられた動物や人々の保護のために避難所と保護施設を建設してもらいたい土地を買うお金を集めることです。Kenは昨年Apeldoornのショーに来た親切な人々からすでに430ユーロの寄付を受理しました。様々な点で助けることができるということが出来る今、それだけのボランティアがいます。そして、障害がある人々の職員をおく「店」を探しています。プロジェクトでは、最初の居住者Cati(飼い主が彼自身の不健康のため、もう彼女と時間を過ごすことができない非常にかわいい犬)の為にボランティアの獣医が予防接種をする為の経費などをカバーします。もしEsperanza Street projectに援助をしていただける場合は、以下のインターネットバンキングでお金を送ってください。
 Account Name: Asociacion Esperanza Street de Agost
 Bank Name: La Caixa
 Address: Av. Consell Del Pais Valencia 31
 Agost (Alicante)
 03698
 SPAIN
 IBAN Code: ES90 2100 59576102 0001 3012
 (This is the international banking code and the account number is embedded in it)
 BIC Code: CAIXESBBXXX
 (This is the bank identification code which the computers recognise)
また、Membranより限定ボックスセット(番号は"0001")がオークションに出されます。ボックスセットの内容は、次のとおり。
 CD Blood On The Highway
 DVD Making of the CD. all the footage from the studio
 DVD "Live Fire" concert and documentary footage
 Blood On The Highway T-Shirt
 Autographed guitar pick
 Personalised autograph card
 Personal letter
落札額の収益は
Esperanza Street projectにの基金に充てられます。
このプロジェクトの援助者は、栄誉リストに掲載されます。
Matt Filippiniが現在そのウェブサイトの仕事に取り掛かっています。(KH myspace.com)

07/06/27 822日にURIAH HEEP"ユーライア・ヒープ紙ジャケット・コレクション(第3回)"などがBMGジャパンより発売されます!! 今回新たにリリースされるのは次のとおり。
 『シングルス (EASY LIVIN' A's & B's)』 (BVCM35105/6) \3,360(税込) 国内盤初出 *紙ジャケではありません
 『ライヴ・イン・ヨーロッパ1979 (LIVE IN EUROPE 1979)』 (BVCM35107/8) \3,360(税込) 国内盤初出&紙ジャケ
 『ライヴ・イン・モスコー (LIVE IN MOSCOW)』 (BVCM35109) \2,310(税込) 国内初紙ジャケ化
 『レイジング・サイレンス (RAGING SILENCE)』 (BVCM35110) \2,310(税込) 国内初紙ジャケ化
 『ディファレント・ワールド (DIFFERENT WORLD)』 (BVCM35111) \2,310(税込) 国内初紙ジャケ化
なんと、
『ライヴ・イン・ヨーロッパ1979』は国内盤初!!、『レイジング・サイレンス』『ディファレント・ワールド』は恐らく"EXPANDED EDITION"シリーズより、『ライヴ・イン・モスコー』は恐らくCastle Communicationsシリーズからの音源と思われます。ボートラ満載の24ビット・マスタリングです。『シングルス』 は紙ジャケではないですが、『ユーライア・ヒープ・ファースト』から『ディファレント・ワールド』までのシングルのA・B面をほぼ収録したコンピレーションです。
同22日には
昨年の第1・2回発売の紙ジャケ16(『ユーライア・ヒープ・ファースト』から『ヘッド・ファースト』まで)もアンコール・リリースされます。

07/06/26 Sanctuary RecordsURIAH HEEPの新作のプロモーションとして、日本の音楽雑誌やレコード会社への交渉を検討しはじめました! 私Taaも何かお手伝いをする予定です...忙しくなければ(爆) 8月22日の紙ジャケット発売に続いて、新作の日本盤の発売が決まれば、来日公演もして盛り上がって欲しいですよね!! 

07/06/24 Ken Hensleyの為のライヴ用バンドLIVE FIREのmyspace.comはココです。(KH site)

07/06/24 John LawtonJan Dumée(ex.FOCUS)の新バンド ON THE ROCKSのデビュー・アルバムですが、ギター、キーボード、ベース、ドラムの全てのレコーディングが済んで、あとは7月の2週目にオランダでJohnのボーカルをレコーディングするだけとなりました。(OTR site)

07/06/24 2008年9月にスペイン南部のGranadaで開催される予定の"HEEPVENTION 2008"ですが、John Lawton, Ken Hensley, Paul Newtonの参加に加え、Keith Bakerの参加交渉もしています。...って、"Circle Of Friends 2004"の時と同じですが(笑) (Heepvention)

07/06/24 1976年の『HIGH AND MIGHTY』から1980年の『CONQUEST』までURIAH HEEPのアシスタント・エンジニアを務めたJohn Gallenのサイトはココです。Mick Box, Ken Hensley, Chris Sladeらと写っている写真が見れます。(e-heep)

07/06/24 少し変更されたURIAH HEEPのツアー・デイトは以下のとおり。(e-heep)
July 6 - Lovely Days Festival, Saint Polten, Austria
July 7 - Open Air, Peine (near Hannover), Germany
July 13 - Masters of Rock Festival, Vizovice, Czech Republic ←追加
July 14 - Rock 'N' Rowlit, Parainen, Finland
July 15 - GuilFest, Stoke Park, Guildford, Surrey, UK
July 20 - Tall Ships' Races, Kotka, Finland
July 21 - Open air, Breitenbach, Germany
July 26 - Keitelejazz, Äänekoski (north of Jyvaskyla), Finland
July 27 - Club Umpitunneli, Tornio (north of Oulu), Finland
July 28 - Vauhtiajot, Seinäjoki, Finland
Aug 10 or 11 - Wrightegaarden, Langesund, Norway
Sept 8 - Cover Festival, Plock, Poland

07/06/22 かつてヘヴィ・メタル/ハード・ロックの名曲をメドレー形式で演奏してミックスしたことで一部のマニアに話題になったスイスのTHE HEAVY'Sという覆面バンド(ex.KROKUSのベーシスト在籍)のCD『メタルいいとこどり〜メタル・マラソン100曲』()(BVCM-37980) \1,890-(税込)BMGジャパンより725日に発売されます。今回の『〜メタル・マラソン100曲』は、彼らが1989年にリリースした『METAL MARATHON』と1992年の『MORE METAL MARATHON』からの抜粋となり、7種類のメドレーにまとめた企画アルバムです。BON JOVI, AEROSMITH, LED ZEPPELINらの人気曲の数々が「数秒ずつ」楽しめますが、"Slow Dance Mix"というメドレーのオープニングを飾るのは、我らがURIAH HEEP"Lady In Black"です♪ (CD Journal)

07/06/22 John Sinclairオフィシャル・サイトがついにオープン!! ...とはいえ、音楽的なコンテンツはほとんどナシです。John T.SinclairはOzzy Osbourne Bandで17年間働いた後にスコットランドの高地に家を建て(ネス湖の南側)、現在は催眠療法士の資格を取って働いています。アルコールや薬物依存、喫煙、恐怖症、不安、など、全ての悩みについての克服するべく相談を受け入れています。また、ロック・スクール・チームの正会員としてスコットランドで働き、音楽を通して集団療法を取り入れています。ロック・スクール・チームは若いミュージシャンをリハーサルを通じてロック・コンサートを出来るようにする組織です。(Stay On Top)

07/06/21 7月10日にURIAH HEEP『TRANSMISSIONS』というEnhanced CDがリリースされます。Shepperton'74のCD音源+DKRC'75ビデオ映像+72ページブックレットという豪華仕様。Enhanced Video Tracksで見れるDKRC'75ライヴJohn Wetton在籍時代の"Return To Fantasy Tour"からのもので、DKRC'75で放送された映像を連続再生で見れる正規盤としては初めてとなります。曲目は以下のとおり。
CD Tracklisting: 1. Easy Livin, 2. So Tired, 3. I Wont Mind, 4. Sweet Freedom, 5. Something Or Nothing, 6. The Easy Road, 7. Stealin, 8. Love Machine.
Enhanced Video Tracks (PC with Quicktime required):
1. Return To Fantasy, 2. Easy Livin, 3. Stealin, 4. Prima Donna, 5. Shady Lady

07/06/20 Ken Hensley & LIVE FIREのノルウェー・ツアーから、6月14日のOslo公演の写真とレポート、6月16日のHalden公演の公演の写真とレポートが見れます。
Oslo公演のセットリストは以下のとおり。(KH site)

Intro
Out of my control
Brown eyed boy
July Morning
Circle of hands
Just the beginning
We're on our way
Blood on the highway
The Wizard
I did it all
Stealin'
Easy Livin'
The Last Dance
Lady in Black
Gypsy
Okay

07/06/20 昨年話題を呼んだURIAH HEEP"ユーライア・ヒープ紙ジャケット・コレクション"16枚ですが、822日にBMGジャパンよりアンコール・リリースされます。ボートラ満載の24ビット・マスタリングですので、買い逃した人は再チャンス!!

07/06/19 Ken Hensleyが5月22日にドイツのFabrikで行ったライヴはDVD化されますが、その時のライヴから"Just The Beginning""We're On Our Way"の動画がココで見れます。(KH site)

07/06/18 Ken Hensley & Lee KerslakeがURIAH HEEP加入前に組んでいたTHE GODSの1st『GENESIS』(と当時のシングル)Digitalダウンロード配信が東芝EMIより配信開始されました。なんとアナログ盤以降としては本邦初公開のモノラル・バージョンを含む全24曲が\1,500-でダウンロード出来ます。1曲毎だと\150-なので、全24曲毎で\1,500-のほうがいいですね。フォーマットはWMA-ALBUMとなります。つまりWindows Media Audioプレーヤーが必要となりますが、対応プレーヤーへの転送は無制限、CDへの書き込み10回、ライセンスバックアップ4回です。ダウンロードはココから出来ます。(HMV)

07/06/17 John Slomanが最近MOSTLY AUTUMNの前座で行ったオランダでのライヴより"The Other Side Of Love"のライヴ映像がココで見れます。自作の歌だと凄く歌が上手いです♪ (Phil Sloman)

07/06/13 BLIND GUARDIANの旧作CDがボートラなど満載で再発されますが、下記2作品にはURIAH HEEP"The Wizard"が収録されています。
『イマジネーションズ・フロム・ジ・アザー・サイド (IMAGINATION FROM THE OTHER SIDE)』(VICP-63886/95年) 
※ボートラ
でデモ3曲、CD-EXTRAとしてPV2曲を収録したエンハンスド仕様。 2,200円(税込)
『フォゴトゥン・テイルズ (THE FORGOTTEN TALES)』(VICP-63887/96年)
※ボートラ
でデモ3曲、CD-EXTRAとしてPV2曲を収録したエンハンスド仕様。 2,200円(税込)
ちなみに、"The Wizard"はどちらも同じバージョンなので違いはありません(笑)
※発売日が
8月8日に延期になりました。(07/07/09)

07/06/12 Chris Sladeが参加したECOTONICは2枚目の新作『OUT OF THE ASHES』をレコーディングしています。夏にはリリースしたい意向。また、6月29日にはロスアンゼルスでグループのスタジオ内でエレキセットとアコースティックセットを織り交ぜたショウケースパーティーをやります。

07/06/11 Ken Hensley"BLOOD ON THE HIGHWAY"関連の"Special Limited Edition"は以下のようなグッズを予定しています。
 *** The "Blood On The Highway" Digipack CD
 *** 2 DVD pack: "Live Fire" + "Making of Blood OnThe Highway"
 *** The "When Too Many Dreams Come True" Book
 *** T-shirt
 *** Personal letter & Autograph card

これらはまもなく
Kenのオフィシャルサイトでオーダーを開始されます。(KHmyspace.com)

07/06/08 Auto Bild Motorsportというドイツの雑誌がKen HensleyのCD『BLOOD ON THE HIGHWAY』レビューや、Kenが'70年代にハマっていた"Ken Hensley Racing Team"写真を掲載しました。Kenご愛用のロールス・ロイスの写真もあります。(KH site)

07/06/07 Glenn Hughesが8月4日に行なわれるKen Hensley"Summer Party"にスペシャル・ゲストとして参加します。5月22日の『BLOOD ON THE HIGHWAY』発表記念ライヴにGlennが参加出来なかったので、リベンジ参戦となります。また、713日のフィンランドIlovaarirock公演5,000枚のチケットがたったの52分でソールドアウトになりました!! Kenのライヴ・デイトは以下のとおり。(KH site)
June 14th 2007 Smuget, Oslo, Norway
June 15th 2007 Holmestrand Kultur Festival, Norway
June 16th 2007 Harley Festival, Halden, Norway
July 13th 2007
Ilovaarirock, Joensuu, Finland <Sold Out!!>
August 2nd 2007 Guitar Festival, Zalecar, Serbia
August 4th 2007 Summer Party, Gresvik, Norway

07/06/07 6月25日にCOLOSSEUMの2CD『THEME FOR A REUNION』(250158)がイギリスのMusic Avenueより発売されます。例の1994年ライヴですが、今までの再発と違うのは、新たにバンドのバイオグラフィーや写真を掲載した12ページのブックレットが付いていることと、Cologne公演のみを2CDにコンプリート収録している点です。まぁ音源的にはDVD持っていれば同じですが(笑) Mark Clarke参加。

07/06/06 Ken Hensleyの自伝本『BLOOD ON THE HIGHWAY, WHEN TOO MANY DREAMS COME TRUE』のドイツ語版は晩秋に発刊される予定です。英語版は7月前半に公式な発売日を告知する予定。(KH site)

07/06/05 5月17〜20日にMOSTLY AUTUMNの前座でアコギ演奏したJohn Slomanの勇姿がココココで見れます。しかし老けました...(e-heep)

07/06/05 5月16日にJohn Lawtonはドイツの"5 Years On Stage : Rock Classic All Stars"というイベントにJohn Springate (ex.GLITTER BAND), John Verity (ex.ARGENT), Jeff Brown (ex.Sweet)らと一緒に出演しましたが、その時にJohnが歌ったセットリストは以下のとおり。
Free'n Easy
Still Payin' My Dues To The Blues
Come Back To Me
Easy Livin'
Sympathy
Free Me
Lady In Black
All Star Team : Yellow Sabmarine (
John Lawton : Backing Vocals)
バンドのメンツは以下のとおり。
Niko Arvanitis und Peter Szigeti  an den Gitarren  (beide Ex-Warlock)
Wolla Böhm - Gitarre (ex U.D.O.)
Jörg Andraczek - Bass (Powergod)
Jeff Brown - Bass (ex-Sweet)
Jürgen Reinert - Drums
Barney Brands, Thomas Frerich - Keyboards
Gary Moberley - Keyboard (ex Bee Gees Band)
Holger Auer, Bernd Martin, Jeanette E.A. ? Backing-Vocals
また、その時の写真などが
ココで見れます。(SOT)

07/06/05 5月12日ドイツBayreuth公演(フェスティバル)でのURIAH HEEPMANFRED MANN'S EARTH BANDの曲を簡単に紹介したドイツのテレビ番組"TVO"からの映像がココで見れます。HEEPは"So Tired"の断片です。(e-heep)

07/06/05 Ken HensleyのCD『BLOOD ON THE HIGHWAY』ですが、限定盤と通常盤があるようです。限定盤は、ジャケットが真ん中から観音開きに開き、その下に鏡のシートがあってハートの中に自分の顔が写る対自核ジャケット。通常盤はハートの中が風景で観音開きにはならないとのこと。※管理人まだ不所持(汗) (Thanks to JMJ & Hiro-G)

07/06/05 Ken Hensley & LIVE FIREがSummer Festivalでプレイしたビデオ映像がココで見れます。(KH site)

07/06/04 John SinclairがURIAH HEEP在籍中(1985年頃)、『EQUATOR』のプロデューサーTony Plattのプロデュースするニューヨークのクリスチャン・メタル・バンドMASSのデビュー・アルバム『NEW BIRTH』にキーボードで参加しましたが、今年3月後半頃にRetrospect Recordsよりボートラ1曲入りCD(RR-248)で再発されています。

07/05/31 URIAH HEEPのアイスランド公演などのビデオがココで見れます。(UH site)

07/05/31 5月22日にドイツのFabrikで行われたKen Hensley『BLOOD ON THE HIGHWAY』発表記念ライヴの為に撮影されたスイスのAction TVによるドキュメンタル・ビデオがココで見れます。参加した各ミュージシャンのインタビュー・ビデオは下記にて。(KH site)
- Ken Hensley - click here
-
Jørn Lande - click here
-
John Lawton - click here
-
Sid Ringsby - click here
-
Eve Gallagher - click here

07/05/31 Ken Hensleyは自伝本『BLOOD ON THE HIGHWAY, WHEN TOO MANY DREAMS COME TRUE』の第2版(Expanded Edition)の校正を読み終えました。来週月曜日に印刷に出され、6月終わりか7月前半に公式な発売日を告知するそうです。(まぁもう延期は驚きもしませんが...笑)
来週は5月22日の
記念ライヴのDVDのラフなステレオ・ミックスを確認し、6月18日と26日の間にミキシングとマスタリングが行われます。DVDは多くのインタビューとドキュメントを含む2枚組になります。
さらに、CD、本、まだ発売されないDVD
『LIVE FIRE』、といった各アイテムの限定版も用意されます。DVD『LIVE FIRE』は今年中にリリースされる予定です。
また、『BLOOD ON THE HIGHWAY』を
ミュージカル舞台にする話をもちかけられました。Kenは"Volume 2"に入れることの出来る新曲を作っていて、ミュージカルのために音楽を作るのも楽しいんだそーな。(KH site)

07/05/31 明日6月1日発売の音楽雑誌「ユーロ・ロック・プレス (EURO-ROCK PRESS) Vol.33」(\2,000-)で、2月に来日公演を行ったCOLOSSEUMのライヴ・レビュー、メンバー全員のインタビュー、関連ディスコグラフィなど、16ページにもわたる特集が組まれています!! メンバーの過去に在籍したバンドの結成や脱退の謎などが解明されていて、読み応え充分です!!! 特にMark Clarkeのインタビューでは、「URIAH HEEP時代にプロモーションで来日した!! ライヴは今回のCOLOSSEUMが初めて」、「"The Wizard""Why"のレコーディングに参加した」、「RAINBOWでは"Kill The King"のレコーディングに参加した」(マーク参加のテイクは使われず)、「いろんなベーシストから仕事のことで電話をもらったけど、John Wettonもそんな中の1人だった」、「ソロ・アルバムを作ろうと思っている。既に一部レコーディング済みだけど、Peter Framptonに1曲参加してもらうかもしれないし、Billy Squierにも頼もうと思っている。Clem Clempsonにも参加してもらいたいし、もしかしたらLeslie Westにも参加してもらうかもね。Ritchie Blackmoreには...電話してみようか(笑)」など、面白い話題が満載です!!! (Euro-Rock Press)

07/05/31 7月25日にCOLOSSEUMのライヴ2CD『コロシアム・ライヴ 05 (LIVE 05)』(IECP20051) \3,675(税込)が、WHDエンタテインメントより日本盤でリリースされます。もちろんMark Clarke参加。Disk Unionで購入すると、オマケでCOLOSSEUMライヴのバッジとポスターがもらえます。

07/05/31 5月22日にドイツのFabrikで行われたKen Hensley『BLOOD ON THE HIGHWAY』発表記念ライヴのリハーサルの模様が下記のYouTubeで見れます。(Rodrigo/UHML)
http://www.youtube.com/watch?v=C6RJ6znkwgk
http://www.youtube.com/watch?v=bjqZ5lFy1MU

07/05/27 5月30日にURIAH HEEPの3枚組コンピレーションCD『LOUD, PROUD & HEAVY : THE BEST OF URIAH HEEP』(METRTCD828)がイギリスのMetroからリリースされます。

07/05/26 5月25日にリリースされたKen Hensleyの新作CD『BLOOD ON THE HIGHWAY』からサンプルmp3が聴けます。(Heeplist)
(This Is) Just The Beginning
We're On Our Way
Blood On The Highway
You've Got It
It Won't Last
Think Twice
There Comes A Time
Okay (This House Is Down)
What You Gonna Do
I Did It All
The Last Dance

07/05/25 Ken Hensleyのライヴ・デイトは以下のとおり。(KH site)
June 8th 2007 Latvia Festival, RigaLatvia
June 14th 2007 Smuget, Oslo, Norway
June 15th 2007 Holmestrand Kultur Festival, Norway
June 16th 2007 Harley Festival, Halden, Norway
July 13th 2007
Ilovaarirock, Joensuu, Finland
August 2nd 2007 Guitar Festival, Zalecar, Serbia
August 4th 2007 Summer Party, Gresvik, Norway

07/05/23 5月22日にドイツのFabrikで行われたKen Hensleyの新作『BLOOD ON THE HIGHWAY』発表記念ライヴですが、ゲストで歌うはずだったGlen Hughesは参加できませんでした!! イタリアの飛行機欠航でハンブルグまで飛べなかったとのこと。う〜む残念です。ちなみに、Jorn Lande, Eve Gallagher, John Lawtonは予定どおりライヴで歌いました。(KHsite)

07/05/22 John SlomanがMOSTLY AUTUMNの前座でアコギ演奏したライヴですが、5月21日のHolland, Tilburg公演では自身のソロ・アルバムからの曲はもちろんですが、URIAH HEEP時代の"No Return""It Ain't Easy"を演奏しました!!

07/05/20 5月25日にリリースされるKen Hensleyの新作CD『BLOOD ON THE HIGHWAY』の曲目毎の更なる詳細です。(KH site)
 1. (THIS IS) JUST THE BEGINNING 4:43
 2. WE
RE ON OUR WAY 4:51 Vocals: Ken Hensley/Jorn Lande // Lead guitar: Rafa Raposo
 3. BLOOD ON THE HIGHWAY 3:55 Vocals: Jorn Lande
 4. YOU
VE GOT IT 3:16 Vocals: Jorn Lande
 5. DOOM (SCENE 1) 0:19
 6. IT WON
T LAST 5:23 Vocals: John Lawton
 7. THINK TWICE 4:45 Vocals: Eve Gallagher // Additional guitars: Dani Saiz
 8. DOOM (SCENE 2) 0:18
 9. THERE COMES A TIME 4:28 Vocals: Ken Hensley // Alto sax: Antonio Molto
 10. OKAY (THIS HOUSE IS DOWN) 3:56 Vocals: Jorn Lande
 11. WHAT YOU GONNA DO 3:31 Vocals: Glenn Hughes
 12. POSTSCRIPT 0:23 Vocals & Dobro: Ken Hensley
 13. I DID IT ALL 4:53 Vocals: Ken Hensley // Strings: The Alicante Symphony
 14. THE LAST DANCE 8:26 Vocals: Glenn Hughes // Bass guitar: John Smithson // Drums: Tommy Lopez, Strings: The Alicante Symphony
なお、ココで冒頭3曲のサンプルが聴けます。凄く今風の音です!! これで来日できなかったら〜

07/05/18 John LawtonJan Dumée(ex.FOCUS)の新バンド ON THE ROCKSのデビュー・アルバムですが、ベース、ドラム、キーボードのペーシック・トラックはブラジルでレコーディングされました。ギターはオランダでレコーディングされます。John Lawtonのボーカルとともに。(JL myspace)

07/05/17 John Lawtonのライヴ・デイトは以下のとおり。(JL myspace)
2007/5/22 Ken Hensley CD release party, Fabrik, Hamburg, GermanyGermany
2007/6/23 Joansokufestivalurin, Suðuroy, Faroe Islands with the "Deiggj" BandFaroe islands
2007/7/1 Kavarna Town Square, July Morning Festival, Bulgaria with "BTR"Bulgaria
2007/7/5 "Stop" Club, in Bled , Slovenia with "Mary Rose" bandSlovenia
2007/7/7 FESTIVAL ROCK OTOCEC, Novo Mesto, Slovenia with the "Mary Rose" BandSlovenia
2007/7/14 Rockin' Ukko - Pekka Festival, Haapamäki, Finland with "Five Fifteen"Finland
2007/8/5 Bourgas, Bulgaria with "BTR"Bulgaria
2007/10/13 sHeep Market, Langbroek, Holland with "Circle of Hands" BandHolland

07/05/17 新生URIAH HEEPのツアー・デイトは以下のとおり。(UHsite)
May 12 - Meisel Rock Festival, Bayreuth, Germany
May 27 - Laugardalshöll Music Hall, Reykjavík, Iceland
(with Deep Purple)
July 6 - Lovely Days Festival, Saint Polten, Austria
July 7 - Open Air, Peine (near Hannover), Germany
July 8 - Citadell, Oradea, Romania
July 14 - Rowlit, Parainen, Finland
(w/ Leningrad Cowboys & Boney M.)
July 15 - GuilFest, Stoke Park, Guildford, Surrey, UK
July 20 - Meripäivät, Kotka, Finland
(with Dave Edmunds & Gary Moore)
July 21 - Open air, Breitenbach, Germany
July 26 - Keitelejazz, Äänekoski (north of Jyvaskyla), Finland
(with The Pirates)
July 27 - Umpitunneli, Tornio (north of Oulu), Finland
July 28 - Vauhtiajot, Sein
Ajoki, Finland (with Motorhead)
Aug 10 or 11 - Wrightegaarden, Langesund, Norway
←追加
Sept 8 - Cover Festival, Plock, Poland

07/05/17 以前ユニヴァーサルからの発売が中止になったCHICKEN SHACKのDERAM時代の旧作が、6月13日にエアメイルレコーディングスより国内盤紙ジャケとしてリリースされます。Bob Daisley参加の1976年の6枚目『アンラッキー・ボーイ (UNLUCKY BOY)』(AIRAC-1362) \2,730-(税込) は、パンチの効いたロック・アルバムです。ボートラ2曲収録。オリジナル紙ジャケット仕様。2007年24ビットリマスター。完全限定生産とのこと。(CD Journal)

07/05/16 Ken Hensleyの新作『BLOOD ON THE HIGHWAY』が5月25日にリリースされることに伴って、Kenの自伝の第2版(Expanded Edition)のタイトルが微妙に変更になりました。6月後半にリリースされるその第2版(Expanded Edition)のタイトルは、『BLOOD ON THE HIGHWAY, WHEN TOO MANY DREAMS COME TRUE』という取って付けたようなタイトルです。
また、Dani SaizとKen Hensleyは
MAKS & THE MINORSというドイツ(Hamburg)の6人編成バンドのデビューCDのミックスを終えています。(KH site)

07/05/13 5月12日にドイツのBayreuthで開催された"Meisel Rock Festival"における新生URIAH HEEPのセカンド・ライヴのセットリストは次のとおり。(曲が増えました♪)
1. So Tired
2. Cry Freedom
3. Falling In Love
4. Words In The Distance
5. Stealin'
6. If I Had The Time
7. A Year Or A Day
8. Between Two Worlds
9. The Wizard
10. Free Me
11. Sunrise
12. Gypsy
13. Look At Yourself
14. July Morning
-----------------------
15. Bird Of Prey
16. Easy Livin'
-----------------------
17. Lady In Black
写真はココで見られます。(Tapio/Heepfiles)

07/05/11 ベルギーのドゥームメタルバンドSERPENTCULTは、4曲入りミニCD『TRIDENT NOR FIRE』をリリースしましたが、ラスト曲はURIAH HEEPのカバー"Rainbow Demon"です。(Disk Heaven)

07/05/11 COLOSSEUMが2005年に行ったツアーのライヴを収録した2CD『LIVE '05』が予定どおりTemple Musicで通販を開始しました!! また、COLOSSEUMは6月末日からオーストリアでライヴを行なう予定で、いくつかのフェスティバルで演奏します。ツアー・スケジュールは以下のとおり。(Mark Clarke)
30.06.2007 A-St.Veit - "Burgkulturfestival"
07.07.2007
 HU-Budapest -"Gastro Blues"
21.07.2007
 Breitenbach/Hessen - "Herzberg Festival"

07/05/11 URIAH HEEP加入前にIain Clarkeが参加していたCRESSIDAの1970年の1st『クレシダ (CRESSIDA)』(UICY93267) \2,500-(税込) が7月25日にユニバーサルインターナショナルより紙ジャケ再発されます。何度も再発されている作品ですが、実は国内では紙ジャケ化が"初"だったりします(笑) しかもオリジナルLPを再現したダブルジャケットです!! ※1971年の2nd『ASYLUM』(UICY9051)は2001年3月に国内紙ジャケ化済。

07/05/11 下記↓Ozzy Osbourneの紙ジャケ12タイトルをDisk Unionでまとめ買いすると、先着でオリジナル特典として紙ジャケ収納『ブリザード・オブ・オズ』ボックスがもらえます。

07/05/03 6月20日にソニーよりOzzy Osbourneの過去の作品が紙ジャケット12タイトルで再リリースされます。今回再発されるのは次のとおり。
 
『ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説 (BLIZZARD OF OZZ)』 (EICP779/1980年) \1,890-(税込) ※残念ながらBob&Leeのトラック差し替え版 (ジャケットはBob&Leeのクレジット入り)
 
『ダイアリー・オブ・ア・マッドマン (DIARY OF A MADMAN』 (EICP780/1981年) ※残念ながらBob&Leeのトラック差し替え版
 
『悪魔の囁き (SPEAK OF THE DEVIL)』 (EICP781/1982年)
 
『月に吠える (BARK AT THE MOON)』 (EICP782/1983年) ←Bob Daisley参加
 
『罪と罰 (THE ULTIMATE SIN)』 (EICP783/1986年) ←Bob Daisley在籍中の作曲トラック多し
 
『トリビュート〜ランディ・ローズに捧ぐ (RANDY RHOADS TRIBUTE)』 (EICP784/1987年)
 
『ノー・レスト・フォー・ザ・ウィッケド (NO REST FOR THE WICKED)』 (EICP785/1988年) ←Bob Daisley & John Sinclair参加
 
『ジャスト・セイ・オジー (JUST SAY OZZY)』 (EICP786/1989年) ←恐らくキーボードはJohn Sinclairのサンプリングを使用
 
『ノー・モア・ティアーズ (NO MORE TEARS)』 (EICP787/1991年) ←Bob Daisley & John Sinclair参加
 
『ライヴ・アンド・ラウド (LIVE & LOUD)』 (EICP788-9/1993年) \2,835-(税込)
 
『オズモシス (OZZMOSIS)』 (EICP790/1995年)
 
『ダウン・トゥ・アース (DOWN TO EARTH)』 (EICP791/2001年)
アメリカ盤オリジナルLPジャケット、日本初回盤帯の復刻ヴァージョン付の完全生産限定盤で、音源は現在出回っているものと同じものが使われる...って、やっぱり1stと2ndはBob Daisley & Lee Kerslakeの音を差し替えちゃったヴァージョンなのね、寂しい...(Burrn!)

07/05/02 本日ユニバーサル・インターナショナルからリリースされたENSIFERUM(エンシフェルム)の『VICTORY SONGS (ヴィクトリー・ソングス)』(UICO-1127) \2,500-(税込)のボートラに、URIAH HEEPのカバー"Lady In Black"が収録されています。

07/05/01 カナダにあるトロントのクラッシック・ロック・ステーション"Q107"が行なっている"40 GREATEST CLASSIC ROCK SINGERS OF ALL TIME"今回はお気に入りの"Classic Rock Singers"を投票します。100人のシンガーがノミネートされていますが、3人まで投票できます。ちなみにUriah Heep関係者からはDavid ByronJohn Wettonノミネートされています。John LawtonBernie Shawはノミネートされていないので"Other"にチェックして是非投票を! (e-heep)

07/05/01 John Slomanの興味深いインタビューがココで読めます。(e-heep)
<
URIAH HEEPについて(抜粋)>
私がカナダに住んでいる時に(オーディションの)お声が掛かった。2〜3回のリハーサルの後に新ボーカリストとして選ばれ、すぐにレコーディングに入った。
『CONQUEST』のレコーディングに入ろうとした矢先にLee kerslakeがバンドを去った。良いアルバムでありながら評価が悪いのはラインナップが否定されていたからだと思う。私とChris Sladeがバンドに加入した時にはアルバムの70%が既に出来上がっていたので、我々がゼロから取り組めた唯一の曲は私の2曲の歌("No Return""Won't Have to Wait too long")と、Ken Hensleyの曲"Out On The Streets"。私がバンドを去った理由は、HEEPは長い歴史で音楽性が確立されていたから自分自身の思うようなことが出来なかったことと、友好関係がうまくいかなくなったから。
<
John Sloman's BADLANDSについて(抜粋)>
バンドが長続きしなかった理由が2つあり、1つは私の家の床に寝ていた
John SykesがTHIN LIZZYに加入することになった為。2つ目は、Neil MurrayがGary Mooreとツアーする予定だったことで、Merqueeでの初ギグの時にNeilの妻がやってきて、2回目のギグが最後のギグになってしまった為。このバンドでレコーディングした曲はいつか私のサイトでアップしたい。
<GARY MOORE BANDについて(抜粋)>
Garyとバンドは素晴らしかった。しかし、そのツアーは私がした中でも最低のものだった。私はツアー前に風邪をひいてしまい、私の声はボロボロだった。最初の15日間のイギリス・ツアーではライヴにそれが露呈してしまい、更に悪いことにその後に日本で行なわれたライヴが、私の病気によってもたらされた声とともにライヴ・アルバムになってしまった。
<
PRAYING MANTISについて(抜粋)>
『NOWHERE TO HIDE』に参加したのは、'80年代前半の私の飲酒時代(笑)の友人Dennis Strattonからお誘いがあったから。
<今後の予定など(抜粋)>
現在アコースティック・ギグをやっている。夏には新作となるエレクトリック・アルバムをレコーディングして今年中にリリースしたい。音楽業界のいくつかの経験を題材とした脚本にも取り組んでいる。映画
『HIGHLANDER : THE SOURCE』では数曲歌った。Steve Lukatherが新作で『DARK MATTER』の収録曲"Jammin' with Jesus"をカバーしている。

07/05/01 新生URIAH HEEPのツアー・デイトは以下のとおり。(UHsite)
May 12 - Meisel Rock Festival, Bayreuth, Germany
May 27 - Laugardalshöll Music Hall, Reykjavík, Iceland
(with Deep Purple)
July 6 - Lovely Days Festival, Saint Polten, Austria
July 7 - Open Air, Peine (near Hannover), Germany
July 8 - Citadell, Oradea, Romania
July 14 - Rowlit, Parainen, Finland
(w/ Leningrad Cowboys & Boney M.)
July 15 - GuilFest, Stoke Park, Guildford, Surrey, UK ←追加
July 20 - Meripäivät, Kotka, Finland
(with Dave Edmunds & Gary Moore)
July 21 - Open air, Breitenbach, Germany
July 26 - Keitelejazz, Äänekoski (north of Jyvaskyla), Finland
(with The Pirates)
July 27 - Umpitunneli, Tornio (north of Oulu), Finland
July 28 - Vauhtiajot, Sein
Ajoki, Finland (with Motorhead) ←追加
Sept 8 - Cover Festival, Plock, Poland ←追加

07/04/28 6月5日にTESLAの6枚目のスタジオ盤でありカバー曲集である『REAL TO REEL』がインディーズ・レーベルのElectric Company Recordingsよりリリースされます。このアルバムの中でURIAH HEEP"Staelin'"のカバーが聴けます。(melodicrock.com)
収録曲リストは次のとおり。
1. Space Truckin' (Deep Purple)
2. Walk Away (James Gang)
3. Hand Me Down World (Guess Who)
4. Bad Reputation (Thin Lizzy)
5. Thank You (Led Zeppelin)
6. I've Got A Feeling (Beatles)
7. Day Of The Eagle (Robin Trower)
8. Ball Of Confusion (Temptations)
9. Rock Bottom (UFO)
10. Stealin' (Uriah Heep)
←コレ!
11. Bell Bottom Blues (Eric Clapton)
12. Honky Tonk Women (Rolling Stones)
13. Dear Mr. Fantasy (Traffic)

ちなみに
TESLAのコンサート・チケットを買った人にもらえるカバー曲集(Reel two)の収録曲は以下のとおり。
1. All The Young Dudes (Mott The Hoople)
2. Make It Last (Montrose)
3. Shooting Star (Bad Company)
4. Not Fragile (Bachman-Turner Overdrive)
5. Street Fighting Man (Rolling Stones)
6. Is It My Body (Alice Cooper)
7. I Want To Take You Higher (Sly & The Family Stone)
8. Do You Feel Like We Do (Peter Frampton)
9. Beer Drinkers And Hellraisers (ZZ Top)
10. Seasons Of Wither (Aerosmith)
11. Saturday Night Special (Lynyrd Skynyrd)
12. War Pigs (Black Sabbath)

07/04/28 6月13日にElton Johnの'70年代の紙ジャケット11タイトルがアンコールプレスされます。2,141(税込) 今回Disk Unionでまとめ買いすると、先着でオリジナル特典として紙ジャケ収納『キャプテン・ファンタスティック』ボックスがもらえます。以下印のタイトルはNigel Olsson参加アルバムです(笑)
 
エンプティ スカイ (エルトン ジョンの肖像) +4
 ○僕の歌は君の歌 +3
 エルトン ジョン3 +2 *
 ライヴ!! (17-11-70) +1
 ○マッドマン
 
ホンキー・シャトー +1
 ピアニストを撃つな +4
 黄昏のレンガ路 (グッバイ・イエロー・ブリック・ロード)
 カリブ +4
 キャプテン・ファンタスティック +3
 ○ロック・オブ・ザ・ウェスティーズ +1

07/04/28 5月25日にリリースされるKen Hensleyの新作CD『BLOOD ON THE HIGHWAY』の詳細です。(KH site)
Players:
Ken Hensley - lead (*) and harmony vocals, Hammond B3 organ, synthesizers, electric, slide & acoustic guitars, dobro
Jorn Lande - lead vocals **
Glenn Hughes - lead vocals ***
John Lawton - lead vocals ****
Eve Gallagher - lead vocals *****
Juan Carlos Garcia, Tommy Lopez - drums
Antonio Fidel, John Smithson - bass guitar
Ovidio Lopez - principle guitars
Rafa Raposo, Dani Saiz - guitars
Vicente Ruiz - piano
Antonio Molto - alto sax
The Alicante Symphony Orchestra

Songs:
(This Is) Just The Beginning **
We're On Our Way */**
Blood On The Highway **
You've Got It (The American Dream) **
Doom (Scene 1)
It Won't Last ****
Think Twice *****
Doom (Scene 2)
There Comes A Time *
Okay (This House Is Down) **
What You Gonna Do ***
We're On Our Way... Postscript (Solo) Verse
I Did It All *
The Last Dance (El Gitano Viejo) ***

07/04/28 Joe Lynn Turnerが3月23日にbeatleg誌のインタビューに応じたところ、昨年Bob Daisleyが「機会さえあればまたMOTHER'S ARMYをやりたい」と発言したことに対して、Joeも「今のほうが以前よりその可能性が高くなっていると思う。Jeff Watson、Bob、そして俺の全員がユニバーサル・ミュージックと契約を交わせたばかりなんだよ。iTunesを通してMOTHER'S ARMYの多くの曲が再リリースされるんだ。...(中略)...それで反応が良ければそのままツアーに出る可能性もあるしね。ただアルバムそのまま、っていうんじゃなくて、3枚のアルバムからアルバム1枚分の曲をセレクトしたベスト盤みたいな形での再リリースなんだ。」とのこと。ドラマーについては、Aynsley Dumbarはやる気まんまんだし、必要とあらばCarmine Appiceも考えてもいいらしい。(beatleg Vol.83)

07/04/28 URIAH HEEPのカバーバンドSTEERFORTHライヴ情報です。(刈ジャム)
2007年7月15日() “刈り掘る庭 JAM44” 渋谷GUILTY
2007年8月11日
() URIAH HEEP 祭” 沼袋Sanctuary (Steerforth他)

07/04/27 URIAH HEEPは4月24日から2度目のスタジオ・レコーディングに入っています。現在はMick Box, Phil Lanzon, Bernie Shawの3人がスタジオに入っていて、Bernieのリード・ボーカルやMickのギター・ソロをレコーディングしています。28日にはTrevor BolderRussell Gilbrockが合流してハーモニー・ボーカルのレコーディングをするそうです。彼らはこのアルバムがとても速くレコーディングされていることに驚いています。それは『SONIC ORIGAMI』から9年経過してきた中で、非常に強いマテリアルを持っていたからです。実際、『SONIC ORIGAMI』よりもロックしているそうです♪ (UH site)

07/04/26 7月18日に徳間ジャパン(Pure Gold)からWISHBONE ASHの未発表音源集『ロスト・パールズ (LOST PEARLS)(TKCW3282) \2,300-(税込)が初国内盤CD化されます。2004年にTalking Elephantよりリリースされたものの初国内盤化です。このCDの中でTrevor Bolder時代の未発表曲"Night Hawker"が聴けます。最近W.ASHのアーカイヴ物の再発が多い...

07/04/25 本日紙ジャケ化再発予定だったRandy Edelman『イフ・ラヴ・イズ・リアル (IF LOVE IS REAL)』BVCM-37867)は発売延期になりました。Nigel Olssonが参加しているRandy Edelmanのアルバムは全部で3枚あるので、今後紙ジャケ化される機会があればそれら3枚同時発売&ミニチュア帯&特典収納ボックス付きでお願いします(笑)

07/04/23 本日Sanctuaryより再発されたURIAH HEEPのCD『THE MAGICIAN'S BIRTHDAY』(SMBCD426)ですが、デジパック仕様で音源も"2007 Remastered"とのこと。

07/04/22 "HEEPVENTION 2008"が来年9月にスペイン南部のGranadaで開催されることになりました。しかも、John Lawton, Ken Hensley, Paul Newtonも参加します!! 2004年の"Stay On Top"以来の大きなイベントです。"HEEPVENTION"は2000年にイギリスで大々的なイベント(The Hensley Lawton Bandの最初のライヴ演奏などを含んでいた)をやって以来、元どおりのアメリカのHeepstersのみで盛り上がるイベントへと規模縮小していってしまいましたし、期待された"The Magician's Birthday Party"も2004年以降は開催せずで、なんとなく世界中のファンとex.URIAH HEEPのメンバーらが交流を持てる場がなくなってしまったように感じていましたが、ついにまた復活なわけですね〜 (Dave White and The Heepvention 2008 Planning Committee)

07/04/20 新生URIAH HEEPのツアー・デイトは以下のとおり。(e-heep)
May 12 - Meisel Rock Festival, Bayreuth, Germany
May 27 - Laugardalshöll Music Hall, Reykjavík, Iceland
July 6 - Lovely Days Festival, Saint Polten, Austria
July 7 - Open Air, Peine (near Hannover), Germany ←追加
July 8 - Citadell, Oradea, Romania ←追加
July 14 - Rowlit, Parainen, Finland
July 20 - Meripäivät, Kotka, Finland
July 21 - Open air, Breitenbach, Germany
July 26 - Keitelejazz, Äänekoski (north of Jyvaskyla), Finland
July 27 - Umpitunneli, Tornio (north of Oulu), Finland

07/04/16 予定どおり4月14日にフィンランドで開催された"Rockin'70's Festival"にてRussell Gilbrookを迎えた新生URIAH HEEPがデビュー・ライヴをしました♪ セットリストは次のとおり。
1. So Tired
2. Cry Freedom
3. Falling In Love
4. Words In The Distance
5. Stealin'
6. Between Two Worlds
7. The Wizard
8. Free Me
9. Sunrise
10. Gypsy
11. Look At Yourself
12. July Morning
13. Bird Of Prey
14. Easy Livin'
15. Lady In Black
映像がココで見られます。(Tapio/Heepfiles)

07/04/12 Ken Hensleyは先週から新作『BLOOD ON THE HIGHWAY』のプロモーションの為にドイツに訪れていますが、4月4日にHambergのRock Bottomというラジオ番組でJörg Reiche氏によるインタビューを受けました。その模様がココで見れます。写真はココ(KHsite)

07/04/10 John LawtonJan Dumée(ex.FOCUS)の新バンド ON THE ROCKSですが、全てのバッキング・トラックは確定し、歌詞はほとんど書き上げられました。感動的なバラードとロックのバランスがとれているようです。ベーシック・トラックはブラジルのスタジオでレコーディングされる予定です。(JL myspace)

07/04/07 4月6日に一旦レコーディングを終了した新生URIAH HEEPですが、4月14日のフィンランドでの新生U.HEEPお披露目ライヴの後にまたスタジオに入る予定です。(UH site)

07/04/07 DINGWALLではJohn Payne & Gathrie Govanのプモーション来日ライヴに続いて、DAMAGE CONTROLのプロモーション来日ライヴも企画しているとか、していないとか。Chris Slade和尚の久しぶりの来日となるかっ!?

07/04/07 新生URIAH HEEPの4月3日の新曲レコーディング映像がココで見れます!! (UH site)

07/04/06 70年代URIAH HEEPのサウンドを現代に蘇らせるスウェーデンのバンドBLACK BONZOのセカンド・アルバム『終末と再臨の預言 (BLACK BONZO:2)』(GQCD10058) \2,540-(税込) が5月2日にArgusより日本盤リリースされます。この日本盤のみ1曲ボーナス・トラックがつきます。前作『幻想の迷宮〜ブラック・ボンゾ登場!』(GQCD10003)もその徹底したURIAH HEEP的なプログレッシヴ・ハード路線に涙します。セカンド・アルバム共々聴きましょう! 祈・来日!! 

07/04/06 ex.FLIED EGGのギタリスト成毛滋さん(Sigeru Narumo)が329日午前1時56分に大腸癌の為東京都内の病院で死去されました。60歳でした。葬儀・告別式は近親者で済ませたそうです。東京都出身の成毛さんは1973年にURIAH HEEPが日本で来日公演をやる前からいち早くURIAH HEEPのライヴを観て絶賛しており、高中正義さん・つのだひろさんらとURIAH HEEPから多大なる影響を受けたサウンドを聴かせるバンドFLIED EGGを結成し、1972年3月に名作『Drシーゲルのフライド・エッグ・マシーン(Dr.SIEGEL`S FREID EGG SHOOTINING MACHINE)』をかのヴァーティゴ(日本フォノグラム)から発表するなど、世界的な活躍をしていました。また、Gary Thainの奥さんが日本人ということもあって、渡英した成毛さんはGary Thainと仲良くなりました。成毛さんは1977年に音響機器メーカーからオーディオフェアのデモ用音源の製作を頼まれた時にもURIAH HEEPの"Echoes In The Dark"を録音しています(クリックしてください)。この音源の録音メンバーは、トム谷村(vo)、四ツ田ヨシヒロ(ds)、竹内正彦(b)、成毛滋(g,org,pf,synth,mellotron)という人たちです。数年前には私Taaも成毛さんとメールで接触させていただき、当時の貴重なお話をお伺いすることが出来たほか、いつかヒープセッションにも参加したいともおっしゃられていただけに残念です。ご冥福をお祈り致します。R.I.P.

07/04/05 5月7日にURIAH HEEPのコンピレーション盤が以下のとおり2種類発売されます。まぁよくあるバッタものかもしれませんが...
『URIAH HEEP』(PC228) Platinum
『DEFINITIVE COLLECTION』(MS043) Music Sessions

07/04/03 John Slomanのライヴ予定は次のとおり。
<Solo>
2007/4/11 20:00 Troybar (acoustic set), London
<Opening for
WISHBONE ASH>
2007/4/24 20:00 Aberystwyth Arts Centre (acoustic set), Aberystwyth
2007/4/25 20:00 Queen's Hall (acoustic set), Narberth
2007/4/30 20:00 Beaufort Theatre (acoustic set), Ebbw Vale
2007/5/01 20:00 The Maltings, Farnham (acoustic set), Farnham, Surrey
<Opening for
MOSTLY AUTUMN>
2007/5/17 20:00 P60, Amstelveen (acoustic set), Amstelveen, Holland
2007/5/18 20:00 Nieuwe Nor, Heerlen (acoustic set), Heerlen, Holland
2007/5/19 20:00 Metropool, Hengelo (acoustic set), Hengelo, Holland
2007/5/20 20:00 013, Tilburg (acoustic set), Tilburg, Holland
<Solo>
2007/6/22 20:30 The High Barn (acoustic gig), Great Bardfield, Essex

07/04/03 Ken Hensleyのフィンランド公演が決まりました。今のところライヴ予定は次のとおり。
May 22nd 2007 The Ken Hensley Story BLOOD ON THE HIGHWAY CD Release Concert, Fabrik, Hamburg, Germany
July 13th 2007 
Ilovaarirock, Joensuu, Finland

07/04/01 John Lawtonのライヴ予定は以下のとおり。(JL.myspace)
2007/5/12 20:00 Staari Rokeri Biker Fest, Umag, Croatia
2007/5/16 20:00 Zeche, Bochum , Germany
2007/5/22 20:00 Ken Hensley CD release party, Fabrik, Hamburg, Germany
2007/7/1 10:00 Kavarna Town Square, July Morning Festival, Bulgaria
2007/7/14 20:00 Rockin' Ukko - Pekka Festival, Haapamäki, Finland
2007/10/13 20:00 sHeep Market, Langbroek, Holland

07/03/31 新ドラマーRussell Gilbrookを迎えた新生URIAH HEEPが3月26日からChapel Studiosに入り、Mike Paxmanをプロデューサーに迎え新作スタジオ盤のレコーディングを開始しました。このレコーディングは4月6日まで続く予定で、8曲のベーシック・トラックと、プラス・アルファがレコーディングされる模様。Mick Box自身によるレコーディング日記と写真がオフィシャル・サイトで公開されていますが、アメリカのHeepster Mac Steagallさんが、うまく各曲の説明をまとめてくれました。
1)  A full on Rocker.     Written by Box/Lanzon
2)  Only description is "very exciting".   Written by Box/Lanzon
3)  Played around with arrangement and went back to original rehearsal arrangement. Written by ?
4) "Very powerful".  Written by Box/Lanzon
5) "Wicked sounding guitar".  Written by Bolder
6)  Power ballad.  Written by Box/Lanzon
7)  Typical Heep shuffle.  Written by Box/Lanzon
8)  Epic song.  Written by Box/Lanzon
And they're working on one...
9)  No description yet.  Written by Bolder.

曲名などはまだ明らかにされていませんが、こうして確実にレコーティングも進んでいるので新作が楽しみです
ね!! (e-heep/UHML)

07/03/31 新生URIAH HEEPのツアー・デイトは以下のとおり。(e-heep)
April 14 - Rockin' 70's Festival, Katinkulta, Vuokatti, Finland (with Nazareth)
May 12 - Meisel Rock Festival, Bayreuth, Germany
May 27 - Laugardalshöll Music Hall, Reykjavík, Iceland
July 6 - Lovely Days Festival, Saint Polten, Austria
July 14 - Rowlit, Parainen, Finland
July 20 - Meripäivät, Kotka, Finland
July 21 - Open air, Breitenbach, Germany
July 26 - Keitelejazz, Äänekoski (north of Jyvaskyla), Finland
July 27 - Umpitunneli, Tornio (north of Oulu), Finland

07/03/29 Ken Hensleyは南アフリカ出身の女性シンガー・ソングライターToni RowlandのデビューCDの為のミキシングとマスタリングを終えました。このCDは世界的なテーマソング"Put Your Foot Down"を含みます。この曲の売り上げは南アフリカの救済基金に充てられています。他の曲は、"Mantis and The Moon". "Damn You", "Hold On", "Darkness", "Photographs", "Johnny", "I'll be here waiting today"など。ちなみに、このCD、KenがToniをスペインまで呼んでスペインのAlicanteのeStudioSacramentoでレコーディングされましたが(Toniは1月18日〜2月7日?頃まで滞在)、Kenの推薦でスペインのミュージシャンが選ばれてレコーディングされました。メンバーは、Juan-Carlos Garcia (drums), Antonio Fidel (Bass), Ovidio Lopez (Guitars)、そしてKen自身もキーボード、ハーモニー、そしてちょっとだけギターで参加しました。(KH site/TR site)

07/03/29 Ken Hensleyは、MAKS & THE MINORSというドイツ(Hamburg)の6人編成バンドのプロダクションもスタートしました。忙しいですねぇ〜 (KH site)

07/03/28 5月22日にドイツのFabrikで行われるKen Hensleyのライヴですが、LIVE FIREと名付けられたバンドがKenをサポートします。LIVE FIREのメンバーは、Ken Ingwersen (guitar/vocals), Willy Bendiksen (drums), Sid Ringsby (bass guitar/vocals), Erik Hauksen (lead vocals, guitars)。もちろん、新作『BLOOD ON THE HIGHWAY』に参加したゲストのGlen Hughes, Jorn Lande, Eve Gallagher, John Lawtonもライヴで歌う予定で、このライヴはDVD録画されて後にリリースされる予定です♪ (KHsite)

07/03/28 Elton Johnの日本のみの仕様となるベスト盤が6月27日に発売される予定です。その収録曲は日本のファンによる投票で決定されます。当然Nigel Olssonが参加していた70年代の黄金時代の曲は投票されるべきでしょう(笑)→“エルトン・ジョン還暦記念特別企画”特設サイ 締め切りは5月31日まで。(CD Journal)

07/03/19 アメリカ映画『HIGHLANDER : THE SOURCE』(Brett Leonard監督)の公開は遅れていて、今年9月の公開予定になります。予告編がココで見れます。John SlomanQUEEN"Who Wants To Live Forever"を歌ったヴァージョンもあります。かなりFreddie Mercuryしています。

07/03/19 4月25日にBMGジャパンよりRandy Edelmanの1977年作品『イフ・ラヴ・イズ・リアル (IF LOVE IS REAL)』(BVCM-37867) \2,310-(税込) が紙ジャケ化されます。Nigel OlssonJeff Porcaro(TOTO)が参加しています(笑) 音源はK2 24bitリマスタリングを採用。

07/03/14 URIAH HEEPの新ドラマー決定!! Russell Gilbrookというドラマーがバンドに加入しました。Russellはイギリスのドラマーで、ヨーロッパ中でドラム・クリニックのスペシャリストとして活躍していました。また、Tony Iommi, Van Morrison, John Farnham, Alan Price, Chris Barber, Lonnie Donniganらとも働いたことがあります。「Russellはオーディションにきて、我々を打ちのめしました。彼は私がこれまで聴いたドラマーの中でも最も重いドラマーの中の1人です。我々は120人の申込者の中から12人をオーディションすることに2日を費やしました。我々はLee Kerslakeのクローンを探してはいませんでした。Russellがプレイし始めたときには我々は彼が仕事の為の男であると確信しました。」とはMick Boxの弁。新生URIAH HEEPは今月末にMike Paxmanをプロデューサーに迎えてChapel Studiosに入り、レコーディングを開始します。そして9月には21枚目のスタジオ・アルバムがSanctuary Recordsよりリリースされる予定です。また、新生URIAH HEEPのデビュー・ライヴは、4月14日にフィンランドで開催される"Rockin'70's Festival"となります。ツアー・デイトは以下のとおり。(e-heep)
April 14 - Rockin'70's Festival, Katinkulta, Vuokatti, Finland
May 27 - Laugardalshöll Music Hall, Reykjavík, Iceland
July 6 (or 7) - Lovely Days Festival, Saint Polten, Austria
July 14 - Rowlit, Parainen, Finland
July 20 - Meripäivät, Kotka, Finland
July 21 - Open air, Breitenbach, Germany
July 26 - Keitelejazz, Äänekoski (north of Jyvaskyla), Finland
July 27 - Umpitunneli, Tornio (north of Oulu), Finland

07/03/14 John Slomanは今年5月に行われるMOSTLY AUTUMNのオランダでのギグにスペシャル・ゲストとして出演します。

 

07/03/12 Mark Clarkeは3月21日までは自宅のあるNew Yorkで過ごしており、それからロンドンに飛んでCOLOSSEUMのリハーサルに加わります。3月27日からはドイツのFrankfurtよりツアーが始まります。(Mark Clarke)

07/03/09 Ken Hensleyは5月22日にドイツのFabrikで新作『BLOOD ON THE HIGHWAY』(Glen Hughes, Jorn Lande, Eve Gallagher, John Lawtonを含む)のライブ・ショケース・パフォーマンスを行います。このライヴは後にDVDとしてリリースするために全てが撮影されます。(KHsite)

07/03/06 Ken Hensleyの新作『BLOOD ON THE HIGHWAY』は5月25日にリリースされます。オフィシャル・プレスは3月12日に始まります。(KHsite)

07/03/06 4月25日にBMGジャパンよりEric Carmenのアリスタ時代の作品群4枚が紙ジャケ化されます。以下の2枚にはNigel OlssonTOTOのメンバーが参加しています(笑)
 『雄々しき翼 (BOARTS AGAINST A CURRENT)』 (1977年/BVCM-37877) \2,310-(税込)
 『チェンジ・オブ・ハート (CHANGE OF HEART)』 1978年/BVCM-37878) \2,310-(税込)
音源はK2 24bitリマスタリングを採用し、詳細は不明ながらボートラの収録も予定されているとのこと。(CD Journal)

07/03/05 本日MANFRED MANN'S EARTH BANDのライヴCD『ALIVE IN AMERICA』がイギリスのStore for Musicより発売されました。Chris Slade和尚在籍時の1977年のボストンでのライヴを収録したもので、2001年に『WIRED』として初リリース、2002年には『ON THE ROAD』というタイトルで再発、という、タイトル&ジャケット変更の再々発盤ですが...

07/03/01 Ken Hensleyは新作『BLOOD ON THE HIGHWAY』のミックスを終え来週マスタリング作業をします。この新作はKenのソロ・アルバムではなく、70年代のロック・スターの人生を描いたコンセプト・アルバムです。Kenの自伝『WHEN TOO MANY DREAMS COME TRUE』の初版を読んだMembranの社長Jurgen Jakobsenがこの本のストーリーを音楽に出来たらと話したことからCDの制作に踏み切ったそうな。新曲は3曲書かれてレコーディングされました。CDにはGlen Hughes, Jorn Lande, Eve Gallagher, John Lawtonがリード・ボーカルでヘルプしてくれ、Ken自身も2曲で歌ったそうです。また、2曲でTHE ALICANTE SYMPHONYから24のストリングスが使われました。インフォメーションとプロモーション活動は3月から開始されます。Kenの自伝『WHEN TOO MANY DREAMS COME TRUE』の第2版(Expanded Edition)も同時期にリリースされます。(KH site)

07/03/01 Chris Slade和尚は最近はTHE MONSTERS OF CLASSIC ROCKというバンドでいくつかのライヴを行いました。Chris以外のメンバーはGreg Douglass (Steve Miller Band and Greg Kihn Band on Guitar), Carmine Rojas (David Bowie and Rod Stewart on Bass), Sam McCaslin (keyboards), Terry Ilous (XYZ on Vocals)。このバンド、2005年からライヴやってるみたいですねぇ〜 セットリストは以下のとおり(公演日不明)
1.Hot Legs
2.Baby Blue
3.Rock 'n' Me
4.You Shook Me
5.Come & Get It
6.Swing Town
7.The Joker
8.Hot Blooded
9.Jungle Love
10.Inside & Out
11.Without You
12.People Get Ready
13.Radio Active
14.Can't Get Enough
15.Rebel yell
16.Day After Day
17.Fly Like An Eagle
18.Highway To Hell
19.No Matter What
21.Thunderstruck
22.Let's Dance
(encore)
21.All Right Now
22.Whole Lotta Rosie
いままでゲスト・シンガーとしてSpencer Davis, Jim Dandy (Black Oak Arkansas), Rick Derringer, Jimmy Farrar (Molly Hatchet), Joe Lynn Turner (Deep Purple/Rainbow), Larry Hoppen (The Orleans), Pat Travers, Joey Molland (Badfinger/Natural Gas)も参加したことがあるそーな。

07/02/27 Chris SladeECOTONICに加入しました。このバンドはKISSのドラマーPeter CrissのバンドのシンガーJason Ebsをフィーチャリングしたバンドで、デビューCD『ELECTRIFIED』(Chrisは不参加)をプロモートする為、3月3日の"San Diego Indie Music Fest III"で約1時間のライヴデビューギクを行います。

07/02/27 DAMAGE CONTROLのデビュー・アルバム『ダメージ・コントロール』(DWCR-1004) \2,500-(税込)ですが、一般販売店での発売は3月14日に変更になっています。DINGWALLのHPより注文した人には予定通り3月7日の発売日に発送とのこと。また、HPより注文した人のみRobin George, Pete Way, Spikeの3人によるポストカードが付くそーです。...って、Chris Sladeのサインはなんで貰えなかったの?

07/02/26 今年も10月13日にオランダで開催されるHeepstersイベント"Uriah sHeepmarket"ですが、ドイツ・イタリア・スペインなどからのファンが多く集まるほか、John Lawton, CIRCLE OF HANDS (ドイツのヒープ・カバーバンド)、QUEENのカバーバンドも参加するそーな。CIRCLE OF HANDSは"The Park""Salisbury"も演奏する予定。(e-heep)

07/02/26 URIAH HEEPのライヴ・デイトは以下のとおり。特に4月14日は新ドラマーのお披露目ライヴとなるかっ!? (e-heep)
April 14 - Rockin'70's Festival, Katinkulta, Vuokatti, Finland
May 27 - Laugardalshöll Music Hall, Reykjavík, Iceland ←追加
July 6 (or 7) - Lovely Days Festival, Saint Polten, Austria
July 14 - Rowlit, Parainen, Finland
July 20 - Meripäivät, Kotka, Finland
July 21 - Open air, Breitenbach, Germany
July 26 - Keitelejazz, Äänekoski (north of Jyvaskyla), Finland
July 27 - Umpitunneli, Tornio (north of Oulu), Finland

07/02/25 ロシアのSt.PetersburgのNew Ice-Hall Arenaにて24日に開催された"Heroes of Rock Festival"に出演したKen Hensley Bandですが、3曲ぐらいしか演奏しなかったそうです。その後に2〜3バンドが出てそれぞれ3曲程しか演奏せず、Kenが再びステージに出てきて ICON (Wetton/Downes) を紹介。ICONはさすがに6曲(全曲ASIAの曲)を演奏しました。(Nobuko)

07/02/23 Uriah Heep Live Session & Partyの開催日を「8月25日(土)」に予定させていただきました!! 場所はCrawdaddy Clubです。
参加希望される方(演奏でも飲ん兵衛でも可!)は、
 @担当楽器(ボーカル、コーラス、エアギター、飲ん兵衛onlyでもOK!)
 Aやりたい曲(飲ん兵衛onlyの人は聴きたい曲)
 Bその他意見・感想
 Cメアド、
をボクのメアド宛まで送ってください。お仲間お誘いの場合も同様にお伝えください。
ブツ交換会も復活予定ですので、よろしくお願い致します。

07/02/23 明日24日にKen HensleyはロシアのSt.PetersburgのNew Ice-Hall Arenaにて開催される"Heroes of Rock Festival"に出演しますが、ICON (Wetton/Downes)も出演します。(じゆう太)

07/02/23 今年Mark ClarkeKen Hensleyと再び一緒に仕事をする予定があるそーです!! COLOSSEUMのツアーが終わった後になるのでまだ確定ではないですが。(Mark Clarke)

07/02/22 COLOSSEUMは5月3月27日〜5月4日までヨーロッパ・ツアーをします。このツアーでは会場で、COLOSSEUMが2005年に行ったツアーのライヴを収録した2CD『LIVE '05』を販売します。この2CDは5月11日にはBarbara ThompsonTemple Musicのサイトでも買えるようになります!! ツアー・スケジュールは以下のとおり。(Mark Clarke)
27.03.2007 Mainz, Frankfurter Hof 
28.03.2007 Roth, Kulturfabrik 
30.03.2007 Hannover, Pavillon 
31.03.2007 Worpswede, Music Hall 
01.04.2007 Bochum, Bhf. Langendreer 
04.04.2007 Kiel, Kieler Schloß 
05.04.2007 Hamburg, Fabrik 
07.04.2007 Erfurt, Gewerkschaftshaus
08.04.2007 Winterbach, Salierhalle 
10.04.2007 A-Salzburg, Rockhaus 
12.04.2007 I-Rom, Stazione Birra 
13.04.2007 I-Bologna, tba 
14.04.2007 I-Chiari, Palasport San Bernadino 
15.04.2007 I-Trieste, tba 
17.04.2007 A-Wien, Szene 
18.04.2007 A-Linz, Posthof 
19.04.2007 München, Metropolis 
21.04.2007 Regensburg, Kulturspeicher 
22.04.2007 Dresden, Alter Schlachthof   
25.04.2007 Karlsruhe, Tollhaus     
26.04.2007 Lorsch, Nibelungenhalle     
27.04.2007 Merzig, Stathalle tba     
28.04.2007 Marburg, Stadthalle     
29.04.2007 Bonn, Brückenforum     
02.05.2007 Osnabrück, Rosenhof     
03.05.2007 Oldenburg, Kulturetage     
04.05.2007 Kellinghusen, Sattlerhalle

07/02/22 Elton Johnが325日で60歳となることを記念して、新たなベスト・アルバムROCKET MAN』(Mercury 1723678)が英国・欧州で誕生日の翌日26日にリリースされる予定です。Eltonのキャリア(もちろんNigel Olsson在籍期間からも)から厳選した17曲に加え、新曲"Tinderbox"も含まれます。また、CD1枚の通常盤とともにDVD付限定盤(PAL/リージョン0)も発売され、そのDVDには、2004年から米ラス・ヴェガスで行なっていた長期公演Red Pianoにおけるパフォーマンス映像を5曲、そして"Tinderbox"を含む5曲のプロモーション・ビデオも収録されることになっています。(CD Journal)

07/02/18 本日のCOLOSSEUM2日目(もう最終日)のセットリストは次のとおり。
1. Those About To Die (without Chris Farlowe)
Member Introduction by Jon Hiseman
2. Theme For An Imaginary Western
(Chris Farlowe & Mark Clarke Twin Vocals)
3. Come Right Back
4. Stormy Monday Blues
5. The Valentyne Suite :
(without Chris Farlowe)
January Search
February's Valentyne
(whisper vocal : Mark Clarke)
The Grass Is Always Greener
6. Rope Ladder To The Moon
(chorus : Mark Clarke)
7. No Pleasin'
(chorus : Mark Clarke & Dave 'Clem' Clempson)
8. Tomorow's Dream
(chorus : Mark Clarke & Dave 'Clem' Clempson)
9. 〜 Walking In The Park
(uncore)
10. Jon Hiseman's Drum Solo
11. Lost Angeles
(incl.Dave 'Clem' Clempson's guitar vs Mark Clarke's bass battle)
選曲は同じでしたが「公園の散策 (Walking In The Park)」が本編ラストに移行したことと、昨日より演奏が確実に良くなっていました。特にDave 'Clem' ClempsonBarbra Thompsonが! "Lost Angeles"では、Clemが"Smoke On The Water", "Layla", "White Room"などのロック・クラッシックスをフレージングに盛り込み、Mark Clarkeとの楽器バトルを繰り広げました。ちなみに、Markさんに「今後の予定はまたDavy Jonesとの仕事なのか?」を質問してみましたが、「COLOSSEUM!!」とのことでした(笑)

07/02/17 本日のCOLOSSEUM初日ライヴのセットリストは次のとおり。
1. Those About To Die (without Chris Farlowe)
Member Introduction by Jon Hiseman
2. Theme For An Imaginary Western
(Chris Farlowe & Mark Clarke Twin Vocals)
3. Come Right Back
4. 〜 Stormy Monday Blues
5. 〜 Walking In The Park
6. The Valentyne Suite :
(without Chris Farlowe)
January Search
February's Valentyne
(whisper vocal : Mark Clarke)
The Grass Is Always Greener
7. Rope Ladder To The Moon
(chorus : Mark Clarke & Dave 'Clem' Clempson)
8. No Pleasin'
(chorus : Mark Clarke)
9. Tomorow's Dream
(chorus : Mark Clarke)
(uncore)
10. Jon Hiseman's Drum Solo
11. Lost Angeles
(incl.Dave 'Clem' Clempson's guitar vs Mark Clarke's bass battle)
Mark Clarkeさんは基本的に指弾き、"The Valentyne Suite"ではピックを使用していました。時折聴かせてくれるボーカルもかなり上手く、もっとリードボーカルを聴きたかったぐらいです。明日18日の最終公演を見逃さないように!!

07/02/16 COLOSSEUMのメンバーが無事来日しました♪ ちなみに、明日と明後日の2公演で、以前発売された紙ジャケット4枚をまとめ買いすると「DAUGHTER OF TIME 収納ボックス」「COLLECTOR'S COLOSSEUM」の紙ジャケがもらえます。特典のために二度買いさせようとするなんて...どう思います? ねぇ? (呆)

07/02/13 COLOSSEUM来日公演グッズの詳細が決定!
●パンフレット--¥2800 ●Tシャツ(M/L)--¥3500 ●パッケージ・セット--¥5800(パンフレット、Tシャツ+特典ポスター)
又、パッケージ・セットをお買い上げの方には
サイン会参加特典付き! (
Club Citta)
<来日公演スケジュール>
2006.02.17 sat - Club Citta' Kawasaki open 17:00 start 18:00
2006.02.18 sun - Club Citta' Kawasaki open 17:00 start 18:00
メンバーは、Jon Hiseman (drums), Chris Farlowe (lead vocals), Dave Greenslade (hammond organ, keyboards, vibraphone), Dave "Clem" Clempson (electric guitars), Mark Clarke (electric bass and back vocals)という全盛期の5人のメンバーと、故Dick Heckstall-Smithの代役としてJon Hisemanの奥様Barbra Thompson (soprana & tenor sax)です。

07/02/13 Peter GoalbyJohn Sinclairがコーラスで参加したSHYの1985年作『ブレイヴ・ザ・ストーム (BRAVE THE STORM)』(BVCM37860) \2,500-(税込)が、3月21日にBMGジャパンより紙ジャケ&JVC K2 24bitリマスタリングされて再発されます。ボートラ6曲入りです。

07/02/13 今年5月16日にJohn Lawtonはドイツの"5 Years On Stage : Rock Classic All Stars"というイベントに出演します。他の出演者は John Springate (ex.GLITTER BAND), John Verity (ex.ARGENT), Jeff Brown (ex.Sweet)など。(JL.org)

07/02/13 本日Bob Daisleyが参加したスペインのギタリストJorge SalanCHRONICLES OF AN EVOLUTION』が発売されました。Bobきこのアルバムの中で"Chase The Fire"という曲に参加しています。こり曲のレコーディングは昨年9月に行われました。

07/02/12 COLOSSEUM来日公演にてサイン会が決定いたしました! 当日、会場にて販売する物販のパンフレットとTシャツにポスターの特典が付いたパッケージ・セットをお買い上げになられた方が対象だそうです!! (Club Citta) Thanks! Panda!

07/02/12 Robin George, Pete Way, Chris Slade, SpikeによるDAMAGE CONTROLのデビュー・アルバム『ダメージ・コントロール』(DWCR-1004) \2,500-(税込)が、3月7日にDINGWALLより日本盤としてリリースされます。日本盤のみボートラ"Piece Of My Heart"(Janis Joplinのカバー)が追加収録されます(全13曲)。(Mikun)

07/02/12 Uriah Heep Live Session & Partyの賛同者に連絡させていただきました。メールが届いていない場合は連絡ください。また、ご友人やお仲間などお誘いいただける場合は
ボクの
メアド宛に次のことを書いて「賛同表明」してくださるようお伝えください。@担当楽器 (ボーカル、コーラス、エアギター、飲ん兵衛onlyでもOK!) Aやりたい曲 (飲ん兵衛onlyの人は聴きたい曲) Bその他意見・感想など! 場所はCrawdaddy Clubの予定で、日程はこれから皆様と決めたいと思います。よろしくお願い致します。

07/02/08 John Slomanのライヴ情報です。2月3日のライヴは無事終わったようで(笑) (JS MySpace)
2007/2/18 20:00 Electroacoustic Club (acoustic gig) London
2007/3/08 20:00 Cwmaman Institute (acoustic gig) Cwmaman
2007/3/18 20:00 The Halfmoon (acoustic gig) London
2007/6/22 20:30 The High Barn (acoustic gig) Great Bardfield, Essex

07/02/08 Ken Hensleyのロシアとノルウェー公演が決まりました。(KH site)
February 23rd 2007 TBA St. Petersburg, Russia
February 24th 2007 "Heros of Rock" FestivalSt. Petersburg, Russia
March 9th 2007 TBA Oslo, Norway
March 10th 2007 TBA Oslo, Norway

07/02/04 昨年Bob Daisleyが2曲提供&参加したプロジェクトPLANET ALLIANCE『プラネット・アライアンス (PLANET ALLIANCE)』(XQAA-1012) \2,500-(税込)が、ボートラ2曲を追加して2月28日にスーパーソニックから日本盤リリースされます。

07/02/03 男女混声コーラスをフューチュアしたウェーデンのシンフォニック・メタル・バンドTHERION(セリオン)の新作2CD『ゴシック・カバラ (GOTHIC KABBALAH)』(TFCK87412) \3,360-(税込)が1月24日にトイズファクトリーよりリリースされましたが、Ken Hensleyが参加しています! "Tuna1613"ではガンガンのハモンド・オルガン・ソロを聴かせてくれます。他に"The Wand Of Abaris"はURIAH HEEPにインスパイアされた曲とのこと。(Mikun)

07/02/02 John Slomanのライヴ情報です。(Phil Sloman)
Saturday 3rd February 2007 - acoustic gig at Tom's bar, Treforest
Thursday 8th March 2007 - acoustic gig at Cwmaman Institute
Sunday 18th March 2007 - acoustic gig at Halfmoon, London
Friday 20th March 2007 - acoustic gig at Fopps, Tottenham Court Road, London

07/02/02 URIAH HEEPのライヴ・ブート2CD『ACOUSTICAL SYMPATHY NIGHT』(BREAKDOWN-137)がリリースされました。2006年12月4日ドイツ・ベルリンのFriedrichstadt公演を収録したオーディエンス録音ものです。Lee Kerslakが参加したラストのツアー音源になってしまいましたね。

07/01/31 約35年にも渡ってURIAH HEEPのドラマーを努めたLee Kerslake脱退が報じられました!! 1998年の『SONIC ORIGAMI』のツアーの時からLee本人の弁でも「5年後には引退する」と発言されていましたが、その後ずっとツアーを続けていたり、LIVING LOUDでもプレイしたりと、「なぁーんだ、まだまだやれるじゃん!!」などと喜んでいたのですが、やはり「健康上の問題」により脱退することになりました。ついに来るときが来てしまいました!!(泣) Leeにとって2006年のツアー、ライヴに続くライヴ三昧の日々は、特にストレスとなったようで、安息のバンド生活から一層かけ離れてしまったようです。
Mick Box曰く、「Leeのことを兄弟のように愛している。私の最も親しくて最も年をとった友人のうちの1人を失うことは、とても残念です。しかし、Lee及びバンドにとって現在変化をしなければならない。これは、バンドの歴史の重要な時です。我々はちょうど今Sanctuary Recordsとの新しいワールドワイドな契約にサインをして、約10年ぶりの新作スタジオアルバムをレコーディングしようとしています、そして、9月にアルバムのリリースをするのと同時に、次の約18ヵ月のワールドツアーをしなければなりません。」とのこと。
バンドは現在活発に後任ドラマーのオーディションを行っています。(e-heep)

07/01/31 URIAH HEEPのライヴ・デイトは以下のとおり。新ドラマーのお披露目ライヴとなるか!?
April 14 - Rockin'70's Festival, Katinkulta, Vuokatti, Finland
July 6 (or 7) - Lovely Days Festival, Saint Polten, Austria
July 14 - Rowlit, Parainen, Finland
July 20 - Meripäivät, Kotka, Finland
July 21 - Open air, Breitenbach, Germany
July 26 - Keitelejazz, Äänekoski (north of Jyvaskyla), Finland
July 27 - Umpitunneli, Tornio (north of Oulu), Finland

07/01/31 ドイツのUwe Reuters氏によるURIAH HEEPの本『URIAH HEEP YEARBOOK VOL.10 - WHAT SHOULD BE DONE』が今年5月に発刊されます(EUR35.00)。今回は、幻の5代目ボーカリストSteff Fontaineのインタビュー、John Slomanのニュース、HeepのブートレグCD、ドイツのヒープカバーバンドCIRCLE OF HANDSJohn Lawtonの歌特集、など盛りだくさん。(e-heep)

07/01/27 Ken Hensleyは現在南アフリカ出身の若い女性Toni RowlandのデビューCDの為にスタジオにいてプロデュースをしています。また、Kenの新作『BLOOD ON THE HIGHWAY』はミックスが完了し、来週末にマスタリングされます。インフォメーションとプロモーション活動は3月から開始されます。Kenの自伝『WHEN TOO MANY DREAMS COME TRUE』の第2版(Expanded Edition)も同時期にリリースされます。

07/01/25 4月18日に徳間ジャパンからWISHBONE ASHのライヴ・アーカイヴが2枚組で2種類リリースされます。これらは2002年と2003年にそれぞれTalking Elephant Recordsよりリリースされたものの初国内盤化です。
『トラックス:ウィッシュボーン・アッシュ・ライヴ・ヒストリーVol.1 (TRACK : WISHBONE ASH LIVE HISTORY Vol.1)(TKCW32164) \2,800-(税込)
Trevor Bolder時代のライヴは、"Number The Brave"(1981)と"No More Lonely Nights"(1983)の2曲を収録。
『トラックス:ウィッシュボーン・アッシュ・ライヴ・ヒストリーVol.2 (TRACK : WISHBONE ASH LIVE HISTORY Vol.2)(TKCW32165) \2,800-(税込)
Trevor Bolder時代のライヴは
、"Phoenix"(1983)と"Underground"(1983)の2曲を収録。

07/01/24 本日AvalonよりリリースされるDOMINEの新作『アンシェント・スピリット・ライジング (ANCIENT SPIRIT RISING)(MICP-10623) \2,600-(税込) のボートラに、URIAH HEEPのカバー"Too Scared To Run"が収録されています!

07/01/20 本日発売された「ストレンジ・デイズ」(Strange Days No.90)は、2月に来日するCOLOSSEUM(もちろんMark Clarke入り)の26ページ(!!)にも及ぶ大特集と、表紙を含めてDavid Bowie(もちろんTrevor Bolder絡み)の10ページの特集です!!

07/01/13 BLACK SABBATH紙ジャケット・シリーズがリリースされます。オリジナル盤に忠実な初のヨーロッパ式ジャケ仕様、英国オリジナル盤を元に紙質や細かい部分までも完全再現、オリジナル・レーベル・ロゴ使用、オリジナル盤と同比率でブランク溝を再現したディスク面、時期に応じて再現したカンパニー・スリーヴ、最新マスター音源を使用、他、タイトル毎にオリジナル盤仕様を完全再現! 様々な権利関係をクリアしての究極の紙ジャケ!...だそうです!!
2/20予定 第一弾 5タイトル
 ●黒い安息日 (BLACK SABBATH)
 ●パラノイド (PARANOID)
 ●マスター・オブ・リアリティ (MASTER OF REALITY)
 ●ブラック・サバス・4 (BALCK SABBATH VOL.4)
 ●血まみれの安息日 (SABBATH BLOODY SABBATH)
※DISK UNION限定特典:ミニチュア帯/収納ボックス(デザインは「パラノイド」)

4月予定 第二弾 5タイトル
 ●サボタージュ (SABOTAGE)
 ●テクニカル・エクスタシー (TECHNICAL ECSTASY)
 ●ネヴァー・セイ・ダイ (NEVER SAY DIE)
 ●ライヴ・アット・ラスト (LIVE AT LAST)
 ●ウィ・ソールド・アワー・ソウル・フォー・ロックン・ロール (WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK'N'ROLL)
DISK UNION限定特典:ミニチュア帯/箱(デザインは「ネヴァー・セイ・ダイ」)

5月予定 第三弾 6タイトル
 ●ヘヴン・アンド・ヘル (HEAVEN AND HELL)
 ●悪魔の掟 (MOB RULES)
 ●ライヴ・イーヴル (LIVE EVIL)
 ●悪魔の落とし子 (BORN AGAIN)
 ●セヴンス・スター (SEVENTH STAR)
 ●
エターナル・アイドル (THE ETERNAL IDOL)Bob Daisley参加(笑)
DISK UNION限定特典:ミニチュア帯/箱(デザインは「ヘヴン・アンド・ヘル」)
★更に
!!!16タイトルお買い上げで、上記3ボックスが収納可能なボックス(デザインは「黒い安息日」)をプレゼント!!

07/01/09 Mark Clarkeが参加したIan Hunterの1983年リリース・アルバム『ALL OF THE GOOD ONES ARE TAKEN』が本日American Beatより再発されました。ベスト盤にしてCD収録されなかったシングルB面曲"Traitor"がボートラで収録されています。

07/01/01 URIAH HEEP新作スタジオ盤がついに今年リリースされる見通しです!!
URIAH HEEPは
Sanctuary Recordsとワールドワイドな新作のレコーディング契約を結びました。1998年の『SONIC ORIGAMI』以降9年ぶりとなる新作は、今年2月にプリ・プロダクションのリハーサルを行い、3〜4月にレコーディングをします。21枚目となる公式なスタジオ・アルバムとなる新作のタイトルはまだ未定ですが、Mike Paxmanをプロデューサーに迎えて少なくとも10曲の新曲を収録し、今年の夏の終わりにリリースされる予定。
Mike Paxmanは1970年代後半からシンガーソングライターのJudie Tzukeのバンドでギター、作詞、レコーディングをし、1980年代半ばまで彼女のバンドで仕事をしました。他にもNick Kamen, Paul Norton, SCARLET, FIRST LIGHT, Fransis Rufelle, Jimmy Nail, Thomas Andersらとも仕事。1997年からはSTATUS QUOの5枚のアルバムでプロデュースするなど活躍しています。Mikeは1970年3月20日にSalisbury Tech Collegeで行われたURIAH HEEPの最初のギグを見ました!!
マネージャーの
Simon Porterは、Sanctuary RecordsがU.HEEPのバックカタログを市場に出しているのでバンドにとって自然な場所であり、彼らがバンドに対してとても熱心でバンドをよく知っていることにより契約に踏み切りました。Mike Paxmanのプロデュースが21世紀のねじれを戻す原点回帰、つまり当初構築された古典的なU.HEEPサウンドへの回帰を望んでいます。
Mick Boxは、新作のリリースに伴い18ヶ月のワールド・ツアーをすることを望んでいます。Phil LanzonはすでにMike Paxmanと数日過ごしました。Trever Bolderは現在彼のホームスタジオの仕上げを行っています。Treverも彼の歌を持っています。Mick Boxは現在オーストラリアで家族と一緒に休日を過ごし、ニュージーランドに移り、1月後半にはイギリスに戻ってMike Paxmanと正しいスタジオの選択をしてリハーサルの準備をすることになります。(e-heep 12/31)
...ということで、ワールドツアーに日本も含まれて、来日が早期実現されることを期待しましょう! プロデューサーが前作同様STATUS QUO人脈なのが気がかりですが...汗 ちゅーか、
05/04/04からすでに1年8ヶ月経過しているんですけど...爆

07/01/01 今年もよろしくお願い致します!! お年玉として、個人的に収集していた「ユーライア・ヒープ関係映像集」をアップロードさせていただきます。お正月にじっくり堪能してくださいね!


WHAT'S NEW 2006


WHAT'S NEW 2005


WHAT'S NEW 2004


WHAT'S NEW 2003


WHAT'S NEW 2001-2002