美術部 TOPページ
サークル「美術部」展示作戦シリーズ 

コミケの理念は「表現の可能性を拡げる為の『場』」・「表現の多様性を追求」・
「『ハレの日』の楽しさを、より多くの人と共有」です。
これを実現したく毎回色々とアイディアを練っています。
このページにはその幾つかを載せてみました。



2017年12月29日コミックマーケット93
【大和の空】
ごめんなさい、提督…」
その事件は2017年12月29日ビッグサイトで起きた。
いま大和の業火がコミケを焦がす…

今回のコミケ93での美術部展示はコンクリート壁の穴を空けたような
トリックアート(トロンプ・ルイユ)になりました。
幸い12月29日は晴天だったのでこの展示の様に澄み切った青空が広がっていました。
このトリックアートは古典的な表現方法の一つです。
「古きを知り新しきを知る」表現の多様性の追求ですね。
当初は砲身が立体的に飛び出したり、瓦礫や鉄骨も作ろうかと思いましたが、
見た目が五月蝿くなるのでシンプルにしました。
たくさんの方々に楽しんで頂けたようで良かったです。

※「ねとらぼ」さんにて記事にしていただきました。
その他にも「ヤフーニュース」「楽天ニュース」「LINEニュース」などでも
取り上げて頂きました。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1712/30/news023.html



2017年8月11日コミックマーケット92
【ビッグサイトの水平線に勝利を刻みましょう!】

夏の展示は模型の戦艦大和(タミヤ1/350・1500部品・全長70cm)を
ウォーターラインにしてビッグサイトの壁に貼り付け壁を海に見立てる展示でした。

【羅針盤とマップ】
当初は上記の戦艦大和のウォーターラインのみで、その下には普通にポスターを張る予定でした。
それでは物足りないと思い、艦これMAPらしさを演出しました。、
羅針盤は電動で回転し、妖精(大和)に羅針盤を回転させるギミックを仕込んであります。

【総括】
タイトル「ビッグサイトの水平線に勝利を刻みましょう!」に対して、
ボスマス前で反れてしまうというコメディを演出。
コミケ開催中の後半ではMAPを変更してボスマス目掛けて大和の進むという物語になりました。
この展示の伏線としてC92サークルカットに直上アングルの大和が描かれています。
展示の注意点として、この企画はコミケのルールに準じて細心の注意を払っています。
ですので絶対に落下や壁に傷などがないようにしています。
(コミケ全体に迷惑がかかることだけは駄目)
なら最初からやらなければいいと思われますが
 「表現の可能性を拡げる為の『場』」・「表現の多様性を追求」・
「『ハレの日』の楽しさを、より多くの人と共有」それをモットーにしています。
おかげさまで観ていただいた皆様には盛況でした。
少しでも楽しんで貰えたのなら製作者冥利に尽きます。
来て見て頂いた皆様、ありがとうございました。





2016年12月29日コミックマーケット91
【VR艦これ大和】
ー それはヴァーチャルなのかリアリティなのか…あたかもそこにいるVR艦これ大和 ー
冬のPOPは「VR艦これ大和」になりました。
「VR」ヴァーチャルリアリティ「仮想現実」の意味ですね。
こちらは身体が二次元の壁の中、そして両足が三次元へ飛び出した実物大ディスプレイです。
(※コミケの消防法に沿うように、 落下防止、衝突安全、壁への傷や汚れ、に注意して制作してあります)
今回のサークルスペースがこのアイディアに最適だったことで実行しました。
観てくれました人の反応も良く、笑う人、驚く人、不思議そうにする人、などなど
嬉しい反応を見せてもらいました。
コミケという表現の祭りに来てくれた人達が楽しそうな顔をしてくれる〜
それにたずさわれて良かったです。

現在夏コミに向けて新しいアイディアPOPを準備中です。
サークルスペースの配置にもよりますが、また奇妙奇天烈な表現が出来ると思います。
お楽しみに。




2016年8月13日コミックマーケット90
【夏の大和水着モード】
夏のPOPは「夏の大和水着モード」になりました。
暑さも安らぐ禁断の技術を施した仕様です。
近年の技術を総動員した、切り絵・シャドーボックス・弾力立体絵・スケルトン縫製・そして風の悪戯…。
7月に公式大和の水着絵が来たことでそれをネタにパレオを扇風機でめくり上げるというギミックを施しました。
こちらはとても好評で、写真を撮りに来る方、感想をくれる方、通りすがりで足を止める方と様々な反応でみなさんとても楽しげな表情をしていただけました。
コミケという「ハレの日」をご堪能頂けたようで良かったです(感謝)
【動画公開中:https://www.youtube.com/watch?v=a7MtJonQwmM




2015年12月30日コミックマーケット89
【美術部おっぱいポスター】
「おっぱいマウスパッド」のポスター版と言うべきでしょうか、
ポスター絵の胸部分を膨らませることで2次元のポスターを3次元にする方法です。
ずいぶん前からアイディアはあったのですが、マリみてジャンルでは
引かれそうだったのでやりませんでした。
しかし夏から艦これジャンルになったことですし、大和も大層なモノをお持ちなので決行することに。
公式でも大和の胸の傾斜は「大和坂」と言われています(戦艦大和の甲板が傾斜していたため)。
なのでそれに因んでテーマは「大和坂」に。
また裏面からアクリル版を貼り付け弾力を持たせるようにしました。
これで触れると「ボヨン」とできます。
・・・・・お馬鹿ですみません
<製作方法はpixivに>
 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=54318320




2015年8月14日コミックマーケット88
【大和和傘&スカート型テーブルクロス】

申込のサークルカットの時点から今回は「傘」で行こうと決めていました。
ということで無地の和傘を用意して直筆で絵を描くことに。
それをスタンドに固定し等身大大和に持たせるような配置をしたPOPを作成しました。
評判は上々だったようで良かったです。
製作過程などの質問も多かったですね。
最近うちのPOPは三次元化が加速してきたような気がします。
そろそろ二次元に戻そうかとも思案中です(苦笑)

【大和スカート型テーブルクロス】
サークル全面の机の前、これだけの面積をなにも使わないのは勿体無いと思いアイディアを練ってみました。
そこで思いついたのが「サークルスペースのコスプレ化」。
「背面に傘があるなら、全面下はスカートで」というアイディアです。
職業が縫製なので生地を購入して大和のスカート柄のテーブルクロスを縫いました。
それと当初の案では裏から扇風機の風を当てスカートをヒラヒラとなびかせたかったのですが
布が重すぎて上手くいかず断念。
代わりにスカートの中にネタの仕込みを用意しました。
Twitterで「スカートめくり」を告知、来てくれた方にめくってもらいました(笑)





2014年12月29日コミックマーケット87
【シャドーボックス型 大和POP】
2014年冬コミのPOPはシャドーボックスにチャレンジしました。
シャドーボックスとは絵を切り抜いて重ね合わせることで半立体的に見せるアートのことです。
本来は箱や厚みのある額縁に入るサイズのアートですが、
こちらはサークルスペースいっぱいの大型POPサイズで作成しました。
天井の低い西壁のライトが調度良い影を出してくれました。
シャドーボックスの作成は初めての試みだったため苦労もしましたが、
見に来てくれた方も多く作って良かったと思っています。

▲サイズ:120cm×90cm/厚み15cm/10層/17パーツ/A1サイズ画用紙10枚/カラーコピー30枚
▲艦娘大和パーツ種類:ポニーテール/足/顔・腹・腰/胸・腕/つま先/胸飾り/傘/ワンレングス
▲艤装パーツ種類:砲身/砲台/船体
▲美術部マーク





2014年8月16日コミックマーケット86
【痛ビッグサイト(切り絵大和)】
ビッグサイトのコンクリート壁を使った切り絵を製作しました。
以前からコンクリートの壁を活用した創作を出来ないものかと思案してきました。
そこでコンクリートの壁を使った痛車ラッピング技術の「痛ビッグサイト」をやることに。
こちらの製作は自宅で塩化ビニール製カッティングシートをカッターで切り取り作製しました。
それを会場で壁に貼りました(壁にノリが残ったり刃を入れるなどはしていません)。

(注意)
準備会スタッフとも話し合いましたが、注意点があります。
・ポスターは直ぐに剥がせる物ではいといけない。
(これは公序良俗に反する絵柄だった場合に直ぐ撤去できるようにらしいです)





2013年12月29日コミックマーケット85
【1/144等身大 大和POP】
全長263メートルの戦艦大和の1/144サイズの艦これ大和です。
ただハイヒールと傘の高さで2m30センチの巨大POPになりました。
遠くからでも目を引いていたようで、見た人には楽しんで頂けたようで良かったです。
ただ車に入りきらないのが問題でした(笑)



2013年12月29日コミックマーケット85
 【消火栓から細川可南子がみてる】
サークルスペースの壁に消火栓設備があるため通常のポスターは貼れませんでした。
そこでその消火栓を使った「こっそり覗く可南子」ポスターを作製しました。





2013年8月10日コミックマーケット84
【実物大38(t)戦車ポスター】
金色の用紙3枚を張り合わせ横向きの戦車を描いたポスターです。
小型の38(t)戦車だからこそこの縦サイズ収まりました。
ただ前後がカットされているので見た目なんだか分かりませんね(苦笑)
作製はPCでアタリ線を描き、それを実物大に拡大コピー。
張り合わせた用紙に重ねて固いペンでなぞり用紙に跡を付けます。
その跡をマジックでペン入れし描きました。
戦車を描き始めて数ヶ月… ついに実物大を描く日が来ようとは思いませんでした。




2012年12月29日コミックマーケット83
【壁用POP:アスカ&マリ切り抜きカーテシー】
こちらも前回と同じ切り抜きPOPで。
この時はつや有りの紙にプリントしてあり少しテカっています。
キャラの大きさはほぼ等身大です。




2012年8月10日コミックマーケット82
【壁用POP:可南子切り抜きカーテシー】
以前からやってみたかったキャラクターを切り抜いて壁に貼るPOPを作製しました。
せっかく壁というキャンパスがあるのでそれを活かす事に。
効果としては面白く出来たと思います。
グレーのコンクリート壁に黒髪黒セーラーの絵は映えました。
1ホール離れた場所からでも目視で構図が確認できます。
紙はつや消しにプリントしてあります。ライトで光らないと為の工夫です。

(余談ですが、このサークルスペース「シ88b」は2014年夏コミで小林幸子さんが配置された場所でした。
なのでなんだか嬉しい思い出の場所となりました(^^))




2010年12月30日:コミックマーケット79
【可南子ボックス スクリュー積み】

コミックマーケット79の数字に合わせた「179」ネタとして
総集編4冊が収納できるコミケカタログ風ボックスケースを制作しました。
この頃は同人誌ショップにてカタログを螺旋状に積み上げる「スクリュー積み」が
流行していましたので、それをやってみました。
箱自体はとても軽いので積み上げるのは簡単ですが、
崩れないように芯棒を入れ両面テープで固定してあります。



 web拍手