アフガンお礼文

  3月から8月にかけて「アフガンを救おう、地球への恩返し」をスローガンに
アフガン募金を始めました。筋ジストロフィーという難病であっても何か自分に
できる事はないかと思い、この豊かな国に生を受けた感謝を込めて、ささやか
で良いからアフガンへの募金をつのりました。

  僕自身は何一つ動けないのです
が、多くのボランティアさんのご協力によりみなさんから
414,469円の温かな
気持ちが寄せられました。この中には難病仲間の協力などもあり感謝で一杯です。
  この寄せられた募金はユニセフに寄付して次世代をになうアフガンの子供達に
大切に使われるよう約束を交わしました。大きな希望を感じました。

 
今回の募金活動を通じて多くの温かなな気持ちに励まされ、生きている実感を
感じました。病床にあっても何かの役にたてる喜びを思いました。
いつの間にか自分のためになっていました。多くの気持ちがとても嬉しかったです。
どう生きるかを大切に考えます。どんなに境遇は違ってもひとつひとつの募金に
込められた心はひとつと思います。

  この場をかりてアフガン募金に協力して下さった方達に心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。

 

                                                                                                         守岡勇二