ゆうの日記  2005年1月

大切なもの
大切なものは失ってから気付く。僕は難病により多くのものを失った。体の自由、食べること、話すこと。それは健常者からすれば当たり前すぎて、ありがたみを忘れている。僕もできていた時は感謝する事はなかった。しかし、失ってみてどれだけ大切なものかを知らされた。でも、それを知らせるのが僕の役目なのかも知れない。失ったものと引き替えに、大切なものを得たのかも知れない。

2005/01/31 PM 01:59:47

寂しさ
朝方になるとどうしょうもない寂しさに襲われる時がある。太陽の明けないこの時間帯は、今までの悲しみや苦しみを思い出してしまう。さらに病院という場所が、寂しさに拍車をかけてくる。ここでは多くの人達が悲しみと苦しさを胸に、この世を去っていく。自宅とはまったく雰囲気が違う。でも、沢山の寂しさを味わう事で、生きている実感を噛み締めているのかも知れない。

2005/01/30 PM 01:42:25

自分らしさ
昨夜は初めて細木数子さんの幸せって何だっけ という番組を見た。細木数子さんといえばズバリ言うわよ、などで脚光をあびている占い師。僕は占いはあまり信じないけれど、細木さんの発言は最もらしい。でも、自分らしくないなとも思う。自分らしさをきちんと持っている人は、幸せは自分で見つけてつかむ事ができると思う。とは言うものの僕の運命も占ってほしい僕って、ダメダコリャ。

2005/01/29 PM 02:10:54

親 友
いつも僕に厳しい助言をしてくれる人がいる。僕の気持ちも知らないで、と思うけれど謙虚に受け止めている。本当の親友とは優しさと厳しさを持つ事だと思う。相手が間違っていたら注意してあげる。お互いの意見をぶつけあう事で、信頼関係が深まる場合もある。喧嘩別れするのは親友とは言えない。優しさと厳しさは表裏一体と思う。

2005/01/28 PM 02:18:54 

将 棋
1月27日、父の本当の誕生日。誕生日は間違ったけれど、父との思い出は色あせる事はない。小学生の頃、将棋盤と駒を買ってもらって将棋に夢中になった。その時、父にいろいろと教わった。それ以来、父に勝つ事が大きな目標になった。しかし、父には一度も勝つ事はなかった。もはや対戦する事は叶わないけれど、勝てなくて良かったと思う。

2005/01/27 PM 02:30:21

やりがい
高校生からとても嬉しいメールをもらった。僕の日記を読んで、とても正直で前向きな姿勢に感動したとのこと。自己満足で書いているけれど、こうして共感してくれる人がいるとやりがいがある。自分の中でダメダコリャと思う自分もいるけれど、そんな自分も全て受け入れて表現していきたい。まだ衝撃告白も残っている。この日記は僕がくたばるまで続けていきたい。

2005/01/26 PM 02:02:47 

髪 型
中学生の頃、憧れていた髪型があった。5分にわけたさらさらヘアー。しかし、いかんせん。手が不自由で髪型を整える事ができなかった。いつも寝癖のついた髪で恥ずかしかった。中学生になるとオシャレに敏感になる年頃でもある。現在はアトピー性皮膚炎があるのでスキンヘッド。不細工の顔にスキンヘッドでは、もはや見るかげさえもない。

2005/01/25 PM 01:38:30

過 程
終わりよければ全てよし、ということわざは納得できない。どんなに結果がよくても、その内容や過程が悪ければ何もならないと思う。人生も最期よりもどう生きるか、どう生きてきたかが大切と思う。僕の寿命は短いけれど、これまでとても濃厚だった。これからもどう生きていくか過程を大切にしていきたい。

2005/01/24 PM 02:00:30

アニメソング
僕の暇つぶし解消法は寝る事と妄想と歌をうたうこと。ほとんどベットに寝たきりなので、この暇つぶし解消法は大切になる。特に歌をうたうのは、心を落ちつかせる。中でもアニメソングは欠かせない。北斗の拳、タッチ、ガンダム、アラレちゃん。そのレパートリーは数知れず。アニメソングは童心に返ったように歌っている。

2005/01/23 PM 02:16:38

真 剣
昨夜は完全実録!夜回り先生若者たちを救い続けた熱血教師13年の闘い!という番組をみた。薬物依存に苦しむ若者を見守る水谷先生の生き方に感動した。それにしても何故、若者は横道に走るのか。それは両親が無関心であったり、頭ごなしに叱るから。どんなことも受け入れて愛情を注いでほしい。自分を真剣に思ってくれる人がいれば、横道にそれないと思う。

2005/01/22 PM 03:07:31 

憧 れ
僕の憧れのタレントは明石屋さんまさん。とても話が面白くて自然体。何よりも同性にも優しくて、幅広い年齢層の人気を集めている。同性に好かれない人は、異性に好かれるはずはない。一緒にいて面白くて、優しい人には安心感を思う。自分にないものを持っている人に憧れを感じると思う。

2005/01/21 PM 02:14:42

メール友達
僕は小中高とほとんど友達はできなかった。話し下手で内向的な性格なので、友達作りが苦手だった。いつも家でテレビゲームばかりしていた。親友がいなかったのは寂しかった。しかし、ホームページを開設してからはメール友達ができた。全国の人達との交流は楽しい。メールだと内向的な僕でも積極的になれる。メール友達は僕にとって、心のよりどころになっている。

2005/01/20 PM 02:06:03

消しゴム
中学生の時のことを思い出す。期末テスト中に消しゴムを落としてしまった。車椅子で自分で拾えない僕は大パニック。その教科の成績はぼろぼろだった。そして、休み時間になったら、斜後ろの女の子がその消しゴムを拾ってくれた。助かったぁーと心底思った。本当に困っている時に助けてもらった恩は一生忘れない。それ以来、消しゴムは2個もつような万全策をとったけれど、彼女のことは忘れない。

2005/01/19 PM 03:19:34 

人を想う
好きな人がいるのはとても素晴らしい。明けても暮れてもその人のことを考えてしまう。好きな人の為なら自分を犠牲にできるし、相手を喜ばせたい。そんな人を想う気持ちはかけがえのないものと思う。たとえ片思いであっても決して無駄にはならない。僕は難病で片思いばかりだけど、人を想う優しさを養ってくれたと思う。

2005/01/18 PM 02:07:24

粘り強さ
1月17日は父の誕生日。父が亡くなって4年目になる。父には一度も誕生日プレゼントをしたことがなかった。でも、父との思い出は色あせることはない。特にプロレスは父も僕も大好きだった。メインイベントでの攻防は興奮する。粘り強く闘う選手が好きだった。粘り強さはとても大切と思う。ネバーギブアップ。

2005/01/17 PM 02:05:25

笑 顔
笑顔は人の心を和ませてくれる。どんな悲しみや苦しみの中でも笑顔があると救われる。確かに悲しみのどん底にいる時は笑顔は作れない。でも、悲しみからは何も生まれない。どんな時でも笑顔を忘れないでいたい。そして、僕の最期も笑顔で別れたい。笑顔のままで、人の心の中で生き続けてもらいたい。

2005/01/16 PM 02:23:58 

供 養
阪神淡路大震災から10年。昨夜はこの大震災で被災した方達の10年の歩みを紹介した番組があった。一瞬にして最愛の家族を失った悲しみは計り知れない。でも、その悲しみを引きずってはいられない。残された家族が幸福になることが、何よりの供養になると思う。悲しみを勇気にかえて。

2005/01/15 PM 01:54:58

クイズミリオネア
貴方の人生が変わるかも知れないクイズミリオネア。最高賞金1000万円をかけての4択クイズは手に汗にぎる。ライフラインをうまく使えば、確実に100万円はゲットできる。しかし、この番組に出場できるのは訳ありの人ばかり。さらにみのもんたさんと対決するには予選を通過しなければならない。僕はかなり訳ありだけどいかんせん。早押しボタンは押せないし声もでない。でも、参加しているつもりで楽しんでいる。

2005/01/14 PM 02:05:08

生きざま
自分の意見や考え方をしっかり持つことはとても大切と思う。たとえその考え方が間違っていたとしても、何も表現しないよりはいい。何も表現しなければ、何もわかってはもらえない。僕は毎日、日記をつけている。これは僕にとって、物凄いエネルギーを使っている。そして、この日記を通して僕の生きざまを伝えている。

2005/01/13 PM 01:45:53 

図々しさ
僕は性格上どうしても遠慮してしまう。相手のことばかり考え過ぎて自分を犠牲にする。しかし、難病で生きていく為には図々しさが必要になる。どんな嫌な言葉や嫌な態度をされても、気にしない強さがほしい。もっと図々しさを身につけなければならない。

2005/01/12 PM 02:12:55

兄 妹
丸一週間ぶりに母と再会して安心した。でも、まだふらついていて顔色も悪い。今回のことを教訓に、もとのもくあみにならないようにしたい。それにしても、この度も妹にはとてもお世話になった。兄妹のありがたみを強く感じた。一人ではない。

2005/01/11 PM 02:24:25

初 夢
今朝は悪夢をみてしまった。母が死んでしまって、火葬場で別れる夢だった。そこには涙さえもでない自分がいた。母は生きているだけでいいと思った。これが今年の初夢となり、嫌な予感もする。夢をみるなら、もっと色っぽい夢でほしかった。

2005/01/10 PM 02:08:12

愛のむち
今日で6日間も母に会っていない。再起不能なのかなと心配になってくる。今まで難病の進行や病棟の忙しさから母に甘え過ぎていた。これからは少しでも休める日を作ることの大切さを思い知らされた。今回のことは神様の愛のむちと思って、前向きに捉えていきたい。

2005/01/09 PM 02:47:33

当事者
誰も難病の苦しみや人のお世話になることの辛さをわかってもらえない。みんな自分の都合のいいように考えている。もちろん僕もそうだけど、当事者にならないとわからない。でも、それは仕方ない。いろんな意見を謙虚に受け入れて、自分なりの道を見つけていくしかない。

2005/01/08 PM 02:27:45

厳しさ
母はいないけれどへこたれていられない。今までいくつもの試練を乗り越えてきた。母の回復を願って頑張っていきたい。孤独は辛いけれど、多くの人の支えもあるのだから。人は自分に厳しくしていると、きっと幸福になれると信じていたい。

2005/01/07 PM 03:18:12

心 中
今回の母の状態はかなり重いらしい。母が倒れて、その心中は穏やかでない。助けてくれーとわめいたり、しっかりしなければと叱ったり。どうにもならない自分がいる。ここまでして生きなければならないのか、と悲痛に思う。でも、必死に生きていれば、きっといいこともあると思いたい。

2005/01/06 PM 03:00:54

最終手段
昨日は新年早々に母がダウン。僕の心も凍りついた。もう母に頼るのは難しい。何とか自分の力で生きる方法を見つけなければならない。そこで最終手段を使うしかない。それはボランティア募集のビラ配り。もはや手段を選んではいられない。

2005/01/05 PM 03:39:34

心の翼
難病は僕の翼を一つ一つ奪っていく。手に力が入らなくて、マウス操作が困難になってきたのは悔しくてならない。難病は僕をじわじわと苦しめる。悲観と楽観を繰り返す。そんな自分が情けない。でも、心の翼だけは失わないようにしたい。

2005/01/04 PM 03:26:03

冷 静
短気は損をする。頭に血がのぼっている時はろくなことを言わないし、人を傷つける。何よりも自分が損をする。あとで後悔しても遅い。頭にきている時は、時間をおいて冷静になるのを待つ。そうすれば人を傷つけない。僕も短気で損をするけれど、なるべく冷静になるように心掛けている。

2005/01/03 PM 03:13:13 

自 粛
元日は勢いのいいことを宣言したけれど、やっぱり僕は情けない男と思う。言っていることとやっていることは違う、思いつきで周りを振り回すなど心にしみる。自信過剰なのかも知れない。自分にもっと責任を持って、自粛しなければならない。そうすると何もできないかも知れないけれど、これが生きる上での複雑さと思う。

2005/01/02 PM 01:58:34 

初 心
平成17年元日。あけましておめでとうございます。
今年一年のはじまりと思うと初心の気持ちになる。でもまたあっという間に今年も終わると思うけれど。今年の抱負は自分にできることを見つけて挑戦すること。もう何も失うものはないと思って挑戦していきたい。いろんな面で限界も近いけれど、精神力と意地で乗り越えていくしかない。とにかく楽な生き方はしたくない。究極を求めていけば、きっと光は見えるはず。初心を忘れずに頑張っていきたい。今年もよろしくお願いします。

2005/01/01 PM 02:11:50