ゆうの日記  2005年4月

必 要
人は誰でも自分を必要とされると、生き甲斐を感じる。自分を必要としてくれることは、自分を認めて信頼してくれるからこそと思う。ただ、自分を必要とされる為には、人を必要とすることも大切と思う。必要とされたり必要としたりすることで、うまく付き合っていけるように思う。僕は難病ではあるけれど、必要としてくれる人もいるので自分を大切に頑張っていきたい。

2005/04/30 PM 01:49:36

安全性
今日からゴールデンウィークに突入。7連休の人も多く、行楽地に向かう人で交通機関は大渋滞。安全に気をつけてもらいたい。先日の電車脱線事故では、JR西日本のずさんな職員教育が明らかになった。安全よりも利益優先。日本航空のトラブルや人気アトラクションの転落事故もあった。人は当たり前になると、危機意識が薄れてしまう。あらためて安全性について再認識する必要を思った。

2005/04/29 PM 02:35:37 |

不具合
人工肛門になって2年半が過ぎた。人工肛門により三分の一の腸を失った。それにより栄養や水分の吸収が鈍くなったように思う。それが体重の減少や腎臓結石に繋がってきたように思う。生身の体に人工的な手を施せば、不具合が生じるのは当然なのかも知れない。現在もかなりの水便がでていて、柿の種ではなくて悩みの種になっている。

2005/04/28 PM 02:12:23 

偽善者
僕は偽善者なのかも知れない。きれいごとばかり表現して、醜い気持ちは表現しようとしない。僕も感情的にもなるし、醜い気持ちも持っている。それを表現しないのは卑怯と指摘されたことがある。いつも迷いながらの積み重ねでもある。ただ、人になんと思われようと、気にしない強い意思は必要と思う。自分にプライドを持って、自分なりの考えを貫いていきたい。

2005/04/27 PM 03:17:23 

スローライフ
兵庫県で起きた電車脱線事故は死者73人もの大惨事となった。たった一分半の遅れを取り戻す為のスピードのだしすぎが原因らしい。いかに日本は時間に支配されているかを感じた。日本は世界一時間に厳しいとされている。分刻みで社会は動いている。そのおかげで経済発展はしたものの、大切なことを見落としてきたように思う。だから、近年はスローライフが言われている。確かに時間は大切だけど、自分なりの心の余裕は必要と思う。

2005/04/26 PM 02:19:03

生きる重み
死を意識してから生きることに真剣になったと思う。死を意識していない時は、淡々と生きていた。いろんな物事や出来事を深く考えることもなく、時間ばかりを費やしていたように思う。ところが死を意識するようになると、一日一日が貴重に思えていろんな物事に敏感になり深く考えるようになった。それは感受性を豊かにして、生きる重みを感じさせてくれたと思う。たとえ短い命でも真剣に生きていれば、長く生きただけの価値はあると思う。

2005/04/25 PM 01:43:29

お花見日和
昨日は鳥屋野潟公園へお花見に行ってきた。天気予報は雨だったけれど、最高のお花見日和だった。鳥屋野潟とビッグスワンを背景に満開の桜が美しかった。他のみなさんは花より団子状態。僕はそんな雰囲気を楽しみながら、雲の流れを見ていた。広々とした風景に時間がゆっくり流れるようだった。そのあとは桜のトンネルを楽しんだ。このまま桜と共に散ってもいいなぁと思った。自然や人との触れ合いは、心を豊かにしてくれるように思った。

2005/04/24 PM 01:54:59 

心の強さ
本当に強い人は弱い人をいじめたりしない。弱い人ほど、弱い人をいじめる。それも、ひとりでは何もできない。集団でなければ何もできない。強い人ほど弱者の味方になる。はやてのようにあらわれて、はやてのようにさっていく。月光仮面のように。本当の強さとは、心の強さと思う。腕力やお金や地位でもない。人の心を大切にする人こそ、心の強さを持っていると思う。

2005/04/22 PM 01:54:54 

優柔不断
優柔不断な性格を直すことはできない。相手に迷惑をかけないか、相手に嫌な思いをさせないか、そんなことばかり考えてしまう。そんな遠慮が逆効果になる場合もある。人は誰でも欠点や弱さを持っている。そんな自分を認めてもらえないのは一番辛いように思う。自分の欠点や相手の欠点を認めあうことの大切さを思った。

2005/04/21 PM 01:49:41

献 血
献血者不足が懸念されているとのこと。日本で初めて変位性ヤコブ病の患者さんが見つかって、献血規制されることも原因らしい。僕は何度も輸血を受けているので、他人事とは思えない。人の為になることは、必ず自分に返ってくる。今は健康でも将来輸血のお世話になるかも知れない。

2005/04/20 PM 03:30:19 

ワインゼリー
小学生の頃は勉強ができなかったので、給食は唯一の楽しみだった。授業をそっちのけで給食の時間ばかりを気にしていた。しかし、嫌いな食べ物もあった。ブロッコリーはどうしても食べられなくて、人目を忍んで机の中に隠した。でも、好きなメニューがあるとルンルン気分。特にワインゼリーは大好きだった。あのワインゼリーの味は忘れられない。

2005/04/19 PM 02:19:36 

ひなたぼっこ
一昨日は久しぶりに外の空気に触れてきた。桜もきれいに咲いていて、色々な花が咲き誇っていた。春の日射しはとても温かくて柔らかい。野良猫がひなたぼっこをしていて平和だなと思った。僕も子供の頃、飼い猫とひなたぼっこをしたのを思い出した。春は新しい芽生えの季節なのでとても大好き。23日は鳥屋野潟でお花見をすることになりとても楽しみ。

2005/04/18 PM 02:12:09

試 練
僕の体でまともな臓器は一つもなくなった。肺は呼吸器に頼り、胃には栄養を入れる管があり、腸は人工肛門、そして腎臓結石。唯一、心臓がまだ力強く動いてくれている。次から次へと試練がやってくる。その試練を乗り越えてこそ、ひとまわり大きくなってきたのかも知れない。でも、これ以上の試練はご勘弁願いたい。

2005/04/17 PM 02:01:19 

前向き
いつまでも憎しみや恨みを持っていると前に進まない。どんなことも許して受け止めていけば、前向きになれると思う。僕も難病になってしまったことを恨んでいた時は、なんでどうしてと後ろ向きになっていた。しかし、難病を受け入れてからは、良いところが見えるようになった。明るく前向きに生きられると、人生も豊かになってくると思う。

2005/04/16 PM 02:57:55 

知ってほしい
5年前に詩文集を自費出版できたのは大きな財産になっている。その時は母が脳出血で倒れて、前向きになろうと必死だった。詩文集を通して僕を知ってもらい、ボランティア確保が目的だった。難病で得たものを多くの人に知ってほしかった。いつも難病の自分に生きる意味を求めてしまう。辛いばかりでは生きていけない。多くの人の励ましは、生きる力になっている。もっと僕のことを知ってもらいたい。

2005/04/15 PM 02:05:20 

腎臓結石
尿検査で血尿が検出されたので腹部のCT検査をしたところ、左右の腎臓から合計3つの腎臓結石が見つかった。対応策としては水分を補給して、腎臓をきれいにして結石を落とすしかない。尿管結石になるとかなりの痛みは覚悟しなければならない。それにしても思い通りにいかない自分の体にいらだつ。でも、まあできたものは仕方ないので、うまく付き合っていくしかない。

2005/04/14 PM 01:55:23 

責任と自由
医療訴訟が起きるたびにやるせなさを思う。明らかな医療ミスは追求しなければならないけれど、不当な訴訟もあると思う。訴訟が起きるたびに病院の規則や管理は厳しくなっていく。患者さんの生活の質も低下してしまう。責任と自由のバランスが大切と思う。僕は何があっても争ってほしくない。争いはお互いを傷つけると思う。

2005/04/13 PM 03:14:22 

代 償
何かを得る為には必ず何かを失わなければならない。失うことを恐れていたら、何も得られない。欲しいものを手にするにはお金を払う。幸せになる為には苦労をする。そして、一日一日を生きる為には一日一日が死に向かっている。人は何かを代償にして生きていると思う。

2005/04/12 PM 02:28:23 

新 人
今日から本格的に新学期の始まり。新社会人にとっても迷いながらも仕事が始まる。病棟にも大幅に人員が増強された。ヘルパーさんも配置されて活気がでてきたように思う。ただ、仕事内容を把握するのにしばらくかかりそう。新人の時は誰もが通る道。みんなで温かく見守っていかなければならない。とはいうものの早く仕事に慣れてもらいたい。

2005/04/11 PM 01:48:17 

愛 想
人付き合いをしていく上で愛想はとても大切だなぁと思った。愛想のない人は何となく冷たさを感じる。ただ、愛想にも気持ち良い愛想と気持ち悪い愛想がある。それは心がこもっているか、うわべだけのものかで左右すると思う。でも、これって持って生まれた性格なのかも知れない。

2005/04/10 PM 02:38:09

忘れる
悲しいことや辛いことがあると気持ちも落ち込んでいく。そんな時はどんなに明るくしようとしても無理と思う。落ち込む時は思いっきり落ち込んだり、泣きたい時は思いっきり泣いた方がいい。そうして時間を費やすことで心は軽くなる。人は忘れることで生きていけるのかも知れない。ただ、約束事は忘れないようにしよう。

2005/04/09 PM 02:31:03

マザー&ラヴァー
フジテレビ系列で放送されたマザー&ラヴァーというドラマは、とても素敵だなぁと思った。マザコンの僕には身につまされた。悪いマザコンは母親に依存して甘えているのに対し、良いマザコンは母親を大切にして守ってあげるのだそうだ。両親や家族を大切にできない人は、人も大切にできない。この言葉は心にジーンときた。老若男女に優しくできたらなぁと思う。

2005/04/08 PM 02:22:46

大きな宝物
我が家は猫派ではあるけれど、1回だけ犬を飼ったことがある。名前はチャッピー、オスのスピッツ犬だった。近所の人が飼っていたのだけど、あまりにも面倒をみないので我が家が引き取ることになった。3度の飯より散歩が好き。猫は愛想がないけれど、犬は愛想があってとても可愛いかった。最期は老衰で亡くなったけれど、動物との触れ合いは心を養う上でも大きな宝物になっている。

2005/04/07 PM 02:24:49

モチベーション
自分の事は棚に上げず相手の立場を考える。いろんな物事を客観的に考える。こんなことを自分にいましめている。ただ、僕の最大の欠点は経験を積めないこと。病気でマンネリ化した生活の中で経験を積めないことは、人の気持ちもわからない。でも、いろんな出会いやメディアで情報を得ている。自分なりにモチベーションを高めていきたい。

2005/04/06 PM 03:27:28 

体脂肪率
2年前は38キロあった体重が、現在は30キロまで減少。栄養剤のカロリーを減らしていないのに体重が落ちるなんて摩訶不思議。5ヵ月前からカロリーを増やしているのに、いっこうに太らない。おそらく僕の体脂肪率は0%と推測される。骨と皮のこの体は、もはや見るかげもない。脂肪が欲しいなんて贅沢な悩みだね。

2005/04/05 PM 02:16:15 

ガンバルマン
僕はガンバルマンで生きている。難病により人一倍苦労してきたし、母の頑張りは大きな力になってきたと思う。母は僕と父を介護して一生懸命に頑張ってきた。そんな背中をみてきただけに僕も頑張ってこれたと思う。だから一生懸命な人を見ると応援したくなる。そして、頑張ってきたという思いが自信にもなっていると思う。

2005/04/04 PM 02:04:22 

疲労感
まだ毎日、車椅子にのることができる。ベルトで補助呼吸をするので、かなり前後運動は激しく疲労感を感じさせる。でも、僕にとっては最高のリハビリにもなっている。座位を保てることや体を動かせる事は貴重に思う。そして、疲労感は一日を頑張ったという心地よさにもなっている。疲労感は何気ない生活に張りを持たせているのかも知れない。

2005/04/03 PM 02:18:27 

できること
昨日は5歳の甥が病院にきてくれた。すっかり大人っぽくなったけれど、発想の豊かさや好奇心は僕を和ませてくれる。何よりもどんな病人にも話し掛けていく。余計な知識がないぶん純粋に思えた。大人になると、あらゆるものに壁を作るのかも知れない。そんな甥に僕は言葉を交わすことも、遊んであげることもできない。でも、できないことよりも、できることを考えていたい。

2005/04/02 PM 01:56:33 

出会い
平成17年度がスタート。4月といえば出会いの時期。別れがあって次には必ず出会いがある。生と死と同じように。出会いは人生を大きく左右する。良き出会いもあれば、悪い出会いもある。僕は大きな節目になると必ず良き出会いに恵まれた。教師、医師、保健師、ボランティアさん。多くの出会いの中で飛躍してきたと思う。これからも出会いを大切にしていきたい。

2005/04/01 PM 02:52:12