ゆうの日記  2005年12月

良いお年を
大晦日。病院での年末年始は寂しい。しかし、母が毎日来てくれるのでありがたい。今年も何度もへこたれそうになったけれど、頑張ってきて良かった。自分の信じる道を進むしかない。多くの人に感謝を込めて。良いお年を。。

2005/12/31 PM 03:13:27 

この一年
今年一年を振り返ってみてあまり良い年ではなかった。しかし、一時帰宅もできたし、大きな風邪もひかなかったので良かったのかなとも思う。じわじわと病気の進行を感じるけれど、それは仕方ない。いろいろと心残りもあるけれど、それは来年の課題として反省していこう。何よりも多くの出会いや思い出を残せた事に感謝。この一年が来年へのステップになりますように。

2005/12/28 PM 02:38:38

支 え
いろんな病気の人がいる。どんな病気も大変だけれど、気持ちの持ちようでうまく付き合っていける。心を閉ざしてしまうとどこまでも落ちていくし、心を開いて人と関わっていくと思わぬ勇気が湧いてくる。自分の苦しみは自分にしかわからないけれど、人に支えてもらう事はできると思う。僕も多くの人に支えてもらっている。支えてもらう為には心を開かなければと思う。

2005/12/26 PM 02:58:38 

メリークリスマス
メリークリスマス。こんなメールがとても嬉しかった。僕にとってはありふれた日ではあるけれど、みなさんの温かな気持ちが何よりのプレゼント。こうした小さな積み重ねが大切なのよね。自分を思ってくれる気持ちに感謝しよう。

2005/12/25 PM 02:21:31 

ここ最近、日記やメールをさぼりがち。気力が湧いてこなくって。しかし、楽をしようとするとどんどん堕落してしまう。気を引き締めなければ。ただ、肉体的苦痛は気力を失ってしまう。もう少し楽になるといいのにな。今日はクリスマスイブ。素敵な事がありますように。

2005/12/24 PM 02:34:23

大停電
冬至の昨日は暴風雪によって新潟市内を中心に大停電に襲われた。朝8時半頃から停電が始まっていつ復旧するかわからない。病院は重油を燃料とする非常電源に切り替わって大丈夫ではあるけれど、長丁場に備えて緊張は抜けなかった。約8時間後に復旧して電気のありがたみを感じた。医療機器はもちろん暖房機器など、すべてにおいて電気に頼っていることを実感させられた。

2005/12/23 PM 02:20:57

どう生きていくか
体調がすっきりしない。細菌がつきやすくて治りにくい。痰が多くて皮膚の状態も良くない。うーん、参ったなぁ。自分の体の異変にどう対処したらいいかわからないのは、歯がゆさを思う。それでも車椅子に乗れていつもの生活をおくれる事に感謝しよう。これからの自分に不安は尽きないけれど、どう生きていくかを大切にしていこう。

2005/12/18 PM 02:15:04 

寒 波
この冬は一ヶ月早く大雪になった。これからも寒波は続くらしい。新潟市は積雪は少ないけれど、山間部では1mはゆうに超えている。雪に悩まされる人々の思いを感じる。僕にとっても大雪になると、母が来てくれるか不安でたまらない。暖冬少雪になる事を願いたい。

2005/12/16 PM 02:13:50 

いつの間にか
今日を乗り切れば明日がくる。明日を乗り切れば明後日がやってくる。こうしていつの間にか日々が過ぎていく。なんかそんな自分が虚しく思えたりする。しかし、そうやって最期を迎えるのかもしれない。あんまり無理は禁物なのかな。窓辺に咲いているシクラメンのように、ただ咲いているだけでいいのかもしれない。

2005/12/15 PM 02:58:39

視 界
ベットに寝ている時の視界と車椅子に乗っている時の視界はまったく違う。ベットからの視界はかなり限られているけれど、車椅子での視界は自由に見える。同じものを見るにしても視界によって印象が違って見える。窓の景色も人の表情も視界によって変わって見える。視界が広がると気持ちも広がると思う。

2005/12/13 PM 01:43:36

自己防衛
毎日、物騒なニュースが続いている。成熟していない大人が増えたのかもしれない。昔は貧しい生活で我慢する事が多かったけれど、現代は豊かになって自分の思い通りになった。そうした社会や環境が自己満足を求めるようになったように思う。もちろんごく一部の人のことだけれど、自己防衛をしていかなければならない。

2005/12/12 PM 03:07:58

青春時代
僕にとって青春時代は闘病の真只中だった。勉強も遊びも恋愛も何もかも中途半端だった。だんだんと衰えていく体と向かい合う事で精一杯でもあった。夢は持てなかった。それでも出会いに恵まれて頑張り続ける事ができたと思う。闘病によって青春時代はなかったけれど、大切な事をたくさん教えてもらったように思う。

2005/12/11 PM 02:45:58

果 物
冬の旬の果物が食べたくなる。いちご、みかん、りんご。これをヨーグルトにまぜて食べるととても美味しかった。ここ最近、さっぱりとしたものがやたら食べたくなる。口の不快感に悩まされるようになって、せめてさっぱりしたものが食べられたらと思ってしまう。食べたいものが食べられるなんて幸せなこと。それをぐっと我慢する事も大切なのかなと思うようにしている。

2005/12/09 PM 02:08:37 

奇 跡
がんばらない、あきらめない。この言葉を胸に刻んでいる。この言葉は鎌田実さんの著書にもなっている。しかし、頑張っていないと自分がダメになりそうになるし、難病により諦める事も多い。それでもありのままの自分でいたいし、諦めなければ奇跡も起きるかもしれない。一日一日が自分と闘っている。がんばらないけどあきらめないでいるのは難しい。

2005/12/08 PM 02:29:45

親 身
同じ価値観や考え方の人とは妙に仲良くなる。以前、何かと親身になってくれたメールフレンドがいた。その人とメールをしていると励まされる事が多かった。何よりも楽しい気持ちにさせられた。どんなことも言い合えるようになった。しかし、親しくなるほど離れるようになった。ある程度、距離をおく事の大切さを思った。

2005/12/05 PM 03:03:54 

恩返し
今まで何かとお世話になってきたにもかかわらず、ちょっと嫌な事があると薄情になってしまうことがある。信頼が強いほど裏切られたショックも大きいのかもしれない。しかし、どんな事情があるにしろ恩返しの気持ちは持ち続けていたい。自分も否があるはずだから。人に感謝して恩返しをしていけるようにと思う。

2005/12/03 PM 02:32:50 

不自由
いろんな経験を積む事は決して無駄にならないと思う。できる事ならなに不自由なく生きられれば良いのかもしれないけれど、不自由な事から学ぶべき事も沢山あると思う。いろんな不自由を経験すると、どうしたら自由になれるか考える。考える事によって生きる知恵も身についてくると思った。僕も不自由な中で考える術を身につけてきたと思う。

2005/12/02 PM 02:28:18

師 走
今日から12月。なんだか時間ばかりが過ぎてあっという間に師走を迎えてしまった。それでも自分なりにこの一年を有終の美で飾れるようにしたい。特別な事ではなくても、小さな事に感謝したい。今年に叶わなかった事を来年に向けてステップアップできるように願っていこう。継続は力なりになりますように。

2005/12/01 PM 02:44:51