秋の日に 瞬く間に 暗くなり
                     精神的に 寂しさつのる
       秋の夜に 虫の音色が 響いては
                     耳をすまして 夜長にふける

食事を失って 2010/11/2(火) 午前 10:28

       胃ろうより 栄養剤を 流し込む
                     味もなければ 満腹もない
       味気ない 食を楽しむ 事もない
                     なくしたことは 計り知れない
       この人生 自分が主役 なっている
                     一度の生涯 全力尽くす
       我が将来 自分次第で 変わりゆく
                     プラス思考で 乗り越えていく

変わりゆく時代 2010/11/5(金) 午前 10:10

       変わりゆく 時代の流れ まざまざと
                     おのれの体 鏡になって
       時代から 取り残される 歳になり
                     理解不能が 多い世の中

くじけられない 2010/11/7(日) 午前 9:36

       筋ジスは 治る病気で ないだけに
                     絶望の影 背負って進む
       現実に この境遇を 受け止めて
                     何が何でも くじけてならね
       14歳 病気の真実 思い出し
                     あの頃若く 今振り返る
       こんなにも 長生きすると 思わずに
                     一日一日 ひたすら生きる

生かされる価値 2010/11/10(水) 午前 9:34

       医療費を 莫大使い 生かされて
                     こんな僕に 価値はあるのか
       医学界 いちじるしく 進歩して
                     助かる命 格段増える

心のこもった看護 2010/11/11(木) 午前 9:49

       患者には 心こもった 看護受け
                     その繰り返し 力になれる
       もしあなた 患者の立場 なったなら
                     どんな看護を 受けたいですか
       人と人 否定されるは 怖いけど
                     いつまで経っても 逃げてはならぬ
       少しだけ 勇気を出せば 解決に
                     自分に嘘は 相手も傷つく

自分の弱さを知ること 2010/11/14(日) 午前 9:46

       奥深い 弱い自分を 認めては
                     人の弱さも 認めて許せる
       弱さから あやまち起こし 愚かにて
                     自分の弱さ しみじみ感じ

明日を夢見て 2010/11/15(月) 午前 10:10

       落ち込んで 泣くだけ泣いて 爽やかに
                     希望はなくても 明日を夢見る
       うなだれて 前が見えない 情けなさ
                     我にむちうち 気力をしぼる
       絶え間なく 波打つ鼓動 響きたり
                     存在強く 主張している
       肉体は 精神的に 凌いでは
                     今ここにいる 病気と共に
       想いとは 裏腹になり 傷つけて
                     本音が言えず もろい自分
       褒め言葉 素直に言おう 思いやり
                     好意の言葉 嬉しいはずと
       自分とて 嫌いなことは 人にしない
                     同じ気持ちを みんな持ってる
       本当の 気持ちを知るは 同じだけ
                     相手の境遇 なってしみじみ

わずかな至福 2010/11/20(土) 午前 10:46

       車いす まだ乗れるだけ 良いことと
                     言い聞かせては 己に納得
       わずかでも 起きては背中 楽になり
                     この時間とは 至福の時よ
       いつまでも このままいくと ままならず
                     いつか終わりと 一蓮托生
       今はまだ 平安の日々 送っては
                     この先何が 待っているのか
       少しだけ 体力ついた 気がするが
                    それだけ体調 良いかもしれぬ
       気持ちだけ 良いとしても 気のせいか
                    そう思えるは 爽快気分
       愛情は 求めるもので ないけれど
                    自分が注げば 返ってくるはず
       無償なる 愛情こそが 本物と
                    見返り求めず 母親ごとく
       失言を 繰り返しては 辞職なり
                    言葉の重み 知らぬ政治家
       身内こそ 身を引き締めて 対応を
                    些細な言葉も 気をつかいこと

好意のパワー 2010/11/27(土) 午前 10:15

       好きな人 いることだけで 力なり
                    どんな苦難も 乗り越えられる
       片思い それでも何か 嬉しくて
                    見守るだけで それで十分

呼吸器のおかげ 2010/11/28(日) 午前 10:29

       呼吸器の 音を頼りに 眠りしは
                     規則正しく 呼吸になりて
       離せない 呼吸器おかげ ここにあり
                     体の一部 命綱なり

悩み迷った結果 2010/11/30(火) 午前 10:32

       障害を プラスに変えて 生き延びて
                   山あり谷あり 修行のたまもの
       苦しみも 生きているから 感じられ
                   悩み迷いて 至った結果