自立生活への助走
                        ボランティア募集


         難病に感謝して生きることを僕は最期まで貫こうと思う。たとえ難病になろうとも、
        多くの人の助けをかりて、自分らしく生きていけることを伝えたい。

        僕の中にも自由で自分の意思で生きる尊厳がある。病院での生活でなく、自立生活こ
        そが望みである。しかし、呼吸器をつけての自立生活は、現在のところ無理に等しい。
        吸引という24時間の看護人材を確保しなければならない。あらゆる行政制度を使って
        も自立生活は夢のまた夢である。されど夢を実現することこそ大切と思う。諦めては
        ならない。

        自分らしい生き方を貫く為にボランティアを募集したい。自立生活への助走である。
        ボランティアを必死に探してみてもなかなかいない。経済や時間の余裕がないとでき
        ないのも確かだ。しかし、心に余裕があればボランティアは誰でもできると思う。月
        に一回一時間でもボランティアにきてくれると嬉しい。そうして多くの人が集まれば
        自立生活も夢ではない。このホームページを見て、僕に協力したいと思ってくれたら
        嬉しい。

        僕はこれからも羽ばたいていきたい。難病に感謝して誰にもできない経験をこれから
        も頑張りたい。素晴らしい未来が待っていると思う。情熱と人との触れあいを大切に
        新たな助走を始めたい。たとえ夢に終わろうとも、その過程を大切にしたい。ご協力
        をお願いしたい。

                                              ボランティア内容
                                         1 病院においての洗面ボランティア
                                      2 外出ボランティア 吸引ボランティア
                                      3 朗読ボランティア、お話など何でもOK

       ボランティアに協力、興味をもたれた方は下記メールアドレスに連絡ください
                               cay72100@pop02.odn.ne.jp