HOME 世界遺産とは

項目

説明

世界遺産とは

ユネスコ総会で採択された「世界遺産条約」に基づく
「世界遺産リスト」に登録された自然や文化の事です

目的

地球の素晴らしい自然や文化を国の区別無く
一つの条約下で一緒に守る事です

世界遺産条約
の正式名称

世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約

種類

文化遺産・自然遺産・複合遺産の三種類

文化遺産

歴史上、芸術上重要な建造物・記念碑・遺跡等

自然遺産

保存上、鑑賞上重要な自然景観や生物棲息地等

複合遺産

文化遺産・自然遺産の複合

登録後
のメリット

原則として保護の為の資金等は援助されないが、
定期的な調査等で危機状態と判断された場合に
世界遺産基金の援助により状態の改善が行われます

世界遺産
の暫定リスト

暫定リストとは5年又は10年以内に
世界遺産へ登録を予定しているリストの事です

暫定リスト
登録済の内容

彦根鎌倉の社寺 ・ 平泉の文化遺産 ・
石見銀山遺跡(2005年7月現在)
世界遺産登録の動きがある名称はこちら →
候補地

負の遺産

人類の過ちを後世へ伝える物。日本では原爆ドーム

スキャン画像
日光東照宮
薬師寺
春日大社

トップページ 日本の世界遺産に戻る 日本の名所に戻る