HOME 奈良の名所(テキスト版)
名称 説明
秋篠寺 奈良時代に建立された最後の
本堂には本尊の薬師三尊像を安置。
秋篠寺で最も名高い
仏像は本堂左端に
立つ美しい天立像
飛鳥大仏 飛鳥寺の本尊。
日本最古の
仏像で高さ2.7m
飛鳥寺 規模は現法隆寺の約3倍といわれ、
当時の蘇我氏の権勢を物語っている
日本最古の寺
石舞台古墳 巨石30個を積み上げた石室古墳で
日本最大級の規模。
石室の長さは19.1m。
石の総重量は推定で2300t
依水園 総面積2万6500平方mで
2つの
庭園で構成。
若草山・春日山を借景にした
池泉回遊式庭園
石上神宮 現在の拝殿は鎌倉時代初期の建築で国宝
浮見堂 奈良公園内の鷺に建っている
宇太水分神社 本殿は鎌倉時代の建築で国宝
栄山寺 天平建築の八角堂は国宝
円成寺 境内にある国の名勝に指定された庭園は、
舟遊式と浄土式合わせた当時の貴重な遺構
岡寺 厄除け寺として有名。
正式寺名は竜蓋寺(りゅうがいじ)。
西国三十三ヶ所第七番観音
霊場札所
海竜王寺 境内に残る重文の西金堂は天平期の
西金堂の唯一の遺構。
堂内にある高さ4mの五重小
国宝
春日大社 フジの名所としても知られる境内には、
朱塗りのあざやかな社殿が立つ。
宝物殿には藤原氏が奉納した調度品等を
収蔵している(
世界遺産
元興寺 日本最古の瓦が現役で存在する(世界遺産
金峯山寺 吉野山のシンボル。金峯山の高台に
そびえる蔵王堂は
国宝で、
東大寺大仏殿に次ぐ大きさの木造建築
世界遺産
興福寺 境内には五重、北円堂、東金堂、
三重塔の国宝建築物や国宝館、
中金堂等が立っている。
南円堂は西国三十三所第9番
札所
世界遺産
西大寺 東の東大寺に対して西の大寺として
765年に建立された。
創建当時は東大寺と並ぶ規模を誇っていた
十輪院 元興寺の子院だった
新薬師寺 国宝の本堂には、同じく国宝の
薬師如来や十ニ神将を安置
当麻寺 国宝の本堂のほか、数々の仏像を安置
談山神社 境内には華麗で多くの建築物が建ち並び、
西の
日光といわれている。
木造十三重
はわが国唯一の遺構。
紅葉の名所
中宮寺 聖徳太子が創建。後に門跡尼寺となり
大和三門跡の一つ。
国宝の本尊は世界三大微笑像の一つ
長弓寺 櫓皮葺きの美しい本堂は国宝
唐招提寺 境内には日本最大の天平建築で
国宝の金堂を始めとする伽藍が立ち並ぶ。
日本最古の肖像
彫刻で国宝の
鑑真和上像を安置(
世界遺産
東大寺
(奈良大仏)
大仏殿は高さ47.34mで世界最大の
木造建築。
その中に安置される本尊は奈良の
大仏さま
として有名(
世界遺産
長谷寺 399段の登廊、舞台造りの本堂など
70余りの堂塔が立ち並ぶ。
西国三十三所第8番
札所
般若寺 鎌倉時代建立の楼門は国宝
平城宮跡 復元された朱雀門は優雅。
発掘調査の結果、東西1.3km、
南北1kmの広大な都で12ヶ所に宮城門が
あった事が判明(
世界遺産
法起寺 国宝で日本最古・最大の三重は高さ24m
世界遺産
法隆寺 世界最古の木造建築が建ち並び、数々の
国宝を安置している。
夢殿は日本最古の八角堂(
世界遺産
法輪寺 復元された三重は法起寺とともに
斑鳩の里に美しいシルエットを見せてくれる。
見ごたえのある
仏像も多い
法華寺 大和三門跡尼寺の一つ。
日本総国分尼寺として威容を誇っている
室生寺 日本最小の五重などが緑の木立の
間に点在している
薬師寺 西と東塔を見比べてみるのも面白い。
東塔は創建当時の唯一の遺構(
世界遺産
大和郡山城 追手門、東隅櫓、多聞櫓が復元されている
霊山寺 バラ 庭園が見事な

トップページ 日本の名所に戻る