HOME 寺の説明(テキスト版)

名称

説明

雨引観音

145段の「厄除けの石段」を登ると豪快な
仁王門が存在する。
春は桜、梅雨時は
アジサイ、秋は紅葉の名所

安国寺

国宝の経蔵は唐様素木造りの建物
安楽寺 信州最古の禅寺。
木造では日本唯一の八角の塔

石山寺

奈良時代、聖武天皇による東大寺造営に関連
して開かれたという古刹。
紫式部が「源氏物語」を執筆した事でも知られる。
国宝の本堂、多宝塔を含む諸堂が立ち並ぶ

一乗寺

三重塔は床を張り、縁を巡らせた塔としては
日本最古で国宝。桜、紅葉の名所

永平寺

きびしい修行で知られる寺院。
回廊で結ばれた建物が七堂伽藍を形成している

永保寺

庭園美に定評がある古刹。
国宝の観音堂、
神社建築の基礎となった開山堂、
心字
を中心にした庭園等見所が多い
円乗院 高さ30mの多宝塔は高野山、根来寺に次ぐ大塔

大谷寺

大谷石に取り込まれた寺。
本尊は日本最古の石窟仏である千手観音像

鶴林寺

国の重文の金銅聖観音像は「あいたたの観音」と
して親しまれている。”薩摩の法隆寺”とも言われる
寛永寺 現在は清水堂等が当時のまま残っている

観心寺

国宝の金堂は室町初期の建立。
、桜、ツツジ、スイレン、紅葉、椿等の
四季の
花々が美しい

北向観音

厄除け開運の観音様だが、最近は
受験合格祈願も多い。縁結びの御利益があると
いう愛染カツラの木等見所が多い

紀三井寺

奈良時代に創建された名刹で、楼門、鐘楼、
十一面観音等の重文の建造物、美術品の宝庫。
境内は約1000本ある桜の名所

考恩寺

国宝の観音堂は鎌倉時代の建物で、釘を使わず
に建てられた事から”釘無堂”と呼ばれる

功山寺

高杉晋作が維新回天の旗揚げをした場所。
鎌倉期創建の禅宗寺で純唐様建築の仏殿は国宝

向上寺

朱塗りの美しい三重塔は和唐折衷の構えで国宝
金剛輪寺 湖東三山の一つ。
国宝の本堂は僧侶の機転により織田信長の
焼き討ちからのがれた。
紅葉が美しく血のように赤く染まる事から
”血染めの紅葉”と呼ばれる

金蓮寺

「アイバ不動尊」と呼ばれている。
国宝の弥陀堂は日本最古の仏教建築

西教寺

聖徳太子の創建後、延暦寺の良源や源信が
念仏道場とした
最勝院 本州最北の五重として有名。
津軽藩創設以来の戦死者を敵味方の区別無く
供養するために建設された

西明寺

湖東三山の一つ。
国宝の本堂、三重塔も見事だが
紅葉の名所としても有名
狭山不動尊 本堂は京都東本願寺から移築した七間堂。
多宝塔は桃山時代の装飾的な手法を取り入れ
美しく、立派な門は国の重文

三仏寺

山中には本堂、文殊堂、地蔵堂等が点在。
国宝の投入堂までは約40分の険しい山道を
登るがその価値は十分
三宝寺 鎌倉大楽寺の権大僧都幸尊が開いた寺

慈眼院

多宝塔は鎌倉時代の様式で国宝。金堂は国の重文

四天王寺

南北に一直線の伽藍配置は創建当時のもので
四天王寺式と呼ばれる。
江戸時代再建の六時堂、五智光院、石舞台、
石鳥居等の多くが国の重文

浄土寺
(兵庫)

奈良東大寺の重源によって建立された浄土堂は
数少ない天竺様式の建築物

浄土寺
(広島)

山門、阿弥陀堂等が重文。本堂、多宝塔は国宝。
庭園には豊臣秀吉が伏見城内に建てた茶室
「露滴庵」がある
常楽寺 東寺の長寿寺に対し「西寺」と呼ばれる天台宗の
古刹。本堂と三重塔は国宝に指定
瑞巖寺 伊達家の菩提寺として有名

瑞龍寺

加賀藩2代目藩主前田利長の菩提寺として建立。
山門、仏殿、法堂は国宝
清澄寺 日蓮聖人が16歳で出家した寺。
1000年前の井戸が残る

青岸渡寺

本堂は豊臣秀吉が再建したもので国の重文。
那智の
とのコンビネーションが印象的

清白寺

唐様建築の仏殿が美しい

善光寺
(長野)

国宝の本堂をはじめ境内には重要文化財の
山門や経蔵等見所が多い

善光寺
(埼玉)

かつては川口寺とよばれていた。
勢至(せいし)菩薩立像等の貴重な文化財を保存

善水寺

桓武天皇の病が最澄の献上した霊水で快癒した
事から善水寺と呼ばれる

善徳寺

通称”別院”と呼ばれる古刹。
寺の伽藍には随所に精巧な装飾が施されている

善福院

二重屋根、寄棟造りの釈迦堂は国宝

藻原寺

東身延とも呼ばれ日蓮の真筆も伝えられている。
多宝塔式の仁王門が入口

大聖院

本尊の波切不動尊は秀吉が朝鮮出兵の時に
海上の安全を祈って軍
に安置していた守護仏

大善寺

ぶどうが薬として伝わり法薬として栽培されていた。
甲州ぶどうのルーツという説がある

太山寺

重要文化財の多さでは兵庫県随一。
大規模の本堂は国宝
誕生寺 日蓮聖人生家の跡地に建立。
仁王門は誕生寺最古の建築物。
祖始堂に日蓮聖人
を安置
中尊寺 藤原三代100年にわたる栄華、平泉文化の象徴と
して一大仏教王国が築かれたが、藤原氏の滅亡や
野火により多くが焼失した。当時の面影を残すのは
経蔵の1階と建物としては
国宝第1号の金色堂

朝光寺

国宝の本堂は室町初期の密教建築
長寿寺 西寺の常楽寺に対し「東寺」と呼ばれる天台宗の
古刹。美しい姿を誇った三重塔は今は無く、
国宝の本堂と重文の弁天堂がわずかに存在する

長禅寺

観音堂は螺堂方式といい全国でも6時のみ残存。
しかも長禅寺は2番目の古さを誇る

長保寺

国宝の本堂は方五間入母屋造り、一重本瓦葺きの
建物で鎌倉末期の日本建築の方向を示す貴重な物
東勝寺
(宗吾霊堂)
坂上田村麻呂が房総平定の戦没者供養のために
建立。重税を将軍に訴え出た佐倉宗吾をまつる

道場寺

石神井主・豊島輝時が豊島氏の菩提寺
として建立。一族の墓と言われる石塔3基がある

徳蔵寺

日本三大五百羅漢尊に数えられ県の文化財に
なっている。様々な願い事ができる寺

富谷観音

寺域は約4万u。
仁王門、本堂、三重塔、鐘楼が並んでいる

根来寺

かつては勇猛な僧兵3万人余りを有して高野山に
次ぐ威勢を示した。国宝の大塔は見事。
桜と紅葉の名所

長谷寺

足利一族により建立。
日本三大観音の一つである十一面観音を保存

ばんな寺

本堂、中御堂、経堂、多宝塔、鐘楼、御霊堂が
ほぼ正方形の敷地内に建ち並ぶ
深川不動尊

成田山新勝寺の東京別院。
境内には出世稲荷や深川龍神がまつられている

不動院
(広島)

14世紀中頃、足利尊氏によって建てられた
安国寺のひとつ。国宝の金堂が見事
不動院
(茨城)
正名は清安山願成寺不動院。
本尊不動明王は国の重文。安産祈願の寺

宝厳寺

竹生島の南東岸にある寺院。
重文の観音堂と国宝の唐門は伏見城の遺構と
言われている
法華経寺 境内には本院、五重塔、法華堂、刹堂、四つ足門
等がある。奥の院は法華寺跡に建立
三井寺 国宝の金堂、重文の仁王門、三重塔、鐘楼等
貴重な建造物が立ち並ぶ。
鐘楼は近江八景の「三井の晩鐘」で名高い
身延山
久遠寺
全体が霊山で、大本堂の天井画は見ごたえ十分
奥の院にあたる思親閣前からの景色は絶景

明王院

五重塔は全国で5番目に古い国宝塔。
本堂も和唐折衷の様式を現存する最古の建物
明通寺 国宝の本堂は鎌倉時代の密教建築の特徴が
表れている。三重塔の高さは22.13m
薬王院 初詣、節分、毎年3月第2日曜日に行われる
火渡り
には多くの人で賑わう

山口観音

本尊の千手観音像は秘仏のため一般公開されて
いないが、本堂の裏の小窓から木造の裏
観音像
見る事ができる
山寺 比叡山延暦寺の別院。
奥の院まで1015段の石段を上る途中にある
舞台造りの五大堂からの眺めは絶景
龍口寺 日蓮聖人の龍ノ口刑場の跡に建立。
延命長寿の
霊場

霊山寺

巡礼旅立ちの寺。
お遍路の発願成就を祈願する人で賑わう
輪王寺 池泉回遊式庭園で四季折々の眺望が見事。
4月にしだれ
、5月に花菖蒲が咲き乱れる
瑠璃光寺 国宝の五重塔は檜皮葺き総ヒノキ造りで31.2m。
室町建築としては装飾が少なくその姿は美しい
鷲山寺 茂原公園の森を背に開山堂、鐘楼、本堂が並ぶ

トップページ 日本の名所に戻る