HOME 原爆ドームとは

項目

説明

原爆ドームとは

広島県産業奨励館として使われていたが1945年8月
6日に被爆。ドーム形の鉄骨をさらけだした姿から
「原爆ドーム」と呼ばれるようになった。原爆の恐ろしさ
戦争の悲惨さを物語り続けている。負の
世界遺産

広島平和
記念資料館

被爆当時の遺品、原爆に関する資料を展示してい
る。数々の資料は平和の大切さを訴えかけている

原爆の子の

佐々木禎子さんをお悔み募金で建てられた

平和の灯

核廃絶を願って、地球上から核兵器がなくなる日まで
絶やすことなく燃やし続けられる。元火は
宮島の霊火堂

原爆死没者
慰霊碑

原爆犠牲者の霊を雨露から守るという願いから家型の
デザインになっている。石室にはこの様に刻まれている
「安らか眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」

画像

スキャン
(原爆ドーム)

壁紙
原爆ドーム 嵐の中の母子像と祈りの泉 原爆死没者慰霊碑
原爆の子の像 平和の鐘 平和の時計塔

トップページ 日本の名所に戻る 名所一覧に戻る