HOME 鋸山とは

項目

説明

鋸山とは

標高329m。日本寺の境内でノコギリの様な岩肌が特徴な
房総半島。地質、動植物の研究者から「天然の博物館」と
呼ばれている。
山頂展望台からは金谷港や東京湾を
行き交い、神奈川県の海岸線も見渡せる、まさに絶景である

地獄のぞき

空中に飛び出した展望台。足もと100m程がすっぽり切れ落ちている

百尺観音

高さ約30m、岩を削った磨崖仏。口を一文字に結んだ顔つきが特徴。
世界戦争や疫病、東京湾周辺の交通犠牲者の供養の為に造られた

千五百羅漢

石仏の数は1553体と世界一。
大野英令が27人の門弟とともに21年の歳月をかけて彫られた

大仏

高さ31.05m、日本最大の石仏像正名は薬師瑠璃光如来

お願い地蔵

様々な願いがかなえられるといわれている

日本寺

関東最古の勅願所。かつては7堂、12院、100坊を完備した
古道場の
。昭和14年11月に国宝をすべて焼失した

スキャン画像

百尺観音
千五百羅漢
鋸山大仏
日本寺
山頂展望台 地獄のぞき 百尺観音 千五百羅漢
大仏 お願い地蔵 日本寺 鋸山山麓

トップページ 房総半島に戻る 日本の名所に戻る