HOME 飛鳥とは

項目

説明

飛鳥とは

中心地域は明日香村であり縄文時代と飛鳥時代の遺跡とが重なり合う
石舞台古墳 巨石30個を積み上げた石室古墳で日本最大級の規模。石室の長さは19.1m。石の総重量は推定で2300t
飛鳥寺 規模は現法隆寺の約3倍といわれている日本最古の寺
飛鳥大仏 飛鳥寺の本尊。日本最古の仏像で高さ2.7m
高松塚古墳 直径18m、高さ5mの小さめな円墳。1972年3月石室内に彩色壁画が発見され戦後最大の発見と騒がれた
亀石 長さ3.6m、幅2.1m、高さ1.8mの巨石の下端部は亀に似ている
酒船石 長さ5.3m、幅2.27m、厚さ1mの石の上面に奇妙な溝が彫られている
岡寺 厄除け寺として有名。正式寺名は竜蓋寺(りゅうがいじ)。西国三十三ヶ所第七番観音霊場札所
キトラ古墳 壁画古墳で天井には本格的天文図。壁には四神や十二支が描画
映像

画像
石舞台古墳
飛鳥寺
飛鳥大仏
岡寺

石舞台古墳 飛鳥寺 飛鳥大仏 高松塚古墳 酒船石 岡寺

トップページ 日本の名所に戻る

日本の厳選画像 奈良 日本の厳選映像 奈良