育毛勉強会
 

このコーナーは 薄毛・若ハゲについて 研究、実験、勉強するコーナーです!

ハゲ薄毛の原因とは

昔から、ヒゲ・体毛の濃い人はハゲると良く言われますが、それは男性ホルモンが原因でハゲるという事です。

まずアメリカのハミルトン博士より行われた興味深い実験結果があります。

この結果は男性型脱毛症の原因を解明する原点になる重要な結果であると思います。

 

 

@ 思春期またはハゲる前に去勢された人、つまり睾丸を摘出され男性ホルモンを作り出せなく なった人はハゲになることはない、又はハゲ進行中の人の睾丸を摘出すると、ハゲはそれ以上進行せず悪くならない。

Aハゲ進行中に去勢され、進行が止まっていた人に男性ホルモンを注射すると、 再びハゲ始める。

Bもともとハゲていなかった男性は、去勢されたあと男性ホルモンを注射してもハゲない。

 

 

@の結果から分かる事は、男性ホルモンを作り出さなければ、ハゲない又は進行を止められる。

Aの結果から分かる事は、もともとハゲる人は男性ホルモンがあるとハゲる、無ければ進行は止まる。

Bの結果から分かる事は、ハゲない人は男性ホルモンが多くてもはげない。

 

男性ホルモンがなければ、最低でも進行は止められる。

 
 
ところが、この結果は 男性ホルモンはハゲになる大きな要因の一つである事が分かるが、ハゲの人とそうでない人の血液中の男性ホルモンの量を調べたところ、ハゲの人とハゲでない人の血液中の男性ホルモンの量はほとんど変わらないことが分かった。

したがって、勘違いしやすいが、血液中の男性ホルモンの量が多いからハゲるのではないということです。

 

それでは何が原因なのでしょうか?

 

毛乳頭や皮脂腺にある還元酵素5αリゼクターゼは男性ホルモンと5αリゼクターゼが結びついた時、さらに強力な男性ホルモンジヒドロテストロン(DHT)になるのです。

男性ホルモンは、細胞にあるアンドロゲンレセプター(受容体)にくっ付き、ハゲになるかどうかはこのレセプター(受容体)がにぎっているのではないかと思われます。

毛乳頭にあるアンドロゲンレセプター(受容体)とは、男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)を受ける受容体であり、その受容体によってハゲになるかハゲないかが決まってきます。

アンドロゲンレセプター(受容体)の感受性の高い人は禿げやすく、感受性の低い人はハゲにくい。

 

ハゲの進行を抑えるためには、

 

体内に男性ホルモンが無ければ、ハゲは進行しないがそれは到底無理な事であり、それではどのようにすれば良いかであるが、毛乳頭や皮脂腺の酵素5αリゼクターゼを阻害するのが一番健康的方法なのです。

 

若い男性の睾丸ではドンドン男性ホルモンが過剰につくられてます。外部からの育毛剤だけではより強力な男性ホルモン5αDHTには勝てません!

私は男性ホルモン5αDHT対策にソーパルメットを使ってます。

いずれにしろ育毛には男性ホルモン対策が必要です!

 

実験コーナー

●私は発毛剤(ロゲイン)に女性ホルモンを混ぜて使用しています。理論上は頭皮からしみ込んだ女性ホルモンが毛乳頭に働いて男性ホルモンを抑制し発毛させるという考えだが、まだ1ヶ月ぐらいしか試していませんので、本当に発毛するかどうかまだ解りません。ただし女性ホルモン剤は副作用が怖いので、1日1回だけしか、頭に塗布していません。こちらのやり方(実験)も、追ってこのコーナーで報告していきます。

 

【実験結果 】
ロゲイン(ミノキシジル)に女性ホルモン剤を混ぜて使用していましたが、残念ながら通常のミノキシジル以上の効果が得られませんでした。したがって女性ホルモン剤の使用は止めます。(逆にマイナスに作用する説もある)私の場合もプラスマイナスで言えばマイナスだったかも、皆さんにはお勧めできません!!

 

●このたび体脂肪計を購入致しました。現在体重は69キロ 体脂肪25%少し太り気味です。この体脂肪25%を徐々に減らして体脂肪と髪の毛との関係を調べていきたいと思います。脂肪が多いのは毛にも良くないと思います。追ってこのコーナーで報告します。

【報  告】

現在、少食を実施している為、体脂肪が22%になりました。頭皮のべたつきも少し減り、頭皮の状態が良いようです。髪の毛も若干ではありますが・・・以前より少しハリも出てきました。やはり体脂肪が多いのは良くないと思われます。

食事にも気を使い、適度な運動を行うことが健康的に育毛の効果を更に上げると思います。

 

勉強コーナー

  

髪の毛の薄い部分は、日に焼けるから赤茶ける?血行不良で赤茶ける?現代人の食生活のあぶらの取り過ぎで赤茶ける?男性ホルモンの影響?などと原因がさまざまです。
また、その他にも細菌などによる頭皮の炎症が考えられます!! この問題は真の原因がはっきりしていません。今後もより一層解明が必要。   

暖かい国は紫外線での悪影響も受けやすいし、頭皮も蒸れる。また、細菌等も発生しやすいので髪の毛にマイナスな要因が多いと思われる。
人間の本来の能力から考えても寒い状況にいると、毛により寒さをカバーするように作用するのでは!?夏は抜け毛が多いが、冬は比較的少ないことからも伺えるのではないでしょうか!




もっと育毛について勉強したい人はこちらのメールセミナーをお勧めします!

 たった5日間であなたも育毛のエキスパートに大変身!
簡単!育毛スーパー必勝法5日間メール講座(無料)




【最高の育毛を実現させるために知っておくべき事!】

 5αリダクターゼとDHT  男性型脱毛症の正体!?  やっぱ!成長因子でしょ!  生え際の復活法 

 皆さんからの育毛情報   的を射た正しい育毛方法    史上最強の育毛プログラム