男性型脱毛症の正体!?


     

 謎であった男性の薄毛の正体はこれである! 




 さて、ハゲや薄毛の原因である男性型脱毛症は
 近年、こんなに医学が進んでも、「未だ全てが解明されていない!」

 多くの問題と謎を秘めているのも事実です。
 この謎を解明ができない限り、真の育毛での回復は難しいと思われます。
                
 
 そこで、最近の研究に基づき、その謎である

 「ハゲ・薄毛の正体!?」をできるだけ、私なりに突き詰めていきたいと思う!

 ハゲ・薄毛になる多くの男性は
 『前頭部や頭頂部の髪の毛が次第に薄くなって行きます・・・』


 それは、髪の毛の毛周期を繰り返す内に 髪の毛の成長期が徐々に短縮され、
 硬毛が弱々しい軟毛になってしまうからである。


 
そして、残念であるが、最終的には、目で確認できないくらいの産毛になってしまうのです。
 これが、いわゆる髪の毛のミニチュア化現象である!!



 この男性型脱毛症は、遺伝や男性ホルモンが
 大きく関与している事は、昔から知られているが・・・


 『しかしながら、不思議なことに!?』


 思春期以後の男性ホルモンの作用は
 ヒゲなどで、発現して毛の成長を促進するのに対して


 前頭部や頭頂部などの特定部位にとっては
 毛の成長を著しく阻害し、後退させるのは何故か?


 そして、不思議な事に、
 後頭部や側頭部では、あまり男性ホルモンの悪影響を受けない。


 この事は、薄毛の問題で「特に大きな謎であった!」


 
同じ男性ホルモンでも、部位によって一方では毛の成長を促進し
 一方では後退させる正反対の作用を起こす事である。



 この事が、ハゲや薄毛の最大の謎であり、
 どのように考えても、部位によって異なる正反対の現象が起こるのは不思議である。


 しかし・・・!


 近年では研究も盛んになり、毛や毛根の組織の研究も行なわれ
 男性ホルモンが大きく毛乳頭細胞に関わることも解ってきています。


 そして、髪の毛の毛周期は、発生期、成長期、退行期、休止期の
 サイクルを繰り返しますが・・・

 男性ホルモンは、思春期以後の髪の毛の毛周期にも大きく影響を与えます。


 男性ホルモンの代謝物は、頭皮で男性ホルモンレセプターとくっついて
 初めて効力を発揮します。

 つまり毛の成長を促したり、抑えたりもするのです。


 男性ホルモンがあっても、代謝されなかったり、
 男性ホルモンレセプターと結合しなかったりすると作用しません。


 
毛が生える部分に、男性ホルモンの存在、代謝、レセプターの
 すべてがそろってはじめて症状がでるのです。



 このため、男性ホルモンを同じように持っていても
 頭髪の薄さや、体毛の濃さが異なることになります。


 
また、男性ホルモンレセプターは
 ヒゲや前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に存在し、
 後頭部での毛乳頭細胞には殆どみられません。



 ハゲの人でも側頭部や後頭部が薄く成らないのは
 男性ホルモンレセプターが殆ど存在しないために
 髪の毛に悪影響を与えないのであろうと思われます。


 また、1型・2型の5αリダクターゼの発現量を比較してみると


 感受性のあるヒゲ、前頭部、頭頂部の毛乳頭細胞では
 発現量が多く


 
さらにヒゲ、前頭部、頭頂部の毛乳頭細胞では
 2型5αリダクターゼが発現しています。



 
後頭部では1型5αリダクターゼのみ発現が認められ
 2型の5αリダクターゼは認められていません。



 このことから、男性型脱毛症に大きく関与し影響を及ぼすものは
 
男性ホルモンレセプターの存在と2型5αリダクターゼと考えられます。


 男性型脱毛症の発症には、男性ホルモンレセプターと
 2型5αリダクターゼの、両方の強い発現が必要であるといえます。


 どうですか?少しハゲ・薄毛の正体が、
 何となく見えてきたのでは、無いでしょうか!!


 男性ホルモンは5αリダクターゼによって、デヒドロテストステロン(DHT)という、
 より強力な活性化された男性ホルモンに変換されます。


 
そして、このDHTが、毛乳頭内の男性ホルモンレセプターと
 結合する事により、毛乳頭や毛母細胞へ
 「髪の毛をつくるな!」と脱毛因子が指令を出します。



  脱毛因子TGF−βが毛母細胞の活動を制御する

 
 その数ある脱毛因子の中で、髪の毛の成長に最も悪影響を与えると
 有力視されているものがTGF-βであります。


 
TGF-βは毛母細胞の増殖を抑制する因子として知られており、
 その作用が高まると髪の毛は成長期から退行期に移行します。



 
その脱毛因子であるTGF-βは毛乳頭や毛母細胞の活動を
 制御してしまうと言われています。



 脱毛因子からの指令により、細胞が活性化されない状況が続き
 毛髪が充分に作られない状況が続くと・・・


 
髪が細くなったり、髪の毛が充分に成長をする前に毛が抜けてしまうのです。


 
 しかし、男性型脱毛においてどの程度の影響を
 与えるファクターに成り得るかは不明です。


 現在のところTGF-β2の活性を防ぐ事よりも、
 男性ホルモンをいかにDHTに変換させないようにする事が
 重要ではないか!?とも言われています・・・。


 しかし、TGF-β2を直接うまく抑えることができれば、
 それは、かなり有効な育毛のアイテムに成りうることは間違いないでしょう!


 最近の研究では、嬉しいことに
 そのTGF−βを抑える働きがあると言われる成分が、やっと見つかりました!

 
それは海草から抽出され、生成された多糖体で、カラギーナンという成分です


 そして、このカラギーナンという成分が含まれている育毛ローション誕生しました。

 カラギーナンとその他の有効成分を含んだ育毛ローションに、多くの期待が集まっています。
 
 



 さらに詳しく知りたい人は本気(マジ)の育毛法へ





【最高の育毛を実現させるために知っておくべき事!】

 5αリダクターゼとDHT  男性型脱毛症の正体!?  やっぱ!成長因子でしょ!  生え際の復活法 

 皆さんからの育毛情報   的を射た正しい育毛方法    史上最強の育毛プログラム