回り道をせずに真の回復を手に入れる
本気(マジ)育毛法はこれである↓






脱毛のスイッチをリセットさせてグングンと成長させる!



どこまでも続くハゲ・薄毛の負のスパイラルから、いち早く脱却し回復のための正のスパイラルを起こす!
それには
「ハゲ・薄毛のメカニズム」の重要なポイントをうまく解消させる!が最も正し


体の中と外の両方から同時に攻める!

さらに相乗効果を起こし、最大限のパワーを発揮させて
最高の結果を得る!


そのためには、今から「本気の育毛」を
することが重要になります。↓
(本気の育毛するなら最後までお読みください。答が必ずあります!)

 

 古代ギリシャの哲学者アリストテレスも
 「男性は髪の毛が薄くなるが、女性は薄くならない!」と言っていたようです。


 このことからも、薄毛の問題は古く、
 いつの時代でも男性を悩まして来たといえます。


 しかし、驚くことに・・・そんな中!
 ハゲ・薄毛の悩みなどは、一切ない無縁の民族も存在します。


 それは、カリブ海に浮かぶドミニカ共和国に、
 決して薄毛にならない、羨ましい民族です。


 この興味深い、フサフサ民族は
 「決して薄毛になることはない!」(驚)

 そのため男性ホルモンの量を調べてみたら・・・

 何んと!!

 フサフサの民族も、男性ホルモンの量は
 普通の人と変わることはなく、ほぼ同じ量であったということ!


 フサフサの民族も、私たち薄毛の人も
 体内の男性ホルモンの量(血中)は何ら変わることはなかったのです。


 そのことにより、体内の男性ホルモンの量は
 薄毛には、あまり関係ないということが示されたことになります。


 そして、さらに深く調べてみると・・・


 そのフサフサの民族には、驚く事に
 酵素である2型の5αリダクターゼが存在しなかったという事です。



 
「2型の5αリダクターゼが存在しなければ薄毛にはならない!」


 この事でも、薄毛に2型5αリダクターゼが大きく関与して
 影響を及ぼしている事実が証明されたと言えるのではないでしょうか!


 そして、さらに詳しく調べた研究によると


 薄毛の人の毛の薄い部分には、
 脱毛因子の1つであるTGFーβが多く存在したようです

 この脱毛因子TGF−βは、髪の毛の薄い部分に多く発見され
 薄毛の人でも、しっかり伸びるヒゲの毛根には存在しなかったのです。

 逆に、男性ホルモンの影響により、伸びるヒゲには、
 また、フサフサに毛が伸び続けている部位は

 
成長因子であるIGF−1が多く存在したのです

髪の毛が育たない部位には、TGF−βなどの脱毛因子が多く存在し、毛が育つ部位にはIGF−1などの成長因子が多く存在します。


 これらの内容を簡単に図解すると



   
男性ホルモンと2型5αリダクターゼが結びつく

     
        ↓

     
 強い男性ホルモンになる(DHT)
    
          
             ↓

    強い男性ホルモンDHTと受容体がくっつき


      
 ↓遺伝子に作用        ↓遺伝子に作用

   
TGFーβが増えると      IGF−1が増えると

       ↓
 脱毛指令           ↓成長
           
    
 ハゲ薄毛になる          髪の毛は増える

   

 男性ホルモンと2型5αリダクターゼが結びつくと
 強い男性ホルモンDHT変わり、その強い男性ホルモンDHTと受容体がくっつき


 それらが遺伝子に働きかけた結果
 脱毛因子TGFβー1が増える人は薄毛になる!


 また、遺伝子に働きかけ
 成長因子IGF−1が増える人は、薄毛にならずにそのまま髪の毛は成長する!


 したがって薄毛の人は

 脱毛因子TGF−βが多く、成長因子IGF−1が少ししか存在しない為に
 脱毛因子TGF−βが勝ってしまい薄毛になるという事です。



 このメカニズムが、

「薄毛になるか! 」 or 「普通の人のように毛が増えるか!」
 の分かれ道でもあると言えます。

それでは、この薄毛のメカニズムを理解して
個々での重要なポイントを対策すれば、より良い育毛が可能になるわけです!

これらを完璧に行えば・・・理論上は

「脱毛のスイッチをリセットさせて、髪の毛をグングンと成長させる!」

事が可能になります。


そこで、もうお解り頂けると思いますが

以下の男性の薄毛に大きく関与する重要なポイントへの対策が必要になるわけです。

これらは、薄毛の問題を克服するのには、絶対に重要です。


 ■薄毛のメカニズムによる重要なポイント

  ・2型5αリダクターゼ(酵素)

  ・強力な男性ホルモンDHT
 
  ・遺伝的要因

  ・脱毛因子TGF−β

  ・成長因子IGF−1


 これらがハゲ・薄毛に大きく関与しています。

 育毛で、うまく回復させる為には、最も重要なポイントであります。
 これらの対策ができることにより、真の育毛の回復が可能になるわけです!
 
下に解りやすく『男性型脱毛のメカニズム解明』の全体図がありますので、そちらをしっかりとご覧ください!


 これが、理論上でも最善の育毛対策である!

 

 


この重要ポイントを攻める事が大切のなります!

ハゲ・薄毛を攻略するための重要ポイント  
 

 「先陣の2型5αリダクターゼを抑える!」
 
 ソーパルメット・フィナステリド

 「成長因子を増やす!」
  グレープシード・ミノキシジル

 「体質改善する!」
  グローイングハイ 生活習慣見直しなど

 「脱毛因子TGF−βを抑える!」
  ダンサージ

 「最終の脱毛指令をブロックする!」

   レキシリス


これらの重要ポイントを徹底的に攻めるのが
本気の育毛である!





☆これら重要ポイントを攻めるためのスーパーアイテム!

ホームへ