回復のための育毛方法・発毛方法


薄毛の最大の原因は髪の毛の成長を阻害する脱毛因子にある。



髪の毛の成長を阻害する脱毛因子


ハゲ・薄毛は髪の毛がないわけではない。』
 

本数は普通の人とさほど変わらない!

よく見るとハゲ頭でも細くて短い毛は確実に生えている。

それが、成長しない間に抜けてしまうから薄毛になるのである。

頭皮では髪の毛は確実につくられている。

しかし、それを無視するかの様に毛根では脱毛のスイッチが常にオンの状態である。

これでは成長したい毛も成長できない!

育毛は、その脱毛のスイッチをオフにすることが真の育毛対策である。

これがはじめて出来て育毛は大成功を収めるのである。

これが男性型脱毛症のすべてである。


この文章は、私の発行しているメールマガジン『育毛完全復活成功法』にいつも掲載している文章です!

たくさんの有力な情報と一緒に、この文章をいつもメルマガに掲載しています。
ご存知の方も多いと思われますが、大切なことですので、もう1度ここに紹介致しました。

この文章には、男性型脱毛症の真の本質が隠されています!

男性型脱毛症は、男性の薄毛の約95%といわれています。男性による薄毛の原因は、概ね男性型脱毛症の要因を含んでいます。また最近では、男性ホルモンの少ない女性にまで男性型の薄毛が及んでいるのです。

さて、この文章をもう少し詳しく説明すると、通常、髪の毛の毛周期(発生期→成長期→退行期→休止期)のサイクルを繰り返しますが、ハゲ・薄毛の人の最大の問題は、その中の成長期の期間が極端に短くなり、髪の毛が成長しきれないで抜けてしまうため、その結果やがて髪のボリュームがなくなり、薄毛になるという事なのです。

普通は、「髪の毛は自然に生えて成長していくものです。」
男性の場合でも、毛周期は1回のサイクルで3〜5年もあるといわれています。

本来ならば髪の毛はこれくらいの長い期間成長し続けるものなのです。

しかし、ハゲ・薄毛の人は、髪の毛のサイクルの中で、最も重要な成長期が極端に短くなるため、うまく成長しきれず弱々しい軟毛や産毛のままの状態で抜けてしまい、短い周期を繰り返すようになります。

そして、最終的には目で確認できないぐらいの産毛になってしまうのです。
男性型脱毛症とは、毛が抜けることだけで無く、髪の毛周期の成長期が極端に短縮化する事により起こっているのです。

また、この現象は同じ人間の体や頭髪でも、部位によって作用が異なります。

例えば男性のヒゲや液毛などでは、発現して毛の成長を促進するのに対して、大切な頭髪の前頭部や頭頂部などの特定部位にとっては、反対に作用して毛の成長を著しく阻害して後退させてしまいます。

そして、同じ頭髪でも不思議と後頭部や側頭部では、その影響を及ぼさない。

その影響を及ぼさない理由としては、後頭部や側頭部には男性ホルモンのレセプターが存在しない事が大きな理由である。

男性ホルモンレセプターがあることにより、初めて毛に影響を及ぼすのです。
レセプターがない部位には影響を及ぼしません!

また、1型・2型の5αリダクターゼ(酵素)の発現量を比較してみると

感受性のあるヒゲ、前頭部、頭頂部の毛乳頭細胞では2型5αリダクターゼの発現量が最も発現している。


男性型脱毛の影響を殆ど受けない側頭部や後頭部では1型5αリダクターゼのみ存在し、2型5αリダクターゼの存在が認められていない。

よって男性型脱毛症を引き起こす真の原因には、
前頭部と頭頂部の男性ホルモンレセプターの存在と2型5αリダクターゼよる両方の強い発現により起こると言えます。

そして、5αリダクターゼによって、デヒドロテストステロン(DHT)という、さらに強力な、活性化された男性ホルモンに変換されます。

このDHTが、毛乳頭内の男性ホルモンレセプターと結合する事により
毛乳頭や毛母細胞へ「髪の毛をつくるな!」と脱毛因子が指令を出します。


まずは、この最終段階の「髪の毛をつくるな!」という脱毛因子の指令を阻止又は軽減しなければ、本来の育毛での成果が上がりません。

髪の毛の多い普通の人は、この「髪の毛をつくるな!」の指令は殆どでません!
ですので、何もしなくても髪の毛は成長し続けるのです!

本来の姿を取り戻し、自然に髪の毛が生えるようにするには、この対策が重要であり、これが出来ていないと回復は絶対に無理です!

そして、より効果を上げて「髪の毛の成長を正常化させる!」には、更に男性ホルモンレセプターとDHTの結合を阻止しなければなりません。

そのためには、特に2型5αリダクターゼを抑える事が、一番有効な育毛対策に繋がります。

その重要な2型5αリダクターゼを継続的に抑えること、そして「髪の毛をつくるな!」の指令を出来るだけ阻止する事により、育毛での成果に繋がるのです。


さて、その2型5αリダクターゼを安全に抑えるには、私は天然成分であるソーパルメットが最も適していると思われます。

その理由は
1次的に強力に5αリダクターゼを抑えてもあまり意味がありません!
やはり継続して常に抑えることにより、真の対策として成立するからです。
そのためには継続して摂取しなければなりません!摂取し続けるには、やはり体に優しく安全である事が最優先になってきます。


私がソーパルメットを推奨する理由はそのためです。

できるだけ自然のもので安全に、「髪の毛をつくるな!」の指令を継続的に阻止するのに役立つからです。

また、ソーパルメットは1型・2型の5αリダクターゼの両方を抑えることができる頼もしいアイテムでもあります。

まずは、この「髪の毛をつくるな!」という脱毛因子の指令をできるだけ阻止して、成長を阻害されない良い状態を維持する事が理にかなった育毛対策になるといえます。

   



もっと知りたい!ハゲ・薄毛を真剣に解消したい方は
「私のハゲ頭を驚くほど劇的に回復させた究極の育毛法!」





史上最強の育毛プログラムTOPへ