ゲーム天国
マイナーキャラの宝庫

とりあえずゲーム会社ジャレコの有名ゲームを考えてみましょう。どれだけ思い浮かんだでしょうか。スーチーパイシリーズしか思い浮かばない人も多いかと思いますが、このゲームはそういった誰もが記憶の彼方に葬り去られようとしている自社のキャラクタ達に脚光を浴びせてあげようと作られたゲーム……かどうかはわかりませんが、とにかく昔のジャレコゲームネタの宝庫という、若い世代おいてきぼりなコンセプトのゲームなのです。その反面、登場キャラはリニューアル一新されて声優までついてるというゴージャスぶり。ジャレコファンにはたまらないキャラクターゲームになっています。……どれだけ昔からのジャレコファンがいるかはわかりませんが。

元々アーケードからの移植作品で、移植のほどはなかなかに高いです。ゲーセンで安全地帯だった場所で悠々としてたら死にましたが。さて、先ほど書きましたとおり、記憶の彼方に葬り去られようとしているキャラ達ですが、主人公達の具体的な出展はというとエクセリオン、プラスアルファ、ぶたさん、フォーメーションZ、モモコ120%という名前を連ねるだけでも思わず目頭が熱くなるようなラインナップです。よくもまあ数少ない自社からの有名ゲームをしぼりだしたというところでしょう。ひょっとしたら既に開発陣もわからないかもしれません。なお、サターン版オリジナルキャラとしてフィールドコンバットからの出展もあります。照準のところにしか攻撃がいかない原作に忠実な仕様なだけでなく、ボムを使ったあとにでる人魂を取ると1000点入るというあたりは、往年のゲーマーなら無意味に泣けてくるこだわりぶりです。それよりも、アレンジモードのランキングに使われてるハイスコアネーム、「武田信玄」、「天聖龍」などなど、全てジャレコのゲーム名で構成されているのですが、全てわかる人ってどのくらいいるのでしょうか。また、このゲームには主人公キャラ達の出展元となったゲームの紹介も一緒に含まれてます。プレイステーションやセガサターン発売以降、大手企業から過去の自社のゲームをまとめたCD-ROMがいろいろ売られましたが、自社の作品をここまでコケにした紹介法は皆無で、なかなかに斬新な演出といえるでしょう。コケにしてるというよりは、ありのままを語ってるという説もありますが。

出展がコアなら、キャラクタもなかなかに激しいものがあります。モモコ120%キャラ使用時のボム時にウェディングドレスとか虎皮ビキニとかいった、元ネタや裏事情を知らなきゃわからないような1枚絵が見られるということにはじまり、ぶたさん出展のぴぐの名台詞ぶり。他メーカーもものともしないラスボス・ジーニアス山田の発言ぶりに至っては、ゲームを超えてジャレコという会社の経営方針までが伺えてきそうです。いくら他メーカーに訴えられようともVJステステは正義なのでしょう。

しかし、ゲーム内容に至っては思いのほかシビアです。そこで、これからノーコンティニュークリア目指してプレイする方の為に、ちょっとした必勝法を拙講しましょう。なお、私のメイン機体はぴぐなので他の機体では使えないかもしれませんがご了承下さい。このゲームをしてるとよく見かける点数アイテムの棒ナス。悲しくなるくらい寒い駄洒落ですがそんなことはどうでもいいです。取りつづけると点数が上がり、ジャレコナスという48050点アイテムも出ます。これでハイスコアを狙えということなのでしょうがノーマルモード攻略に当たってはそんなものはいりません。何しろ、このゲームは点数を稼ぐと難易度があがります。確かに点数取ると1UP出来ますが、1UPを狙いに行くのは最後の残機だけでかまいません。パワーアップも2つあれば十分です。これも取りすぎると難易度があがるだけでなく、ぴぐの場合、逆に連射しにくくなることが理由です。さらにぴぐの場合、連射が効かない事もあって、ザコ敵であるほど処理が難しい……これらのことから導かれる結論として、ぴぐの一番辛い面は1〜2面ということがあげられます。特に、1面最初などは決して無理に敵を倒しにいったりしてはいけません。ただやりすごすだけで、生存率は大幅にUPします。敵を倒さないというのはシューティングゲームをする上での精神として何かが間違ってる気がしないでもないですが。あとはケチらずボンバーを使うこと。持ってるだけでは効果を発揮しないのですから当たり前です。1面ひとつ、2面ひとつ、3面で3つ使っても、まだボムのストックがありますから、くれぐれも持ったまま死なないようにしましょう。モモコなら、それだけでとても勿体無いことですので、間違えてもまとめて使うなどという事は考えないようにしましょう(笑)

戻る