19番  信濃川からのおみやげおみやげ!


4/26追加版

<「信濃川モーニング24サイン」の検証>

では恒例の「信濃川モーニング24サイン」の検証を続けましょう。

4月24日

・福島1R 単勝4番人気 2着
      単勝2番人気 3着

・東京1R ×

・京都1R ゼッケン2番 3着
      ゼッケン4番 2着
______________________

4月25日

・福島1R 表24番目 2着

・東京1R ×

・京都1R 裏24番目 3着 複勝6260円。

ということで、どうやら東京は開催代わりでこのサインを離れたという
解釈でしょうね。
そして、他場では相も変わらず「24」の数字にこだわる馬券を生み出し
続けています。

また、この週の目玉は、日曜日の京都でした。
初出走の駒に、「オヨメサンバ号」という素晴らしいサイン馬がいたのです。
それを確かめた私は、こういう情報をレース前夜に、友の会に流しています。

<<インフォメ&ウイン専用・信濃川メール>>

「京都」

1R ゼッケン4番にオヨメサンバ号。(^_^;)
   郷ひろみですね!
   だから、オヨメサンバ号起点の「ヒロミ=163」を狙ってみましょう。

   ゼッケン2番とゼッケン6番。

by 信濃川

結果、馬券は的中!!!
ものの見事に、ゼッケン2番が優勝を果たしました。
私自身は、この単複と「表24番」につけたので、あまりお金は儲からなかった
のですけど、いかにも「これぞ企画競馬!」という感じの名作でした。
とにかく、表24番目にいたのが、1番人気のお馬さんだったのです。(^_^;)
だから「つい」そちらにつけてしまった。

優勝が、ゼッケン2番。
2着が、ゼッケン6番ではなく、ゼッケン16番。

そして、3着馬に、「裏の24番目」をもってきたのです。
この3連複の配当が、なんと52万円馬券。(*_*)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

競馬を企画している側からみれば、「6」という数字と「16」という数字は
全く同じ意味を持っています。
その発展性を理解すれば、こういう大きな配当も案外手元に近く感じる
ものです。

出馬表の24番目。
これは、どこまでいっても「裏と表」の二分の一。
だから、本格的に攻めるときには両面を買うのが筋なんですが、なかなか
朝の1Rから大きく前に出た買い方は出来ないモノです。(^_^;)
日頃から自分に言い聞かせてはいるものの、それでもどこかで制御が
かかってしまいます。
そして、二分の一の壁の前で頭を打つ。(T.T)

モーニング24サインの稼働歴をずらっと並べているから、非常によく
わかると思いますが、あちらさんは「裏」そして「表」と、実にうまく組み
入れてきます。
そこには多分法則性はないのでしょうね。
本当にランダムに、二分の一を決めているのでしょう。
だから、裏と表のどちらかだと決めて、そこを狙い打つことは出来ない。
この辺が、企画競馬に存在する「運・不運」の面白さとなっています。
______________________
______________________

とにもかくにも、また新しい信濃川のサイン馬が生まれました。

オヨメサンバ号。
=郷ひろみ=ひろみ=163。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オヨメサンバ号の次走も、起点163番目を狙い打つベシ!!!!!!!!!!
______________________
______________________

信濃川友の会は、毎日こういうサインの研究を行っています。

__________________________________

友の会への案内は、こちらに「友の会・詳細希望」と書いてメールを出して下さい。
折り返し、説明メールを送りますので。
miyakostage7of9@gmail.com
__________________________________


by 信濃川


トップページへ戻る