19番  信濃川からのおみやげおみやげ!


2005/04/09

<大阪-ハンブルクカップ 完璧的中!!!>

春のジーワン戦線開幕なので、久しぶりにHPを触っておきますね。
万馬券は毎週のように獲っているので、その都度更新などしてられません
けど、まぁ全体の「士気」があがる。
そういう雰囲気は、博打事には必要なモノです。

HPというのは、無条件で誰もが見ることが出来るわけですから、私がメ
ール活動で触れるサイン現象のほとんどは、こういう場では公開しない方
がいいに決まってます。(^^ゞ
でも、少しは、まだ競馬そのものの仕掛けをわかっていない人にも、そう
いうサインの周辺に漂う「ニオイ」とか「感触」ね。
そこは、やはり伝えていきたいという気持があります。
その辺の兼ね合いが、難しい。

馬単も、3連複も、3連単も、万馬券フォーカス。
きれいに当てていますね。
自分でやっていながら、見事なお仕事です。(^^)V

「阪神11R 大阪-ハンブルクカップ」

二つの土地の間に「-」。
JRAの番組表の中で、特異中の特異なレースタイトルです。

これを馬名に当てはめると、「ラヴァリ」ー「ジェニオ」号。
これが最も、相応しそうです。
次点が、「ビッグゴ」ー「ルド」号でしょうね。
______________________

今月の「衛星劇場」では、壺フリ女賭博師シリーズを延々とやっています。
江波杏子ですね。
お銀さん。
大滝銀子。つまり、登り竜のお銀。

・・若い人、知らないかもなぁー。(^^ゞ
「入ります」

丁か、半か!
さぁ、そろいました。勝負!!

だから、ここは「ハン」ブルクカップ。
ということは、江波杏子の何かが、お金になる。
つまり、「登り竜」。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この出馬表の「竜」は、やはり和田竜二。
ゆえに、彼は銀ならぬ金の、ゴールド馬名馬に騎乗しています。

ゼッケン11番 ビッグゴールド号。
これは是非とも買いたいです。
______________________

また、江波の女賭博師シリーズは、なんと全部で17作品もあります。
だから、この出馬表の17番目は、裏表共に拾いましょう。

ゼッケン5番 ナムラサンクス号。
ゼッケン8番 スズカマンボ号。

柱にしたいのは、登り竜の和田竜二ですが、念のため、馬券はボックスで。
______________________
______________________

<結論>

単勝 ゼッケン11番 ビッグゴールド号 和田竜二。

馬単裏表ワイド 3番11番。

3連複 ボックス 3番5番8番11番。

資金に余裕あれば、3連単ですね。

______________________
______________________

あの時代の作品としては、勝の座頭市につぐ、ヒットシリーズ。
ストーリーの持っていき方はワンパターンで、最後はお銀がちゃちゃちゃっと
場をまとめてタンカを切るのですが、ま、きっぷがよくて、今のドラマのような
軟弱さは微塵もない。

結構こういうシリーズ、好きだったりします。

by サイコロ大好き、信濃川。
   いま、家の中に、サイコロが全部で50個以上転がってますね。(^^ゞ

≪結果≫ 

単勝 11番 1,540円
ワイド  3番
11番 1,700円
馬単  11番3番 13,480円
3連複 3番8番11番 10,270円
3連単 11番3番8番 94,700円


トップページへ戻る