19番  信濃川からのおみやげおみやげ!


2005/12/24(1)

< 有馬回顧 〜鉄は熱いうちに >

簡単ですが、有馬記念を回顧しておきましょう。
友の会のメンバーに送信した「アラカルト見解」に、結果を追記しました。

<<信濃川夜市・フリーダム メール>>

「有馬回顧」 〜鉄は熱いうちに

アラカルト見解から、色々お勉強しておきましょう。

***********************************************************

______________________
______________________

<第50回>

毎度毎度の重賞施行回数。
今回は50回だから、5番10番なんてのをみてみます。
実際の出馬表じゃなくて、この仮想の馬柱。

すると、どういうわけだか、仮想の5番がスズカマンボ号。
仮想の10番がハーツクライ号で、要するに「実際の出馬表と同じ」。

うーー。
これ、あまりにも出来すぎてるよねぇ。

ひょっとしたら、本当に5番も10番も馬券なのかも。
すると、仮想と実際が同じなのはもう一ついますよね。
それが、ゼッケン14番のリンカーン号。

マサかとは思うけど、5番と10番と14番。
これで正解だったりして・・。
______________________
______________________

結果。
50回だから、5番10番というのはほぼ正解ですが、「5枠10番」が
まともな答えでしたね。
そして、例の仮想出馬表と合致する3頭の内、二頭が1着と3着でした。
この辺は「優駿」の美しいところですね。


***********************************************************

______________________
______________________

<ドンピシャ三頭>

1番から14番まで、各馬の仮想ゼッケンと、実際の有馬の出馬表とを
見比べると、「同じゼッケンを背負う」のが三騎いますね。

ゼッケン 5番 スズカマンボ号
ゼッケン10番 ハーツクライ号
ゼッケン14番 リンカーン号

そりゃ、有馬だから、どんな組み合わせで馬名を抜きだしても、
「可能性」はあって当たり前。
しかし、それにしても、良くできているこの三頭です。(^^ゞ

それに、「三頭」だけが同じゼッケンというのが、またいやらしい。
______________________
______________________

結果。

10番が優勝で、14番が3着で、「5番の同枠」が、連対でした。
ディープが掲示板外の方向なら、これでワンツースリーという手も
あったのでしょう。
でも、武豊は、マジメにやっちゃった。
イヤミな奴です。


***********************************************************

______________________
______________________

<黄色い菊花賞>

仮想枠では、8番9番が黄色になっていて、その二頭が、ディープと、
デルタです。
要するに、菊花賞馬。
______________________
______________________

結果。
単に、菊花賞を出すのは、色の黄色。
つまり5枠と言いたかったのでしょうね。

黄色=5枠。

菊が出たら、5枠と覚えておきましょう。

***********************************************************

______________________
______________________

素晴らしいサインツールがあります。
それをまっすぐに稼動させると、二人の騎手が出てきます。
横山典弘と、中舘英二。

ゼッケン14番リンカーン号と、ゼッケン11番オペラシチー号です。

・・どう?
面白い??
それとも、まだ意味がわからない??

愛馬・ウインジェネシス号が、土曜日競馬で背負うゼッケンが14番。
そして、今年優勝したゼケンが、11番。

さっきは、「裏」だけを考えたけど、普通に表番を拾うと、なぜか、
サインツールの騎手と重なり合うのですよね。

11番と14番。
オペラとリンカーン。

なんだか、微妙に買いにくいなぁ。
______________________
______________________

結果。
横山典弘は、確かに走った。
おまけに、最終レースでちゃんと優勝をしています。
サインツールは、稼動したと判断しておきましょう。

***********************************************************

______________________
______________________

中山競馬場に来る「喝采」の歌手。
英子さん。
リンカーン号の馬主は、英子さんですね。
______________________
______________________

結果。
ま、そういうこと。
英子さんは、リンカーン号を教えていた。

***********************************************************

______________________
______________________

イム=仏。

つまり、フランスのこと。
だから、フランス人が二人出てくる有馬。

ゼッケン10番 ルメール
ゼッケン15番 ペリエ

そういえば、金曜日のいいとも。
タモリがヨガをやって「なんだか、アイリッシュダンスじゃないか!」
と発言しました。

アイリッシュダンスといえば、ハーツクライ号のお母ちゃん。
ここは、やはり怪しい。
______________________
______________________

結果。
やはり、フランス人でした。
そして、タモリ。(^^ゞ
彼はとことん素晴らしいサインを発信していますねぇ。
アイリッシュダンス=ハーツクライ号。
そのまんまでした。<(_ _)>

***********************************************************

______________________
______________________

随分前に書いたように思うけど、今でも私の本線は、枠の1−4。

明日のウインジェネシス号が優勝するかどうかで、また少しディープへの
介入度も違ってくるけど、とにかく、本線は、枠の1−4。

ジェネシスが14番を背負うことで、なおさら強く感じる「14」の競馬。
ゼッケン14番が、枠の1−4に姿を変える可能性は、ある。

では、また明日。
______________________
______________________


結果。
またもや、愛馬の背負うゼッケンは、ジーワンレースで馬券となりました。
これで何回連続でしょうね。(*^。^*)

***********************************************************


しかしまぁ、とこのとんまでいけば、やはり「優駿」でしたね。
あれだけこだわった表紙。

なぜ、ディープインパクト号は涙を流しているのか・・

その答えは、実にストレートでした。
ディープが泣いている。
つまり、「ディープ・クライ」。
それで、ワンツー。

あまりにも直撃過ぎて、私は馬単は買っていません。<(_ _)>

by 信濃川夜市


by 信濃川夜市

 


トップページへ戻る