9番  信濃川からのおみやげおみやげ!


2006/09/03

 

<天才的と呼ばれる信濃川。
 この辺のパフォーマンスが、感動を人に与えるのかな?


レースの結果だけをみれば、「160円」の単勝と「4270円」の複勝だけを
ピンポイントで当てているに過ぎない週報です。
でも、この<<信濃川夜市・フリーダム メール>>をリアルタイムで経験すると、
やはり読み手には一種のセンスオブワンダーが訪れるのでしょう。

前日から、信濃川の考え方をメールで受け取り、そして一晩、それぞれの戦いの
ポジションで、じっくりと出馬表との格闘を拡大していきます。
やがて、ゲートインの時間がやってきて、地響きをたてサラブレッドたちが
ターフを駆けめぐります。

ゴール板の直前。
その数メートルの攻防には、普通の人では予測すら出来ないコンテンツで、前日
から受けている信濃川のメール内容がそっくりそのまま繰り広げられ、確かに
その馬券を投票している者にとっては、息が詰まるほどの熱い興奮に支配される
時間が積み重なっていくのです。

(こちらに掲載するメール内容は、一部だけ伏せ字にしてあります。
 ご了承下さいね。サインツールが外に漏れるのは、やはり危険だと判断
 しての事です。
 友の会から送信するメールでは、勿論伏せ字はありません)
 

<<信濃川夜市・フリーダム メール>>


「新潟11R BSN賞」

×××・×××からのキーワードは「ハート」。
ゼッケン5番 ジョイフルハート号 武豊。
前走も楽に逃げ切り。
ここも間違いなく、大本命馬。

そして、「いいよ」。
いいよ=114だと考えれば、1番14番とハートはワンセットかなと考えて
います。

さて、「念のため」。
とにもかくにも、帽子の色が同じなら、それでオペレーションは稼動した
ことになる企画競馬です。
ゆえに、ジョイフルハート号がどんなに不動に想えるお馬さんであろうとも、
同じ帽子をかぶっているゼッケン4番 ドローアウター号にも、同じだけの
勝機はあると推理すべきですね。

確かに、近走の成績をみちゃうと、こんなお馬さんにお金を賭けることが
いかに自殺的な行為なのかと想えてきます。
でも、「なぜ」。
なぜ圧倒的1番人気になる武豊の同枠に、こいつが放り込まれているのか。
その部分には、やはり馬券プレイヤーは最後の最後まで固執すべきでしょう。

ハンデ戦です。
ジョイフルハート号は、56キロ。
ドローアウター号は、49キロ。
その差が、7キロ。
枠の中では、最も大きな差がついている3枠です。

本当の意味は我々にわからなくても、「最大ハンデ差」の枠であるという事実は
変わらない事。
その部分に、ギャンブルをかけてみる価値があるのかないのか。
判断は、各自の自由意志。
私は、(ちょっとだけ)でも、ちょっかいを出してみます。
______________________

相手にとりたいのは、5枠の両頭。

ゼッケン 8番 ディバインシルバー号。
ゼッケン 9番 ケイアイメルヘン号。

鞍上が、穂苅寿彦と吉田豊。
穴枠なので、コレは楽しみ。
______________________

また、全く別の角度から、1点フォーカスが出てきます。
それが、2番14番。
馬単なのかワイドなのかはともかく、2番が馬券なら14番も馬券。
14番が馬券なら、2番もそこについてくるはず。

これはそのまま、武豊にぶつけて3連単を狙ってみたいです。
______________________
______________________

<ベット>

単勝 複勝 ゼッケン4番 ドローアウター号。
単勝    ゼッケン5番 ジョイフルハート号。

馬単裏表ワイド 2番14番。

3連単 ボックス 2番5番14番。
         1番5番14番。

馬単裏表ワイド 4番8番。
        4番9番。
        5番8番。
        5番9番。
______________________
______________________

by 信濃川夜市

レース結果は、

優勝 ゼッケン5番 ジョイフルハート号 単勝 160円。
2着 ゼッケン6番 オフィサー号
3着 ゼッケン4番 ドローアウター号  複勝4270円。

4着 ゼッケン2番
5着 ゼッケン8番

ちなみに、2着と3着の差は、ハナ差でした。<(_ _)>

by 信濃川夜市


トップページへ戻る