19番  信濃川からのおみやげおみやげ!


5/11追加版

<義理堅い、NHK (^_^;)>

去年から掲げてきた私の一つのテーマが、果たしてNHKに「バカラ」という
商品名が刻み込まれるようなことがあるのかどうかでしたが、きっちりと
凡走していましたね。
この辺は、NHKの堅いところと評価したいです。
山口百恵の歌詞を、「真っ赤なポルシェ」から「真っ赤な車」と置き換える
ぐらいに神経質な彼らです。
だから、やはり「商品名許すまじ」の方向を守り通した。
まずは、あっぱれ!と一声かけておくのが、礼儀でしょう。
______________________

さて、馬券戦線。
こちらはまずまずの出来映えの週でした。

週報で材料を散りばめて、当日のインフォメではちゃんと正しい落下点に
ゼッケンも馬名も落とし込めました。
そして、決めるべき馬券としての<<ウインメール>>では、土曜日に
アクシデントがあったものの、日曜日は最小点数でビシッ!と決まりました。

というのも、実は先週からお一人だけですが、ウインコースのメンバーが
増えたのです。
だから、私としては「最初だから当てておきましょうか」という気持ちがあった
ことは事実。(^_^;)
本当は、毎週ちゃんと的中させればいいのですけど、フォーカスが外れる分、
他の情報が活きのいいのを出している確信があるので、フォーカスのメールは
最近は力をいれていないのは、正直なところでした。<(_ _)>

でも、やっぱり当てておけば、気持ちが良い。(*^_^*)
ちょっと、ホッとしました。

だけど、数字の所だけ的中が続けば、誰でも同じですけど「肝心のお勉強」を
まるでしなくなるのは目に見えている。
それが、「長く競馬を続ける」という本筋にとって、一番の大敵です。
向上心がなくなれば、競馬なんてやる意味がなくなります。
私の書く数字だけ買えばお金が増える。
そんな世界、まるで意義がない。

あくまでも、我々は企画された競馬を通じて、この世界の「現象学」を多方面
から研究し、人生にとって本当に必要な「情報」を得る。
そのための、友の会の航海です。

無論、友の会の存続には、馬券的中が不可欠な要素です。
その辺の微妙なバランスね。
皆さんに飽きられないぐらいには、馬券を当て続ける。
でも、当たりだとわかっていても、それだけをズバリとは表現しない。
この舵を意図的に取れるのは、やはり世界広しといえど、信濃川だけでしょうね。

企画室さんが、信濃川のプライベートレースをガンガンあきれるぐらいに作って
きてくれるのは、その辺をわかってらっしゃるからです。
「ほぉー、信濃川君、よく我慢しているなぁ。さっさと書いちゃえば楽になるのに、
 わざわざつらい道を選んで、企画室の方にちゃんと心を配っている」
そういう評価が、今日の「友の会と企画室」の密月を生み出しました。

先週の土日も、美しいまでに「ウイン・2番」の馬券をこしらえてくれました。
ウイン二頭なので、裏表の2番でワンツーまでやっちゃうのは彼らの過剰な
サービス精神なのでしょう。(^_^;)
だから、本当は我々「全員」が、あの5万円馬券を獲る資格があったのです。
馬単の5万円は無理でも、3連複の方は獲らなきゃなぁ。

・・・もったいない。(T.T)
努力不足もいいところです。

ウインクラブの方から、信濃川にあの「ウインバトル2番」のゼッケンをプレゼント
されてから、これで何本目の「ウインバトル2番」万馬券でしょうか。
一度きちんと整理すれば、唖然とする数ですよね。
______________________
______________________

で、ジーワンのマイルカップ。
こちらは、当日のインフォメで大正解でしたね。
とにもかくにも、最終見解は以下の通り。
インフォメを読んでいない人がいるので、もう一度見直しておきましょう。
(週報だけの方、インフォメまであがってきてくださいよ!)

信濃川インフォメーション 5.9

昨晩、というより今朝の「あしたのG」。
最近は、ゴルゴ松本のパフォーマンスがずっと的中を教えてくれるのですが、
今回は「カメハメハ」に終始徹底でした。(^_^;)

そのパフォーマンスは、やはり「キンカメ=ポコチンはめはめ」という方向。
吉岡美穂の隣で、腰をひわいにぱっこんぱっこん動かして、「かめはめはぁー
かめはめはぁー!!♪」と何度も何度もやっちゃいます。

その吉岡も、ブラジャーの紐が丸見えの衣装だし、検量室のマドンナとかいう
おばちゃんも、タレントじゃないのに胸の谷間をみせて、妙にセクシーな雰囲気を
全体に醸し出す、なんだかキャバクラみたいな作り上げでした。

あの辺の演出を考えると、やはり「ベニスに死す=ぺにす=ぽこちん=カメ」。
これが正解のようですね。
カメハメハは、馬券になりそうです。
______________________

また、鮮烈なサインを送る草野さん。
今回は、こちらも「岩」を強烈にアピールしています。

うーーーん。
これが謎ですね。
「岩」「岩」「岩」。

しかも、「ピンク色」の岩。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この解釈はわかりません。
岩=ロック=6・9。
そういうことなのか、あるいは「岩=山・石」。

8枠の田中勝春は、結局石崎隆之に乗り替わりました。
だから、横山典弘と石崎隆之で、8枠の17番18番は「山・石=岩」となります。
______________________
______________________

週報でもウインでもカイを狙う、18番。
これは、馬名としてはひとつも「あしたのG」のパネルでは取り上げられません。
でも、なぜか「シンジマン」のインタビューでは、真っ先に横山典弘が出てきて、
フリーダムホーク号のことを喋っていました。
奇妙な取り扱いでしたね。

また、グリーンchのミニデータ。
最近はまったく見る機会がなく残念ですが、ファイル5とラストだけ見ることが
できました。
5は、メイショウボーラーで、ラストはシゲルドントイケでした。

そうなると、単勝人気としてはなぜシゲルドントイケが取り上げられるのかが、
気になりますね。(^_^;)
穴馬として、シゲルの赤木高太郎がつっこんでくるのかもね。
______________________
______________________

とにかく、18番は捨てません。
そして、どうやら13番のキングカメハメハは馬券になりそう。
また、穴としての新しい確度として、ひょっとしたら赤木高太郎に仕事が
回ってくるのか・・・。
この辺です。
______________________
______________________

草野さんですが、時々凄い仕事をします。
それは、彼の「衣装」。

今回は、何を考えているのか、本当に真っ白けのジャケットを着ています。
ほんとに見事なまでの白。

だから、ココから馬券があるなら、白=山本五十六の軍服。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1枠という取り扱いより、私の目には「五十六」として写りました。
だから、週報で書いた「3−3」という方向はあります。
5番6番や、15番16番がらみの五十六。これは想定している方が賢い。

でも、ほんとに押さえ程度しか買う気はないです。
あくまでも、NHKの私の目は、18番と13番との筋を買います。
______________________

18番が来るなら、大儲け!!!
13番の方なら、とにかく何らかの当たり馬券は手にするはずなので、
すくなくとも「ボウズ」はないでしょ。(^_^;)

その場合でも、例えばシゲルなんてところが混ざってくれると、
結構儲かるのかもしれないですね!!
______________________
______________________

「東京」

「11」

18番、大歓迎!
13番でも、まぁ当たりは取っている。

この二つの流れのどちらかです。
______________________
______________________

______________________
______________________

とにかく、NHKは13番か18番の流れ。
そう落ち着いた感じです。

どちらが来ても、当たり馬券は持っている。
また、仮に全く関係なかった場合、3枠のぞろで決まるはず。

<<ウインメール>>で説明している「カフェ」の謎解き。
あれも稼動するはずだから、あとはうまく組み合わせが決まって
くることを祈るゴール前ですね!

18番ガンバレ!
それがなければ、13番が強い勝ち方をしろ!!

そういう、NHK。

by 信濃川

当日配信のインフォメの、冒頭と中身とお尻をまとめました。
どこをどう読んでも、「13番」「18番」。

そして、レース結果は、13番が優勝で、裏の18番が2着なのですから、
これはもう準パーフェクトです。

出馬表の裏表の関係は、どこまでいっても競馬サークル外のプレイヤーには
わからない範疇です。
だから、あれだけ18というのだから、裏の18でも彼らにとってはまったく同じ
事なのです。
実際の当たり馬券を買えるかどうかは、その辺が「運」の要素。
ゆえに、最後の最後まで、ここまで緻密に企画された競馬でも、ギャンブルの
要素が強く残って楽しめる。
そういう風に仕上げてあるのでしょうね。

ただ、その「ギャンブル」。
この視点は、もう少し奥があった。(T.T)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまで固執した「18番」。
なんと、3場メインすべてでお金となっているのですよね。

とにかくまずは新潟メイン。
いきなり、馬単の「1番8番」で4万7000円馬券成立。
これで「あちゃ〜〜〜〜〜〜〜〜」と天を仰ぐ私でしたが、3着馬を確認した
時点で、こっそり涙ぐんじゃいました。

なんと、13番だもんね。(^_^;)
つまり「1番8番13番」。

・・・これ、インフォメで最後の最後まで何度も締めくくりとして書いた数字、
そのまんまでした。
「18番と13番」=1番8番13番。

このパーフェクトな3連複の配当が、3万9000円の三重苦。
どこまでも遊んでくれます。
______________________

また、京都のメイン。
こちらも8番5番11番で、ちゃんと「18」の競馬が用意されていました。
ここまで読むのは難しいけど、せめて新潟の「1番8番」だけは買っておくべき
でしたね。
ギャンブルに強い才能があれば、そこは攻めることが出来たでしょう。
かなり、反省すべきポイントです。
______________________
______________________

では締めくくりに、<<ウインメール>>をもう一度。(*^_^*)
でも、その前に、インフォメではこのレースについてどう書いていたかを、
見ておきましょうね。
かくのごとく、競馬の正体は「単純明快」。

<当日のインフォメ>

「東京9R」
鮎=3。

3の倍数なんて面白そう。
<<ウインメール>>

「東京9R 若鮎賞」

馬単  3番9番。    50%
3連複 3番9番16番。 50%
______________________
______________________

なんだか、モロに「はめられ」ているような気もしますが、とりあえず
ミエミエなので乗っちゃいますよ。(^^)V

鮎=3。
これは定番として、その3番に「奇跡」が放り込まれました。
そして、対になるべき9番に、今度は「サクラ」ですものね。

ヘレンの三重苦そのままにサクラをかぶせていますから、やはりお金に
つながる可能性は高いはず。
鞍上もワンペアになっていて、吉田豊・武豊の「豊・豊」。
その辺がいかにも「いやらしい」のですけど、とにかくジーワンデーの
特別1発目の番組です。

ミエミエで、お金。
そして、儲けたお金でジーワンの馬券を一杯買って下さいね!という
サービス馬券だと思いこみましょう。(*^_^*)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

念のため、奇跡の裏番とを合わせて3連複を買います。
フォーカス的には、三重苦と「69」でいかにもありそうな数字です。

現在の所、3番9番の馬単は55倍。
3連複は44倍です。
多分、馬単はもっと大きな数字になるはずですから、当然馬単を応援です。
______________________

土曜日は、五十六が多発しました。
だから、今度は「三重苦」の番。

3番9番に、期待します。

by 信濃川

レース結果

馬単  3番9番    4170円。
3連複 3番6番9番 18650円。

ものの見事にストレートな「3の倍数」だけの3連複でした。

by 信濃川


トップページへ戻る