9番  信濃川からのおみやげおみやげ!


2010/04/11(3)
 

<中山11R 船橋ステークス>

 

<ムーン7of9メール>

「中山11R 船橋ステークス」

××ちゃんの「おまけの×」の続きを考えると・・・
やっぱり、「船橋」では、黒でしょうねぇ。(^^)V

黒が来るなら、普通は2枠の競馬。
--------------

2枠3番 リキサンファイター号 村田一誠。
2枠4番 ナンゴクプラネット号 伊藤工真。

--------------

どっちが使われるかと考えず、どちらも単勝を狙っておくべきでしょう。

××は、貧相な顔立ちのテレビタレント「××」という女性。
なんだか、ネズミ男みたいな気持ちが悪くて下品な顔をした方。
最近、地上波のドラマは見ないので、この辺のタレントがどういう仕事を
しているのか、さっぱりわからなくなった。

××内容は、盛んに、×××名前を出しています。
旅行番組で、そういう××行くというお話。
共通するイメージは、「××」のぽっかぽか陽気。
××っていって、北の寒い雰囲気を感じる人はいないでしょう。

ならばこその、ナンゴクプラネット。(^^)V
これは、××。

そして、××と言えば、ファイター。
3番に入るリキサンの「さん」馬名は、ありがたい。

また、××の「××」でも、「マコト」が暴走し、ショウを置き去りにして
一人で「営業」に出かけています。
マコトは、先週「マコトスパルビエロ」号として働きましたが、騎手で
言えばやはり「村田一誠」の「誠」ではないでしょうか。

置き手紙に書かれた「マコト」の文字。
素直に、村田一誠へとつなげておきます。
--------------

更に、××の「おまけの×」が、先週のキンシャサノキセキに続き、
××として動くならば・・

××はまごうことなき、××。
ということで、戦いの場は、「×」です。

ゼッケン8番 ベイリングボーイ号 柴山雄一。

ベイリングの「べい」を「米」と表現すれば、米=八は定番の思考。
だから、8番に入る米リングは、指定席なり。
--------------

復帰してからの内田博幸。
今ひとつ精彩を欠いていますが、ゼッケン5番ツーデイズノーチス号
に騎乗。

今週の地上波で、××を取り上げて何やら特集を組んでおりました。
だから、××からこのノーチス号は買えるのかもわかりません。
--------------
--------------

<< ベット >>

単勝 ゼッケン3番 リキサンファイター号 村田一
誠(×× マコト)。
   ゼッケン4番 ナンゴクプラネット号 伊藤工
真(×××)。


三連複 ワイド ボックス 3番4番5番8番。

複勝 ゼッケン8番 ベイリングボーイ号 柴山雄一
(××)。

--------------
--------------

とにかく、黒い枠(2枠)が優勝してくれたら、私はうれしい。

by あんぱ〜〜んち!! (^^)V 信濃川夜市

 

《結果》
単勝 3番 1,930円



 

by 信濃川夜市


トップページへ戻る