19番  信濃川からのおみやげおみやげ!


7/5追加版

<あぁ、セブンオブナイン>

まだ少しでも鉄の熱い内に、回顧を。
______________________

先週の我々の指標は、とにかく「ウインレックス号の優勝ゼッケン9番」でした。
これまで何度も何度も繰り返してくれた、本当に親切な「ウイン企画」のたまもの
なのだから、やっぱりその輝きは失われませんでしたね。

3場二日間を通じて、ゼッケン9番は合計で「7回」優勝してくれました。
だから、結局ここも「セブン オブ ナイン」の競馬を実行してくれたと言うこと。

おまけに、一歩間違えば単勝万馬券という大きな配当も含んでくれているので、
すべてのレースでゼッケン9番の単勝だけを買っていても、十分に黒字になる、
まさに「投資馬券」でした。

また、この思考は競馬が終わったいまだからこそ言えるストーリーですが、
日曜日の一番最後の最終レース(阪神)を残して、その時点で都合6勝です。
だから、「あくまでもゼッケン9番は7回勝つはずだ!」という信念があれば、
その最終レースで大きくゼッケン9番の単勝にお金を入れるギャンブルは
ありましたよね。

そして、まんまとその最終レースのゼッケン9番の単勝は大穴路線で、
40倍近い配当を残してくれています。
______________________

サイン競馬。
そうつぶやきながら、実はまだまだ我々は「サインを信じ切っていない」。
この白地図には、想像以上の広さの余白が確保されているようですよ。
______________________
______________________

「帽子の色」

先週の馬券のよりどころであった「インマイライフ号」と「ムーンシャイン号」。
終わってみれば、どちらも「同枠が優勝」のお約束競馬でした。(T.T)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

特に、インマイライフ号の方はその発展を感じつつの馬券投票ですから、
これはもう納得のいく戦線といえます。
信濃川のプライベート馬券として、この世界に生まれたインマイライフ号
ですから、以降も延々とサイン発動をしてくれることまちがいなしです。
だから、デビュー戦の「同枠優勝」の競馬には大満足。

しかし、一方のムーンシャイン号ですね。
これは正直に、「まいった」(T.T)。
なぜならば、日曜日に用意した<<ウインメール>>を読んでくだされば、
その意味もよくわかるはず。(^_^;)

ということで、<<ウインメール>>をまずお読み下さい。
______________________

<<ウインメール>>

「福島11R 第53回 ラジオたんぱ賞 G3」

単勝 ゼッケン2番 ムーンシャイン号 60%

馬単 2番4番  20%
   2番6番  20%
______________________
______________________

美の巨人が、ルネッサンス時代の登場人物達。
その水先案内人が、「ブラマンテ」でした。

そして、このレースのゼッケン14番を見て下さい。
ダイワネバダ号。
この駒の母は、プラダマンテ号です。
どう考えても、この状況を意識せよ!という美の巨人でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、番組の中で、ブラマンテは「策略を巡らす」という視点に重きを置いた
作りとなっています。
盛んに「策略をしてやるのだ」とセリフに出てきます。

だから、要するに競馬で言うと「サイン」。(^^)V
______________________

ということで、ゼッケン14番が「サイン馬」です。
つまり、サイン馬の「裏番」か「お隣」。
これがお金になる。

すると、週報でつついた駒ばかりでしょ。(^_^;)
なんだか、当たっているわけですよ。ほんとに。

そして、<<ウインメール>>ならではの、「更に奥の視点」。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バチカンを舞台にした、ルネッサンス時代の栄華。
だから、ふと思いつくこと。

JRA所属馬で、数年前まで「ルネッサンス号」っていましたよねぇ〜〜〜。
______________________

ルネッサンス号。
よく考えてみると、この駒は、「ラジオたんぱ賞」を優勝しています。

なんだか東京競馬場が使われるイレギュラー競馬でしたが、その時のルネッサン
ス号の鞍上が、大西直宏だったのです。

つまり、ラジオたんぱを優勝するルネッサンス号の鞍上が、今年の出馬表の「
プラマンテ」の裏番に配置されている。
そういうことなのです。
______________________

大西直宏のルネッサンス号がラジオたんぱを勝ったのは、ゼッケン4番でした。
そして、その時の2着馬には、中舘英二が騎乗していました。

だから、狙い目は、大西直宏の単勝と、そこから4番・中舘英二へ。
2着馬のゼッケンは12番なんですが、ミニデータを使う限り、多分「裏の12
番目」という意味でしょうね。

大西直宏の単勝。
馬単で、大西直宏から4番と中舘英二へ。
これでいきましょう。

2番4番なら、50倍。
2番6番なら、400倍。

そりゃぁ、400倍を応援です。<(_ _)>

by しかし、土曜日のは参った。(^_^;)
   怒りよりも、あきれかえって苦笑しかできなかった。 
   だって、馬体検査もなにもないんだもん。 信濃川

______________________
______________________

以上が、日曜日分の<<ウインメール>>です。
つまり、何が何でも大西直宏の優勝!!!という思考はあっさりと「同枠馬」に逃
げられて、なおかつ、ルネッサンス号のラジオたんぱ賞のワンツーゼッケンである、
「4番12番」。
これが、そっくりそのまま使われちゃったのでした。(T.T)

大西直宏(の同枠)と、4番と、12番。
これが今年のワンツースリーだったのですね。

すべて、私の読んだシナリオの中。
だけど手にしていた馬券は、どれもこれもハズレ馬券。
これほど悔しい戦いはないですよ。

実はこっそりとプライベート馬券では、大西直宏と4番と12番の3連複も購入し
ていました。
それでも、「同枠」と4番12番なのよ。
これで4万円馬券ですから、泣きそうになりました。(T.T)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インマイライフ号の「同枠優勝」は、非常に深く納得がいきます。
でも、こちらのムーンシャイン号大西直宏の「同枠優勝」は、あまりにもつらい。

歯車が一つかみ合えば、そのままドンピシャリ。
でも、その「一枚の歯車」が、競馬を企画する人たちの「智恵」なのでしょうね。
どこまでも公正な戦いの場だと感じますが、その戦線で敗れ去るのは、私の持つ
情熱と智恵がまだまだ足らないのだとしみじみ感じ入ります。

性根を入れ替えて、更に強い修行を続ける覚悟が生まれる、とても良い内容のサイ
ンレースだったと想います。
______________________
______________________

「ロイヤルウエディング 4番10番」

土曜日の深夜に、週報をお読みの方にも見てもらった信濃川の思考。
「4番10番」オール投票。

結局、土曜日には直撃の目は一つも生まれずに、「裏の4番・裏の10番」で55
万円馬券が出たくらいなものでした。
そして、その前に「ロイヤル・ラブ」のワンツー馬券があり、それも8万円ほどの
良い配当となりました。

その辺のストーリーは事前につかんでいたので、私はそのレースで「結婚指輪」を
狙うべきだと、<<ウインメール>>でお伝えしました。

ジュエルドリング号という駒ですね。
でも、こいつはまったく走らず、馬名の「ロイヤル」と「ラブ」で決まっちゃいま
した。(^_^;)

それで頭に来て、その後のレースはすべて「4番10番」の馬券を購入したという
次第です。
お見せした投票画像は福島だけですが、しっかりと3場すべて入れてます。

土曜日が不発だったので、これはもう日曜日に4番10番でお金が儲かる!!!
そう喜び勇み、皆さんにお伝えしたのですが・・・。

多くの方からメールを頂いたように、その結末は、

「4番10番」
ではなく、
「14番10番」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

函館の重賞は、14番のシーイズトウショウ号が優勝し、2着にゼッケン10番の
人気薄のレイコが飛んできて、それで万馬券決着でした。

ここまで読んでいるのに、なぜ「4番10番=14番10番」ともっていけないの
でしょうね。
そのもどかしさは、メールを頂いた皆さんもまったく同じ気持ちだったようです。
多くの方の、PCの向こう側で頭抱えて悔しがっている様が見えてきましたよ。

ほんと、これは悔しかったですね。
もうほんのちょっとの「智恵」があれば、しっかり獲れたはずのロイヤルウエディ
ング万馬券でした。

また、この結果に追い打ちをかけるように、阪神のメインは「4番」にいる、チャ
ペルが優勝。
そりゃ、結婚式なんだからチャペルです。

そう考えて、こちらの4番10番には期待していたのですが、「単勝のみ」。
これもまた、納得できるけど、とてももどかしい結末でした。
どうせなら、10番も連れてきて、美しい結婚式にしてほしかったです。
______________________

今週は、そういうわけで、馬券構成のサインはうまく読んだのに、ちょいと渋めの
企画室さんのたくらみで、予想通りには我々の財布は膨らみませんでした。

<< 同枠優勝 >>
<< 4番10番=14番10番 >>

そういう「ちょっとした解釈」が、大きなお金に直結するこの世界。
今週こそはみんなで知恵を出し合い、最終目標の当たり馬券まで辿り着きましょう。

by 信濃川



トップページへ戻る