マイホーム競馬 信濃川家康のワンポイントサイン競馬解説


2014/11/11


 

<第2競走 ・レーシングプログラムはお宝>




競馬場やウインズで配布される、レーシングプログラム。
お宝満載の、スーパーツールでございます。
でも皆さん、レープロが教えてくれる大きな流れを、「その週だけの」競馬で終わらせてはいませんか??
このレープロ画像は、第150回 天皇賞(秋)のものです。
そして当たり馬券は、その翌週の東京。裏のメインレースのもの。
表のメインレースが「第11レース」ならば、裏のメインレースは、「第2レース」。(^^)V

秋天が終わっちゃったら、レープロを「ぽいっ」とゴミ箱に放り投げる人が、ほとんどよね。
それじゃぁ、ダメよ。
宝物を捨ててどうするの。(^_^;)
ジーワンレースのレーシングプログラムは、その日の競馬が終了しても、ちゃんと「お勉強用」にとっておく事。

大きな区切りの天皇賞が残してくれた、黄金の指標のひとつなのだから、次週の競馬でも、その翌月の競馬でも、

4番と7番が上位の人気馬なら、素直に「ベット」。
4番と7番で、簡単に三連単まで穫らせてくれる、ありがたい天皇賞の「延長上」の当たり馬券なのでございます。
JRA競馬は、「終わりの無い大河ドラマ」ですよ。
学習しましょう!!

レーシングプログラムに大きく出たゼッケン数字は、「その翌週」の競馬でも、ちゃんと役に立つ。(^^)V
11レースではなく、「裏のメインレース」=第2レースで消化するって所が、ミソ。

by 信濃川家康


 

 


トップページへ戻る