マイホーム競馬 信濃川家康のワンポイントサイン競馬解説


2016/07/31 (1)

 

<計画されるタテ目の妙>
 

いわゆる、「タテ目」。
でも、この手の決着は、概ね「計画」されての事。
ここでプレイヤーは怒っちゃダメなんだよね。
腹を立てて、気持ちを昂ぶらせて、冷静さを失えば、ギャンブルはおしまい。
株の世界でいう、機関の「ふるい落とし」みたいなものですから。


今週はあちらさんにいいようにしてやられた。
でも、週が明けると、また次の競馬に向かってのサインの準備が整っていく。
企画競馬は、エンドレス。
戦いも、エンドレス。

by マスイショウサク

 

2016/07/30 18:27 に配信のメール
 

< マイホーム7of9 メール >


「札幌11R 第64回 北海道新聞杯クイーンステークス」


ナムラクロエが出てきたもう一つの大きな理由が、ここ。
ナムラアン号の激走を教えるため。


そしてカーリージャールもおまけについてきたのは、やはりここ。
カーリージャール → マコトプリジャール・シャルール。
この二頭をサイン灯台から照らすため。
ーーーーーーーー


ナムラアンと、プリジャール。あるいは、シャルール。
最高の形でワンツーあれば200倍。シャルールの方だと60倍。
ーーーーーーーー
ーーーーーーーー


<< ベット >>


馬単 7番 → 2番・11番へ。


ワイド 2番7番。


ーーーーーーーー
ーーーーーーーー


とにかく、ナムラアン号が「ウイン」の同枠ですから。(^ー^)ノ
こういう時には、しっかりと稼動して欲しい、「ウインの同枠優勝」サインであります。


by マスイショウサク

 



 


トップページへ戻る