信濃川 夜浜のワンポイントサイン競馬解説


2018/02/18

 

<フェブラリー的中>

<心カラリ 三度目に花さく7of9>

ここんところ、毎週的中の路線。
単勝と枠連で20倍弱あれば、それはもうプラスの競馬。(^ ^)

そして、肝心の「読み」。
こちらもまずは「ほぼ」現実のものとなりました。
着順は、あちらのコントロールの中ですから、文句は言えない。
本線馬単は、1着→ 2着の「同枠」。笑
そしてあらかじめその落とし所をうまく読み切ったから買える「枠連1点」。
まずは大正解。

馬単は1着5着。
枠連は、1着→2着。
しかし、何よりも「単勝」が素晴らしい。
ノンコノユメ号の優勝を1発目から1点で解説できるのは、これはもう信濃川ならでは。

思いっきりひねった表現でお伝えした、ジャックバウアー「24」説。笑
無論、使われる目をわかっていたから、ジャックを利用して皆さんにしつこく
「24だよ、24だよ」と繰り返しのメールを出した次第。
ここでワンツーが成立。

そして、例の眠狂四郎。笑
2着3着4着が「狂四郎」馬券として帰結。

14番も6番も16番も来た。
ここも大正解の読みでした。
ーーーーーーーー

優勝ノンコノユメ。
2着桜花賞馬の13番。
割って入る狂四郎「46」。
そしてワンツーはジャックバウアーの「24」。

掲示板の5つの数字、全てこの読みの中で決まりました。
大正解路線の第35回フェブラリーステークスであります。

by 信濃川 夜浜

 



 

2018/2/17  16:28 に配信のメール
 

<心カラリ 三度目に花さく7of9>

「日曜日 東京11R 第35回 フェブラリーステークス」

<< ベット >>

単勝 ゼッケン12番 ノンコノユメ号 内田博幸。

馬単 ワイド 12番→13番。

枠連 6−7。

ーーーーーーーー
ーーーーーーーー

フリオーソの13番。
フェブラリーの連対競馬です。
これをうまくサインとして残した、土曜日の小倉最終レース。

ならば、フリオーソフェブラリーを再現の手。
12番が優勝で、2着に13番。
ーーーーーーーー

ノンコ → レッツゴー

レッツゴーの同枠にゴールドドリームがいるから、枠連でもおさえるとして。
とにかく1発目の狙いは、馬単で12番→13番。

by 信濃川 夜浜

 



 


トップページへ戻る