本文へジャンプ
不倫・不貞問題 慰謝料請求する人編

不倫の慰謝料

  配偶者の不貞行為により精神的苦痛を受けた夫婦の一方は、配偶者と不倫相手に対して損害賠償を請求することができます。


  また、不貞に対する慰謝料は、夫婦が離婚に至る至らないに関係なく請求することができます。


どのような場合に請求できるか

・不貞行為(肉体関係)がある。

・不倫が始まった時点では夫婦関係が破綻していなかった。

・不倫相手が相手に配偶者がいることを知っていた。

・浮気の事実と浮気相手を知ってから3年を経過していない。

以上の条件が整っていれば請求可能と考えてよいでしょう。

不倫問題についての相談は今すぐこちらから

慰謝料の金額

慰謝料の金額には、心の痛みであり具体的な基準の額というものはありません。

不貞に関する個々の事情や損害の具体的程度、加害者の支払能力などが考慮されて決められます。

一般的に話し合いで和解した場合、不倫が離婚に至った場合でも300万円位、離婚しない場合は慰謝料の金額は50万円から200万円位になることが多いようです。

しかし、話し合いでは金額に折り合いがつかず裁判で訴えたとしても、慰謝料が数10万円となる判例もあります。

また、不貞の当事者である配偶者から相当と思われる十分な慰謝料がすでに支払われている場合、第三者に対する慰謝料の請求は認められないこという判例もあります。

配偶者から十分な慰謝料が支払われている場合には、既に損害は填補されていると考えられ、請求を認めないということです。


 慰謝料の額は一定額が保障されるものではありません。

 「請求できる」という事と、「請求(額)が認められる」という事と「慰謝料の支払いを受ける」ということはイコールにはなりません。

 相手に蓄えも安定した収入もなければ、請求を認めたとしても長期間の分割払いに応じるしかないのです。

 過剰な調査・探偵費用を費やしたとしてもその費用を相手に負担してもらえるわけでもありません。

 慰謝料の請求を考えるときは、事実を知ったとき、証拠を集める段階からどのように進めるべきなのかを冷静によく検討して行動するようにしましょう。

不倫問題についての相談は今すぐこちらから


慰謝料の請求方法

不倫相手に対する請求例

内容証明送付
話合いに応じない場合
簡裁・家裁で調停
あるいは裁判

浮気の証拠となり得るもの

よく「二人でホテルに出入りする写真を複数回撮らないとだめ。」などといわれますが、

 民法770条1項1号の定める不貞の証明は、これを推認せしめる間接的事実を認定して、他の事情と総合して不貞の事実があったと推認されれば裁判になっても認められることができます。

 証拠となり得るもの

 ○浮気をしている配偶者の手帳や日記

 ○浮気されている本人のメモや記録
 ネットの日記・ブログは後から修正しやすいので、手帳や日記帳に手書きで書かれたものの方が証拠力あるようです

 ○配偶者と相手が一緒にいる写真・ビデオ


 ○ホテル・飲食店のチケット・領収書

 ○携帯電話・パソコンのメール 

 ○調査会社の報告書

 その他、手紙やメモ類


不倫をやめさせたいときは。

 浮気が発覚したとしてもすぐに離婚などに進まない、とりあえず浮気を止めさせるための方策としては、、。

 浮気相手に対して、警告文書を内容証明で通知する

 配偶者がいることを明記し、今後も交際を継続するならばしかるべき請求・法的措置をとることを通知しましょう。

 交際中止に合意した場合には、慰謝料をとらない場合でも、今後のために念書・和解書を作成しましょう。

 「今後は一切連絡を取りません。破った場合は違約金として○○万円支払います。」というようなものです。

 不貞の事実も盛り込んでおけば不貞の証拠にもなりえます。


 不貞をした配偶者に対して慰謝料請求・警告・反省を求める。

 不貞をした配偶者に対し、離婚はしないがそれなりの償いをしてもらいましょう。

 「今後同様のことをした場合は、○○万円支払います。」

 「家族を自分のへそくりで家族旅行に連れて行きます。」


 でもよいでしょう。

 事実を認めてもらった上で、仲直りし婚姻継続のための契約書です。

 当事務所では、警告文書も仲直りの文書も作成いたしま
す。

不倫問題についての相談は今すぐこちらから
お知らせ

当事務所の離婚専門HP 小林行政書士事務所 離婚情報室において

電話による1ヶ月相談し放題プランを行っています。

初回の相談以降は原則予約不要!
いつでも、お気軽に電話で相談ください!
1ヶ月7500円で相談し放題!

離婚・不倫関連の業務に精通している

本当の行政書士だからこそできる!


1ヶ月電話相談し放題プランの詳細・申し込みはこちらから
報酬のご案内
相談
当事務所での面談        30分3150円 1時間4200円  

      
出張面談       30分3150円 1時間4200円  

 
初回相談は30分無料

参考となる資料を提示し、できるだけわかりやすく説明するように心がけています。

おかげさまで面談による相談は大変好評をいただいています。
1回の相談で不安を解消される方も多数いらっしゃいます。

費用対効果で考えると一番効率がよいのは面談による相談です。

 電話による相談           1時間まで3150円

 深夜12時でも、対応いたします。

 相談の際の電話料金はお客様にてご負担ください。

 問い合わせ用フリーダイヤルによる長時間の相談はご遠慮ください。
メール相談                1往復       1000円
                        
1ヶ月 制限なし 5250円

現在、問い合わせを含む
初回メール相談は無料でお受けいたします。
内容証明作成 
 15750円~
 
 
慰謝料の請求・不倫相手への不貞行為中止警告文書・婚姻費用請求・離婚協議の申し入れ等、
 あなたの事例に応じた各種文書作成いたします。


 
成功報酬の制度は採用していませんので、安心してご依頼ください。

 枚数・難易度により増額する場合がありますが、作成前にお知らせいたします。
各種契約書・示談書・通知文書・回答書作成
 8400円~

示談書・和解契約書・念書夫婦の仲直りの契約書など。

枚数・難易度により増額する場合がありますが、作成前にお知らせいたします。
内容証明・各種契約書ともに、大抵の文面であれば翌日までに文案を提示いたします。
 報酬や費用の見込み額は、事前にご依頼者にお話をし了解いただいた後に仕事に着手します。

 
有料の相談後、1ヶ月以内に文書の作成を正式にご依頼いただいた場合、
 先にいただいた相談料金分をお引きいたします。


 
書面作成後の相談は無料でサーポートいたします。

 離婚協議書、公正証書、通知書などの作成料金に関しては、難易度、急ぎ具合により基本料金から増額する場合があります。

 事前の相談においてお見積りをいたしますので、お問合せください。

 遠隔地への面談の際は交通費を請求する場合があります。

 上記は消費税込みの金額です。上記にないものはご相談ください。


ひとりで悩んでないでご相談ください。
あなたの思いを書面に込めます。

相談予約・お問合せ専用フリーダイアル
0120-60-5106
フリーダイヤルは携帯からは繋がりません。
携帯電話 090-3775-0449
夜間相談・土曜相談・平日相談随時受付しております
受付時間     8:00~20:00
 相談料 30分3150円
1時間4200円
90分5250円
初回のみ30分無料
 相談可能日 平日・土曜日曜・夜間
※ 面談・相談は必ず電話・メールでご予約ください。
  原則として、その場で相談日時を予約できます。

※相談時に業務を依頼いただいた場合は相談料金は無料になります。
 メールフォームでの相談はこちらか
ページトップへ
北海道行政書士会会員
小林行政書士事務所

行政書士  小林 政浩
〒070-0877 北海道旭川市春光7条8丁目14番8号
電話0166-59-5106 FAX59-5118
携帯電話 090-3775-0449
E-mail cbx99670@pop01.odn.ne.jp

【免責事項】
当サイトが提供するコンテンツ(情報等)に関しては万全を期してはおりますが、 その内容を保証するものではありません。万が一これらの内容を使用したことにより損害を被った場合についても、当事務所では一切責任を負いかねます。当サイトにおけるコンテンツ提供は、利用者の皆様の参考となる情報の提供のみを目的としたものです。本情報を利用しての最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。

ホーム・離婚・車庫証明・内容証明・不倫・不貞問題 慰謝料を請求する人編・不倫・不貞問題 慰謝料を請求された人編・貸したお金を返してほしい!・クーリングオフ・中途解約・抗弁権・契約書・時効・公正証書・相続・任意後見・委任契約・帰化許可申請・交通事故・事務所紹介・ご相談・お問い合わせ・報酬表・リンク
   Copyright(C) 2003~2008 小林行政書士事務所 All Rights Reserved.