本文へジャンプ
内容証明相談室
はじめに

内容証明とは、、、


いつ、どのような内容の文書を、だれが、だれに差出したかを郵便局が証明する制度で非常に証拠力に優れています

文書の内容を後日の証拠として残しておく必要がある場合に利用されます。

 また急ぐ場合は、速達にもできます。差出人は5年以内にかぎり、差出郵便局が保管する謄本を閲覧し、その内容が内容証明郵便として差出されたことの証明を受けることができます。

 この場合に差出人は、内容証明郵便を差出したとき交付される「書留郵便物受領書」を提示しなければなりません。


どんなときに、、、

 内容証明を送る場合として考えられるのは主に次の2つの場合です。

1.何かを請求したいとき(心理的圧力を加える)
2.法的効力を形成したいとき(言った言わないの争いを防ぐ・証拠を作る)

1.何かを請求したい

 例えば、あなたが人にお金を貸した場合、あなたには「貸金返還請求権」という法的権利があります。

 しかし、再三にわたり電話や手紙で返還を要求しても返してくれないということもあります。
そのようなときに役立つのが内容証明です。

 内容証明を使うことにより、あなたが「このままではすませない、法的手段を取ることも辞さない」という強い意志を示すことができ、相手方に心理的圧力を加えることになり、問題解決につながることも少なくありません。
(ただし、法的手段を取ることを辞さないと書いたとしても、必ずそうしなければならないわけではありません。)

2.法的効力を形成したい

 内容証明による催告は、時効が完成するのを一時的(6ヶ月間)猶予するという法的効力があります。

 これは、内容証明でなくともそのような効果はあるのですが、口頭や普通郵便で催告した場合、相手から「そんなこと言われた覚えない!書面なんか貰ってない。知らない!」と言われれば、こちらからそれを証明するものがありません。(会話をテープに録るという方法もありますが。)

ですから、口頭や普通郵便による催告は、法的には非常に非力だと言えます。

 それで、交渉経過などを法的に残しておきたい場合や時効完成を防ぐための催告は内容証明で行われるが通常です。

 時効完成間際に相手方に送るときは、相手方が受け取らなかった場合を考えて、あわせてハガキや普通郵便で送っておくという方法が有効です。

 また、クーリングオフも通常は8日間までと定められていますが、クーリングオフが適用される場合、クーリングオフ期間であれば無条件で解約することができます。
 その場合も内容証明で通知しておけば、
あとで言った言わないの争いにならずにすむでしょう。


証拠作り

 契約書がない、借用書を作っていない、などという場合、訴訟をしようと思っても、証拠が無いため訴えにくいですね。裁判しても勝てませんし強制執行も出来ません。

 そこで、証拠作りのために内容証明郵便で請求して相手方の反応を見ます。
 たいていは返事が内容証明郵便できます。


 これが証拠となるのです。

 このとき、返事がくるように書くことがポイントです。 
 
 たとえば、個人間のお金の貸し借りで今までにいくらか返してもらったけれど残金がいくらなのかはっきりしないときに少々大目の金額で催告書を送ります、「内容に相違があるようでしたら、内容証明郵便にて、ご返事下さい。」こう書いておけば、ほとんど、内容証明郵便で相手から返事がきます。 

 「金額間違ってます。実際には、・・・万円です。」というような感じで、、。 

 また、
「本書面到着後、・・日以内に、ご返事ください。」、と書いておくと大抵の場合は、その制限日以内に返事がかえってきます。 

 返事もくれそうも無い相手には、、。

 頑張って文章を作って請求しても無しのつぶての人には、無視してもらってもいいような内容の書面を送りましょう。

 ここで、無視させることに意味があるのかというと、あります。
 相手が異議を唱えなければ、黙示的に債務を承認したといえるからです。
 ちょっと承認が消極的に過ぎるように感じるのであれば、無視したときに黙示的承認をしたといえる内容にしておけばそれで十分です。

たとえば。。。

 貴方が「○月までに返すから、△円貸して欲しい。」と言ったので貸したお金△円・・・・
というように、相手の言葉を入れておけば十分です。
 これを無視したら、相手はその発した言葉に対して承認していますので、自動的に債務を承認したことになります。
 これでも、相手が債務の不存在を主張してきたら同じではないか、という人もいるかもしれませんが、それは内容証明に頼り切った場合の話です。
 内容証明にしろ、なんにせよ、借りたお金の不存在を主張してくる人間は、どのような内容でも不存在を主張してきます。(^^ゞ


 ただし、出した内容証明郵便は、相手の証拠にもなると言うことを、忘れてはいけません。

 請求金額をうっかり少なく書いてしまったり、自己に不利な記載をすると相手方に有利な証拠となって利用されてしまいます。

 また、相手方に心理的な圧迫を与える効果を狙いすぎて、文章表現が脅迫的なものとなると、刑法上の脅迫罪や恐喝罪になる可能性もあります。

 後々、法廷の場に進んだとしても自分の立場が不利になることの無いように慎重に文面を作成することが大切です。


いきなり内容証明を使わないほうが良いと思うケース

クーリングオフのようなケースを除いて、内容証明郵便をだすということは、
これから戦います。(-_-メ)と言うようなものです。

場合によってはその後、仲良く付き合うのは難しくなります。 

トラブル解決後も良好な関係を保ちたいとき
相手に誠意が見られるとき
自分にも弱みがあるとき
相手が倒産しそうなとき


 以上のような場合は、いきなり内容証明郵便をださないで、口頭・書面で相手の意思や事情などを十分に確認してから、タイミングを十分計って、出すべきと思います。

 ケンカをせずに、話し合いを希望するなら、第三者にあいだに入ってもらったり調停もおすすめと言えます。
当事務所の内容証明作成報酬事例
クーリングオフ 期限内のもの 10、500円~31、500円
クレジット会社にも通知する場合 上記の金額に+3、150円
中途解約 15、750円~
クレジット会社にも通知する場合 上記の金額に+3、150円
クーリングオフ以外で取消・解除の場合 15、750円~31、500円
リース契約の解除 リース会社と契約会社に意思表示する場合。 21、000円~42、000円
慰謝料請求 15、750円~
貸金の返還請求 15、750円~
その他のもの 15,750円~
いずれも、文面2枚までの費用となります。
文面が2枚を超える場合には1枚増えるごとに3000円~5000円追加になります。
成功報酬制度のない安心価格です。
(メール・電話・面談によるサポートを含む)
郵便料金は別途必要になります。
ご依頼から書面完成までの必要日数
お客様が事務所に来られた場合。     原則 面談時~翌日
簡単なものであればご依頼確認後すぐに作成に着手し、その場で文案を提示し内容を確認頂き完成品をお渡しいたします。
時間の都合で面談時に提示できない場合でも、よほど難易度の高いものでない限り翌日には文案を提示します。
メールや電話でご依頼いただいた場合。 原則 翌日
メールや電話でご依頼後、契約書類の確認と詳しい事情の確認を電話でしたあと、翌日には文案をメールもしくはFAXでご提案いたします。
ご依頼いただければ、大抵は翌日までに文案を提示し、確認が済めばそのまま作成・郵送となりますので、問題の解決も早まります。

業務の予定や事案の難易度によっては作成に数日要する場合がありますが、ご依頼の際にご説明いたします。
当事務所の内容証明には、基本的に書面作成代理人として行政書士の氏名の明記と職印の押印をいたします。追加費用は必要ありません。

ただし、依頼人が希望しない場合や事件の事情によっては行政書士の氏名などを明記しないほうが問題の解決に良いと判断する場合は明記しません。

内容証明の作成を考えたときは、書面作成のプロフェッショナルとして多数の内容証明を作成してきた当行政書士事務所にぜひご相談ください。
内容証明が使われる主な事例
貸したお金の請求・時効の主張・クーリングオフ・契約解除・警告文書
債権譲渡通知・家賃の値上げ通知・家賃減額・明渡通知・損害賠償請求
慰謝料請求・抗議文・婚約破棄・婚姻費用分担請求・認知請求・養育費請求・遺留分減殺請求
・貸金業者への取引履歴開示請求、など。
旭川市内の内容証明を取り扱う郵便局
店舗名 住所 取扱時間
神居三条郵便局 〒070-8013
旭川市神居三条4-2-10

平日
9時00分~17時00分

旭川北郵便局 〒071-8131
旭川市末広一条7-1-25

平日
9時00分~19時00分

旭川中央郵便局 〒070-8799
旭川市六条通6-28-1

平日
9時00分~19時00分
土曜日
9時00分~17時00分
日曜日・休日
9時00分~12時30分

旭川東郵便局 〒078-8799
旭川市東旭川町共栄98-4

平日
9時00分~19時00分
土曜日
9時00分~15時00分

江丹別郵便局 〒071-1173
旭川市江丹別町中央105

平日
9時00分~17時00分

豊田郵便局 〒078-1272
旭川市東旭川町豊田574-7

平日
9時00分~17時00分

永山南郵便局 〒079-8417
旭川市永山七条6-5-3

平日
9時00分~17時00分

永山郵便局 〒079-8799
旭川市永山二条18−2−22

平日
9時00分~19時00分

西神楽郵便局 〒071-0173
旭川市西神楽北一条2-230-3

平日
9時00分~17時00分

東旭川郵便局 〒078-8251
旭川市東旭川北一条6-1-4

平日
9時00分~17時00分

東鷹栖郵便局 〒071-8111
旭川市東鷹栖東一条3-272-24

平日
9時00分~17時00分

日ノ出郵便局 〒078-8203
旭川市東旭川町日ノ出273

平日
9時00分~17時00分

※各郵便局ともに駐車場があります。

郵便局のHPで日本各地の内容証明を取り扱う郵便局を検索することができますので
ご利用ください。


郵便局HPから → 郵便局をさがす → 「取扱内容」からさがす

で進むと検索できます。


ひとりで悩んでないでご相談ください。
あなたの思いを書面に込めます。

0120-60-5106
相談予約お問合せ専用フリーダイアル、
土・日・祝日も対応しています。
夜間相談・土曜相談・平日相談随時受付しております
受付時間     8:00~20:00
 相談料 30分3150円
1時間4200円
90分5250円
初回のみ30分無料
 相談可能日 平日・土曜日曜・夜間
※ 面談・相談は必ず電話・メールでご予約ください。
  原則として、その場で相談日時を予約できます。

※相談時に業務を依頼いただいた場合は相談料金は無料になります。

 メールフォームでの相談はこちらか
ページトップへ
北海道行政書士会会員
小林行政書士事務所

行政書士  小林 政浩
〒070-0877 北海道旭川市春光7条8丁目14番8号
電話0166-59-5106 FAX59-5118
携帯電話 090-3775-0449
E-mail cbx99670@pop01.odn.ne.jp

【免責事項】
当サイトが提供するコンテンツ(情報等)に関しては万全を期してはおりますが、 その内容を保証するものではありません。万が一これらの内容を使用したことにより損害を被った場合についても、当事務所では一切責任を負いかねます。当サイトにおけるコンテンツ提供は、利用者の皆様の参考となる情報の提供のみを目的としたものです。本情報を利用しての最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。

ホーム・離婚・車庫証明・内容証明・不倫・不貞問題 慰謝料を請求する人編・不倫・不貞問題 慰謝料を請求された人編・貸したお金を返してほしい!・クーリングオフ・中途解約・抗弁権・契約書・時効・公正証書・相続・任意後見・委任契約・帰化許可申請・交通事故・事務所紹介・ご相談・お問い合わせ・報酬表・リンク
   Copyright(C) 2003~2008 小林行政書士事務所 All Rights Reserved.