Tea Room

Tea Room 1  お勉強の部屋

「オーディオマニアの為のピアノ楽入門」

TeaRoom1ではピアノ好きの皆様にピアノのお勉強をして頂くために簡単な構造と各部分の説明をして

おります。なおこの原稿はオーディオ雑誌、 A & V Village に掲載致しました一年前の原稿です。

タイトルは「オーディオマニアの為のピアノ楽入門」です。一年前のものから順に隔月に掲載致しま

すのでお楽しみください。次の号から最新号拝見希望の方はどうぞ A&V village誌のックナンバーと

最新号をご購入ください。音大ピアノ科の学生、ピアニスト、ピアノの先生、自称ピアノマニアは必

見です。思いついたままで修正なしの「書きっぱなし」ですので間違いがあるかも知れませんし、私

見が多数含まれておりますがその点をご考慮の上お読みください。

A&V Village と言う雑誌はその雑誌の性格上かなり過激で、皆様言いたいことを云う雑誌です。私の

文章の中にもかなり過激な部分が含まれており、立場が変われば可也の反論もおありの事と存じます

が、日本は言論自由の国、その辺は目くじらを立てず、笑って見過ごして頂きたく存じます。

その 1 序章

その 2 ピアノの構成 鉄骨について(その一)

その 3 ピアノの構成 鉄骨について(その二)

その 4 弦(ミュージックワイヤー)について

その 5 弦の張り方についての説明(その一)

その 6 弦の張り方についての説明(その二)

その 7 弦の張り方についての説明(その三)

その 8 チューニングピンについての説明

その 9 ピン板についての説明

その10 響板についての説明(その一)

その11 響板についての説明(その二)

その12 スタィンウェーピアノの音の秘密

その13 アクションの説明(その一)

その14 鍵盤の話(その一)

その15 鍵盤の話(その二) ペダルの機能について(その1)

その16 ペダルの機能について(その2)

その17 ハンマーヘッドについて(その1)

その18 ハンマーヘッドについて(その2)

その19 ハンマーシャンクについて

その20 鍵盤枠について

その21 ブラケットについて

その22 スタィンウェーピアノのアクションの秘密  ピアノの通常管理事項について(その1)

その23 ピアノの通常管理事項について(その2)

その24 世界のピアノメーカーのCDリストについて

その25 整音についての説明

その26 ピアノの音色の分析

Tea Room 2   ピアノ大改造

Tea Room 3  生録音の部屋

実際にお茶を飲みながら私と色々なお話がしたい方、ピアノについてもっと突っ込んだお話をしたい

方、聞きたい方はお気軽に田中ピアノ調律所まで遊びにおいで下さい。新たな発見があるかもしれま

せんよ。

音楽家の方で録音を採りたい方はお気軽にご相談ください。演奏会の前に後に、弾き込んだ曲を是非

記録に残してください。勿論無料で録音を採りCDにして差し上げます。驚くほどの高品位デジタル録

音です。

     録音機器  MIC Seide SE-VT3000  DAT Nakamichi 1000  ADC Nakamichi 1000P

        田中ピアノ調律所は音楽家の皆様の大きな後押しを致します。

 HOME  Voicing VoicingTheory PETROF  Announce  Space of Terra  Tea Room  Used Piano  Profile  Order  E-mail