トップページ 95年 96 97年 98年 99年 ___ 7月 01年 7月
Eメール
02年 7月 03年 7月 04年 7月 05年 7月 06年 7月
07年 7月 08年 7月 09年 7月 10年 7月 11年 7月
2012年 7月 13年 7月 14年 7月 15年 7月 16年 7月
2017 7月

2000年〜

その 106 NHK行 2000年1月1日

20××年。
………月の見える惑星に接近………これより炭素ユニットと接触………。
3日後。
 銀座から中継・・・。
緊急体制の中、地球防衛軍は唖然とした態度で成り行きを見守っています。
 3日前、銀座ソニービル前に現れた異星人が、メッセージらしき声を発し、最後に壊れたような
金属音を響かせて光の粒子とともに消えた現場です。
 その動向をたまたまホームビデオに収めていた男性の手から、なぜか、ソニーレコードに渡り、
現在CD化され爆発的な反響をよんでいるという状況です。
この男性は現在行方不明になっています。
 それではそのCD、「異星人、ソニーに来訪」を真っ黒な映像とともにどうぞ。
「CDプレーヤーを作って中身は盗作………どこの星にもバカはいますが音楽でそれをやるのは
珍しい………笑いにやって来ました………ハハハハハハハ………」
だそうです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・だそうです。
 多くの問題点がある中、海外の学者から談話が入ってきています。
「地球と同じような歴史をもつ未来人が戦闘的ではなかったということは我々の未来への指針と
なるであろう」・・・
 地球は宇宙の特等席なのでしょうか、末席なのでしょうか、分析が急がれています。
ローカルテレビでした。

その 107 NHK行 2000年1月10日
前略 ある日、家から外に出たら止まっている車からランナーがガンガン流れてきた。
この時点でもう作品(カセット曲)は、紛失していてジタバタしてもハマルだけという設定だ。
そういう状況に置かれてはいるが、そういう状況に彼等もまたいるという事でそれにしても図太いと
いうかアクどいというか無謀というか。
 おちょくられるような事をする会社を、おちょくる会社があるという事は、健康な会社といえる。
おちょくる事もできないような会社ばかり作っては、皺寄せはみんな弱者だ。
まして作曲者にだ。
犯罪者を助けるなどと言っている会社は一枚も二枚も絡んでいる。
 私の尊敬する作詞家、岡本さんの詞に「身構えるなんて臆病なんだ」というくだりがある。
世界の音楽を受け止めて心を熱くする一方で、ちょっと頂いて身構える連中がいる。
第三者からみれば、かなり奇妙な存在で音楽業界にはこの'買うほうが悪い'的人間がゴロゴロして
いる、第三者的人間は皆無に近い。
Bzが早くも身構えているようだ。                                    草々

その 108 NHK行 2000年1月18日
前略 ホームページのネオンに誘われてフラフラしているだけで7万×2もふんだくられてしまった。
国際通話料金だそうだが国際画像が皆無なのはどうなっちゃっているのか?
 立ち直れないほど落ち込んでしまったが、大好き女性の為ならしかたないかとあきらめてもみた
が、今度は騙されないぞとメールマガジンで国内の無料画像だけを見ていたら26万も取られてし
まった。
一ケタ見間違えておっぽっといたほどだ。
12時間も見ていないだろうにいったいどうなっちゃっているのか?
 再度立ち直れないほど落ち込んでしまったが、大好きな大好きな女性の為ならしかたないかと自
分に言い聞かせてもみた。
世の女性へのサービスが疎かったから皺寄せが来てしまったのか、大好きな大好きな大好きな、
しかしあのサイト。
「さおりの部屋」とか何とかの無料サイトではなかったか?
パソコンが飛んじゃってお気に入りには残っていない。
だから女性は苦手なんだ!と、激憤は抑えて日頃考えていることをそっと囁く。
女性達よ、俺に惚れなきゃ、この世に生まれた甲斐がないぜ。                   草々

その 109 NHK行 2000年1月25日
前略 メール
 聞きたいことあるんですけど、
宇多田ヒカルと友達なんですけど
あいつが作詞、作曲してるとこ目の前でみてるんですけど。
どうゆうことですか?

 逆回転のお抱え作曲者で安くたたいてぼろ儲け。
音楽業界はそういう類しか受け付けていません。
テレビに出ているのはその類です。
 私の試験に記憶は通用しません、伝えといて下さい。
ソニー (ヒステリックブルー) の鼻歌で作曲のヤケッパチ発言に対して東芝も私のロングバージョン
を弄くりまわしている頃です。
 世界に指揮を振っても実は作曲のさの字も出きませんというような連中がゴロゴロしています。
こういう連中は被害者以上に手におえません、こういう連中を作らないというのがあなた方の使命
でもあります。
東芝EMIに伝えてくれるとありがたいです。
                                                       草々

その 110 NHK行 2000年2月1日
前略 経常利益何千億という企業が、給料十万二十万前後の人間相手に26年間も盗み続けて、
抗議文で「何時まで世間や作曲者に甘えているのだ」と指摘すると、「確かに甘えていた」だそうだ。
最後の最後まで笑かしてくれるのだが、この場に及んでまだ盗み癖だけは治らないようだ。
 未発表曲を逆回転して逆戻しされると取り返しのつかない事になるのだが、その逆で原曲を盗ん
で逆回転は後でゆっくり決算に間にあわすという商いだ。
音楽に疎くても経営者なら只ではすまない事ぐらい分かるだろう、凶悪犯罪だ。
 自分勝手な人間ほど己を半分しか知らない存在で、都合のいいように都合のいいように解釈して
しまう。
唯一、他人が見てくれる自分を知ることで、あとの半分を補うことができるのだが、ともあれ人心を
離れては、すくなくとも忘れるようなことでは必ずといってよいほど失敗を招く。
 私のように地獄の沙汰に追いやられたとしても、その事で少しでも悩んでいる、というのであれば
真実を伝え元気ずけてやるくらいのシステムがあってもいい、下らない時間ばかり浪費させて業界
のオシメの世話など任されてはたまったものではない。
馬鹿ほどアホなものない、とはこのことだ。                              草々

その 111 NHK行 2000年2月7日
前略 メール その2
俺は音楽大好きなんだよ!!糞やろう、この人間のくずが、てめーなんか死ねようんこやろう。
音楽をなめんじゃねータコ。
ラルクだとかインディーズから出たんだから、パクリも何もあるわけないじゃん!! なんかいいかえ
せるか?返事送ってこいよ、さもなきゃあ訴えるぞコラ!!
私のインザムーン(未発表)という曲をパクっています。
あなたよりラルク関係者のほうがドキッとすると思います。
質問 どうやって作曲したんですか?
ヒット曲を作ろうなどと力まずに何気なく沸いたフレーズを「さび」として、あとは軽く肉付けしていけ
ば出来上がり、これで良しとする。
質問 あんたひとりで、こんなにヒット曲どうしてつくれんの?
その繰り返しで上達します。
最後になんで業界の人にあんたの曲が知られんの?
まあなんかあったとしたら、あんたが自分の曲を愛してないからなんだろーね。
だって自分の曲をやすやすとられるようじゃねー。
まああんたはそんなんじゃない納得する答えかいてくれるんだよねー。
質問返してくれなかったら、掲示板にいっぱいあんたのこといろいろかくから。
てなぐわいの人達が業界には多いということです。                        草々

その 112 NHK行 2000年2月13日
前略 猫のイラストを描き出してから猫が気になってきて道で見かけては声をかけている。
 私の創作はいつもそうで感性最優先、今描けるものだけを描いている。
であるから用もないのに自転車を止めてはチビーと声をかける。
この間の猫など声をかけたら口だけ開けて声もださない、おーちゃくしている。
猫にしてみればセーブしているのか、どうせ通りすがりのノラ人間だとでも思っているのか、すり抜
けていった。
 ビニール袋が猫に見えたり、水溜りに写る白い雲が猫に見えたりと忙しいのだが、そういう私も
変な人からすり抜けている。
 十代の頃、家に猫がいて茶の間で寝っ転がっていた、私も寝っ転がっていたので、何の拍子か
枕に見えてきて頭をそえて遊んでいたら、何の拍子か気が緩んでうとうとしだし夢ごこちのところで
猫にたたき起こされた。
怒鳴り返してやったが、物言わぬ猫の後姿を見て我に返り、申し訳なさで一杯になった。
 この猫には申し訳ない事ばかりしてしまい私の青春の焦り、苛立ちを一身に背負ってくれた唯一
のベストスタッフであった。                                        草々

その 113 NHK行 2000年2月21日
前略 面倒だと言う、直しようがないとまで言う、直しようがないから盗み続けるのがオシメ業界の
システムだ。
 日本中で悪い事をしているとテレビで公言して十年ほどになる。
そういって盗むわ盗むわ番組やら何やらとタイアップして滅茶苦茶やっている。
 アポロ13号打ち上げの時にアメリカのテレビは放映していなかった(地方の一局だけ放映)という
のも興味深い話だが、日本の業界のこのお祭り騒ぎは一体何なんだ。
 畑違いで例えだがメダリスト候補が町内会の記録に振り回されて、挙句はキップまで略奪されて
ちゃ呆れ返るのを通り越して世界にでも知ってもらうしかないだろう、まして勝ち負けの世界ではな
いのだから。
 ヒット曲を望むよりもまず世界でただ一つの自分の曲を作ることが大切だ。
それがパッとしないのなら自分にセンスが無いからで、もっともっと自分を磨けばいい。
 若い人達は世界観を持っている、空っぽの器かもしれないけれど、とにかく新しい世界観を持って
いるのだ、うまく引き出そうなどと考えなくてもいいのだし、音楽につながらなくてもいいのだ、選択
技はたくさんあっていい。
 テレビのゴールデンタイムの歌番組が音楽の総てだと錯覚させられている人達に支えられて何
時までも甘ったれた事をやっているのではない。                           草々

その 114 NHK行 2000年2月28日
前略 法というのは地球が人間を通して生まれ出た、最高のベストスタッフだと考えている。
紙に印刷されただけの決まり事。
こんなものに頼らなければ人間は生きていけないのか、・・・そうではない、これが四六時中フル稼動
で人間に作用し、平和、安全をもたらしている。
 この法という傘の下で色々な文明、文化が繁栄してきたが、ただ、あまりに法という決まり事を無
視すると、当然のごとく人間性を失うようだ。
「メロディは、あって無いようなもの」とテレビの音楽番組のトークから聞こえてきたことがある。
オシメ業界独特の言いまわしだろうが、もっともそれが見えてくれば盗作などする必要もないのだろ
うが。
 キース語録に「音楽がなければこの世は墓場だ」という名格言があるが、法がなければやはりこ
の世も墓場だ。
 吉田氏デビューの頃、ソニーは私の曲を手土産に近づいたようだが、尾崎君にも私の曲を唄わせ、
彼は非常に嫌がっていたようだが(原石ほど嫌がる)、そこのところは吉田氏ならびに関係者の情報
に期待したい。                                               草々

その 115 NHK行 2000年3月7日
前略 そういえば私はMS‐DOSの時代、コーデングといってHTMLソースの画面のような入力を
仕事でやっていたのだ。
 時々女の子がトラックダウンにやって来て、MS‐DOS画面の展開の合間に、丸い顔がより丸く
写り、噴出したりしていたのだ。
それほどにパソコンの動作が遅く地味で、今とは比べ物にならないほどだった。
 版下作業から入力に移り、マニュアルなどを家に持って帰り読みふけったものだが何も分からず、
Rキーを押すと消した文字が戻る位のものだった。
それにしてもソニーマガジンズの本割(レイアウト用紙)はいい加減だったなぁ。
 その頃だったか、資金も貯まりイラスト画集を自費出版で出そうと出版社に掛け合ったりしていた
が、拒絶され、挙句は会社もクビにさせられ、ピンときたものだ。
今の現状を察すれば表に出られてはマズイという生殺し路線だったようだ。
 それでも小規模だがコピー画集が出来あがり、知人等に配ったり、黒澤監督にも進呈して、監督
はしっかり見てくれたようで、それが一番、画集を作って良かったことだった。
 丸写しすればそれこそ1時間で出来あがる代物だが1年もかけてじっくりと作った画集で、監督も
そこのところを感じ入ってくれたようだった。                              草々

その 116 NHK行 2000年3月20日
前略 伸ばした事もない顎の辺りにも白いものが混じりだし損をしたような妙な気分になってしまっ
た。
 小学生の頃、2000年を想像した事があるが、現在色付きの自分が其処に在り、どれだけ歩き
続けて辿りつけたのか、空の青さだけが総てを包み込んでいるようだ。
 そんな小学生の在る日、家に帰ると誰も居ず、早速買物通帳を探し出し、手を出すと「コラ」と、遠
くで聞こえたような気がした。
なにあろう兄が靴を隠して押し入れに隠れていたのだ。
 また在る日、「コラ」と確かに聞こえたが何処を探しても見当たらず、急いで事を済ませて後で分
かった事だが天井裏に隠れていたのだ。
そのくせ分け前(お菓子)をやるから黙ってて(月末にはばれるのだが)と言うといらないと言う、その
くせ正月のお年玉で一緒に買物に行くと、私も同じように金を遣わないとムクレだすという変な人で
あった。
それよりもっと小さい頃、茶箪笥に飾ってあったカカオ酒を父がチビリと舐め、「水っぽい・・・水増し
したなぁ・・・●雄だ!」と犯人を言い当てて事のてん末に私は面白がっていたが、思うに適材適所
の人材が居たらたちどころに真相が明らかになり濡れ衣をきせられ、とばっちりをくう事もないとい
うことだ。
勿論彼は真っ赤な顔をしてとぼけていたが。
 ソニーに入社と聞いた時は心配にもなったが今にしてみれば適材適所の人材だったといえる。
                                                        草々

その 117 NHK行 2000年3月27日
前略 メール返信から抜粋。
●んー、最初のほうの「私の未発表、未完成の曲」というのは置いといて、(笑)
文章は読んでておもしろかったです。確かに、最近の曲は全部似たように聴こえますね。
これが、ただのイタズラメールだったらどうしよう・・・。語るのに10分近くかかったのに・・・。(笑)そ
んなことも思う中学生でした。ま、イタズラだったとしてもおもしろかったです。
★私の作品に絡んでいないヒット曲を探すほうが大変、というのが今の音楽状況です。
● メールどうも…。と、いいたいところですが、はっきりいいます。迷惑です。
それより、あなたがそんな事言えるようなそんなに偉い方ですか。
私もそうですが、人を悪く言う人にそんな偉そうにされるなんてまっぴらです。
★黙って盗む人がいて、きちがいみたいに叫びそれを止めようとする者がいて、その両方を冷静に
判断するプロがいて、しかし今このプロでさえ判別があやういのはニュースを見てても分かるでしょ
う。
 メール送信を始めて四ヶ月になりますが最初の人の返信が応援します、でした。
とても嬉しかったです、あなたも抗議文を読んで下さい。
●おまえ頭悪いね。
でも、あんたみたいな馬鹿のおかげで、こっちは勉強のし甲斐があるってもんです。
☆返答のしようがありません (※4月4日ホームページ開設)                   草々

その 118 NHK行 2000年4月6日
前略 醜い日本人という、およそビジネス用語とは程遠いレッテルを貼られている我々の一人とし
ても、こうも目の当たりにみせつけられては確かに醜いと念を押さざるを得ない。
 1秒でも多く大切な時間を作ってきたつもりの私だが、おりにふれ発言を耳にするたびに首をかし
げざるを得ない。
 業界の一生懸命の努力で音楽市場は率がいいのだそうだが、その事と、私の曲を盗むことと、ど
ういう関連があるのか、醜さがそういう事なのだろう。
 1年ほど前か、NHKはかなりきわどい質問を五十嵐(ELT)にしていたが、曰く、ほんしょさんの曲
でしょう?曰く「とっておいてもしょうがないから」
顔を背けたくなるような一場面ではあったが、何処で手に入れたのか、何故作曲者におさまるのか、
誰に押し付けられているのかは不明だ。
 溜め込んでいるから使ってしまおうという腹だろうが、では溜め込んでいる間、業界は何をしてい
たのか?その答えは10年前も現在も10年先も同じだ。
 作曲者が逆回転の行方を気にしていたのでは仕事にならないし、逆回転を気にするシステムとい
うのは致命的な欠陥をかかえた業界といえる。
会社ごっこは社内だけで、と言わしてもらう。                              草々

その 119 友人行 2000年4月10日
前略 お元気でしょうか、便りがないので気にしています。
ニュースでも有珠山が活発で目がはなせない状態です。
そこからでしたら有珠山が遥か遠くに望めるのではないでしょうか、火山灰も心配です。
 ところでこの間ちょっと考えてみて思ったのです。
大人になって環境や立場が変わっても、会うときにはやはりあの頃の思い出の詰まった友達であ
り友人だと。
もっともっと気楽にふるさとに帰って身近に感じたい環境になりたいものです。
 ところでホームページ、完成しました。
パソコンを飛ばし、プリンターをひっぱたき、スキャナーに怒鳴られてなんとか発表までこぎつけまし
た。
創作でも経験した事の無い泣きが入ったのは始めての事です。
一区切りついて感想としては、これでやっと睡眠時間が少し長くなる、というところです。
自慢ではないですが8時間は床に就いていた人間です、苦労が偲ばれます。
友人知人にアドレス知らせて是非見てやって下さい、お願いします。               草々

その 120 NHK行 2000年4月11日
前略 天国の門といい、地獄の門といい、どの家にも門があるようにインターネットに参加するとア
ドレスという門を誰もが持っている。
この門を頑丈な門にするか、気楽な門にするかは個人の責任においてだろうし、私のようにたやす
く門をたたく者に警告を発する門があっても当然な事だと思っている。
 しかし音楽業界のように裏門ばかり大きくて部屋の物が無くなり、それがなぜかレコード会社で
鳴り響いているというのであれば警告どころの話ではなくなる。
 しかしどでかいウイルスを作るもので、今度は音楽芸術協会とかなんとかいう衣をかぶりだし増
殖し、「おいおい誰か相談役とか第三者的立場の意見の言える者はいないのか」というような現状
を皆さんに伝える事以上は考えていない。
 それにしてもパソコンという記憶装置は、ただ記憶するという事にあらゆる記憶が施されていて、
進化しつづけセキュリティにまでおよんでいる。
 今のパソコン技術で文字だけ記憶するという装置にしたら、一体どれだけの数が入力できるのだ
ろうか、天文学的数字になるのだろうか。
私はそんな事が気になってしょうがない。(※カウンターが2千あたりから二百になってしまった。ど
うなっちゃっているのか。ついでに更新、イラストは月初めにはなんとか間に合わせます)   草々

その 121 NHK行 2000年4月16日
前略 とにかく盗む、滅茶苦茶盗む、会社の名が汚れようがファンを騙そうがお構いなく盗む、もっと
利口な手続きがあるはずなのだが盗む、作品が優れているからとか質がいいからなどというコメン
トなど一切なく盗む、何か言うと押し置きとばかりに盗む、うるさい邪魔だと言っては盗む、「♪採れ
たての果実のいーところー悪いわねー」と唄っては盗む、新しい音楽の展開を試みるべき時なのだ
がともかく盗む、音楽番組をこぞって終了させて変な理屈をつけては盗む、作曲者を無視して曲だ
け頂くかと聞くとその様だと言っては盗む、何故逆回転で作らないのかと言わんばかりになぜか原
曲を盗む。
 しっかり聞いてください。
作曲者から曲を盗むレコード会社、イコール営業停止。
ようするに音楽から手を引けよバカヤロウと言う事だ。
もっともっと地道に音楽に携わる関係者はいっぱいいる。
何故駄目なのなどと考える音楽関係者はまず常識を身につけたほうがいい。
 人の物を盗まないほうがいいと気づき始めて何千年にもなり、人の物を盗まなくてもよくなって何
千年にもなり我々はその定石に位置している。
私はいくら貧乏してもかっぱらいで飯を食う気はない。                        草々

その 122 NHK行 2000年4月18日
音楽制作者側メール第一報
●・・思うんですけど、、最初のほうに"私の未完成作品に・・云々"のコメントがありましたが、未完
成作品をパクられて完成させられてしまっても、文句は言えないんじゃないでしょうか?しかも未完
成作品が露出してしまうのは自己管理の悪さも否めないんじゃないかと思いますよ。
過去の作品を振り返らずに自分の作品を完成させて一つの形に仕上げた状態で、知的所有権とし
て機関に登録しておけばそんな抗議など考えないですむんじゃないでしょうか?僕も一時期音楽業
界でアーティストとしてやってたことがありますが、………私は今もなお音楽制作は続けており、相
変わらず日本の"商業音楽界"に対してやりのこしたことを自分のスタイルで実現しようと考えていま
す。過去の作品にこだわらず、新しい作品を作ることで気持ちは納まらないものなんでしょうか?…
★未完成作品と簡単に書いていますがやはりその人の魂が入っています。
「未完成作品を完成させられてしまっても」「未完成作品が露出してしまうのは自己管理の悪さ」と
いうのはやはりとおりのいい言葉で、私もふくめ音楽ファンが聴きたいのはそんな事に染まらない
以前の作品です。
そのあとにカバーなりイメージをひろうなりして実力を見せてもらいたいものです。
それがなされないのはやはり業界の体力の無さに尽きると思います。
これからも率直な意見をお聞かせ下さい。

その 123 NHK行 2000年4月23日
前略 不具合なセロファンが張り付くありさまを人生の道として考えたならば、それ
    までにも、なにものにも絶えられない考えはそれに似ているではないか。
    ならばこそ実も冬を越せば凍る。
    咲き乱れることはない、共鳴しあっているのだから。
 二十一年程前 (七十九年)、水割りを飲みながら、こんな詩を書いて芽が出るの
を待っていた。
 ウイスケは旨かったのだが、この未完の詩には、やはり作品を発表出来ないこと
への焦り、そのことへの自制、感性の錆びつきへの警戒、新しいステップへの模索
が込められている。
 それからは (本文その59参照) 現在までマイペースでやってきている。
ようするに業界待ちなどをしていたのではとんでもない事になるという事だ。
かといって私は業界を見下すような感情を抱いた事は一度もない。
 優れた作品を作り出すという事は何処かで時代との折り合いをうまくこなしている
ものだが、そのあらわれだと思っている。
 即興曲というのは作曲の醍醐味の一つだが、それをやろうと思っている。
お客さんにコードをいくつかもらって六十分ノンストップの即興ライブをその場で披露
するのだが、一人では何だから奥田あたりを引っ張り出してバトルをやるのだ。
 ソニーのことだからサクラをちらつかせる事も予想できるから私の合いの手を入れ
てだ。
早くも名乗りを挙げる作曲者がいるとますます面白くなってくる。         草々

その 124 NHK行 2000年4月28日
前略 メール その3
多分、私の中にはあなたに聞きたい事が沢山あるのでしょう。友人は言います、こんなの嘘に決ま
ってる。そう言われると共に私の中の二人はあなたについて討論します。信じている私と信じてい
ない私が・・・・
分かります、音楽は心に一番近いですから(メールあとがき参照)
そして、一つ一つの質問にお答え頂けたら有難いです。
 質問です。1.あなたの曲で、作曲者名があなたの名前で出されたことってないのですか?有る
としたらその曲の曲名等おしえてください。
ようするに私を業界に近づけちゃうと、やらずぶったくりの逆回転曲を作りづらくなる訳で
す、そして業界の作曲者というのはこの類の連中なので暗黙の了解でみな押し黙っている
のです。本物の作曲者がいたらもっと友好的なものです。

2.自分で作った曲を自分で歌う事はお考えにならないのですか?
毎日作曲、毎日唄っています、そして毎日盗聴されてます。
3.また、2をしない場合、あなたを理解した代弁者(あなたの曲を歌うアーティスト)を作る(作るで
いいのかなぁ)事はお考えにならないのですか?
私が唄えば総てが動き出す、そこからワールドを広げていきます。今はその第一歩です。
かなり偉そうに聞こえますがもう後がないので。

でも何だかこのホームページ見てたら、あなたはいろいろな才能を持ってるように思えます。
作曲、絵、文章作成etc... なんか、新しい趣向のフィクションの本を読んでいる気にもなります。
これだけの文化を犠牲にしてまでも彼等は会社の利益、保身にしか頭が回らないという、
しかも大企業とくれば馬鹿を通り越してこちらが恥ずかしくもなってきます。
 しかし二十一世紀は楽しくなります、私が楽しくします。
(※この方は男性です)

その 125 NHK行 2000年4月29日
前略 ホームページ完成のメール送信も終わり、これで少しは手を引けるかと思いきや伸び悩みが
始まり、また一から頑張らなければならない。(※5、6千人位かなぁ)
 特報は特報であり、話し相手ではないが特別な話 (報道) であり、それをNHKを窓口に報道の
行使を遂行している。
 なんてったって日テレなどは犯罪者を助けるなどと言っていて、「悪いのはこちらだ、しかし痛い目
に遭うのは………」などと公言して指を飛ばされているのだから我々の想像もつかない所で何を暗
躍しているのやら、日テレらしいとしてもテレビらしくはない。
 超能力ブームの時は「スプーン曲げ少年現る、実はスタッフがやらせていた」という笑いが止まら
ないほどの落ちを最後に披露してくれたテレビ局で、何をどう助けなければならないのかも明らか
にしてほしいものだ。
 モーニング娘脱退の子のスピーチが振るっていた。
「立派な大人になることをめざします」だった。
華やかな芸能界の中で日本の家族を見たような気になったがソニーなどは反省の色もなく、子供
をダシに盗んだ曲で踊らせて、愛の機械化(ラブマシーン)を遂行している。
 世の中をオカシクしている原因の一つがここにあるのだが、まだ分かっていない。      草々

その 126 NHK行 2000年5月4日
20××年。
………鳥が影を投げつけて行った………。
………遥か彼方にたどり着くにはあまりに広すぎる………。月の見える惑星………。
…奴が死んで久しい。
ぞっこんだったね。
…あぁ…。
パープルヘイズも、もはや古典だね。
…ウッドストックでのアプローチで、ほぼ完成といったところだろう、………奴の満足そうな
顔が印象的だ。
ジョニーBグッドのリフ見たかい、まるで脚線美のような美しさだ。
…クラシックを鍛えると音の出はいりが美しいが、奴のはそうじゃない、とても自由で
ダイナミックだ、指先にもそれが表れている。
でかい手だ。
…でかい手さ。
どうして左利きなんだろう?
…さぁ、フットボールのフォームがそうさせたのかなぁ。………………………………奴に聞いてくる。
えっ?何処に行くんだい?
…そーっと生きて静かに眠る惑星だ。
だってここは月の見える惑星だろぅ!………ねーっ………。………ねーっ………。

その 127 NHK行 2000年5月8日
前略 インターネットで新宿の電気街を調べていたら、パソコンの売上ランキングが載っていて、ソ
ニーが軒並み上位を占めていた。
 MS‐DOSの頃はソニーのソの字も見受けられなかったが、たいした追い上げを計ったものだ。
 これで何千人、何万人と言う人間が携わっていなければホクホクといったところだろうが、音楽の
ように率がいいとはいかないようだ。
 その頃(90年頃)、ソニー製品のテレビ、ビデオデッキ(VHS)2台を購入したが、リモコンから何か
ら壊れる壊れる、結局買った値段と同じ位支払わされて、「この人達、修理でも稼いでいる」と思っ
たものだ。
 しかしこういう痛い目にあっておくと、ホームページのネオンに誘われてパソコン以上の値段をふ
んだくられても何とか立ち直れると言うものだが、音楽の痛手はそれとは次元の違う問題で、早い
ところ悟ってもらって、ついでに音楽の怖さも知っていただくとありがたいのだが。
 私はノートパソコンのトラックポイント式を使っているがアドレスやイラストなどでかなり酷使してい
るが、指先の疲れなどなくかなり重宝している。
 ゲームなどをやっている人はそんな疲れもゲームのうちではないのだろうか。
私はゲーセンの戦場の狼までで空手あたりからは足が遠のいてしまった。           草々

その 128 NHK行 2000年5月13日
前略 メール返信から抜粋。その2
●本当に良い曲が売れてなかったり、本当に良い曲が少ないような気がします。(どんな人にも害
が無い形で。盗作なんて許せません。)
★だいじょうぶ〜だいじょう〜ぶだいじょうぶ〜と女性が唄っていた曲、(タクロー盗作)やイエローハ
ットのCM(未完成)マイナーな曲なども私の作品です、人の作品だとおもって滅茶苦茶な売りをしま
す。
色々なジャンルがあり好みがあるのは当然ですが今はそれ以前の問題ですよね、音楽が音楽で
在り続けるには作曲者の存在は必須条件ですから(※本文104参照)
ホームページ開設からかなりの展開がありました、製作者側メールなど驚いた事でしょう、これから
も感想よろしく。
●今の音楽は盗作が多い、けれど、これは昔からの事、楽しければいいんじゃない?私を納得させ
る話し、ありません?
★あなたの言っていることは99パーセント正解です、ただあとの1パーセントになぜか社会の仕組み、
プロのこだわりが宿しています。あなたはホームページまだ見ていませんね。
イラストだけでも見てください、かなり楽しめますよ。
●あなたは人として間違っています存在しないでください返事よろしく。(※♂宝画像付き)
☆私は時々思うのです、生きてるって事はジミヘンでありジョンでありモリスンなんだと、でなけれ
ば何時までもファンでいられる分けがないから。                           草々

その 129 NHK行 2000年5月18日
前略 二十歳の春に旅立って、九州を回り初夏に四国の松山に落ち着いた。
それまでは社会に刺激されているだけの自分であったがそれもやめ、ひたすら眠り続け、自分の
リズムを取り戻していった。
「ひとり」だとか「ライラックの木の下で」「銀河経由コスモス行きカオス号」などの作品を作っていた。
 ところで私はゴキブリを見るのがこの年が始めてのことで、かなり神経質になっていて、ホイホイ
などを設置して抵抗していた。
というのも私は北海道育ちなもので南国の蚊に刺されるのは始めての事で、5センチほども赤く腫
れ上がり、体が「デバイスの準備ができていません」状態であった。
 そんなある日、狭い廊下を渡る視界に、もみじのような陰影が映っていたのだが、気にもとめずに
過ごしていたが、なんと5センチほどもある毛の生えた蜘蛛だっだ。クモ君などというものではなかっ
た。
 シャトルでエイリアンにからかわれるデュプリー状態で部屋に駆け込んでいったが、窓の向こうに
居て寝ていると見え、暑くて閉められない状態なのだ。
 この時ばかりはお手上げで同じ下宿人の御兄さんに助けを求めた。
この人は背が高くブルドーザーの営業とかで高知と松山を行ったり来たりしている人で蜘蛛を見る
なり「うちの田舎にはもっと大きいのがいますよ」と言ってほうきを取ってパシッとやったが撃ち損ね
てこちらに向かって来たのだ。
ワッと声こそ出さなかったが、私は笑いをこらえるのと怖いのとで真剣な顔をしていた。
 1974年、松山の夏は暑かった。                                   草々

その 130 NHK行 2000年5月24日
前略 ホッチョホッチョと誰に教わったのか隣の家のサホちゃんが言う、「ホッチョじゃないっ
て、ホージョウ」、………ホッチョホッチョだ。
 幼稚園へ行ってる女の子で子供独特のおなかをしているから「ポンポンなに入ってるー」と
指で突っつくと、だまーって考え深そうな顔をしていた。
 旅館を改造した部屋で大家さん一家(おばあちゃん・奥さん・女の子)が一階に住んでいた。
 朝、激しい泣き声で目が覚めたが隣の家のサホちゃんの強烈な泣き声だった。
玄関入り口が広くて時々子供等が玩具を広げて遊んでいるのだが、サホちゃんが指を切っ
たとかで、奥さんが出て来て手当てをしているようだった。
「うるさいなぁ朝っぱらから」とそのまま眠ってしまったが、10時頃起きて階段を降りていくと
子供等がまだ遊んでいた。
「どれサホちゃんどこ切ったって」と言うと進んで包帯を取って見せてくれたが、見えないのだ、
よーく見るとちょっこし何とかなっているようだった。
 七夕の日には無口なクミ子ちゃんが浴衣を着て髪飾りでおでこを見せていた。
奥さんの子供で一年生だったと思ったが、クミ子ちゃんはおでこが広い、ということが分かった。
 そんな他愛のないこと総てが作品に反映してしまうほど、自分のリズムが回復しつつあった。
                                                     草々

その 131 NHK行 2000年5月27日
前略 メール返信から抜粋。その3●迷惑なのはあたりまえです。迷惑かなと少しでも思ったら送ら
ないでください。
★大変申し訳なく思っていますが、あなたの耳に否応なく流れてくる何百というヒット曲は実は私が
作ったものす。 お客を気持ち良くさせるのであれば盗作でさえ許されるのか、という社会問題、
お客をその程度にしか扱っていない現状を抗議文で解説しています。
是非アクセスして下さい。イラストでも奮闘していますのでよろしく。
★いつもメール有難う。ホームページ見ましたが、かなりのハードライフでしたね。無我夢中の時っ
てのはそんなものですよね。
私もホームページ作りで五六時間ていうのが続きましたが何とか乗り越えられました。 音楽もこの
調子で進みたいのですが、なにしろ彼等があまりにもこちらに入り込みすぎていますので、これをま
ず、けじめをつけないことにはどうしょうもないのです。 未完成作品というのは構想段階のようなも
ので音にしてあるというだけで、これから自分に磨きがかかり腕をあげて取り組むところなのですが、
ソウルラブ(こんな詞をつけるつもりなどないので裏覚え)にしろプライドにしろ台無しにしてしまってい
る。 一つのリズムパターンにもっていけたら、一つのジャンルにもっていけたら音楽業界にも反映
されえたのですが無知ほど怖いものはありません。
音楽への指針の話、心に留めておきます、いい話があったらまたよろしく。
●東京都杉並区在住中島蘭さん知ってますよ。日本のヒット曲のほとんどを手がけたという人でしょ。
蘭さんの曲を日本の大物プロデューサーがパクっているという趣旨の葉書を去年の夏に見ました。
意味のわからない難解な文を見ながら、「GLAY とかって自分で曲作ってんじゃん」という突っ込み
を入れまくったのを覚えています。このたび「音楽業界への抗議文」というホームページを開設され
たと言うことなので絶対に見に行きます。
☆とってもありがとう。(※とってもありがとうは流行らして下さい)                                           草々

その 132 NHK行 2000年6月1日
前略 パソコンショップの帰り、ビデオショップへ寄ったらBGMで新たな盗作曲が流れてきた。
近隣ではツバを吐いたり、匂わせたり、罵ったり、悪戯をしたりと、あく事ないがそんな事をいくらやっ
ても作曲の足しにはならないし、人の作品、盗みでもしない限り決して手に入いるものではないの
だが、盗みもしているのだ。
それで作曲者を名のっても盗作者は盗作者で一生ついてまわるだろう。
 パソコン関連に接するようになってもソニーの勇み足だけは目に付くのだが、裏を返せば技術者が
有り余っているということだろう、音楽業界では盗作者が有り余っていて、それで後押ししているの
だから技術屋も随分安っぽくなったものだ。
 ご存知の方もいるだろうが昨年のミュージックステーションでの宇田多と司会者との会話が凄かっ
た。
「若いのにそんなに儲けて一生遊んで暮らせるだろう」「うーんまだ貰ってないから」「裏で何をやって
るのかみんな分かってるぞ」「うーん」
つくづくこういうのには関わりたくはないと思うのだが、念は押しておく。
 この間の朝のニュースの中で宇田多(東芝)の詞を浜崎(ソニー)が唄っているとかやっていたが、
盗作競争の新たな展開が垣間見える。
この人達は音楽などやってはいないのだ。                               草々

その 133 NHK行 2000年6月3日
前略 インターネット事件NAVI・今週の事件記事「ソニーが米国で音楽のオンライン
有料配信開始」HOTWIRED2000/06/01。
 おいおいおいおい、粗二兵衛さんが金印をお役所に届けず、潰して銭に替え外国で
もうひと博打、打つとさ。
 魏志倭人伝の裏話。浜辺を歩いていたお百姓さんが金の朱印を拾い、これはいわれ
のある物と思いお役所に届け、お役所ではこれは名のある物として上様に献上して、
ここでやっと魏志倭人伝に書かれている金の朱印と分かり、現在我々は史実として
立体的に3世紀に思いを馳せることができる。
 歴史の事実にしろ裏話にしろ無理がないと人間の存在の琴線に心地よく響いてくる
もののようで、それにしてもお百姓さんとお役所との連携プレーは見事と拍手を送りた
くなる。
 これが粗二兵衛さんの祖先が浜辺を歩いていたものなら前記のとおりだ。
闇から闇へ消えていった歴史の断片はどれほどかは想像がつく。
粗二兵衛さんはよほど私を魏の王様にでもしたいらしい。       草々

その 134 NHK行 2000年6月9日
前略 音楽制作者側?メール第二報(原文のまま)
●もう二度と送ってこないで下さい。
あなたは単なる被害妄想の持ち主であり、ありもしない才能をあると勘違いしております。
もし、あなたのいうとおり、今のヒット曲が、すべてあなたの作品の盗作であったと仮定しましょう。しかし、その曲を
聴いて感動を与えているのは、紛れもないそのアーチストその人であり、生きざまを人は感動として、受け取ってい
るのだと思います。曲にその生きざまが反映されなければ、いくら良い曲でも、それは単に良い曲であるだけです。
抗議文を送り、一人悶々とマスターベーションしているあなたは、一生芸術ということを感じることができないでしょう。
こんなものに共感する人がいるだけでも、驚きです。
☆法律はとてもシビアです、まして証拠隠滅など音楽の世界では言語道断です。
努力した者に結果がついてくる社会です、盗作で自信を得るなど芸術世界ではあり得ない出来事です。
下品のどこが悪い、というのがありましたが、それは馬鹿のどこが馬鹿か、と言っているようなものでウイットには
なってるとは思います。
●この程度の内容のメールはおそらく何通も見ていると思いますので、気にもしていないでしょう。しかし、自分の
馬鹿を人に押しつけないで下さい。もらった方は迷惑です。「馬鹿は利口を馬鹿にするが、利口は馬鹿からも学ぶ」
とあるように、私はなかなか勉強になりました。そこだけは感謝いたします。
決して返信しないで下さい。私のパソコンが汚れます。
☆ NHKの桜井アナを笑わせるには十分の内容でしたがもう少しまとめます。
カラオケだ、音楽有料配信だと与えてばかりで利益ばかりむさぼっている分、返ってくるものは期待できません。
それは聴き手より送り手が分かるべき時だと思います。                               草々

その 135 NHK行 2000年6月15日
前略 松山での夏の第一声はツクツクボウシであった。
 北海道にはハルゼミ、エゾゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミはいるが、ツクツクボウシはいないのだ。
 鳴きかたのとおり、ツクツクツークではなくツクツクボウシと書くところが憎いところで、小さいくせにリズム
とサビを心得ているミニ・ミュージシャンである。
 早速近所の子供等に協力してもらい56匹ほど捕まえて部屋に放しがいにしてみたが、鳴いてはくれず、
それでも大満足であった。
 私のアコースティックギターはギルドのJ-45(当時で25万)だが、買った動機は何といってもヘッドの形と
模様がエゾゼミにそっくりだったからだ。
当時はマーチンとギブソンが双璧を成していて、雑誌ではギルドは女性的な音色と紹介されていたが、私は
どうも中間の音色のような気がしてならなかった。
 引越しで部屋が変わりギターを弾くと遠慮しちゃってバリン、バリン、と目の前でしか鳴らないのだが、何日
か弾きなれていくと部屋全体で鳴り出すのだ。
もちろん「蝉」という作品もあるが、それは一つ前のギターで、このギターでは「涼しさ」という蝉をベースにした
コードフットワークが似合う作品がある。
 このギターがなければ、いとしのエリーも、雨やどりも、松任谷由実の一連の作品も生まれてはこなかった
という彼等にとってはとてもありがたいギターであるが、一度味を覚えたら原曲さえ平気で盗むというパターン
で、作曲者にとっては最悪の連中である。                                     草々

その 136 NHK行 2000年6月17日
前略 音楽制作者側?メール第三報(原文のまま)
●貴殿のHPの内容、ざっと読ませていただきました。 正直に申し上げて、貴殿の主張には、何一つ客観的な証拠がありません。
 どこへ行っても相手にされないのは、そのせいでしょう。 また、「既に1000曲にもなり私の未発表・未完成の楽曲です」 との
主張がなされていましたが、現在の社会の仕組みでは、先に発表したもの、先に完成させたものが利益を得る事になっている点を
ご指摘申し上げます。 今後は、盗作される前に、発表なさることをお勧めします。 なお、貴殿のイラストは、なかなかのものだと
思います。ぜひ、この分野でご活躍なさることを期待します。
★暗黒街のボスのような発言でしたが、まずはHP読んでくださってありがとう。 私は音楽にめざめ、音楽を愛し、音楽を作っている
だけの人間ですからそれ以外の事は疎いのですが、ジョージがマイ・スィートロードを発表して盗作を指摘され二億円を支払わされ
ました。 社会の仕組みでそうなったのでしようが、私の場合はかなり深刻な事件です、というのは日本の音楽業界自体がいかれて
いるからです。 ジャスラック藤井氏はもっと親密に(逆回転音楽で)と促しています。 いまや業界に留まらずその周辺にも及んでいる
ようです。 読者の方にも分かりやすいようにまとめてみました。
●個人的には楽しませてもらいました。もっとも、全てみているわけではないんですが。 まぁ、元々日本のものは欧米等の平行輸入
なんで例えば音が盗作といわれても誰も言い返せないでしょう。 なぜなら、音は有限なんだから、その組み合わせも有限。 今の
音源は基本的に使い捨てなんで、どのように扱ってもいいんじゃないかと。
★そのようですが、であるから吉田氏のように業界の裏事情を察してか、妙にはしゃぎながらデビューするという輩も出てくる訳です。
 即興バトルを促していますので応援してください、本物と素人の差がはっきりと分かります。
●このHP等で一番気にくわなかったのはペンネームで送ってきた事かな。 自信があるなら名字だけでも証しなさい!!
★HPで二三度書いていますので、もっと読んで下さい。 明日に向かって撃てというニューシネマでサンダンスがブッチに「おまえの
苗字、つまらねーな」というセリフがあって可笑しかったのでが、ようするにデジタルの組み合わせではでき得ない世界だという事です。
                                                                            草々

その 137 NHK行 2000年6月24日
前略 私がフラフラしているせいか、奥さんから犬の散歩を任されていた。
この犬、中型の柴犬、ニーは「犬は喜び庭駆け回る」という詞のとおり、一時としてじっとしていては
くれないバカ犬で、おまけに抱きついてくるという癖があって、Тシャツやズボンを泥だらけにされて
しまうのだ。
 話では4・5匹の犬とケンカをしてケガを負い、退院したばかりとかで、運動不足もあってか、おお
はしゃぎで、私はかわしながら、かわしながら散歩をさせていた。
 ある日、病院に連れて行くように言われ地図を持たされ出かけたが、着いたとたん私は息を呑んだ。
あの落ち着きのないニーが診察台の上でよだれを垂らしながらじっとしているのだ、先生に傷口を
触られ診てもらっているのだ!
「先生!」「………えー………」「先生に診てもらってる…判るんですか?」「………判るんだろう
ねぇ………」私はただただ関心して見ていた、ニーは賢かった。
 いやな予感はしていたのだが帰り道、放し飼いの大きな犬2頭に吠えまくり、こちらに向かってき
たのだが、飼主に止められ事無きを得たが、冷や汗を掻いて帰宅したのを憶えている、ニーはや
はりバカ犬であった。
 おばあちゃんは三味線のお師匠さんとかで時々ベンベンと鳴らし、2階の私の部屋にも聞こえて
きていた。(※重たくなってきたのでこの辺で折り返します)                     草々

2000年〜

トップページ 95年 96 97年 98年 99年 ___ 7月 01年 7月
Eメール
02年 7月 03年 7月 04年 7月 05年 7月 06年 7月
07年 7月 08年 7月 09年 7月 10年 7月 11年 7月
2012年 7月 13年 7月 14年 7月 15年 7月 16年 7月
2017 7月