はじめに
 
  8EYESはセタが1988年に世に送り出したゲームである。セタといえども、森田将棋やスーパーリアル麻雀ばかり作っているわけではない。 数年に一度、緻密に作りこまれた良質なゲーム(SFCならノスフェラトゥ)を発表している。本作は横スクロールのアクションゲームで、「悪魔城ドラキュラ」のパクリと評されていたが、これは当たってない。
  第一に、このゲームの真髄は二人同時プレイにある。
  第二に、1P(ボンド少佐)と2P(鷹のカットラス)が全く別のキャラ、という点に最大の特徴をもつ。
付属的な部分の類似はパクリとは言わない。
  本作はよくクソゲーという分類をされる。初期の名作もその難易度ゆえにクソゲーと評されてきた。・・・が、これは初期の名作が越えねばならぬ壁であり、むしろ名誉なのだ。プレイ=クリア、の最近のヌルゲーとは一味も二味も違う。 花火を打ち上げたり、横須賀をうろついたり、天誅を鬼のようにパクったりするのとはワケが違う。「こんなゲーム、クリアできるか!」と思わせておいて、ある一点を契機に、面白いようにほどけ始めていく。 ・・・これこそ、真のゲームではないか!


 操作方法

 Aボタン:ジャンプ
  Bボタン:攻撃
  A+上もしくは下:特殊武器を使用
  B+上:カットラスの離脱・合体
  B+下:カットラスの急降下攻撃
 スタートを押して左右でアイテムの選択。セレクトでも同じ。
  階段の昇降は斜め上、斜め下ではなく、上下である。
 

 特殊武器   

ブーメラン:2回ヒット。クロスのパクリか?ボスには無効。
スーパーボール:当たると敵が硬直。ボスに有効だが、時間が短い。
ピストル:FCの処理速度いっぱいの速さで敵を貫通。使えそうで使えない。
火炎ビン:地面に当たると炎が出る。飛距離に難あり。聖水?
短剣:通常攻撃と同等の攻撃力。
赤ボール:波状に前進して敵を攻撃。コストパフォーマンスに優れる。
 

 
 隠しアイテム   

まきもの宝石の並べ方のヒントが得られる。
MAXライフのMAXがゲージ1つアップ。
全回復取ったキャラのライフ全回復
?不明
G一定時間無敵
 
 
 基本方針

 ● このゲームは、ボンド少佐の体力が0になった時点でゲームオーバー。つまり、カットラスは死んでもいいわけで、ここが攻略の鍵となる。 1人用の場合、両キャラクターと一人で同時に操作しなくてはならなく、どうしてもカットラスの操作が二の次になってしまう。 以下、二人プレイを前提に話を進めていく。

 ● ボスを倒すと剣がもらえ、次のステージはその剣を使うことになる。ボスと剣には相性があり 通常の二倍与えられる組み合わせが一つある。それを考慮すると
インド→アフリカ→ドイツ→スペイン→・・・ となる  (未完)

 ステージ

 
エジプト ドイツ
インド ルースやかた スペイン
イタリア アラビア アフリカ
 エンディング   

宝石の並べ方は以下の通り。エンディングは見逃しても何度も繰り返してくれます。

  



↑index.htm/