個人でのヨーロッパツーリングを考えているライダーへ
 

日本国内でのツーリングは? 一寸スピードを上げるとPoliceが待っている。 道路は車、 車、 車、
観光地は人、 人、 人、 それでも今年は東へ、去年は西へと走った。 高速を利用するとお金が
かかり過ぎる。 バイクは子供の乗り物という偏見。 あまりにも世間はバイクに冷ややか...

いつかはそんな制約の無いヨーロッパをツーリングしてみたい。 でもパックツアーは嫌だ。 
ソロやタンデムで自由に旅がしてみたい。 そう考えているライダーにお薦めできるのが、
輪嘶舎(りんせいしゃ)によるヨーロッパツーリングです。

輪嘶舎がお世話するのは、現地でのレンタルバイク予約の代行のみです。 ツーリングが始まれば
すべてフリー。 ヨーロッパを自分の思い通りに満喫できます。 その日の宿を飛び込みで見つけるのは
日本よりはるかに簡単です。 ヨーロッパの安宿には予約するという習慣がないため、飛び込みは
普通です。

ツーリングに行く人は、ほとんどが社会人で、1週間〜2週間程度の休みを取って行く人が大半です。
ヨーロッパツーリングは冒険ではありません。 右側通行・言葉の問題などを除けば、日本で走るのと
あまり変わりません。

ただしツーリングですから、事故に気をつけるのは何処の国でも当たり前。 無理さえしなければ、
日本では体験出来ないような感動が味わえます。

MOTORRADREISEN

 

 

         

weiter >>

Home


RINSEISHA