日本画ってなに?

現在のページ:日本画ってなに?<トップ


 【日本画って?】

日本画は、千数百年の歴史をもち、また技法、素材、精神性が引き継がれている絵画様式です。
しかし、一般的に想像される日本画とは、花鳥風月や、仏画、浮世絵ではないでしょうか?
今日、「日本画」をみても、一見、油絵かどうか、わからない作品が主流になっています。


「日本画」という言葉】

そもそも、言葉としての「日本画」は明治20年代につくられました。
「日本画」とは、西洋画が入ってきた時に、日本人の描く西洋風絵画(洋画)に
対置されることにより意味を持った歴史用語です。
そして明治以降、次々と押し寄せる西洋文化の波と日本の伝統絵画をどうやって
融合させるかが、現代日本画家の課題でもありました。

【他の絵画との違い】

油絵との大きな違いは、単純に材料の違いがあります。
水と油、その素材の違いが制作に多少なりとも影響があるのは、わたしは否定できません。
また、東洋の空間意識、日本の空間意識、西洋の空間意識はそれぞれに異なるものだと、私は思います。
日本の絵画には、すべてを描き切ってしまわない「余韻」が重視されるように思います。
「抜け」がある。わかりやすくいうと、中国の水墨画には空間はありますが、「抜け」はありません。
中国から伝来してきた絵画様式なのに、こう行った違いが出るのは、やはり日本独特の美意識に基づくものでしょう。

日本の精神性】

また、東洋は自然を崇拝する意識が高く、アニミズムが自然と浸透しています。
逆に西洋は「人間崇拝」のキリスト教が浸透しているので、その宗教感からくる美意識には、
無意識的な違いがあると、私は思います。
つまり、油絵と日本画が、材料だけの違いと、言い切ってしまうには、まだまだ早く、
解決しなければいけない問題が、根底にあるように、今、私は思います。

【これからの日本画】

過去の偉大な日本画家たちの功績が、これからどのように発展していくのか、
私自身もよくわかりません。しかし、国際化が進む昨今、「日本人のアイデンティティ」が
叫ばれるようになってからでも、問題が解決される事なく、歳月が過ぎています。
ただ、私は私が20世紀に生まれ、21世紀を見る事ができた、一人の日本人であり、一人の女であることを
胸に秘めて、制作をしていきたいと、常々、思っています。


【日本画用語集】
【あ】
■アートグルー(現代版膠:にかわ)
アートグルーは気温の高低(-5度〜80度)強く、画面が完全に乾燥しないため、ひび割れ、剥落を防ぐ。また、洋紙、和紙を問わず、アクリル板まで、自由に使用できる。しかし、現在の研究で、天然岩絵具の群青、緑青など、鉛が入っている絵具とは、化学反応を起こす事が判明。色落ちがあるそうだ。
   
【か】
■胡粉(ごふん)
起源は奈良時代に中国から輸入された鉛白である。しかし現在、日本で使用されているものは、天然産のいたぼ牡蠣の貝殻より製造(最高級品)。この胡粉がいつごろから使用され始めたかは、不明。江戸時代には使用が盛んになったが、
明治以降は、チタニウムホワイトなどが登場し、生産は減少。
【さ】
■準天然岩絵具(じゅんてんねんいわえのぐ)
準天然岩絵具は、天然鉱物と同じ組成をなし、科学的に風化状態や圧力を加えられて作られた絵の具と、天然の微粒子顔料や、金属化合物などで作られた無を加工した絵具の二種類がある。(「彩」より引用)

■水晶末(すいしょうまつ)
水晶を砕いて作るもので、透明感のある白色系の顔料。光沢があり、方解末より透明度がある。方解末、水晶末は盛り上げとして使ったり、他の顔料と混合して下地作りに使われる。(日本画の表現技法、美術出版社)
【た】
【な】
■日本画(にほんが)
日本画は千数百年続いている絵画方式。「日本画」という名称は、明治時代、文明開化によって、入ってきた「洋画」と区別するために、用いられた歴史用語である。

【は】
【ま】
【や】

【ら】

【わ】


●画材店リスト●

・ウエマツ…TEL:03-3400-5552/FAX:03-3400-5553
東京都渋谷区渋谷2-20-8(JR渋谷駅前)
日本画の岩絵具が揃っています。絵具の色も軽い明るい感じ。
その他搬入、宅配などサービス満点。

・喜屋…TEL:/FAX
東京都台東区(JR上野駅から徒歩10分)
日本画の岩絵具が揃っています。絵具の色は少し渋い感じ。
古い店構えが独特の雰囲気を醸し出しています。
10:00〜18:00 日曜休み。

・美正堂…TEL:042-343-7660/FAX:
東京都小平市学園西町2-14-19(西武多摩湖線一橋学園駅前)
日本画専門ではありませんが、とにかく安い。岩絵具は吉祥。
社長も店員さんも絵描きという、不思議な店。
相談にものってくれるし、絵描きの気持ちが分かってくれます。

10:30〜19:30 年中無休。
・中塚金属箔粉工業株式会社…TEL:03-3667-2766-7/FAX:03-3667-2773
東京都中央区日本橋茅場町3-5-2
箔が揃っています。伺ってみてサンプルを見ると、
思い掛けない箔もあるかも?京都、大阪にもあります。

・彩雲堂…TEL:075-221-2464/FAX:
京都府中京区姉小路通麩屋町東入
昔ながらの門構えで入るのにすこ〜し勇気がいります。
京都ならではの雰囲気を醸し出しています。
学生時代に京都弁で叱られた経験あり(;;)。
しかし、水干の美しさは素晴らしい!100色以上あります。
水曜休み。

・放光堂…TEL:075-231-0817/FAX:
京都府中京区烏丸通り二条下ル
威厳ある門構えで、整とんされた感じです。
色は端正な感じ。御主人がいい方です。
日曜休み。

・中塚金属箔粉工業株式会社(京都店)…TEL:075-361-4531/FAX:075-361-4531
京都府下京区寺町通松原下ル植松町726
実は私は京都の方まで購入にいって、
「それなら、東京にありますよ〜」といわれ、愕然とした思い出あり
(私は東京在住)。
でも、くだらない質問にも丁寧に答えてくれました。親切です。

・尾崎金俊製紙所
高知和紙のメッカ。丈夫で、荒削りの和紙は現代日本画にぴったり。
また、お安いのも魅力。

・美阜屋
日本画画材をネットで販売している画材店です。

情報不足なところは、随時更新します。許して下さいねm(_ _ )m。