髑髏城の七人〜アオドクロ〜

《キャスト》

市川 染五郎 ・・・玉ころがしの捨之介/天魔王
鈴木 杏 ・・・沙霧
池内 博之 ・・・無界屋蘭兵衛

高田 聖子 ・・・極楽太夫
三宅 弘城 ・・・カンテツ(刀鍛冶)
粟根 まこと ・・・小田切渡京
高杉 亘 ・・・鋼の鬼龍丸
川原 和久 ・・・水無月才蔵

ラサール石井 ・・・狸穴二郎衛門
佐藤 アツヒロ ・・・こぶしの忠馬

逆木圭一郎/村木よし子/山本カナコ
村木仁/川原正嗣/前田悟
タイソン大屋/葛貫なおこ/小寺利光/小村裕次郎/杉山圭一/田畑亜弥/中野英樹/安田栄徳
山中崇/横山一敏/竹内康博/中川素州/加藤学/矢部敬三/三住敦洋/藤家剛/佐治康志
柴田健児/島田裕樹/小椋太郎/蝦名孝一/武田みゆき/伊藤美帆/嶌村緒里江/野澤紗耶


《物語》

時に天正十八年、
戦国の雄−織田信長が逆臣の手にかかり、はや八年。
天下統一は浪速の猿面冠者−豊臣秀吉の手でなされようとしていた。
ただし、唯一関東を除いては。
関東の大平野に忽然とそびえる漆黒の城-----“髑髏城”
黒甲冑の武装集団“関東髑髏党”の首魁は、自らを“天魔王”と名乗る仮面の魔人だった。
天下統一を狙う秀吉の最後にして最大の敵となった天魔王。
そして風雲急を告げる関東荒野に、奇しき縁にあやつられ集まる者たちがいた。

髑髏党に追われる沙霧を行きがかりから助けた謎の牢人狸穴二郎衛門と玉ころがしの捨之介は
“女を隠すには女の中”と色街無界の里へ向かう。
色街では無界屋の極楽太夫をめぐって馴染み客の関八州荒武者隊を名乗る荒くれ者たち、
こぶしの忠馬・水無月才蔵・小田切渡京が捨之介と小競り合いを繰り広げていた。
仲裁に入った主人・無界屋蘭兵衛は昔馴染みの捨之介に気がつく。
そこに沙霧を追う髑髏党の幹部・鋼の鬼龍丸が居所を嗅ぎ付け無界屋に襲撃をかける。
騒然となった無界屋に突然現れた天魔王により、捨之介と蘭兵衛たちの封印された過去が明らかになる。

そして二人の過去を知る謎の刀鍛冶・贋鉄斎(逆木圭一郎)とその弟子・カンテツにも髑髏党の手が。
贋鉄斎の意志を引き継いだカンテツとともに捨之介たちは天魔王に立ち向かうべく髑髏城へと乗り込んでゆく。
戦い、未だ終わらず-----。新たなる七人の物語が、ここより始まる。

2004.10.9(土)日生劇場にて観劇。座席2階C列6番

まず最初に一言。座席&周りのマナーの不満です(笑)

花道の真下に客席をつくらんでくれ〜!」(泣)←2階下手。
花道は声しか聞こえないし…しかも、花道多用してるのに…。見切れじゃなく見えないって・・・。
舞台の前方付近を見てる分にはまだいい・・・が、最初のシーンが後方に設置した映像だったのですが、(恐らく「本能寺の変」)何がなんだか分かりません・・・。
両脇に斜めに倒れた木のようなセットがあって、それがなお邪魔をしていて、(映像に思いっきり斜めに被ってる)全くと言っていいほど観えませんでした。
モヤモヤしながらも、SS席じゃないししょうがない、と割り切って観てたんです。
しかーし。
横並びのおば様方・・・一つ前の人たち・・・気持ちは分かりますが、迷惑なんですよ・・・。
前のめり、立ち上がる・・・いくら一番後ろでもね、斜めに舞台を観てる以上、視界に入るんですよ・・・。いろんな席の人がいろんな角度で観てるんですよ・・・お願いしますよ・・・しかもたまにしゃべってるし・・・。
と、かなりイライラしちゃいました。集中力切れそう(いや、あまり集中出来なかったかも。)でした。

では、本題に入ります^^;

歌あり、コネタギャグ沢山あり、と「無駄に豪華な」ショー的髑髏というのは聞いていたし、新感線っぽいものだし、嫌いじゃないんですよ。むしろ好き。
でもね・・・。うーん・・・。
特に1幕、本当にだらけました、私。メリハリがあんまり感じられなかったんです。ギャグにしろ、演技にしろ、衣装にしろ殺陣にしろ。
思わず笑っちゃう、というシーンもあまりなく「ふっ。」ってな感じで。
衣装はなんだか中馬はギンギラギンだったり、太夫はあまり品を感じないし・・・。蘭兵衛の衣装もなあ・・・。
特にどうしても気になったセット&衣装。
「無界屋のシーン」。安っぽいネオンのセットが出てきた時、私は思わず「ここはバンコク?」と思ってしまいました(笑)←それはサイゴン。
しかも、太夫や他の女たちの衣装がピンク系のシフォン素材っぽいもので、なんだか品のないキャバレーみたいな・・・しかもガードル着けたおみ足全開。まるで「マダムヴォルフの館?」(それも違。)←それはエリザベート。
いや〜〜〜〜〜!!!(謎)ここは言葉巧みに男たちを手玉に取って春ではなく夢を売る処。他とは違う、はずなのに。
品が感じられない上に、太夫の衣装が他の女たちとあまり変わらないのも・・・。(その後の戦う時の衣装も・・・)
なんだか、高田さんが勿体無い!!
個性がガツンとぶつかって、派手に無駄なことをやりつつも、決めるところは決める。そんなものを期待していた私は、ちょっとがっかりしてしまいました。
殺陣もなんだか中途半端というか、段取り通りに動いてます、みたいに感じて。(全員じゃないですけど・・・)

そんなこんなでだらけていた私ですが、1幕最後の辺りで集中力を取り戻しました(笑)
三宅さん最高〜〜〜〜!!!
もう、この一言に尽きます。
詳細(更にネタばれあり)は、最後にまとめて書きます。

そして2幕。
1幕と違い、戦うシーンということもあり、緊張感いっぱいでした。
染五郎さん演じる天魔王は、古田天魔王より残虐でした。ぞっとしました。いやーな気持ちさえしました。
でもま、緊迫感たっぷり、殺陣たっぷりでかなり楽しめました。
あっという間、という感じで長時間も気になりませんでした。
でも、やっぱりぐっとはこなかったんです。
それはやっぱり個々の個性が出し切れてない感があるのと、まとまりが感じられないから、かなあ・・・。
不思議な縁(えにし)で集まった7人ががっつり心を一つにして戦うという部分があまり感じられなかったです。
捨之介と沙霧の関係もぼやけてたような気がしました。
その辺がアカドクロにも97年版にもしっかりあったように感じてぐっときたんですけど・・・。
あとこんなに登場人物増やす必要があったの?という感も・・・。
悲しいかな、髑髏党の幹部(のメイン?)が誰なのか分からなかった・・・高杉さんをもっと上手く使ってほしいなあ。
「刀の非道丸」の川原さんの方が印象に残ってるんですけど^^;(しかも、高杉さんの方が先にやられるし。)
川原さんはスーパーサイヤ人みたいな(ドラゴンボール?)髪型で、しかもたまーに髪をいじってて「ナルシスト?」ってな感じで。
後半の戦いでは仁平(中馬の兄さ。村木仁さん)と中馬との攻めになぜか髪の毛が飛び(?)丸ハゲに・・・私は心の中で「轟天2かよっ」のツッコミ(笑)
明らかに(全体的に)メインの人達より劇団員(及び準劇団員?)の人達の方が印象に残ってるんですが・・・。
これって、勿論キャストの方々の力量だけでなく、演出の仕方ということもあると思うのですが・・・。(そっちの方が大きい?)
私の好みとしては、ちょっと「?」。

キャストの方々について少し。(少しアカと比べちゃってます。すみません。)
染五郎さん。
動きがキレイ。古田さんのようなコテコテの下ネタはなく(笑)粋な感じの捨之介でした。
そういえば2幕の登場(天魔王として)で、舞を踊ってました。これって、歌舞伎で見せるような舞なのでしょうか?私は知らないのですがそんな舞でした。美しかったです。
古田さんとは違うキャラだったので、あとは好みでしょうか?

杏さん。
かわいかったです。激しく感情を出す役って結構この人のお得意なのかな?若さ全開!で爽やかな沙霧でした。
でも、それ以上のものを感じられなかったのも正直なところ。
歌がひとつありましたが、結構いっぱいいっぱいだったかな。

池内さん。
声を聞いた瞬間「粟根さん?」と思った(笑)いい声してるなーと思いました。
でも、インパクトが・・・蘭兵衛の存在感、思いがその台詞回しからも立ち回りからもあまり感じられなかったです。
あと、殺陣がちょっと・・・。
アカの水野さんのように「こういう蘭兵衛もありだな!」と思わせるものがほしいです。

ラサール石井さん。
んー。家康に「戻る」時との差があまり感じられなかったです。残念。アカの佐藤さんのようにその落差に「ドキッ」とさせてほしいです。

アツヒロさん。
熱く、よく動き回る中馬でした。でも、そこにいるのは中馬っていうか、アツヒロさんっていうか・・・。
アカのじゅんさん演じる兵庫と違うキャラにしたいのか、同じにしたいのかよく分からなかったです。
はじけているんだけどはじけきれてないような・・・。愛されるキャラではあるんですけど。
あ、花道からはける時の「歌」が「夢はフリーダムフリーダム♪」だったのは面白かった。(彼を慕う仲間とはける時だけでなく、一人ではける時も同じ。)
しかも彼が戦う時、靴にローラーが仕込んであるようで時々ツーッと動いてました。
(よく一時町でも見かけませんでしたか?小学生くらいの子が同じように動いてたのを。)おー、これは光○○○(笑)
が。私が好きな「仲間を殺されて号泣するシーン」で泣けなかったのはつらい。
これはやっぱりじゅんさんの力が大きすぎるのか・・・・。

粟根さん。
「裏切り渡京」というキャラが思ったよりも前面に出てて活躍してたのにはびっくりしました。
アカや97年版での裏切り三伍とは全く違うキャラだったので、(共通点は裏切ることだけ。)これはこれとして面白かったです。
あの髪型にでっかいそろばんの形をした刀(?)が出てきたらどうしても沢山の方が「97年版:蘭兵衛リターンか?」と思ったことでしょう。
私は個人的に嬉しかったです。まあ、これも好みでしょう。
あと、三宅さん演じるカンテツがおバカで渋い台詞とか言えないので(笑)代わりにきっちりしめてたように思いました。 だからこういうキャラで正解だったのかな、と。
・・・でも、どうしても、粟根さんが蘭兵衛に見えてしまう・・・(笑)

「兄さ」の村木さんは、鎌さばきがなかなかで、いいキャラしてたんですが好みとしてはやっぱり磯平・・・(笑)
・・・と、どうしても辛口になってしまうんです・・・。正直なところ。
全体的な印象としては、なんかちょっとバラバラな感じでガツンとくるものが薄かったです。
面白かったことは面白かったんですけどね。断片的には。

最後に、私が唯一「最高!」と思った三宅さんについて。
1幕最後の方に、謎の刀鍛冶・贋鉄斎の逆木さんとその弟子三宅さんのシーンが出てきます。
思わず大爆笑してました。客席も爆笑の連続。
おバカキャラ全開。三宅さんの役は頭は弱いが腕はよい「カンテツ」。
「刀」と贋鉄斎(がんてつさい)が言うと「タナカ?」と言い。「まっこと美しい」と言うと「マコト?タナカマコト?」と言い。
「聞くな!」と言われると「菊名?東横線に住んでるんだな」と意味不明にメモをしてる^^;
「・・・も器量のうちだ」と言うと「ウチダさん?」そこに現れた捨之介に「(あなたが)ウチダさん?」と。
そのカンテツ、追っ手から師匠を守ろうと玄翁を振り回し、確かに倒すのですが、振り回す度に後ろにいる師匠に当たってしまい(笑)挙句に贋鉄斎は火鉢に顔を突っ込む羽目に。
そしてなぜか慌ててその追っ手が助けているという、間抜けな状態に関わらず「お〜お前ら〜(←アンタがやったんだよ^^;)タナカ風情に・・・」←?
かと思うと天魔王を倒すべく作られる「斬鎧剣(ざんがいけん)」を捨之介に説明しようと墨で書いた垂れ幕を持ってくるのですが、その横に「タナカ」とルビをふって贋鉄斎に怒られてシュンとしてたり。
かわいいんです。姿も立ち振る舞いも^^;そして、台詞も「間」が上手い、と思いました。だから余計笑ってしまう。
ちなみに。
その師匠の雁鉄斎は、自分のおバカな不注意で(謎)死んでしまうのですが、なぜか「゛(濁音)」を渡されます。
カンテツ…ガンテツ…斎?
そんな駄洒落で(?)二代目ガンテツ斎が誕生してしまったのでした。

2幕でもやっぱりおバカで(笑)匂いだけで(渡されたメモ読めないから)無界屋にたどり着くは、捨之介=ウチダさん、髑髏党=タナカさんと呼ぶわ、トンチンカンな事連発でした。
勿論、それだけじゃあありません!
「100人斬り」では刀をとぎつつ、捨之介の刀をキャッチ(空中キャッチもあり)しながらそのまま側転したり。
バク転もあり。(バク中はなかったけど・・・)
もう、私は三宅さんにドキドキ&爆笑してました。
ただひとつ気になったのは、これから天魔王に戦いを挑む、という緊迫した場面で「捨之介、斬鎧剣だ」と言うシーンがあるのですが、その前に「ウチダさん」と言ってしまったこと(笑)
この場面だけは緊迫感を持って「捨之介。」と言って欲しかったかな。

そんなわけで、私の中に残ったのは三宅さんだけだったのでした。
すみません、大偏り感想で。