(以前の書き込みより)

初四季、初キャッツでした!

まず、劇場自体が「キャッツワールド」でした。
壁にも周りにもいろんな「ゴミ」があってそれを観てるだけでも飽きませんでした。早めに来て正解でした。
斜め前には「鼻メガネ」や枯れたバラなどなど・・・。
ちなみに私の席は2階1列35番。
…1列目でよかった、と後々実感(^^)

印象に残った方。
まず、マンカストラップ@福井さん。立ち姿ですでに「かっこいいなあ〜」と思ったのですが、ハリのあるすごいいい声で、勇敢さがありました。存在感もあって、さすが「リーダー的存在猫」という感じ。
ヴィクトリア@金井さん。
そのスラッとしたスタイルもそうですが、動きのしなやかさが印象的でした。すごいキレイで、優雅で、イメージにピッタリ。
ジェニエミドッツ@鈴木さん。
おばさん猫のタップは、圧巻でした。後ろで踊るゴキブリさん達ともバッチリで、かっこよかったです。
グリザベラ@重水さん。
1幕での「メモリー」は、実は私の中では割とさらっと流れたのですが、2幕での「メモリー」はぐっときてうるうるしてしまいました。
猫達の中に入りたいけど皆に威嚇されて疎外されて、さ迷うその姿とかそれまでの流れも相まってだとは思いますが、その強い想いがその歌声からも感じました。

で。
私が一番気になったのが、ミストフェリーズ@松島さん。
このマジック猫の踊りがすご〜い。
クラシックバレエの踊りもキレイで、軽やかだったり、軸がぶれることなくその場で何回も何回も回転したり(拍手がおこってました。)、素敵でした。
私好みのダンスとかもあって、とにかく魅了されました。

1幕後半でかなり長い時間、歌なしのダンスシーンがあったのですが、どの猫も軽やかで、しなやかで、すごく見ごたえがありました。

もちろん、他の猫達も素敵でした。
ラム・タム・タガーのノリも好きだし(カテコの最後の最後の登場、めちゃ面白かった。)、とにかく皆さん歌は勿論、踊りや動きも素敵で、楽しかったです!リピートしたい気持ちも(笑)

あと、席の前を何度も猫が走っていったりしてて、私はじっと観られました(@_@;)
2幕最後では、握手しちゃいました(笑)←多分、コリコパット。
ちょっと嬉しかったです!

そういえば、ラム・タム・タガー、客席から女性を連れ去りステージにあげて踊ってました(笑)
焦りつつも笑顔のかわいいおねえさんでした。客席からも拍手が。

お子さん連れも沢山いましたが、騒ぐこともなく。
それが物語っていた気もしました。

また観に行きたいです!