ダブリンの鐘つきカビ人間

作/後藤ひろひと 演出/G2

出演
片桐 仁/中越 典子/
橋本さとし/山内圭哉/中山祐一朗/及川 健/田尻茂一/八十田勇一/
トロイ/山中 崇/平田 敦子/
土屋 アンナ/姜 暢雄/後藤ひろひと/
池田 成志/若松 武史

STORY
霧深い山奥で道に迷った若い男女:聡と真奈美姜・土屋)は、とある山荘へ逃げ込む。
真奈美が霧の中で聞いた歌を口ずさむ。
♪みーたぞーみーたぞー 紙人形が見ーたーぞー 僕らの教会見ーつけたー紙人形が見ーつけたー♪
「その歌はどこで?」山荘の主池田)が現れる。
今はもうない鐘の音が聞こえてきたことをきっかけに、その主(池田)はかつて「街」がここにあったこと、そしてそこで自分は市長を務めていたという不思議な物語を語り出す。

それは、「ポーグマホーン」と呼ばれる剣をめぐる不思議な物語。
そして、聡と真奈美は山荘の主に誘われるようにその不思議な世界へ足を踏み入れる・・・。

 時は中世。かつては栄えたこの町は、今、大きな危機に瀕していた。町全体が不思議な病に冒されていたのだ。
その病は人によって症状が違う。
「偉くなれない病気」
にかかった王様後藤)や、「外見と心の中身が入れ替わる病」を患ったため美しい心に醜悪な姿となってしまったカビ人間片桐)、それに「思ったことと反対のことしか話せない病」に苦しむ少女・おさえ中越)。などなど、治療の方法すら見つからない病が氾濫していた。
 ある時王は町を救うためにおふれを出した。
「伝説の剣・ポーグマホーン」を見つけだした者に王位を譲るという。「ポーグマホーン」は千人の人間を斬ったとき、奇跡を起こすといわれていた。
尻込みする市民の中から名乗りを上げたのはなんと真奈美。
どうせこれは夢だからと戦士ばりの勢いで剣を受け取る。戸惑いながら後を追いかける聡。
だが、それを阻止せんと立ちはだかったのが市長だ。市長は神父山内)と結託し、この病を利用して私服を肥やしていた。
病を治されてはかなわない。ひとまず、言葉巧みにおさえの許婚「戦士」(橋本)に、真奈美と聡は悪者だと言い含め、「ポーグマホーン」を渡すなと、奪って持って来い、と伝える。
「ポーグマホーン」を巡って、戦士たちと市長一味の攻防戦が始まる。
戦士
はおさえの為にも、とその言葉を信じ、怪獣が潜むという森へ向って旅立つ。
(後々、戦う中でその誤解は解ける・・・。)

一方、カビ人間はその醜悪な姿から、誰も側には寄らず、嫌われていた。
ただ一人「あなたは素敵。もっとこっちへ来て」と声をかける少女がいた。「思ったことと反対のことしか話せない病」に苦しむ少女・おさえだ。

 おさえの病に気がつかず、恋に落ちてしまうカビ人間。だが、おさえは「絶対こっちへ来て」と泣きわめきながら、カビ人間から逃げてしまう。
勿論おさえの父(※年齢以上に年を取ってしまったジジィという病気しかも、昔ある男に騙され、金を取られた挙句、薬を飲んだら目が見えなくなってしまっていた。若松)も大反対だ。
おさえの父はカビ人間の過去を知っていた。
そして今はその病気におかされ急に老い先が短くなり、戦士とおさえの婚礼を楽しみにしていたのだ。
だが、カビ人間がおさえの罪をかぶって投獄されるという事件から、二人の仲は急発展する。
カビ人間も投獄中に偶然おさえの病気を知ってしまっていた。
おさえはカビ人間の心の純粋さを知り、惹かれるようになっていく。
そしてついにある日、カビ人間の頬を触りながら言う。

「まったくムカつく野郎ね。みんなに甘やかされてうぬぼれてるのよ」

 やはり、反対のことしか言えないおさえ。しかし、病気を知っているカビ人間はそれをなんとかさかさまに解釈しながらますます恋に落ちていく。
世界で一番美しい罵倒が二人の愛を盛り上げていくのだった。
 
そんな中、市長は「セント・スティーブンズ・ディの正午の鐘が打たれた時、死ぬ」というやっかいな病気に冒されていた。(神父の占いによるものらしい。)
市長はその病から逃れるため、鐘つき塔で働くカビ人間に交渉する。「セント・スティーブンズ・ディは、正午の鐘を打つな」と。
しかし、その醜悪な姿とはうらはらに美しい心を持つカビ人間は「その鐘を鳴らさないと、皆がお昼の準備が出来ずに、お昼が通り過ぎてしまいます」とそれを断ってしまう。
市長は、カビ人間を亡き者にすべく計略をたてることになる。

 
 カビ人間とおさえの幸せな時間は長くは続かなかった。
市長と神父が教会に火を放ち、その罪をカビ人間にかぶせようとしたのである。
それに荷担した「背中に羽の生えた嘘つき病」天使(及川)の歌がじわじわと市民に伝わってしまう。

♪見ーたぞー見ーたぞー カビ人間が火ーつけたー 僕らの教会火ーつけたーカビ人間が火ーつけたー♪


怒る市民たち。
市長に扇動された市民たちは暴徒と化しカビ人間に襲いかかろうとしていた。
間一髪で、おさえが飛び出してくる。そして渾身の思いを込めて叫ぶ。
「やったのはカビ人間よ!殺して! 彼を殺して!」
皮肉なことにその一言が合図になったかのように、市民たちが暴徒と化し、頭の怪我が元でおかしくなってしまった侍従長の猟銃が火を噴く。

慌てておさえは、鐘つきに行ってはいけないと(勿論反対の言葉で)必死にカビ人間を説得する。
しかし説得も虚しく、カビ人間は分かっていながら「鐘つき」の仕事へ向かう。

その頃、戦士(と真奈美)は数々のゲーム(?)と戦いを潜り抜け、無事「伝説の剣・ポーグマホーン」を手にしていた。その剣には今まで切られた数が残っている。
暴徒と化した市民、そして神父を切り、残り1となった所で、戦士はおさえにその剣を奪われる。

真奈美は必死に「カビ人間を助けて!」と訴えるが、「過去にあった事を再現してるだけ、もう変える事は出来ない・・・」市長は言う。
真奈美や聡の姿は市民達には見えない。どうすることも出来ない。
そして、鐘をつきに階段を登る途中、カビ人間は何発も撃たれてしまう。そんな中、ポーグマホーンを手におさえが走ってくる。
倒れていたカビ人間も「おさえちゃんだ!」と、最後の力を振り絞って鐘のあるてっぺんまで登りきる。

涙ながらにカビ人間に想いを訴え、(勿論反対の言葉で)ついにはおさえ自ら「最後の1」になるべくポーグマホーンを自身の身に振り下ろす。
瞬間、同時に侍従長の撃った最後の一発がカビ人間を貫く。

静寂・・・。
皆の病気が治る。ポーグマホーンの奇跡がおきたのだ。
倒れたおさえのもとに父と戦士が駆け寄る。戦士は静かにおさえを抱きかかえ、去っていく。
泣き崩れる真奈美。それを支える聡。
町は消え、もとの山荘に戻っている。
市長は真奈美と聡に静かに言う。
「私にも勿論奇跡は起きました。(死なずにすんだ)・・・しかし、(今はないはずの)あの鐘の音が何度鳴っても私は死ぬ事が出来ないのです・・・」
   

2005.10.28(金)初日 観劇。 座席1階10列25番

出だしでの感想。
市長@なるしさん。なんかキャラ変わってる・・・(汗)あの渋さはどこに・・・^^;

鐘と共に「街」が繰り広げられると、市長も市民もみんなちょっとしたダンスを踊っていました。(ラストとかでも)
なんかカクカクしたロボットダンスみたいな要素が入ってたり。生身の人間というよりおもちゃ箱から飛び出してきたかのような感じに見えちゃいました。
(この動きを見てなんとなく「ルル」(秋山さん主演)を思い出したんですが、後でパンフを見たら振付が同じ人でした。)

そして。
市民が沢山出てくる中で、私は最初見逃しました。ちょっとダンスが落ち着いたところで気付きました。

・・・あの海ガメは!(笑)

さとしさん・・・^^;あの卵には吹き出しましたわ!もっと泣かしたい(謎)

で、ですね。「今回は市民としても出てるんだ〜」なんて思っていたわけです。
でもですね。なんか引っかかって今、DVDを観直したんです。そうしたら。

・・・初演でも市民で出てたのね、さとしさん(汗)

今の今まで気付かなかった私って一体・・・。プチショック(笑)
初演は1回だしその頃はさとしさんを知らなかったからしょうがないとはいえ、DVDを何度観たんだよ、自分・・・。
ちなみに、初演は背中から木が生えてました。(でも、はける直前に2,3台詞があるだけで今回のように「キャラ説明」は一切なかったです。)

で。
戦士登場。すんごい勢いで転がり出るように出てきたさとしさんは、上手ステージギリギリまですっころびながら出てきました。(あれは素で転んだのか?)
衣装は渋めで、すごくかっこよくて似合ってました。
黙って立っていたらめっちゃ渋くてええ男・・・でもそんなキャラでないことは百も承知(笑)
最初から爆走してました〜。なぜそんな顔(表情)をする!笑いすぎてお腹が痛いではありませんか!
殺陣も沢山あるのですがそんな時の動きや表情はとても引き締まっていて素敵でした。
その場の状況や相手によって爆走したり、ちょっと引いてみたり、そういうメリハリがすごく感じられて、演技とか全体的に深みを感じました。
(なんとなくふと、11月のさとしエンジニアを思い出してしまいました・・・。なぜ?)
イケイケGOGO!の初演さとし戦士(?)も好きですが、今回のさとし戦士はもっと大好きです(#^.^#)

途中、アンナさんが台詞を忘れて前後の台詞をしどろもどろに繰り返してなんとか終らせた時、その対面にいたのがさとし戦士なのですが、その空気にうまく付き合ってて、最後にぼそっと「・・・なんとなく分かった。」と言った時には客席からも笑いがありました。ナイスです〜。

あ、ちなみにカビ人間が罪を被って捕らえられるあたりのシーンでもさとしさんは別役(兵士役?)で出てます。
初演も出てると思いますが、なんせかなりの暗がりなのでDVDでも分かりません^^;ただ、聞こえてくる声からするとそうだと思います。)

さて、さとしさん以外の役者さんについて。
まず新キャストの方々。

片桐さん。
初演大好きの私としては、ちょっと物足りなさも感じました。
大倉さんがかなり強烈でしたからねえ・・・。悲しいのに笑っちゃう、「切なさと笑い」が混在しててすごくはまり役だったと思うので。
でも、後半から少しずつ「別物」として観られる様になってきました。
というか、ある意味「別物のカビ人間」を作ってほしいなあ。私としては。
感想になってませんね^^;すみません。

中越さん。
・・・うーん・・・。そつなくこなしてたとは思うし、細いながらもそこそこ声も通っていました。かわいいし。
でも・・・「反対の台詞」を発する時、「心と言葉が真逆」っていう演技が私にはあまり伝わりませんでした。
初演の水野さんは、透明感と、その「心の言葉」がその演技からよく感じられて大倉さん同様「切なさと笑い」が感じられて惹きこまれたので余計・・・。
特にラストにかけてなんかは「必死で悲痛な叫び」をあんまり感じなくて・・・。

アンナさん。
見た目も話し方もファンキーな感じ(?)でした。すごくかっこよくてきまってる。
この日はちょっとぐだぐだでしたが(笑)←台詞が。まあ、それはおいといても堂々としたもんでした。
ただ私の中の「真奈美」は普段口が悪くてきつくても心の中はそうじゃない、っていう部分を重視していて。
それがあってラストの真奈美の涙にぐっとくるのですが、この日は全くこなかったです・・・。
「お前の心の泉は水晶のように輝いておった」(だっけ?)という戦士の台詞。そこの部分をもうちょっと感じさせてほしいなあ。
キャラ的には好みで分かれちゃうだろうなあ。どっちも(エンクミさんもアンナさんも)アリだと思いますが、私の好みはエンクミさんです。

姜さん。
・・・物足りない。(すみません。)あれだけ初演でバシバシツボに入った聡の台詞が全く入ってこなかったです。
笑いどころも、情けなさ具合とラストの変化も。
言い回しのせいなのかな?なんででしょう?
これは好みだけじゃない気がするんですが・・・。
長塚さんでもう一回観たいよ〜!!!

初演と同じキャストの方々。

若松さんは素敵すぎる(笑)←なぜ(笑)が^^;
市民ではいい動きしてました〜。前回とキャラ違いますが、インパクト強かったです。
そして「父」ではすごい空気を締めてて、ホントに柔軟にいろんなものを演じられる人なんだなあ、としみじみ思いました。
ただ、個人的にはそのヅラはいらないです^^;

なるしーさんと山内さんは相変わらずの(?)強烈&反則キャラでした(笑)
「群馬水産高等学校」の黄金バッテリー(ただし、ライトとレフト:ばく)も分かっているのに爆笑しました。
笑わせつつ、ブラック担当をびしっと決めていて引き締まったなあ。
あ、神父@山内さん。火をつけるシーンで、マッチでつけた火を紙か何かにつけてから奥に持っていってたのですが(初演はマッチの火を直接奥に持っていっていた。)その後市長@なるしーさんに「ちょと、あ、熱かった。」と言っていたのが面白かったです。

なるしーさんが最初に乗ってくる変な怪獣みたいなの(通称:サダハル。)には分かっていても笑えました。
あと「馬」。←注*顔しかない。しかも、この馬、さとし戦士に殴られて震えてたのが余計に笑えました。

全体的には、初演とちょこちょこと台詞が変わってたり、「みーたーぞ〜♪」の音程が変わっていたり、キャストが増えたことによって新たにちょっとしたシーンがあったり(コネタ的なところで)しました。
新キャストの平田さんは見た目を生かした(?)キャラでかなりおかしかったですが、他の新キャストさんの印象がちょっと薄かった気も・・・。

大王は相変わらずで(笑)冒頭での「ポーグマホーンの報酬」が「アイポット」にランクアップしていたので個人的に笑っちゃいました。(初演では「図書券」とか「肩もみ券」とかそんなだった。)
あと、天使姿で登場するシーンではホントに「飛んで」ました(笑)
戦士が森の怪獣(?)と「知恵比べ」対決をするシーンでも台詞やその後のシーンに追加がちょっとあったり。
そんな風にちょこちょこと新しい部分もあり、とても楽しかったです。大いに笑いました。

でも。
私の中で楽しいだけで終ってしまったので、それが逆に残念。
ラスト、全く泣けなかった。うるうるさえこなかった。(涙腺弱い私なのに。)
こればかりは、カビ人間、おさえ、そして真奈美と聡次第だと思うので、これからに期待したいです。

初演を観てるがゆえのデメリットや好みもあると思うので、その辺は御勘弁を。

カテコでは、大王も予想外の(?)スタオベになり、大盛り上がりでした。

*初演(パルコの)私の感想→コチラから。