ダンス・オブ・ヴァンパイア

キャスト

山口祐一郎(クロロック伯爵)
市村正親(アプロンシウス教授)
大塚ちひろ/剣持たまき(サラ)
浦井健治/泉見洋平(アルフレート)
佐藤正宏(宿屋の亭主・シャガール)
阿知波悟美( シャガールの女房・レベッカ)
宮本裕子(女中・マグダ)
吉野圭吾(ヘルベルト)
駒田一(せむし男・クコール)

男性アンサンブル

安部 誠司
池田 紳一
岩田 元
小原 和彦
KENTARO
齊藤裕加
さけもと あきら
島田 邦人
武内 耕
俵 和也
中山 昇  
松澤 重雄  
水野 栄治  
山名 孝幸  
女性アンサンブル

秋園 美緒
足立 美幸
家塚 敦子
碓氷 マキ
柏木 ナオミ
樺島 麻美
河合 篤子
史桜
鈴木 結加里
徳垣友子
豊福 美幸  
難波 美妃  
水谷 祐紀  
やまぐち あきこ  
ダンサー

新上 裕也
加賀谷 香
背戸田 勝敏
原田 みのる
東山 竜彦
山田 茂樹
一倉 千夏
小嶋 亜衣
坂井 朋子
松村 朋子

2006.7.15 マチネ Wキャスト:浦井さん&ちひろさん 座席 一番後ろの上手寄り。

なんの予備知識もなく観てきました。
一番後ろではありましたが、結構観やすかったし、通路側に近かったので、度々通るキャストの姿も観れました。

全体の感想。
正直、微妙。
特に1幕は、「あっという間」感がなく、テンポというか芝居の流れに違和感を感じていました。

浦井さんはアルフレートにとてもあってる感じがしました。
歌も伸びがありました。でも、もっと歌えるのでは?とも思いましたけど。
へなちょこ具合が(?)とてもキュートでした。
ヘルベルトから逃れようと客席に降り、ぐるーっと走るのですが、その間ずっと「ひぃひぃ」言ってておかしかったです!

ちひろさんとのハーモニーはあまり心地よくなかったかなあ…。微妙にずれてる感がどうしても。気のせいでしょうか。
ビブラートの癖みたいなもののせいなんでしょうか、それとは別なんでしょうか…。

1幕圧巻だったのは、市村さん。
動きがイチイチおかしい!
最初の凍った動きだけでもうやられてしまいました(笑)
そして、圭吾さんの登場で既に吹き出しそうになった私です(爆)
2幕。
「悪夢」のシーンにやられました。
教授とアルフレートが眠るベットの上で歌う男性2人、女性2人。
そして、わらわらと出没し踊るダンサー。
歌う人の中に、水野さんがいました。声で「あれ?」と思って気になっていたんです。
遠目ながらその腕の広げ方、指の動かし方に何かを感じ、そして最後のシャウトにぞくっと。
ダンサーさん達もすごかった!妖しくキレイでした。

あと、圭吾さん…(笑)
アナタは最高です(爆)

山口さんは、歌といい、存在感といいさすがだと思いました。
リズムを取る手の動きとクレーン以外は…。

駒田さんもいい味出してました!一見怖いのにかわいい。
悪夢の後の「ハンカチ噛み締め泣き去る」シーンはツボにハマりました。

あと、カテコで、ヘルベルト@圭吾さんが、マグダ@宮本さんと一緒に出てくるのですが、圭吾さんが宮本さんに目を向けるなり「シャーッ」と言わんばかりに威嚇(?)していました(笑)
そんなに女は嫌いですか・・・(爆)
そのくせ、はける時には真っ先にアルフレートの所にやってきて連れ去って(?)いました。


でも、全体的には「?」。
そんな複雑な心境のままマチネ終了。


ソワレ。 Wキャストは泉見さん&たまきさん。 座席は2階E列下手寄り通路側。


視界は良好。舞台上に限っては、視界が塞がれることはありませんでした。
ダンスが大人数だったりするので、全体を観たり、照明も含めた全体を観るにはもってこいでした。
が、オケ以降の通路が観えませんので、後は好みかな、と。

で、感想です。
慣れたせいなのか、なんなのか。ソワレの方が全体的に面白かったです。
何より全体がキレイによく観えたことがよかったかな。
そして、音の返りとか、山口さんの歌や言い回しもソワレの方がよかった気が。
Wキャストのハーモニーについてはこちらの方が好みでした。
ただ、たまきさんの地声にあたる(台詞)部分がやけにアニメチックというか、少女っぽくて違和感。
もともとなのでしょうか?
私には、少女を演じるために作った感があって…透明感のあるキレイな声をしてるんだし、なんか残念。

そして、2幕「悪夢」。
私は水野さんチェックをしていました。
腕から手にかけた仕草や指先の動きが、どうしても「内野トート」に観えてしまう私って一体…^^;
最後のシャウトにまたもや感動。

そして圭吾さん(笑)
サラばりの「あ〜あ〜あ〜♪」で既に吹き出しそうな私でした。
そしてアルフレートに迫るシーンで、客席に後姿を見せた瞬間。
上に着てるレースっぽいシャツがひらっとめくれ、お尻全開(ばく)←いちお、Tバックみたいの着用。
その瞬間、客席からは拍手がおきる始末^^;

そのアルフレート@泉見さんですが、びくびく具合がかわいかったです(^^♪
歌も安定していました。
歌に入ると、持ち前のハスキーな太めのしっかりした歌声になるので、それがアルフレートと重なるかといった好みは分かれるかもしれませんが。
でも、結構好きです。

全体的な空気、テンポが微妙にマチネと違って感じ、ソワレの方が盛り上がっていました。
実際、面白かったです。

2公演を観た感想ですが。
Wについては、サラはキャラはちひろさんの方が合ってる感じ。どういう女の子なのか分かりやすかった。色気もあるし。
歌は…どちらも「いい」部分と「不安定」な部分があったかなあ。
アルフレートは、二人ともそれぞれ違うんですが、それぞれ成り立っている感じでした。

全体的な感想としては「微妙」です。すみません。
全体的なバランスがイマイチ私には…。
途中、まったりしちゃったり…。
面白いシーンも多々あったのですが、はまるまで到らなかったのが正直なところです。
好みもあるとは思うんですけどね。
でも、ダンス素敵だったなあ〜。

あ。
帝劇の柱にキャストの写真が飾ってあります。
観劇前と、観終わった後、必ず観てくださいね。
私はたまたま観終わった後教授の写真を真っ先に観たのですが。
「ああ、やっぱりねえ・・・」と思いました(謎)

1階でも2階でも観られたのはよかったです(^^)
Wキャスト観れたし。
1日でMy楽になってしまいましたが、この先も進化してくれるといいなと思います。
きっと盛り上がるんでしょうね。

微妙でありつつ、「悪夢」のシーンが忘れられなくてうずうずしている私です^^;

友人に言われて気づきました。
そうか、私は水野さんの隠れファン(?)だったのか…(謎)

何日経っても「悪夢」のシーンが忘れられない私なのでした。