ミュージカル「十二夜」※ストーリー、キャストは「1回目観劇レポ」を参照してください。

2003.11.1(土)マチネ観劇。 座席X列7番

約1ヶ月ぶり2度目の観劇。席が一番後ろだったので、観づらかったですが、それなりに楽しめました。
ちなみに、「三井住友VIZAカード」貸切公演でした。

その為(?)随所に「三井住友VIZAカード」がらみのアドリブが盛り込まれていて^^;
最初は笑ったけど、あまりにもいろんな人(主要キャスト)が同じような台詞を言うので、私としては少々苦笑。
「三井住友VIZAカードを持ってるか?」とか「私も持っている」とかそういう台詞が所々に・・・。

そんな中、苦笑続きの私が(?)笑っちゃったのが、岡セバスチャン。
2幕、オリヴィアと出会う直前のシーン。アンドルー達に(シザーリオと間違えられて)襲われるシーンで、
颯爽と現れたかと思うとこう言いました。
「ごめんなさい!!ぼく、アメリカンエキスプレスなんです!」

・・・爆笑しました。会場もかなり受けてました。しかも、言い終わって数秒の間もじわじわ笑いがおきてたと言う
不思議な現象。
(ちなみに、その後現れたオリヴィアは「VIZAを持ってない人なんて切っちゃいなさいっ」と言ってました(^^ゞ)
しかも、闘ってる時、ポーズを決めるんですが、Vサインを横にしたまま目の横に可愛く(?)おいてました。
(セーラームーン?^^;セーラーヴィーナス参照:爆)
それ以外でもちょこちょこと笑わせてましたー。シザーリオと同じギャグもありました。
私が声を立てて笑ったのは、全体でも岡さんのシーン。意外性にはまったのかも(笑)

全体的には、初日に観た印象より、引き締まってた気がしました。
あちこち手直ししたり、カットしたりしたという話を聞いていましたが。
正直、どこがどう・・・とは覚えてないのですが、初日に思った「ちょっと前半長い・・・というか間延びする・・・」とか
「なんとなく気が抜ける・・・」とか「そこまでダジャレ・・・少しくどい・・・」とか(かなり毒吐いてますね、すみません。)
そういう感覚はかなり解消されました。
ナンバーも1回目より、心地よく入ってきました。CD欲しいかも、とちょっと思っている^^;
でも、今頭の中に残ってるのは、「愛してる〜♪」(四重唱)と「イリリア〜♪」「お楽しみはぁぁぁぁぁ♪」です(笑)
はるぱぱ・・・何回聞いてもぞくっとしますわー。でも、腰とか辛いのかな?気のせいかな?動きが押さえられてた
気がするんだけど・・・。
大地さんはさすがです。安定してるし、コメディの「間」もばっちりだし。
私が好きなのは、最初のシーンで、オーシーノ公爵を誤解し、言い寄られないように男装して遣える、というヴァイオラに
道化が「別に言い寄られると決まったわけじゃ・・・」というと
「いえ!絶対言い寄られるに決まってます!!!」と可愛く捲くし立てる台詞。
男役ではなく、あくまでも可愛らしい女性の部分を、「シザーリオ」でいる時も失わずにいる、流石だと思いました。
そして、綜馬さん。
「腰砕けシーン」なんで無くしちゃったの〜?(笑)個人的に残念。
がっくりうな垂れてるだけでした。(シザーリオに裏切られたと思うシーン。)
それはさておき、これだけ笑い満載の中、びしっと歌といい、仕草といい決めてました。流石です。
でも、カーテンコールで登場した瞬間、お茶目なポーズを一瞬とってました。その後もノリノリだったし。
かなり、うずうず、我慢してました?(笑)

何はともあれ、岡さんの歌声にうっとりです。安心して心地よく惚れ惚れしました。
姿もキレイです。大地さんとそっくりではないけど(笑)双子に違和感がないんです。
やっぱり気になります(^^ゞ

あ、ハプニングが!
シザーリオが、「決闘」してるところに、アントーニオが危険を承知で(セバスチャンと間違えて)助けにくるシーン。
アントーニオが下手からびしっと決めてやってくるんですが・・・。
下手の段差で、早々にこけてしまい(笑)膝から崩れてしまいました。
ああ・・・笑うシーンじゃないのに・・・(ばく)
しかもそのあと、サートビーが台詞の中で「大丈夫ですか?」って(笑)
なんともはや・・・^^;

貸切公演って。
確かにおいしい部分もあるんだけど(主役の舞台挨拶とか)、観劇余韻を邪魔される部分もあり、実はあんまり
好きではない。
舞台が終わって、カーテンコールが何回かあって・・・でも、本来だったらもっとカーテンコールがありそうな勢いも
司会者の方が出てきて止められるし(苦笑)
なんだか冷めちゃうんだよなあ・・・(また毒吐いてるなあ。)
私は、何度かのカーテンコールを経て、終わってもそのままオケの音楽が流れて(エグジットミュージックっていう
んでしたっけ?)その終わりとともに会場中が大きな拍手に包まれる、そういう空間が好き。
それが終わるまで「ミュージカル」だと思ってるから。
今日、それを改めて感じたのでした。