キス・ミー、ケイト〜KISS ME,KATE〜

作詞・作曲 コール・ポーター
訳 詞 なかにし礼
脚 本 サム&ベラ・スプワック
丹野郁弓
劇中劇「じゃじゃ馬ならし翻訳(白水社刊) 小田島雄志
演 出 吉川 徹
振 付 セルジオ・トゥルヒーヨ
 
キャスト
リリ/キャタリーナ 一路真輝
ビル/ルーセンショー 赤坂 晃
ロイス/ビアンカ 伊織直加(宝塚歌劇団)
フレッド/ペトルーチオ 今井清隆
ギャングA 伊吹吾郎
ギャングB 太川陽介
ポール 本間憲一
ハッティー 春風ひとみ
ハウェル将軍 沢木 順


家塚敦子  柏木ナオミ  古郡やすこ  丸山知津子  染谷妃波  内田このみ  足立美幸  堀朋恵
浅野実奈子  一倉千夏  栗原朗子  小野佳寿子  ちあきしん  園山晴子  ももさわゆうこ  高塚いおり
林アキラ  青柳勝大郎  山名孝幸  水野栄治  鴇田芳紀  日比野啓一  乾あきお  川原信弘
須田英幸  藤森徹  石山毅  登坂良樹  田澤啓明  吉川哲  井上正樹  俵和也

アメリカ・ボルチモアのとある劇場。ここではシェイクスピア作『じゃじゃ馬ならし』のミュージカル版の試演が
始まったばかり。主役のキャタリーナとペトルーチオを演じるのはリリとフレッド。
実はこの2人、一年前に離婚したばかりで、楽屋でも舞台上でもケンカばかり!でもリリには新しい恋人・
ハウエル将軍がいて、フレッドはフレッドで気に入ったナイトクラブの歌手・ロイスを自分の芝居に出演させている。
互いにやきもちをきつつ素直になれない、意地っ張り同士。
 ある日、リリの楽屋にフレッドから花束が届く。大喜びのリリは「お守りにする」と花束についてきたカードを胸の
中に閉まって舞台へと向かうが、このブーケ、本当はフレッドがロイスに送ったもの。
間違ってリリへ届けられてしまったのだが、リリはそんなこととはつゆ知らず・・・
 一方、ロイスは恋人・ビル(赤坂晃)の博打狂いに悩まされている。
せっかく『じゃじゃ馬ならし』で共演し、2人でまともな暮らしを始めようと話していたのに、ビルの博打癖は治りそう
にない。再び借金を作り、今度はその借用書にフレッドの名前をサインしてきてしまったというビルを追って
(「フレッド」を追って?)借金取りのギャングまで劇場に現れてしまう。
 そんな中『じゃじゃ馬ならし』は開演し、リリが演ずるキャタリーナとフレッドの扮するペトルーチオが出会うシーンと
なる。
出番直前、リリがロイス宛てのカードを読んでしまったからさあ大変!「フレッドのウスラトンカチ!」リリは舞台上で
まさしく「じゃじゃ馬」のごとく暴れだし、「キスしておくれ、ケイト」とのセリフにフレッド(ペトルーチオ)を平手打ち!
 ブーケの件ですっかり腹を立てたリリは降板すると言い出す。
フレッドは公演がキャンセルになればお金は返せないと借金取りを煽り、彼らの脅しによって何とかリリを舞台に
戻すが、やはりフレッドを許せないリリはハウエル将軍と劇場を去ってしまう。
この2人、そして『じゃじゃ馬ならし』の公演は無事ハッピーエンドを迎えることができるのか
・・・。

*********************************************

2002.7.6(土)帝国劇場にて観劇。 座席2階列番

とにかく。
DIVAどころじゃない大暴れ一路さんが観られます。(笑)
まさに、「じゃじゃ馬」。
でもなんであんなに怒鳴り大暴れ(??)してるのに、きれーに声が伝わるんだろう。不思議。
んがああああ〜!!って感じなのに(爆)
しかも、なんだかキュートなのです、これが。
あんだけ暴れて、すごい形相で(笑)「おーとーこーなど〜大嫌い!!」と、これまたがなり声なのに。
耳に心地いいんだなあ、これが。
なんで?なんで?・・・不思議でたまりません。
そして、フレッドに対する気持ちがかわいいなあ、って思った。
素直に(お互い)なれないのに、相手の事が気になって、気になってしょうがない。
そんな思いがなんだか、じわーっと伝わってきそうだった。
だからこそ、くすくす笑っちゃいながらも(?)二人の愛を応援したくなる私。
一路さんっていろんな才能があるんだなー。感動。

今井さんもいい声、いい味出してました!
ソフトな話し方なんだけど、これまたなんだかかわいい。くすっ、って笑っちゃう。
コミカルであったり、素晴らしい声で魅了されたり。とても魅力的な役者さんだなーって思いました。

あと、すごくびっくりしたのが、ポール役の本間さん。
なんだか、どこかで観たような・・・あの顔、あのキレイなダンス・・・。
あ、高杉晋作だ(笑:→彦馬がゆく)
だって、あまりにも違う役柄、表情なんだもの。
あまりのギャップに惹きつけられました。いやーびっくりした。
しかーし、さすが得意のダンス。体の線、というか姿勢、動き・・・ホントキレイです。そしてかっこいい!
舞台ならではの「ギャップ」。これがまたたまらないのよね。

欲をいえば、最初のダンスシーン、もうちょっと短くても良かったかなあ?(失敬!!)
ちょっと間延び、というか緊張感が逆に抜けちゃいました。
それにしても、皆さん魅力的で歌もダンスもうまい!そして楽しい!
さすが、です。

そうそう。
博多座では綜馬さんがフレッドなんですよね。観たいなあ。
なんだか、すごく似合ってそう。
それに、やっと一路さんとハッピーエンドになるんだもの!(爆)