getting married today!〜結婚します〜

作・演出・訳詞 治田敦
振付 原田みのる

〜出 演〜
 新郎:さけもとあきら/新婦:徳垣友子/Mr.BJ:原田みのる
 フランシスコ・ロジャー・デブリー司教:トウドウ※1:治田敦
 
石井泉(ヴァイオリン)三枝慎子(チェロ)酒本尚子(ピアノ)/音響:唐沢義男

ストーリー?

ごく普通の男の子が、ごく普通の恋をし、少し普通じゃない女の子と結婚することになりました。
ただ一つの問題は、かなり普通じゃないおじさんが邪魔に入ったことです。「二人」の恋の行方は・・・

2004.7.10(土)18時30分より「銀座NB CLUB」にて結婚披露宴Start。テーブルE12(真ん中後方。)

内容としては、結婚するお2人の馴れ初めを歌やダンスに載せて、時には笑かして(?)披露するというもの。
それぞれシンガーだったお2人。出会い。
そして、新婦徳垣さんをシンガーとして育て(?)面倒をみて、大好きだったのに別の男にもってかれた普通じゃないおじさん:トウドウさん(笑)が邪魔に入ってさあ爆笑。という感じでしょうか^^;

2階にも席があり、その奥から新郎新婦が登場。徳垣さんの花嫁衣裳がかなりセクシーでした。
黒のキラキラヘソだしミニスカ(*_*)キレ―です。
そして、それぞれ歌を披露します。しゃけさん、いい声だ・・・。
園芸を学び演芸の世界に飛び込んだ(?)というしゃけさんは、小さい頃から影が薄く、両親でさえ気付かない(笑)
お店のカウンターに座ったり、中に入ってバーテンダー(原田さん)の横に立ってちょっといじったりするんですが、それでも「僕には」気付かない・・・と、歌います。(Mr. Cellophane)
その時のしゃけさんの瞳がすごくキュートでしたー。(すみません、大の男性に・・・^^;)
友達は「歌」。歌以外は?と原田さんに突っ込まれ「1人だけ。」「誰?」「僕。」
そんなしゃけさんは徳垣さんが好きで、カウンターに座ってはその眼差しを徳垣さんにむけます。
大嫌いな飲み物(名前忘れました^^;)も、徳垣さんが好きだと聞くと「僕もそれを。」とオーダーしたり。
自分の作詞した歌しか歌わないと言っていたはずなのに、徳垣さんとデュエットするはずのトウドウさんがまだ来ないと聞くと、「僕が代わりに歌いますっ!」と言い出したり。
けなげなしゃけさんなのでした。

そして、その怪しいおっさん・・・いえ失礼、トウドウさんですが。
「地味ーな格好で失礼します」と2階から登場・・・(^^ゞはるぱぱ・・・。
グラサンにギラギラタクシード。そして、オレンジの羽を背負って(タ○ラヅカ?)現れたのです・・・会場爆笑です!

徳垣さんは踊りもしなやかだし、歌声もキレイ。そして、時にかなりすごい顔(?)をしたり、お笑いもばっちし。
「体は武器!使わなきゃ!」(When you got it,flaunt it)と歌う徳垣さん、説得力ありすぎです。
そして歌いながらテーブルを横切って行く時、そこに座っていたあるスキンヘッドの人(注*私の座っていたテーブルなんですが・・・kさん、役者さんです^^;)の頭をつるっと触っていったりお茶目です。

そして1時間が過ぎ、食事タイムです。
「最終電車で帰る方もいるようですから、(時間を延ばさないように)皆さんとっとと食べてください。」(BYはるぱぱ)

そしてデザートが出てきてもうそろそろ、というあたりでしょうか、「お祝いのビデオレターが届いてますので披露いたします。」と。
そして大きな画面に最初に現れたのが綜馬さん(楽屋と思われる。)!ニコニコ顔で「おめでとう。僕のような素敵な家族を作って」と自分の家族写真(恐らく)を持って見せる綜馬さんなのでした。
次はゾフィさま(舞台の格好のままです)。花束を持って「私の結婚の為に・・・」(横から「違う違う」と突っ込み。)
そして、歌でお祝い?をするのですが、これが爆笑でした。
「愛〜それは〜♪」(←ベルばら?)素敵な高音で歌った瞬間。
「(鬼の様な表情?で)厳しく〜♪」こわっ。ゾフィさまだ^^;
愛〜それは〜♪」→「冷静に〜♪」とその落差にはまりました。おもしろかったー。
お次はズラと化粧は終わったけど衣装は着てない(ガウン)の山口さん(なぜか2連発。)「おめでとう〜!」とにこやかに手を振るのでした。
ラストを飾るのはくつろぎすぎの(?)村井さん。ボケ倒しです(すみません・・・)
「さけもと?俺は一緒になったことがないから」(横から「いやいや一緒にやってますよ」)「本当?しゃかもと?(違。)あ、違う?知らないなー。」とボケ倒したままビデオが終了しました。
挙句に「LOVE IS OVER」となぜか(^^)vサインしてて(笑)「それじゃ終わっちゃう」ぶちっ。(ビデオ切れる。)
いやー面白かったー。

そして後半。冒頭のように2階奥から純白のウエディングドレスを着た徳垣さんと新郎が・・・あれ?新郎がトウドウさんになってる^^;
私の座ってるテーブルを二人が通り過ぎた時、同じテーブルのNさん(注*役者さんです^^;)が「キレイやね。キレイやねえ。」と言うと、はるぱぱが一言、「俺は?」

コミカルなアップテンポで「大きな指輪、抜けない!」とかとまどい(相手がしゃけさんじゃないので)を歌う徳垣さんがかわいらしかったです。
(トウドウさんはまた別のテンポで歌っていてそのバランスが面白かったです。)
結局は、変なおっさん(すみません・・・)トウドウさんと結婚させられそうになった、とうなされていた徳垣さんの夢オチ?だったのです。
「いやーーー!!!あんな男絶対いやー!」
目が覚めても徳垣さんは少々混乱していて、「私が誰かと結婚すればいいって思ってるの?」というような事を言います。しゃけさんは「思ってるよ。」と。
徳垣さん「いやよ、あんな田園調布男!」しゃけさん「え?」
しゃけさんは勿論自分と、という意味だったのですが徳垣さんは不安にかられます。
しゃけさん「(誰って)君の好きな歌を歌う男と」そうして歌いだします。(Mr. Bojangles)
(※前のシーンでトウドウさんが「君の好きな歌を歌うよ」と歌うシーンがありました。ちょっとキザったらしかった。)
徳垣さんはその歌でやっと落ち着きを取り戻し、「これ、好きな歌じゃないわ・・・大好きな歌よ・・・」と。
しゃけさんの不器用だけど、まっすぐな愛情と、徳垣さんの愛するゆえの不安と愛情を感じた時の安心した幸せそうな表情に、ぐっときちゃいまいした。

☆すごい徳垣さんの長台詞がありました。(段々関西訛りになっていきます)
小さい頃盆踊りに胸躍らせた話。和太鼓が心に響いておにいちゃんに帰ろうと言われてもジャージ姿でずっと踊っていた事。
レッスンで外国に住んでいたとき耳に飛び込んできた「和太鼓」の音にに夢中になってその音のする方へ走っていくとタップを踏んでいたおじさんだったと。ずっと踏んでいてくれた事。
そして、数々の打楽器ばかりに惹かれていた。そんな「心に響く和太鼓(打楽器?)」は今、しゃけさんである事。
「今は・・・この人。」と座っているしゃけさんの頭を指で押す姿がかわいかったです。
(記憶がちょっと怪しいですが・・・こんな感じということで)

そして、これまた怪しい司教(笑)の前で結婚の近いを立てる2人。司教、何語ですかそれ・・・。
でも、ぼそっと(さっきの歌踊りのシーン?)「しっかり間違えましたね?」というはるぱぱ。しゃけさんが間違えたのでしょうか??本番で突っ込みとは^_^;
そして、指輪の交換も終わり正面を向いて片手を上げながら改めて「誓います!」と宣言すると。
「すべて汝の意思であることに間違いはないか。」←会場大爆笑。台詞がかき消されるほど。←?
(内野さんの声に似てた気もしましたが、はるぱぱの声でした。確認済みです:笑)

徳垣さん「はいっ」
すると。「はははははっ〜!」
司教はグラサンかけたトウドウさんに大変身!(笑)

「今こそー出かけよう〜♪」とトートならぬトウドウさんは歌い始めました。(歌詞はどう変わってたかは覚えてませんが(^^ゞ)
最後なのはダンスなのか、チャンスなのか・・・(謎)
もう、大盛り上がりです!
「♪それはこのおれっさあ〜」歌い終わってポーズを決めるはるぱぱ。「マトリックスに似てる?」(笑)
でも、新郎新婦はさっさと消えてしまったので、ひとりよがりのトウドウさんなのでした。
挙句には「徳垣さん人形」?(←バービー人形みたいなの。最初に来てた黒い衣装を身につけてる。)をバックから出し、その人形に歌いかけたり、人形のポーズを変えてはそれと同じポーズをとって歌ったり。
もう、トウドウさん怪しい超えて変態に足突っ込んでますわー(*_*)

そして再び新郎新婦が暖かい愛を確かめ合い、そして2階奥に去っていきました。
司会進行役に戻った(?)はるぱぱ、「これまでも数々(結婚披露宴の)司会をやってまいりましたが、こんなに働かされたのは初めてです。」
そして、終了・・・のはずが。
原田さん「すみませーん。ビデオレター、一本忘れてたみたいですー。」と。
クタクタなはるぱぱ(笑)は「見たい?見たい?」と周りのお客さんに聞いて「じゃあ、見せて」と。
すると。
鼻めがね(めがねに鼻と太い眉毛がついてるやつ。)をかけ、なおかつ怪しい妙な声を出す内野さん・・・^^;
周りは瞬間「ん?」って感じだったのですが、私は予感がしていたこともありすぐに反応してしまいました(笑)
そして、めがねをはずすと会場からは山口さんの時同様、「きゃー!」の声が。
「ご結婚おめでとうございます。知らぬ間に愛をはぐくんでいたとは・・・・。次は子供ですね、子供。」(ぷちっ。)
すると突然陽気な音楽と共にはるぱぱ以外の3人がベビースタイルで登場。
しんみり暖かい感動で普通に終わるはずがなかったのです(笑)
4人でラインダンスまで踊ってました(笑)
それにしてもしゃけさん、その格好は・・・^^;はるぱぱさんにも突っ込まれてました。

カーテンコール?もあり(歌あり)、まだ拍手が続き、はるぱぱが1人で再登場「もう何もありませんよ〜」。
で、おひらき。

とにかく、あったかく楽しくおもしろい披露宴でした!
徳垣さんはチャーミングな方でした。変な顔?や変な声を出しても面白くあるのけど下品じゃないし。
思い切った歌、踊り、お笑い(?)が素敵でした。
そして、あまり文中には出てきませんでしたが原田さん、かっこよかったです!
ステージが下手よりの脇にあって私からしたらまだ見やすかったとはいえ、段差がないので、(役者さんが)立ったままでないと見えなかったのです。
なので、しなやかに踊る姿も見えないこともしばしば・・・残念でした。
あと、最後までステージ(正面)にいたミュージシャンの内、上手にいたと思われるしゃけさんのお姉さんが大きい柱で見られませんでした(ーー;)
しゃけさんの歌声もさることながら、徳垣さんを純粋に思う素敵な男性っぷりがよかったです!
はるぱぱ、素敵な披露宴でした!そしてエンターティナーぶりにはもうお腹を抱えて笑いっぱなしでした。
羽を背負ったグラサン姿、忘れません(笑)

記憶違い、勘違いあると思いますがご了承ください。
また、「誰々が来てた」ということは基本的に書きたくない(書いちゃいけない)のですが、ネタバレ上数箇所で載せてます。でも、名前は載せませんのでそれでご勘弁を。

**********************************************
※1・・・トウドウさんは「藤堂勝太」であることが判明(笑)トート閣下=藤堂勝太・・・(爆)←?
**********************************************